日本代表のオフィシャルスーツ、新モデルが販売中! 売上は緊急医療サポートへ寄付

2020.05.01 18:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
サッカー日本代表、SAMURAI BLUEのオフィシャルスーツを手掛けて今年で21年目を迎えるdunhillは、2020年度の新作オフィシャルスーツを4月24日(金)より販売している。今年のモデルは、dunhillのスーツのハウスシルエット「ベルグレイブ(※1)」スタイルのツーピーススーツ。SAMURAI BLUEをイメージしたグラフィカルなストライプに、カラーはdunhillのイギリス的なモチーフとサッカー日本代表チームを象徴するネイビーで統一し、モダンな装いに仕立てられている。

さらに、白のシャツやネイビーのタイ、ポケットスクエア、タイバー、リバーシブルベルト等も販売される。

<#心をひとつに>というコンセプトには、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により困難な日々が続く中、勝負に挑む選手たちと一丸となって困難に挑み、心をひとつにすることで、平常な日々を取り戻したいという想いが込められている。

サッカー日本代表チームのアパレルプロバイダーであるdunhillは、<#心をひとつに>というコンセプトに則り、当コレクションを通して、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンの緊急医療サポート(ARROWS)(※2)に売上を寄付します。

2020 SAMURAI BLUE メイド・トゥ・メジャー:価格 350,000 円(税抜)
ダンヒル/リシュモンジャパン株式会社


2020 SAMURAI BLUE メイド・トゥ・メジャー シャツ:価格 48,000 円(税抜)
ダンヒル/リシュモンジャパン株式会社


2020 SAMURAI BLUE タイ:価格 20,000 円(税抜)
ダンヒル/リシュモンジャパン株式会社


2020 SAMURAI BLUE ポケットスクエア:価格 12,000 円(税抜)
ダンヒル/リシュモンジャパン株式会社


2020 SAMURAI BLUE タイバー:価格 30,000 円(税抜)
ダンヒル/リシュモンジャパン株式会社


2020 SAMURAI BLUE ベルト:価格 35,000 円(税抜)
ダンヒル/リシュモンジャパン株式会社



(※1)ダンヒルスーツ ハウスシルエット「ベルグレイブ」:
ダンヒルのスーツのハウスシルエットの一つ。 かっちりとした作りとシルエットや型、目付の 重いしっかりとした生地で仕立てる事で、重厚感のあるスーツが特徴というイギリスのスーツス タイルの中で、ナチュラルショルダーで、芯も少し薄いものを使いモダンな印象となっています が、ビジネスシーンでも十分に威厳をもったスタイルを演出できる形です。トラウザーはフラッ トフロント、ベルトループ付きです。

(※2)認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン 「ARROWS」とは
ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、広島県神石高原町に本部を置き、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する国際協力NGO(Non-Governmental Organization = 非政府組織)です。

これまでに世界33の国と地域で活動してきました。また、日本国内での社会問題の解決を目的とした活動にも力を入れており、地域活性化や犬や猫の殺処分ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動などにも取り組んでいます。

写真:ダンヒル/リシュモンジャパン株式会社
コメント
関連ニュース
thumb

日本代表、10月のオランダ遠征でカメルーン、コートジボワールと対戦

日本サッカー協会(JFA)は16日、10月にカメルーン代表、コートジボワール代表とオランダで対戦することを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2022年のカタール・ワールドカップ アジア予選が軒並み延期となっている日本代表。2020年に入り一度も活動を行えていない状況の中、10月にヨーロッパで2試合を行うことが決定した。 カメルーンとは10月9日(金)に、コートジボワールとは10月13日(火)に開催。キックオフ時間はどちらも調整中となっている。 なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2試合ともにリモートマッチ(無観客試合)となる。 森保一監督はJFAを通じてコメント。試合が行えることに感謝するとともに、元気や活力を与えたいと語った。 「新型コロナウイルス禍の状況下で試合開催のためにご尽力いただいた皆さんに感謝します。新型コロナウイルスの感染はまだまだ予断を許さない状況にあり、皆さんの生活もまだ制限をされている中、SAMURAI BLUE が試合をさせてもらえることに大きな意義を感じています」 「それは感染防止のため、制限された生活を受け止め、行動されている皆さんに私達の試合を通して元気や明日への活力を届けることだと考えています」 「カメルーン代表、コートジボワール代表どちらの試合も厳しい試合になると思いますが、皆さんに試合を観ていただき、「明日からまた頑張ろう」と思っていただける試合をオランダから届けたいと思います」 日本代表の最後の活動は2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権だった。 2020.09.16 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

内田篤人氏がJFA新役職の「ロールモデルコーチ」就任 U-19日本代表候補合宿での指導が初仕事

日本サッカー協会(JFA)は13日、内田篤人氏の新設される「ロールモデルコーチ」就任を発表した。 内田氏は今後、アンダーカテゴリーの代表チームをはじめ、JFA が取り組む若年層の強化および普及に関わる活動に参加して、世界の舞台で培った経験や知見から後進の育成に尽力。初仕事は14日から始まるU-19日本代表候補のトレーニングキャンプになるという。 技術委員長を務める反町康治氏は内田氏のJFA入りに際して、次のようにコメントしている。 「今回、内田篤人氏をロールモデルコーチとして迎え入れることができ、大変嬉しく思います。内田氏は代表レベルではワールドカップ2回、オリンピック、U-20ワールドカップと様々世界大会に出場し、またクラブレベルでも鹿島アントラーズのリーグ3連覇やシャルケのUEFAチャンピオンズリーグベスト4進出に貢献するなど、国内外で数多の経験を有しています。この経験と知識は日本サッカー界にとって大きな財産であり、これから世界を目指す選手たちのロールモデルとして多くのものをもたらしてくれることを願っています」 また、今年8月に鹿島アントラーズで現役を退き、今後の動向に注目が集まった内田氏は「頑張ります!」と短く意気込みを語っている。 2020.09.13 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

代表もACLも渡航には2週間の隔離措置?/六川亨の日本サッカー見聞録

「あらゆる可能性を探っています。10月、11月と活動したい!」 そう力説したのはJFA(日本サッカー協会)の須原専務理事だった。9月10日、JFAの定例理事会後の記者会見で、日本代表の活動について「まだ正式発表はできませんが、最終調整中で、近々に発表できる」とも話していた。 気になるのはその活動場所だ。 別の記者からは、ACLの残り試合が海外で開催される場合や、日本代表の活動が海外になった際の渡航について質問が出た。 須原専務理事の答は「現状は世の中の方々と同じです。国よって渡航できるかどうか。渡航してから2週間の隔離があるかどうか。スポーツ選手も例外は許されていません。ACLも代表も、制約を前提に考えています」とのことだった。 国内組の日本代表候補はGK大迫(広島)と中村(柏)に、有力なのは川崎Fの田中、旗手、三笘、FC東京のDF渡辺、浦和DF橋岡あたりだろう。しかし2週間も隔離されるなら、クラブが招集を認めるとは思えない。 となると以前も報道にあったように、海外組だけで、ヨーロッパでキャンプをする可能性の方が高いだろう。すでにヨーロッパ各国ではネーションズリーグも始まっていて、ポルトガル、フランス、ベルギーが2連勝と好スタートを切った。日程さえうまく合えば試合も可能かもしれないし、そうなったら是非ともテレビで中継して欲しいところ。久保や南野のプレーは誰もが見たがっているはずだ。 一方、いまだハッキリしないのがACLの開催場所だ。東地区の日程を変更し、グループステージの残り試合から決勝までを11月15日から12月13日に開催すると10日に発表された。しかし東地区の詳細な開催場所・スタジアムはいまだアナウンスがない。 そしてこの日程では、当然のことながらJリーグも佳境を迎えているわけで、これに2週間の隔離が伴うようであれば参加を辞退するのは当然だろう。なぜJFAを始め韓国や中国、オーストラリアが大会の中止を働きかけないのか不思議でならない。それとも棄権したらペナルティーなどが生じるから、AFCが自ら断念するのを待っているのだろうか。 いずれにしても、こちらは今後の状況を静観するしかなさそうだ。 さて話は変わり、今年の殿堂掲額者が決まった。例年ならもっと早くに掲額者が決まり、9月10日に掲額式が開催されるのだが、今年は新型コロナの影響で式次第そのものが中止になった影響もあったのだろう。 すでに報道されているように、投票選考で木村和司氏、特別選考で元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が選出された。 木村氏は1985年10月26日のメキシコW杯アジア最終予選、国立競技場で開催された韓国戦の直接FKが伝説となっている。しかしそのシュートも35年も前の出来事になった。彼を始め、日本サッカー界のレジェンドを紹介する際は、そのプレーも映像で流してほしいものだ(権利関係など細かいことは抜きにして)。 ちなみにこの殿堂入り、投票選考は75パーセント以上を獲得しなければならない。今年は碓井博行氏(藤枝東高、早大、日立でプレーした大型FW)、金田喜稔(天才的ドリブラー)、原博実氏(アジアの核弾頭と言われたFWで現Jリーグ副チェアマン)、木村氏に加え、水沼貴史氏(浦和南高、法大、日産、横浜Mで活躍したFW)が新たに加わった。 碓井氏、金田氏、原氏、木村氏の4氏は昨年も投票の対象だったものの、75パーセントの得票に届かなかったため、今年に持ち越しとなった。代わりに昨年は特別選考として西野朗氏、岡田武史氏、佐々木則夫氏の3氏が選出されたが、これはこれで誰も文句は言えない選考結果だろう。 この殿堂掲額、今年で17回目を迎え、2018年の加藤久氏、ラモス瑠偉氏からJリーガーが対象になった。今後は黎明期を支えたJリーガーが候補になるのだろう。どんな名前があがるのか、それはそれで楽しみである。 <hr>【文・六川亨】 1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた 2020.09.11 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.53】個人昇格でセレッソの救世主に。ロティーナの絶大な信頼を受け、右サイドを徹底的に打開/坂元達裕(セレッソ大阪/MF)

