さすがのCR7、影響力はWHOの40倍との分析結果が

2020.04.17 14:49 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界的スターのクリスティアーノ・ロナウドがさすがの“力”を見せている。新型コロナウイルス(COVID-19)撲滅に向けてあらゆる措置が講じられている昨今。ネットが普及した現代では、ツイッターやインスタグラムなどのSNSはテレビに匹敵する大きな力を持つ。

そして今、そのSNSを利用したコロナ対策が世界中の著名人から発信されている。例を挙げればキリがないが、日本国内だけでもいわゆる“インフルエンサー”の声は多くの国民に届いている。


ことSNSに関してフットボール界で最も影響力を持つのがクリスティアーノ・ロナウドだ。2019年にインスタグラムで稼いだ広告料は4780万ドル(約51億円)と言われ、その額はリオネル・メッシでも遠く及ばない。

そんなSNSキングであるロナウドは新型コロナ対策にも大きく貢献。これまでWHO(世界保健機構)と協力した2つの投稿は、合計で800万「いいね」を超え、世界中の人々の強い関心を呼び起こしている。

ソーシャルメディアのデータ分析などを行うフランス『The Metrics Factory』によると、ロナウドの影響力はWHOのなんと40倍。WHOも声明で「CR7に感謝します。あなたのおかげで115万ユーロの宣伝効果を上げることが出来ました」と発表している。

恐るべしCR7…。現在、インスタグラムのフォロワーは2億1000万人となっているが、2億人を超えたのは人類史上初めて。ネット社会と言われるこの時代において、どんなメディアより影響力を持っているのかもしれない。
関連ニュース
thumb

【セリエA第35節プレビュー】インテルの優勝が決定、CL出場権争うユーベとミランが激突

前節、2位アタランタが勝利を逃したことで4試合を残してインテルの11年ぶりスクデットが決まった。そして最下位クロトーネに続き、19位パルマの降格も決まっている。残る注目は5クラブによる残り3枠を懸けた来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いだ。そして今節、勝ち点69で並ぶ3位ユベントスと4位ミランによる大一番が開催される。 ユベントスは前節、ウディネーゼ相手に低調な試合を演じながらも5戦ぶりのゴールとなったC・ロナウドのドッピエッタで2-1の逆転勝利。辛くも3位の座を死守した。シーズン最終盤を迎えても試合内容に改善が見られない厳しい状況だが、10連覇を逃した元王者は最低限の目標であるCL出場権確保へミラン撃破となるか。 一方、FWイブラヒモビッチが復帰したミランは前節、ベネヴェントに快勝。連敗を2で止め、CL圏内の4位に返り咲いた。今季の1stマッチではユベントスに1-3と負けており、直接対決で上回ることは難しいが、勝利して勝ち点でユベントスを上回りたいところ。CL出場権は是が非でも確保したい中、ベストメンバーでユベントスに挑む。 10人となった中、サッスオーロに引き分けてインテルの前節での優勝をアシストしてしまった2位アタランタ(勝ち点69)は、降格の決まった19位パルマ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。モチベーションのない相手にここは必勝として2位を死守したい。 カリアリ相手に終了間際被弾でCL圏外の5位に後退したナポリ(勝ち点67)は、16位スペツィア(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨む。カリアリ戦では大半の時間帯で主導権を握りながらも追加点を奪えなかったことが響いて引き分けに持ち込まれてしまったナポリ。降格圏の18位ベネヴェントと3ポイント差のスペツィアは残留のために必死に戦ってくることが予想されるが、打ち勝ってCL圏内返り咲きとなるか。 1試合消化が少ない中、4位ミランを5ポイント差で追う6位ラツィオ(勝ち点64)は、14位フィオレンティーナ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。スペツィア同様、残留争いに巻き込まれているフィオレンティーナ相手に簡単な試合にはならない可能性が高いが、ここ8戦で7勝を挙げている好調のラツィオは勝利を掴めるか。 日本人では前節負傷から復帰したDF冨安の12位ボローニャ(勝ち点39)は、11位ウディネーゼ(勝ち点39)とのアウェイ戦を、前節ローマ戦で出場機会のなかったDF吉田の9位サンプドリア(勝ち点45)は優勝を決めたインテルとアウェイで対戦する。 ◆セリエA第35節 ▽5/8(土) 《22:00》 ウディネーゼvsボローニャ スペツィアvsナポリ 《25:00》 インテルvsサンプドリア 《27:45》 フィオレンティーナvsラツィオ ▽5/9(日) 《19:30》 ジェノアvsサッスオーロ 《22:00》 パルマvsアタランタ ベネヴェントvsカリアリ ヴェローナvsトリノ 《25:00》 ローマvsクロトーネ 《27:45》 ユベントスvsミラン 2021.05.08 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダンがユベントスに? ピルロ監督の後任候補の1人と報道

