バイエルン、カナダの新鋭アルフォンソ・デイビスと2025年まで契約延長

2020.04.21 02:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは20日、カナダ代表FWアルフォンソ・デイビス(19)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。これまでの契約から2年延長した格好となる。

デイビスはバイエルンの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「僕はとても幸せだよ。バイエルンは世界最高のクラブの1つで、ここでプレーすることは僕の夢だったんだ」

「バイエルンでは初日から快適だったよ。僕はこのクラブで出来るだけ多くのタイトルを獲得したい。常に勝利を求める考えはバイエルンのDNAだからね」

リベリア出身の両親の下、ガーナの難民キャンプで生まれ、幼少期に難民としてカナダに渡ったデイビスは、2016年7月にMLS(メジャーリーグ・サッカー)に所属するバンクーバー・ホワイトキャップスでプロデビューを飾ると、在籍3シーズンで公式戦81試合に出場し12ゴール14アシストを記録。

MLSでの活躍が認められ、2018年の夏に17歳でバイエルンへの移籍内定を決めると、ブンデスリーガのプロ契約が可能となる18歳を迎えた2019年1月に加入。これまで左ウイングを主戦場としていたが、今シーズンから左サイドバックコンバートされると、攻守両面で爆発的なスピードとテクニック、ボール奪取能力でレギュラーを奪取。ブンデスリーガ21試合を含む公式戦32試合に出場し、1ゴール3アシストを記録していた。
コメント