「今季は若くクオリティのあるウイングの選手がどんどん出てきている。それは日本サッカー界にとって素晴らしいこと。そういう選手が出てくるのはそんなに簡単なことではない。そういう中で我々が幸運なのは、タツがこのチームにいるということ。彼は非常に重要な役割を担っています」 今季J1で首位・川崎フロンターレ追走の一番手となっているセレッソ大阪。指揮を執るロティーナ監督がキーマンの1人に指名しているのが、右サイドを担う23歳の快足ドリブラー・坂元達裕だ。 清武弘嗣や柿谷曜一朗でも果たせていない攻撃陣唯一のJ1全試合出場を誇る彼はモンテディオ山形からの移籍組。東洋大学を出て1年で個人昇格を果たした。 開幕直後は「Jはレベルが一段階上がりますし、雰囲気も違うので少し緊張する場面もありました」と遠慮がちに話していたが、新型コロナウイルス感染症による4カ月の中断を経て再開された7月以降は俄然、鋭さを増している。7月26日のサガン鳥栖戦で待望のJ1初ゴールを決めると、8月9日のFC東京戦では2~3人がかりの徹底マークを受けるに至った。 実は坂元はFC東京のジュニアユース出身。だが、ユース昇格見送りとなり、前橋育英に進んだ苦い過去がある。 「FC東京は中学の頃、お世話になったチーム。そこでユースに上がれなくて、悔しい思いを持って高校、大学とやってきた。そういう意味でFC東京戦は大きな試合。賭ける気持ちは強い。自分が成長したところをいい意味で見せつけられるようにしたいです」と本人も語気を強めていたが、右サイドを積極的に打開し続け、数多くのチャンスを演出した。決定機を逃し、得点こそなかったが、古巣から人数をかけて守られるほどになったのは成長の証。この一戦で彼はさらなる飛躍のきっかけをつかんだ。 その後、8月23日のベガルタ仙台戦で今季2点目をゲット。さらに存在感を高めていく。セレッソはそこから3連勝中。坂元が先発しなかったJリーグルヴァンカップ・柏レイソル戦を0-3で落としたことを考えても、ロティーナ監督が絶大な信頼を寄せる通り、この男抜きには攻撃の組み立ては考えられないのだ。 「坂元は1対1になれば瞬間的にはがせる力があるし、個人戦術で相手をはがすのが大きな役割。ドリブラーの仕事は(相手に)取られる取られないに直結するけど、チームにとっては大きな武器。『取られてもいいからどんどん仕掛けろ』とつねに言ってます。それに相手が警戒して2対1で来れば、他の味方が空く。2人に囲まれてもはがしているシーンも多いですし、どんどん行ってほしいと思います」と年長者の都倉賢が太鼓判を押していたが、それは2列目でコンビを組む清武や柿谷も同意見。シーズン開幕直後はFCバルセロナから関心を示されたスーパールーキー・西川潤の注目度が高かったが、ロティーナ戦術の中では坂元の存在価値は絶対的と言っていい。最終的に川崎から首位の座を奪うためにも、彼のゴールに直結するプレーがより一層求められるところだ。 スペインの名将に一目置かれる選手だから、海外クラブからオファーが届かないとも限らない。10月に24歳になることを考えても、欧州へチャレンジするなら今年末か来年には踏み出さなければならないだろう。それと同時に日本代表入りも見えてくるかもしれない。 ご存じの通り、現代表の右サイドは堂安律(ビーレフェルト)と伊東純也(ゲンク)がファーストチョイス。それに加えて、ビジャレアルへ移籍した久保建英、2018年ロシアワールドカップ組の原口元気(ハノーファー)も右アタッカーで十分プレーできるし、東京五輪世代・菅原由勢(AZ)も欧州の舞台で右MFと右サイドバックの両方を難なくこなしている。それだけ狭き門なのは確かだ。が、森保一監督は旬な選手を思い切って抜擢するタイプ。2019年には橋本拳人(ロストフ)や鈴木武蔵(ベールスホット)らの才能を大きく開花させている。坂元も目に留まれば、ブレイクする可能性はゼロではないのだ。 「つねにインパクトを残すプレーをしてかないとこういうレベルの高い舞台では生き残れないと思ってるんで、1試合1試合もっともっと賭ける思いっていうか、『失敗したら終わりだ』っていうくらいの思いでのぞんでいきたいと思ってます」 今季開幕時点で悲壮な覚悟を口にした坂元。そういった気持ちが全ての試合で色濃く感じられる。中学時代の挫折を糧に類まれな雑草魂でここまで這い上がってきた技巧派ドリブラーにはまだまだ伸びしろがあるはず。そういう意味でもここから先の動向が非常に楽しみだ。 「ロティーナサッカーの申し子」は今日も明日も切れ味鋭い局面打開で見る者を魅了していくに違いない。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.09.09 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表が11月にメキシコ代表と対戦か? オランダで対戦の可能性

メキシコ代表が、11月のフレンドリーマッチで日本代表と対戦する可能性があるかもしれない。スペイン『マルカ』のメキシコ版が報じた。 メキシコ代表は、バルセロナやアルゼンチン代表を率いたヘラルド・マルティーノ監督が指揮を執っているチーム。今年のフレンドリーマッチの相手を決めている状況だ。 9月にはコスタリカ代表と対戦し、10月にはニュージーランド代表と対戦する予定のメキシコ。11月にはヨーロッパへ出向き、オランダ代表と対戦する予定のようだ。 ヨーロッパでは、UEFAネーションズリーグが開催されており、フレンドリーマッチが行いにくい状況。その中で、メキシコ代表はアジアのチームと対戦する計画を立てているようだ。 その対戦相手のリストに日本代表が入ったとのこと。実現に近づいているともされている。 日本代表は、国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)の協議の結果、今年予定されていたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選が中止になり、来年へ延期されている状況。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり、昨年12月のEAFF E-1サッカー選手権を最後に、2020年は活動なし。3月と6月のW杯予選も延期となっていた。 今シーズンはJリーグも軒並み中断期間を挟んだ結果、過密日程となっている状況。11月は9日(月)〜17日(火)がFIFAインターナショナルウィンドウに設定されているが、果たして実現するのだろうか。 なお、最後にメキシコ代表と対戦したのは2013年のコンフェデレーションズカップ。その時は、1-2で敗れていた。また、東京五輪世代のU-22日本代表は2019年9月の北中米遠征でU-22メキシコ代表と対戦し、ゴールレスドロー。U-17ワールドカップでもU-17日本代表が対戦し0-2で敗れていた。 2020.09.01 21:42 Tue
twitterfacebook