セリエA10連覇を逃したこともあり、去就が騒がしいユベントスのアンドレア・ピルロ監督。その後任候補に2人の名前が浮上している。 イタリア『トゥットスポルト』によると、ピルロ監督は今シーズンの結果に関係なく解任される可能性があるとのこと。トップ4を守り、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保することは至上命令だが、それだけでは安心できないという。 その後任候補に挙がっているのは、現役時代はユベントスでもプレーし、現在はレアル・マドリーを指揮するジネディーヌ・ジダン監督と、ピルロ監督とは名コンビを組んでいたナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督だという。 ジダン監督に関しては、アンドレア・アニェッリ会長が長年夢見たことであり、マドリーの監督に復帰する前に招へいを目論んでいたこともある。 しかし、ユベントスには障壁があり、ジダン監督が現在マドリーで受け取っている1200万ユーロ(約15億8000万円)の年俸がネックとなりそうだ。 一方で、今シーズン限りでナポリの監督を退任するとみられるガットゥーゾ監督はジダン監督よりははるかに安く雇える状況だ。 ユベントスは、マッシミリアーノ・アッレグリ氏を再度招へいする可能性も出ているが、スポーツ・ディレクター(SD)のファビオ・パラティチ氏とパベル・ネドベド副会長の退任が必要になると見られており、なかなか踏み出せない状況だ。 何れにしてもピルロ監督の立場は危うくなっており、来シーズンも指揮を継続して執るのだろうか。 2021.05.07 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスとの大一番を前に、過去の誤審悔やむミランOB「あの瞬間に未来は変わった」

かつてミランでプレーした経歴を持つ元イタリア代表MFアントニオ・ノチェリーノ氏が、古巣が暗黒期に突入するきっかけとなった試合について語っている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 今季は開幕15試合無敗を達成し、一時は10シーズンぶりのスクデット獲得も期待されたミラン。しかし年明けから徐々に失速すると、リーグ戦34試合を消化した時点で4位まで下降している。現在は2013-14以来のチャンピオンズリーグ(CL)出場を目指しており、9日には勝ち点で並ぶ3位ユベントスとの大一番が控えている。 この決戦を前に、『The Italian Football Podcast』の中でノチェリーノ氏は2012年2月25日に行われた両クラブによる試合を回顧。当時スクデット争いを繰り広げていた両者の対戦は、決勝弾となるはずだったミランのMFスレイ・ムンタリのゴールが誤審で取り消され、ドローで終了。そのシーズンに優勝を飾ったユベントスが、黄金時代をスタートさせた。 一方で、ミランはそのシーズン終了後にFWズラタン・イブラヒモビッチとDFチアゴ・シウバの移籍が起こり、一気に暗黒期に突入している。ノチェリーノ氏は、あの誤審がなければミランの未来はより明るかっただろうと悔やんだ。 「あの瞬間、ミランの未来が変わったと思う。ゴールが認められていれば、ミランはスクデットを獲得していたはずだ。そしてその後にズラタンやチアゴら大物選手が去ることもなかっただろう。クラブはその後も勝利するため、より資金を投資していたと思う。つまり、この幻のゴールがミランの歴史を変えたんだ」 「ミランはこの1年間、走って、走って、走りまくった。そして今、選手たちはガソリンを使い果たし、タンクの蓄えを使い果たしてしまっている。私は彼らがシーズンの終わりまで、何とか走り続けてくれることを願っているよ。CL出場は素晴らしいシーズンを送ってきた彼らにとって非常に重要だ」 また、ノチェリーノ氏は週末の大一番で勝った方が、来シーズンCLに出場するだろうとコメント。逆に敗れれば、CL出場の望みがなくなるはずだと語った。 「ユベントスは9連覇後に過渡期を迎えた。若手は数年後に素晴らしい選手となっているかもしれないが、今の彼らには経験がない。ユベントスとミランがどちらもCLに出場するのは難しいだろう。ナポリとアタランタの両チームは、より状態が良いからね」 「ユベントスとミランの試合はCLのプレーオフのようなものだ。この試合に勝った方が、CL出場権を得ると言ってもいい。もちろん、ラツィオも除外すべきではないけどね」 2021.05.07 13:53 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが難病患う赤ちゃんの治療のためユニを寄付! 投げ捨てた腕章がオークション出品となった縁…

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、スーパースターたる所以を示した。セルビア『RTS』が伝えている。 C・ロナウドは、今年3月末にポルトガル代表として出場したカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節のセルビア代表戦(2-2のドロー)において物議を醸す行為を行った。 2-2の後半アディショナルタイムにC・ロナウドは劇的な決勝ゴールを決めるチャンスが訪れ、実際にシュートはゴールラインを完全に割っていたものの、ビデオアシスタント・レフェリー(VAR)やゴールライン・テクノロジー(GLT)不採用の中で審判団はノーゴールとの誤審を下した。 これに激高した同選手は猛抗議でイエローカードを科されるも、怒りは収まらず、腕章を投げ捨て、ホイッスルが鳴る前にピッチを去っていった。 そして、誤審に対する激高に対しては擁護の声があった一方、腕章を投げ捨てる主将らしからぬ行動に対しては多くの批判が殺到していた。 ただ、この物議を醸す行為は後に意外な形でスポットライトが当たることに。 同試合の会場に待機していた消防士のジョルジェ・ヴキチェビッチ氏は、C・ロナウドが投げ捨てた腕章をたまたま拾い、試合関係者の許可を得た後に現地メディアを通じて、この腕章をチャリティーオークションに出すアイデアを提供。そして、オークションの収益は脊髄性筋萎縮症(SAS)という難病を患う生後8カ月のガブリロ・ジュルジェビッチ君の治療費用に充てられることになった。 その後、行われたオークションの結果、C・ロナウドが投げ捨てた腕章は6万4000ユーロ(約840万円)で落札された。 この落札のニュースを伝え聞いたC・ロナウドは、さらに自身のサイン入りのユベントスのユニフォームをガブリロ君の治療費用に充てるために寄付。そのユニフォームには「ガブリロのために!ガブリロの勝利のために!」とのメッセージが綴られている。 なお、ガブリロ君の治療には、史上最高額の薬価で話題となった遺伝子治療薬“ゾルゲンスマ”が必要だという。そして、治療費の総額が250万ユーロ(約3億3000万円)と見積もられている中、現時点で寄付金は100万ユーロ(約1億3000万円)程度集まっているようだ。 2021.05.07 00:47 Fri
twitterfacebook
thumb

元ユーベのマルキジオがコロナ陽性に…妻がSNSで公表

元イタリア代表MFのクラウディオ・マルキジオ氏が新型コロナウイルス陽性判定を受けたようだ。 昨年から世界中で猛威を振るい、イタリアでも多くの感染者が確認されている新型コロナウイルス(COVID-19)。現役を引退したイタリア代表のレジェンドの中でも、これまでフランチェスコ・トッティ氏や、パオロ・マルディーニ氏、ダニエレ・デ・ロッシ氏らが陽性判定となったことを公表している。 そんな中、今回は元ユベントスのマルキジオ氏が家族と共に陽性となってしまったようだ。妻でモデルのロバータさんが自身のインスタグラム(@robysinopoli)で報告している。 「COVIDの検査を受け、次男のダビデを除いた家族3人がウイルスに感染にしていると判明しました」 「神に感謝します。私たちはもう元気になりました。今は再検査の結果を待っています」 「長男のレオとクラウディオは無症状でしたが、私は味覚と嗅覚を失っていました」 マルキジオ氏はユース時代からユベントスに所属し、2006年のトップチームデビューから2018年夏に退団するまで中盤の要として数多くのタイトル獲得に貢献。その後はゼニトで1年間プレーし、2019年10月に現役引退を表明した。 (edited) 2021.05.04 12:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly