ピッポ率いるベネヴェント、セリエA昇格に向けジョビンコを照会

2020.04.19 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(33)の獲得に2部クラブが動いているようだ。イタリア『イル・マッティーノ』が伝えた。ユベントス下部組織出身のジョビンコは、エンポリやパルマでもプレー。2015年2月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCへと移籍すると、2019年1月からはサウジアラビアのアル・ヒラルへ活躍の場を移していた。

これまで、幾度となくイタリア復帰が囁かれているジョビンコだが、古巣のパルマが獲得に乗り出しているとも報じられていた。

そんな中、来シーズンのセリエA昇格に近づいているセリエBのベネヴェントが獲得に興味を示しているとのこと。『イル・マッティーノ』によると、代理人に対してベネヴェントが昇格した際の移籍の可能性について連絡したとされている。

ベネヴェントは、中断前の段階で2位のクロトーネと勝ち点差20でセリエB首位に立っており、昇格をほぼ確実としている。

かつてユベントスやミラン、イタリア代表でも活躍したフィリッポ・インザーギ監督が率いるチームはセリエA昇格に際して補強に動くとされ、ジョビンコをターゲットにしているようだが、どのような動きがあるだろうか。
関連ニュース
thumb

ヴェローナ、シルベストリ後釜にベネヴェント守護神モンティポを獲得

エラス・ヴェローナは20日、セリエBのベネヴェントからイタリア人GKロレンツォ・モンティポ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 今回の契約には出場試合数など幾つかの条件を満たした場合、買い取り義務が生じる条項が盛り込まれている。 ノヴァーラでプロキャリアをスタートしたモンティポは2018年にベネヴェントへレンタル移籍。その翌年に完全移籍に移行すると、守護神としてセリエA昇格に大きく貢献した。昨シーズンは自身初のセリエAの舞台で最終節を除く全37試合に出場し、安定したゴールキーピングを見せていた。 そして、この活躍が認められ、ウディネーゼに旅立ったイタリア人GKマルコ・シルベストリの後釜としてヴェローナ加入を果たした。 2021.07.21 15:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ベネヴェントに快勝のアタランタが2位死守《セリエA》

アタランタは12日、セリエA第36節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節、降格の決まっていたパルマに5発圧勝として2位をキープしたアタランタは、通常の3バックではなく[4-2-3-1]を採用。最前線にサパタ、2列目に右からマリノフスキー、ペッシーナ、ムリエルと並べた。 降格圏に沈む18位ベネヴェントに対し、立ち上がりから押し込む展開としたアタランタは7分にペッシーナがボックス右から決定的なシュートを浴びせると、22分に先制した。 マリノフスキーとのパス交換からスルーパスに抜け出したムリエルがボックス中央に進入し、GKとの一対一を制した。先制後もアタランタがペースを握り、ベネヴェント陣内で試合を進めたが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もアタランタが攻め込む展開とすると、67分に途中出場のパシャリッチが追加点を奪う。 サパタのパスを受けたボックス中央のパシャリッチがシュートを決めた。終盤の82分、カルディローラが2枚目のイエローカードを受けて10人となったベネヴェントに対し、アタランタが2-0で快勝。2位を死守している。 2021.05.13 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラ復帰のミラン、チャルハノール&テオ弾で暫定ながらCL圏内再浮上《セリエA》

ミランは1日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節ラツィオに0-3と完敗して2位からチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したミラン(勝ち点66)は、出場停止と負傷により欠場が続いていたイブラヒモビッチが4試合ぶりに復帰を果たした。 降格圏に沈む18位ベネヴェント(勝ち点31)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、チャルハノール、レオンと並べたミランが6分に先制する。ボックス手前右のサーレマーケルズのパスをゴール前に走り込んだケシエがスルー。後方のチャルハノールがボックス中央からダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 先制したミランは続く16分、ロングカウンターからレオンがGK強襲のシュートを浴びせると、前半終盤に追加点のチャンス。 まずは37分、ボックス左からテオ・エルナンデスのミドルシュートが枠の右を捉えたが、GKの好守に阻まれた。さらに追加タイム3分、ケシエのパスを受けたボックス右のイブラヒモビッチがGK強襲のシュートを浴びせたが、追加点は奪えずに前半を終えた。 迎えた後半もミランが追加点に迫るも、GKモンティポの好守に阻まれてしまう。それでも60分、ミランが突き放した。ボックス左からイブラヒモビッチの放ったシュートがGKモンティポを強襲すると、ルーズボールをテオ・エルナンデスが詰めた。 75分にレオン、サーレマーケルズ、テオ・エルナンデスを下げたミランは終盤にかけて、ベネヴェントの反撃を許さずに時間を消化。3試合ぶりの勝利とし、暫定ながらCL圏内へ再浮上している。 次節はCL出場権を争うユベントスと激突する。 2021.05.02 05:49 Sun
twitterfacebook
thumb

インザーギ兄弟対決第2ラウンドは弟シモーネに軍配、ラツィオが打ち合い制す《セリエA》

ラツィオは18日、セリエA第31節でベネヴェントをホームに迎え、5-3で勝利した。 前節ヴェローナ戦を後半追加タイムの劇的弾で辛勝した6位ラツィオ(勝ち点55/1試合未消化)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う中、インモービレとコレアの2トップで臨んだ。 コロナ感染のため指揮を執れなかった弟シモーネ率いるラツィオと、兄フィリッポ率いる16位ベネヴェント(勝ち点30)の兄弟対決。 試合は開始4分、ファレスの折り返しにインモービレが頭で合わせたシュートが右ポストに直撃したラツィオは10分、コレアのワンタッチスルーパスに抜け出したインモービレがGKとの一対一を制した。ゴール直後はオフサイドを取られたものの、VARの末にオンサイドと判定されゴールが認められた。 先制したラツィオはさらに20分、ミリンコビッチ=サビッチの縦パスを受けたインモービレがボックス中央からシュートを決めきり、リードを広げる。 止まらないラツィオは37分、カウンターの流れからインモービレのスルーパスを受けたコレアがGKと一対一に。GKに倒されてPKを獲得し、このPKをコレア自ら決めて3-0とした。 前半終了間際の45分、サウにミドルシュートを決められたもののラツィオが3-1で前半を終えた。 迎えた後半開始3分、インモービレのスルーパスを受けたコレアがボックス左ゴールライン際からクロスボールを入れると、GKの足に当たったボールがゴールに吸い込まれ4点目を挙げた。 余裕の展開としたラツィオだったが55分、インモービレがPKを失敗すると、雲行きが怪しくなっていく。 63分、PKで2失点目を喫すると、66分にはCKからラパドゥーラにゴールを決められかけるも、VARの末にファウルがあったとしてノーゴールとなり助かった。 しかし終盤の85分、再びCKからグリクのヘディングシュートでゴールを決められ、1点差とされてしまう。それでも追加タイムにインモービレがハットトリックとなるダメ押しの5点目を決めてラツィオが打ち合いを制して勝利。 アタランタに敗れた4位ユベントスとの勝ち点差を4に縮めている。 2021.04.19 00:16 Mon
twitterfacebook
thumb

低調ユベントス、不調ベネヴェントに12戦ぶり白星献上でスクデット戦線脱落《セリエA》

ユベントスは21日、セリエA第28節でベネヴェントをホームに迎え、0-1で敗れた。 前節カリアリ戦をC・ロナウドのトリプレッタで快勝した3位ユベントス(勝ち点55)は首位インテルを暫定10ポイント差で追う中、C・ロナウドとモラタの2トップで臨んだ。 11試合勝利のない16位ベネヴェント(勝ち点26)に対し、 開始3分にC・ロナウドが際どいシュートを浴びせたユベントスだったが、5バックを敷くベネヴェントを崩せない状況が続く。 そんな中33分、モラタがディフェンスライン裏へ抜け出してGK強襲のシュートを浴びせると、37分には左CKからデ・リフトがヘディングシュートを浴びせたが、GKモンティポの守備範囲。ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もユベントスが押し込むものの、アタッキングサードでの精度を欠いてチャンスを生み出すには至らない。 すると69分に失点する。アルトゥールのサイドチェンジが短くなったところをガイチにカットされ、そのままボックス内からシュートを蹴り込まれた。 痛恨の失点を喫したユベントスは80分にようやくC・ロナウドがゴールに迫ると、1分後にもC・ロナウドがバイシクルシュートでゴールに迫ったが、枠を捉えきれない。 結局、90分のC・ロナウドの強烈なシュートもGKモンティポに阻まれたユベントスは0-1のまま敗戦。ベネヴェントに12戦ぶり白星を献上し、スクデット戦線から脱落している。 2021.03.22 00:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly