ピッポ率いるベネヴェント、セリエA昇格に向けジョビンコを照会

2020.04.19 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(33)の獲得に2部クラブが動いているようだ。イタリア『イル・マッティーノ』が伝えた。ユベントス下部組織出身のジョビンコは、エンポリやパルマでもプレー。2015年2月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCへと移籍すると、2019年1月からはサウジアラビアのアル・ヒラルへ活躍の場を移していた。

これまで、幾度となくイタリア復帰が囁かれているジョビンコだが、古巣のパルマが獲得に乗り出しているとも報じられていた。


そんな中、来シーズンのセリエA昇格に近づいているセリエBのベネヴェントが獲得に興味を示しているとのこと。『イル・マッティーノ』によると、代理人に対してベネヴェントが昇格した際の移籍の可能性について連絡したとされている。

ベネヴェントは、中断前の段階で2位のクロトーネと勝ち点差20でセリエB首位に立っており、昇格をほぼ確実としている。

かつてユベントスやミラン、イタリア代表でも活躍したフィリッポ・インザーギ監督が率いるチームはセリエA昇格に際して補強に動くとされ、ジョビンコをターゲットにしているようだが、どのような動きがあるだろうか。
関連ニュース
thumb

インシーニェ兄弟対決第2ラウンドも兄ロレンツォ擁するナポリが制す《セリエA》

ナポリは2月28日、セリエA第24節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節アタランタに敗れて7位に後退したナポリ(勝ち点40)は、ヨーロッパリーグではグラナダ相手に2-1で勝利するも2戦合計スコアで及ばなかった。リーグ戦のみとなった中、最前線にメルテンス、2列目に右からポリターノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 15位ベネヴェント(勝ち点25)に対し、ナポリが立ち上がりから押し込む展開とすると、14分にファビアン・ルイスがミドルシュートで牽制。 その後もナポリが圧力をかけると、25分に決定機。右サイドに流れたメルテンスが意表を突いてシュートを狙ったが、わずかに枠の上に外れた。 それでも34分、ナポリが押し切る。右サイドからのクロスがファーサイドに流れ、グラムがシュート。ゴール前のメルテンスが右足アウトでうまくコースを変えてネットを揺らした。 37分にはジエリンスキがネットを揺らすも、シュートコースの味方がオフサイドと判定され、追加点とはならず。直後にデパオリのシュートでGKメレトを強襲されたが、ナポリが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、インシーニェ兄弟の弟ロベルトを投入してきたベネヴェントに対し、引き続きナポリが主導権を握ると、63分には兄ロレンツォが得意のカットインシュートでゴールに迫った。 すると66分、ナポリに追加点が生まれる。ボックス左からインシーニェが右足でクロスを上げると、ファーサイドのポリターノに当たってゴールに吸い込まれた。 終盤の81分にクリバリが2枚目のイエローカードを受けて退場となったナポリだったが、2-0のまま快勝。インシーニェ兄弟対決第2ラウンドもナポリが制す格好となった。 2021.03.01 03:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマが10人のベネヴェント相手に痛恨ドロー…ラストプレーで獲得のPKはオフサイドで取り消しに《セリエA》

セリエA第23節、ベネヴェントvsローマが21日にスタディオ・チーロ・ヴィゴリートで行われ、0-0のドローに終わった。   前節、ウディネーゼに3-0の快勝を収めて3位に浮上したローマ(勝ち点43)は、13位のベネヴェント(勝ち点24)とのアウェイゲームで連勝を狙った。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のブラガ戦を2-0で先勝したチームだが、同試合でクリスタンテ、イバニェスとセンターバックの主力2選手が負傷。また、スモーリング、クンブラも離脱中という緊急事態を受けて、マンチーニの相棒に本職サイドバックのスピナッツォーラと今季セリエA初出場となるファシオを起用した。   立ち上がりから圧倒的にボールを握って最終ラインが度々相手陣内に侵入するなど、ベネヴェントを相手にハーフコートゲームを展開するローマ。しかし、中央のスペースをきっちり消す相手の守備を前に動き出しの少なさ、パススピードの遅さが目立ってなかなかフィニッシュまで持ち込めない手詰まりの状況が続く。   それでも、前半半ばを過ぎた34分には相手陣内のボックス手前で不用意な横パスをカットしたペッレグリーニがペナルティアーク付近で左足を振り抜き、最初の決定機を作り出す。   ここから攻撃のギアを上げて良い距離感でのダイレクトプレーを見せ始めた一方、徹底的に3バックの背後をラパドゥーラやカプラーリに走り込ませるベネヴェントのシンプルな攻めに手を焼き、幾度か際どいフィニッシュまで持ち込まれる場面も散見。ボールは握るも試合を支配するまでには至らず、ややフラストレーションが溜まる形で前半を終えることになった。   後半も試合展開に大きな変化はなし。50分にはペッレグリーニのショートスルーパスに反応したムヒタリアンが飛び出したGKの寸前でスライディングシュートを放つが、これはGKモンティポの好守に遭う。   相手の堅守に手を焼くローマだが、57分にはムヒタリアンへのアフターチャージで2枚目のイエローカードをもらったDFグリクが退場となり数的優位を手にする。そして、直後の58分には切り札のジェコをヴェレトゥに代えて投入し、前線の構成をジェコとマジョラルの2トップ、ムヒタリアンのトップ下という形に変更した。   相手が10人の戦いに慣れる前にゴールをこじ開けたいローマだったが、両ウイングバックのクロスの精度の問題などもあり、なかなか決定機まで持ち込めない。この状況を受けて、フォンセカ監督は72分、1枚カードをもらっていたファシオに代えてフアン・ジェズス、カルスドルプに代えてペドロを同時投入。並びをより攻撃的な[4-4-2]に変えてゴールをこじ開けにかかる。   さらに、82分にはブラガ戦で再デビューを飾ったエル・シャーラウィを最後の交代カードとして切ったアウェイチームは、試合最終盤にかけて決死の猛攻を仕掛けていく。94分にはパワープレーからゴール前でジェコが落としたボールをペッレグリーニが頭で合わすが、これはDFカルディローラのゴールカバーに遭う。   さらに、後半ラストプレーではエル・シャーラウィがボックス内でDFフロンに倒されて土壇場でPKを獲得。だが、VARのレビューの結果、エル・シャーラウィにパスを出したペッレグリーニが戻りオフサイドと判定されてこのPKは取り消しに。   そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、10人のベネヴェント相手に痛恨のドローとなったローマは、3位こそキープもトップ4を争う下位チームに勝ち点差を詰められることになった。 2021.02.22 06:52 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安が右SBでフル出場のボローニャ、ベネヴェントに追いつかれドロー《セリエA》

ボローニャは12日、セリエA第22節でベネヴェントをホームに迎え、1-1で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節パルマに快勝とした13位ボローニャ(勝ち点23)は、冨安が3試合連続右サイドバックでスタメンとなった。 5戦勝利のない不調の14位ベネヴェント(勝ち点23)に対し、ボローニャは開始1分に先制する。ボックス右でバロウがうまく反転してDFを外してシュートに持ち込むと、ルーズボールをサンソーネが詰めた。 先制後は慎重な戦いに徹して守勢に回ったボローニャは16分にピンチ。しかし、カプラーリのカットインシュートは左ポストに直撃して助かった。 さらに34分にもカプラーリに枠内シュートを打たれたが、GKスコルプスキの守備範囲で助かると、43分には冨安が際どいミドルシュートをボックス手前右から浴びせた。 ボローニャが1点をリードして迎えた後半、立ち上がりにサンソーネとバロウがゴールに迫ったものの、60分に失点する。 分厚い攻めを受けた流れからクロスボールをGKスコルプスキがファンブル。ルーズボールをヴィオラに蹴り込まれた。 同点とされたボローニャは72分にサンソーネとオルセンに代えてオルソリーニとヴィニャートを投入。 さらにMFのスハウテンを削ってパラシオを投入し前がかったボローニャは、84分に勝ち越しのチャンス。だが、ゴール前に飛び込んだポーリのシュートは相手GKのセーブに阻まれてしまう。 終盤にかけてはボローニャが押し込む展開が続いたものの勝ち越しゴールは生まれず1-1のドローに終わった。 2021.02.13 06:41 Sat
twitterfacebook
thumb

吉田途中出場のサンプはベネヴェントに追いついてのドロー《セリエA》

セリエA第21節、ベネヴェントvsサンプドリアが7日にスタディオ・チーロ・ヴィゴリートで行われ、1-1のドローに終わった。なお、サンプドリアのDF吉田麻也は64分から途中出場した。   前節、王者ユベントス相手に惜敗した10位のサンプドリア(勝ち点26)は12位ベネヴェント(勝ち点22)とのアウェイ戦に臨んだ。そのユベントス戦で好パフォーマンスを披露した吉田だが、疲労を考慮されたか、8試合ぶりのベンチスタートとなった。   試合は立ち上がりからやや動きの少ない展開が続いたが、20分を過ぎた辺りからアウェイのサンプドリアが攻勢を強めていく。22分にはボックス左で仕掛けたケイタの放ったシュートがGKに弾かれたところにヤンクト、トレグロッサと詰めてゴールネットを揺らすが、ここはトレグロッサの位置がオフサイドでゴールは認められず。   その後も素早い守備から攻撃への切り替えとケイタの個人技を軸に良い形で攻撃を展開するアウェイチームは、前半終了間際にトレグロッサ、ケイタとボックス内で決定的なシュートを放ったが、相手GKモンティポの好守に阻まれて前半の内にゴールをこじ開けるまでには至らなかった。   後半も押し込む入りを見せたサンプドリアだが50分にはピンチも。ボックス内でのラパドゥーラの絶妙なポストワークからボックス左でフリーのカプラーリに決定的な右足のシュートを打たれるが、これは枠の右に外れた。   このピンチは何とか凌いだサンプドリアだったが、直後の55分にはボックス左でうまくオフサイドをかいくぐってバルバのパスを引き出したカプラーリに中への折り返しを匂わせての角度のないニアを射抜く技ありの左足のシュートを決められて、恩返し弾を許した。   流れ自体は悪くなかったものの、1点ビハインドを背負うことになったサンプドリアは、64分にトネッリとカンドレーバを下げて吉田とダムスゴーアを同時投入。だが、この交代後もしばらくはベネヴェントの時間帯が続きラパドゥーラにあわや追加点という場面を作り出される。   それでも、何とか耐えたアウェイチームは80分、左CKの二次攻撃から逆の右サイドで仕掛けたダムスゴーアがボックス右ライン際から高速のグラウンダークロスを入れると、DFの死角からニアに飛び込んだケイタがワンタッチで流し込み、同点に追いついた。   これで振り出しに戻った試合は終盤にかけて追いついた勢いに乗るサンプドリアが攻勢に転じていく。試合終了間際には吉田がセットプレーの場面で制空権を握って2度競り勝ってフィニッシュに絡んだが、シュートを枠に飛ばすことはできず。   結局、試合はこのままタイムアップを迎え、一桁順位を目指す中位同士の一戦は1-1のドローに終わった。 2021.02.07 22:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク&ラウタロが5戦ぶり弾のインテルがベネヴェントに完勝《セリエA》

インテルは30日、セリエA第20節でベネヴェントをホームに迎え、4-0で完勝した。 前節ウディネーゼ戦を低調なゴールレスドローで終えた2位インテル(勝ち点41)は、首位ミランとの勝ち点差を2に縮めるに留まった中、4日前に行われたミランとのコッパ・イタリアではエリクセンの劇的FK弾で勝ち上がった。そのミラン戦のスタメンから6選手を変更。エリクセンが中盤アンカーでスタメンとなった。 昇格組ながら11位と健闘しているベネヴェント(勝ち点22)に対し、ルカクとラウタロの2トップで臨んだインテルが立ち上がりからボールを持つ展開となる。 そのインテルが自陣に引くベネヴェントに対し、7分に先制した。右サイドからのエリクセンのFKがインプロータのクリアミスを誘ってオウンゴールとなった。 その後もインテルが主導権を握る中、ペリシッチのカットインシュートやラウタロのコントロールシュートで追加点に迫っていく。35分にはエリクセンのフィードに反応したボックス右のハキミがヘッドで合わせるも、シュートは枠を捉えきれず1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半開始3分、エリクセンのミドルシュートがバーに直撃したインテルが57分に加点する。ガリアルディーニのクサビのパスを受けたボックス中央のラウタロが反転から左足でシュートを決めきった。 ラウタロの今季10ゴール目でリードを広げたインテルは、3日後に控えるコッパ・イタリア準決勝のユベントス戦を見据えてバレッラをお役御免とし、ビダルを投入。すると67分、ルカクにも5試合ぶりのゴールが生まれる。相手GKのパスをラウタロがカットし、ルーズボールをボックス内のルカクが難なく蹴り込んだ。 快勝ムードのインテルはラウタロとシュクリニアルもベンチに下げた中、78分にルカクがこの試合2点目をマーク。サンチェスのパスをボックス中央で受け、右足でゴールへ蹴り込んだ。 結局、ベネヴェントにシュートを1本も打たせずに完勝としたインテルがミランとの2ポイント差を維持している。 2021.01.31 06:38 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly