ピッポ率いるベネヴェント、セリエA昇格に向けジョビンコを照会

2020.04.19 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(33)の獲得に2部クラブが動いているようだ。イタリア『イル・マッティーノ』が伝えた。

ユベントス下部組織出身のジョビンコは、エンポリやパルマでもプレー。2015年2月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCへと移籍すると、2019年1月からはサウジアラビアのアル・ヒラルへ活躍の場を移していた。

これまで、幾度となくイタリア復帰が囁かれているジョビンコだが、古巣のパルマが獲得に乗り出しているとも報じられていた。

そんな中、来シーズンのセリエA昇格に近づいているセリエBのベネヴェントが獲得に興味を示しているとのこと。『イル・マッティーノ』によると、代理人に対してベネヴェントが昇格した際の移籍の可能性について連絡したとされている。

ベネヴェントは、中断前の段階で2位のクロトーネと勝ち点差20でセリエB首位に立っており、昇格をほぼ確実としている。

かつてユベントスやミラン、イタリア代表でも活躍したフィリッポ・インザーギ監督が率いるチームはセリエA昇格に際して補強に動くとされ、ジョビンコをターゲットにしているようだが、どのような動きがあるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

レミがベネヴェントのメディカルチェック通れず…過去にも2度の事例が

ベネヴェント入りが確実視されていた元フランス代表FWロイク・レミ(33)だが、メディカルチェックで異常が見つかったようだ。 過去にはチェルシーでプレミアリーグ優勝もしたことのあるレミ。近年ではスペインに活躍の場を移した後、2018年夏にリールに加入していた。 先日、2年契約を終え退団が発表されていた同選手には、セリエA昇格を果たしたフィリッポ・インザーギ監督率いるベンヴェント行きが噂されていた。そして噂通りにベネヴェント移籍が迫っていたが、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によると、どうやらメディカルチェックをパス出来なかったようだ。 レミがメディカルチェックに引っかかるのはこれが初めてではなく、2008年のニース移籍、2010年のマルセイユ移籍の際にも心臓に異常が見つかっていた。 3年契約を結ぶ見込みだったが、同メディアは現段階で移籍の動きは完全にストップしていると主張。一方、上述した過去のケースでは無事に移籍を完了させている。 2020.07.20 23:06 Mon
twitterfacebook
thumb

来季セリエA昇格のベネヴェント、ポーランド代表DFグリクを獲得か

来季からセリエAに昇格するベネヴェントがモナコからポーランド代表DFカミル・グリク(32)を獲得したようだ。 レアル・マドリーの下部組織にも在籍した経験を持つグリクは、イタリアのパレルモやバーリ、トリノを経て、2016年夏にモナコ入り。空中戦に強いセンターバックとしてだけでなく、主将としてチームを引っ張り、今季リーグ・アン23試合に出場した。 イタリア『スカイ』によれば、ベネヴェントは移籍金300万ユーロ(約3億6000万円)+ボーナスでモナコと合意。今週末にも最終合意が見込まれているという。 元イタリア代表FWのフィリッポ・インザーギ監督が率いるベネヴェントは今季のセリエBを制して、来季から2017-18シーズン以来2度目のセリエA復帰。セリエA通算147試合の出場歴を誇るグリクの加入はベネヴェントにとって、大きな力になりそうだ。 なお、セリエA参戦に向け、経験豊かな選手の獲得に向けた動きが指摘されるベネヴェントはガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都や、元フランス代表FWロイク・レミ、元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレらに対する関心も取り沙汰されている。 2020.07.17 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ退団の長友佑都、ピッポ率いるベネヴェントの関心あり?

ガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都(33)を巡り、セリエA復帰の可能性が浮上した。 長友は2018年1月にインテルからガラタサライに加わり、公式戦65試合3得点7アシストをマーク。スュペル・リグ2連覇にも貢献したが、今季になり、序列を落とすと、6月30日をもっての契約満了で退団が決定した。 注目される今後の去就に関して、カタールのアル・ナスル行きを報じるメディアもあるなか、イタリア『トゥットスポルト』がイタリア復帰の可能性を主張した。 その長友の獲得が噂されるのはベネヴェントだ。元イタリア代表FWのフィリッポ・インザーギ監督が指揮するベネヴェントは今季のセリエBを制して、2017-18シーズン以来2度目となる来季のセリエA昇格を決めた。 そんなベネヴェントは先日、来季のイタリアトップリーグ再挑戦に向けて、元フランス代表FWロイク・レミ、ポーランド代表DFカミル・グリク、元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレらに対する関心が浮上している。 経験豊富な選手の獲得を模索しているベネヴェントは長友にも着眼。選手の代理人とのコンタクトも図っているという。今後の動向に注目を集める長友は2度目のイタリア挑戦を果たすことになるのだろうか。 2020.07.05 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

セリエA昇格のベネヴェントの視線はすでに来季へ、代表クラス3選手獲得へ

セリエA昇格を決めたベネヴェントが、すでに来シーズンに目を向けているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 今シーズンのセリエBで23勝7分け1敗と圧倒的な強さを見せ、7試合を残して優勝が決定したベネヴェント。セリエAでの戦いに向け、複数選手の獲得を狙っているようだ。 まず1人目がリールの元フランス代表FWロイク・レミ(33)だ。今シーズン限りでリールとの契約が切れるレミだが、契約延長はせず。すでにメディカルチェックのためにベネヴェントへと向かっているとも報じられている。 そして、2人目がモナコのポーランド代表DFカミル・グリク(32)。2016年にトリノからモナコへと移籍したグリクは、今シーズンもリーグ・アンで23試合に出場していた。 『スカイ・スポーツ』によると、ベネヴェントとグリクの間で個人間合意はなされているものの、獲得にはクラブ間での交渉が必要になるようだ。 最後が、ドルトムントの元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレ(29)だ。シュールレは今シーズン、スパルタク・モスクワへ買い取りオプション付きのレンタルで移籍していたものの、買い取りは見送られドルトムントへと復帰。復帰後もポジションはないとみられるシュールレにも触手を伸ばしているようだ。 昇格組がなりふり構わぬ補強でチームを作ることは少なくないが、来季のベネヴェントもその道を辿るのだろうか。 2020.06.30 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ピッポのベネヴェント、来季のセリエA昇格決定! 7節残して優勝《セリエB》

ベネヴェントが来季のセリエA昇格を決めた。 今季から就任したフィリッポ・インザーギ監督が率いるベネヴェントは今季のセリエBを好スタートで切り、新型コロナウイルスによる延期前の段階で2位クロトーネに20ポイント差をつける21勝6分1敗の首位。再開後も無敗を続け、29日にホームで行われた第31節のユーベ・スタビア戦も1-0の白星で飾った。 この結果、2位以下と勝ち点24差に広がり、7試合を残しての優勝が決定。見事にセリエA昇格を果たしている。なお、ベネヴェントのセリエA挑戦は2017-18シーズン以来2度目となる。 F・インザーギ監督はイタリアトップリーグ返り咲きを果たした試合戦後、『DAZN』のインタビューで「会長やディレクターが私を信じてくれて嬉しい。選手たちもスタッフと同じように期待以上の働きぶりだった。歴史に残るようなことをやってのけるなんて思ってもいないかったよ」と喜びの心境を明かした。 2020.06.30 10:25 Tue
twitterfacebook