本田圭佑が要望 「『元(日本代表)』とは書かないで」

2020.05.04 09:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が“元”日本代表という表記に難色を示した。代表通算98試合37得点を誇り、長らくサムライブルーのエースを担った本田。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を最後にA代表から遠ざかる現在はフットボールクラブの経営やカンボジア代表の実質監督としても活躍する傍らで、ボタフォゴに活躍の場を移して、オーバーエイジ枠を利用しての東京オリンピック出場を目指している。

その本田は3日、自身のツイッターに更新。日本人アスリートを集めたデジタルメディアサービス開始にフォーカスした『Japan Times』の記事を引用。「元日本代表」という紹介に対して、「『元(日本代表)』とは書かないでください。好きじゃない。『ナショナルチャレンジャー』と書いて!」と英語で綴った。

2018年のW杯後、A代表でのキャリアにひと区切りをつける意思を示してもいた本田。遠ざかってから数年が経つが、今も代表への情熱を抱き続けているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑の同僚18歳FWルイス・エンリケが長友&酒井所属のマルセイユへ完全移籍

マルセイユは25日、ブラジルのトレッス・パッソスからブラジル人FWルイス・エンリケ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定した。 ルイス・エンリケは2018年9月に、トレッス・パッソスからボタフォゴへとレンタル移籍。本田圭佑の同僚としてプレーし、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは7試合に出場し1アシストを記録していた。 左ウイングを主戦場とするルイス・エンリケは、スピードがあり、両ウイングでもプレー可能。ドリブルの技術に長けており、ボールを扱うテクニックにも優れている選手だ。 マルセイユは、今夏パプ・グイエ、レオナルド・バレルディ、長友佑都を補強しており、ルイス・エンリケは4人目の補強となった。 2020.09.25 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

本田同僚の18歳逸材FWがマルセイユ移籍か? クラブ間交渉停滞も加入濃厚

マルセイユがボタフォゴに所属するブラジル人FWルイス・エンリケ(18)の獲得に動いているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ボタフォゴ期待の若手であるルイス・エンリケは、左右のウイングを主戦場とする爆発的なスピードとドリブルテクニックに長けた181cmのアタッカー。2019年12月にトップチームデビューを飾ると、今シーズンはここまで公式戦7試合に出場している。 新たなリクルート部門の下、国内外の若手発掘を目指すマルセイユは、予てよりルイス・エンリケの獲得に動いており、一部では5年契約で選手本人とその代理人と合意に至っているという。 その一方で、クラブ間の交渉は停滞しており、マルセイユは同選手の獲得に1000万ユーロ(約12億3000万円)のオファーを掲示しているものの、保有権の40%を持つボタフォゴ、同じく60%を持つ前所属のトレッス・パッソスの両クラブが金額に難色を示しているという。 ただ、マルセイユの関係者筋からの情報によると、クラブ間の交渉は最終的に成立する見込みであり、ルイス・エンリケは近日中にもフランスに渡るという。 ボタフォゴではFW本田圭佑の同僚だったルイス・エンリケだが、マルセイユではDF酒井宏樹、DF長友佑都という2人の日本人選手と共に共闘することになる。 2020.09.23 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑は“クラシコ”先発出場も前半途中で交代…ボタフォゴも惜敗《カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA》

ボタフォゴは14日、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第10節でヴァスコ・ダ・ガマと対戦。2-3と惜敗した。MF本田圭佑は先発出場し、前半42分に途中交代となっている。 <div id="cws_ad">◆本田圭佑も出場!ヴァスコ・ダ・ガマの3ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjWmZLMjNyUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ここまでリーグ戦1勝と波に乗れないボタフォゴは、同じリオ・デ・ジャネイロで上位のヴァスコ・ダ・ガマをホームに迎えた。 前節ベンチ外だった本田もキャプテンマークを巻いて、ボランチの一角として先発出場を果たしたが、35分にDFのクリアミスから先制を許すと、42分には本田とMFカイオ・アレシャンドレのボランチ2人が揃って途中交代となった。 巻き返しを図る後半、ボタフォゴは開始からFWサロモン・カルーを投入し同点を目指す。 すると、59分にFWマテウス・バビのゴールが決まり一時はスコアをタイに戻す。 しかし、71分と72分に立て続けに失点を許し、万事休す。 試合終盤の83分にはマテウス・バビの2点目で1点差とするも、結局試合はそのままタイムアップ。ボタフォゴは2-3で惜敗となった。 ボタフォゴ 2-3ヴァスコ・ダ・ガマ 【ボタフォゴ】 マテウス・バビ(後14) マテウス・バビ(後38) 【ヴァスコ・ダ・ガマ】 リバマール(前35) ヘルマン・カノ(後26) イゴール・カタタウ(後27) 2020.09.14 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

サッカー史上初の5大陸ゴール!本田圭佑が決めた、ボタフォゴデビューゴール!【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元日本代表MF本田圭佑がボタフォゴで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆本田が決めたボタフォゴデビュー弾!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZazdNcVdVSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2005年に名古屋グランパスに入団し、プロキャリアをスタートさせた本田は、2008年1月にVVVフェンロへ移籍し、ヨーロッパデビュー。その後CSKAモスクワやミラン、メルボルン、パチューカなど、世界中のクラブで活躍し、2020年1月にブラジルリーグのボタフォゴに加入した。 その大胆な言動と確かなフットボーラーとしての実力、そして何よりもその強烈なパーソナリティで“カリスマ”として知られる本田だが、新たな挑戦の地、ボタフォゴでの記念すべき初ゴールは、2020年3月15日に行われた、カンピオナート・カリオカ第3節のバングー戦で決めたゴールだった。 1月31日の加入以後、調整を続けていた本田だが、ビザの関係で選手登録ができず。3月に入り登録がなされたものの、インフルエンザを患ったことでデビューが遅れていた。 そんな中迎えたバングー戦、本田は先発出場し、ボタフォゴデビューを飾る。立ち上がりから積極的に相手ゴールへ迫るボタフォゴは、何度も決定機を迎えるも得点を奪えず。それでも迎えた27分、相手最終ラインのミスを見逃さないと、FWラファエル・ナバーロが抜け出しGKと一対一に。鋭い切り返しでかわそうとするも、GKに倒されPKを獲得した。 このPKのキッカーに名乗り出たのは本田。丁寧にグラウンダーのシュートを中央やや左に決め、ボタフォゴが先制。本田はデビュー戦ゴールを記録した。 試合はその後バングーに追いつかれ、1-1のドローで終了。しかし、ブラジルでの初ゴールを決めた本田は、このゴールにより5大陸(アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリア、南米)でゴールを決めた史上初の選手となっている。 2020.08.27 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元コートジボワール代表FWカルーが本田圭佑所属のボタフォゴ移籍!

ボタフォゴが9日、元コートジボワール代表FWサロモン・カルー(34)の獲得を正式発表した。 代表通算97キャップ(28得点)のカルーは2003年にフェイエノールトでプロデビュー後、エクセルシオール、チェルシー、リールを経て、2014年からヘルタ・ベルリンでプレー。公式戦通算254試合60得点を誇ったチェルシー時代にプレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)優勝経験を持つコートジボワール人アタッカーはヘルタ在籍6シーズンで173試合53得点を記録したが、契約満了に伴う今夏退団が決まり、フリーの状態だった。 既報通り、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレらスター獲得の獲得の動きが取り沙汰されてきたボタフォゴ入りを決断したカルーは背番号「8」に決定。契約年数などの詳細は明らかにされていないが、ブラジル『GloboEsporte』によると、2021年までの契約でボタフォゴ入りとなる模様だ。 なお、ボタフォゴにはカルーが2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)でも国を背負って相対した元日本代表MF本田圭佑が所属。カルーのボタフォゴ入りに際して、ブラジル国籍を持つ妻の存在も後押しになったとみられる。 2020.07.10 09:30 Fri
twitterfacebook