トゥベンテがFW中村敬斗の一時帰国を許可へ「ほぼ2シーズンサッカーを続けている」

2020.04.10 12:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トゥベンテのU-21日本代表FW中村敬斗が、日本への帰国を一時的に許可されたようだ。

現在新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、世界中でサッカー活動が中断に。オランダのエール・ディビジに関しても現在中断中であり、再開の目処は立っていない。

そんな中、各国のクラブでは選手に母国へ一時的に帰国する許可を出しているケースがあり、中村に対しても日本へ帰国することが許されたとオランダ『Tubantia』が報じた。

オランダでは、新型コロナウイルス感染が拡大していたこともあり、オランダ国外に出ることが禁じられていた。しかし、一向にトレーニングが通常通りに行われることがない状況だ。

テクニカルディレクターを務めるテッド・ファン・レーウェン氏は、中村を帰国させる許可を出した理由について「彼はほぼ2シーズン続けてサッカーをしている」とコメント。疲労を考慮することと、オランダでトレーニングが行えない状況を懸念していることを明かした。

中村は2018年1月に三菱養和SCユースからガンバ大阪へ入団。Jリーグで1シーズンを戦うと、2019年7月にトゥベンテへとレンタル移籍。今シーズンはエールディビジで17試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。

レーウェン氏は「さらに、日本サッカー協会はヨーロッパでプレーする選手のため、トレーニングの機会を促している」とも語り、再開目処が立たない状況から脱させるための措置でもあるようだ。

トゥベンテは13名の外国人選手が在籍しているが、スペイン国籍の5名はスペインが封鎖されていることもありオランダに留まるとのことだ。

なお、日本へ帰国するとなれば、中村はヨーロッパからの帰国となるため、まずPCR検査を受けることとなる。


関連ニュース
thumb

元蘭代表ファン・ヴォルフスヴィンケルが母国復帰果たす トゥベンテ入りが決定

トゥベンテは21日、バーゼルから元オランダ代表FWリッキー・ファン・ヴォルフスヴィンケル(32)の獲得を発表した。契約は1年延長オプションが付いた2023年までの2年。翌日からチームに合流する。 ファン・ヴォルフスヴィンケルはフィテッセやユトレヒト、スポルティング・リスボン、ノリッジ・シティ、サンテチェンヌ、ベティスを渡り歩き、オランダ代表歴も持つストライカー。2017年6月にバーゼル入りした。 だが、2019年8月にチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のリンツ戦で脳震とうを起こすと、後の検査で脳動脈瘤が見つかり、手術。長期の療養時期も経験したが、昨季は公式戦29試合出場で2得点1アシストを記録した。 4年ぶりの母国凱旋となるファン・ヴォルフスヴィンケルは「トゥベンテは僕にとって魅力的なクラブのひとつ。ここでプレーするのが楽しみ。チームが良いパフォーマンスを披露するのに僕も貢献したい」と語っている。 2021.07.23 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PSV、トゥベンテのオランダ代表GKドロメルを完全移籍で獲得

PSVは16日、トゥベンテのオランダ代表GKヨエル・ドロメル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までとなっている。 ドロメルはトゥベンテの下部組織出身で2015年9月にトップチームデビュー。2017-18シーズンの半ばから正GKに昇格し、トゥベンテではこれまで公式戦131試合に出場。今季ここまでエールディビジ全29試合に出場している。その活躍を受け、昨年11月にはオランダ代表に初めて招集されていた。 PSVでは現在、ライプツィヒから2022年6月までのレンタルで加入しているスイス代表GKイボン・ムボゴが正GKを務めており、ドロメルはムボゴとのポジション争いに挑むことになる。 2021.04.16 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、U-21オランダ代表DFマルケロをトゥベンテへレンタル

エバートンは28日、U-21オランダ代表DFナタン・マルケロ(21)がトゥベンテへレンタル移籍したことを発表した。 2017年の夏に母国オランダのフォーレンダムの下部組織からエバートンのU-23チームに加入したマルケロは、本職の右サイドバックのほかにセンターバックや守備的MFのポジションでもプレーが可能なユーティリティプレーヤー。 エバートンのトップチームでの出場経験はないものの、U-23チームでは主力として在籍3シーズンで公式戦59試合に出場。今シーズンは守備的MFを主戦場に公式戦21試合に出場していた。 2020.07.29 00:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「G大阪と協議中」…トゥベンテ中村敬斗、レンタル打ち切りか

トゥベンテに所属するU-20日本代表FW中村敬斗(19)に対して、契約打ち切りの可能性が浮上した。 中村は当時現役の高校2年生だった2018年に三菱養和ユースからガンバ大阪に“飛び級”入団。2019年5月に行われたU-20ワールドカップ(W杯)に参戦後の夏に2021年6月30日までの2年レンタルで、トゥベンテ移籍が決定した。 その今季はエールディビジ開幕節のPSV戦から2戦連続ゴールを記録するなど、派手なデビューを飾ったが、徐々に出番が減少。リーグも新型コロナウイルスの影響で打ち切られ、17試合4得点という成績で挑戦1年目の幕を閉じた。 オランダ『tubantia』が報じたところによると、ウィンターブレイクが明けてから出番が限定的だった中村は現在、日本に帰国。G大阪と2022年まで契約が残るなかで、全ての当事者が契約解消の術を模索しているという。 また、オランダメディア『voetbalprimeur』も中村のトゥベンテ退団に向けた動きを指摘。「トゥベンテはローン契約の打ち切りに向け、G大阪と協議中」だと報じている。 2020.05.29 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

中村敬斗のライバルに? トゥベンテがデビュー戦ハット達成のU-21オランダ代表MFラングをアヤックスから獲得

トゥベンテは18日、アヤックスからU-21オランダ代表MFノア・ラング(20)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 フェイエノールトとアヤックスというオランダ強豪クラブの下部組織出身であるラングは、180cmの上背とスピードを併せ持つ右利きのウィンガーで主に左サイドを主戦場としている。 昨シーズン終盤にアヤックスでのトップチームデビューを果たすと、トップチーム初先発となった2019年12月のトゥベンテ戦でいきなりハットトリックという離れ業を見せていた。 今シーズン前半戦は主力の負傷離脱もあり、公式戦18試合に出場し9ゴール4アシストを記録するなど結果を残していたが、主力のケガからの復帰やオランダ代表FWライアン・バベル(33)が6年半ぶりにアヤックスに復帰したこともあり、出場機会の減少が懸念されていた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyM0FIT0x4cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> なお、トゥベンテの左サイドはU-21日本代表MF中村敬斗(19)が担っており、ポジションを争うライバルとなる可能性が高い。 2020.01.21 13:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly