阿部の技ありゴールで名古屋が逃げ切り! 横浜FCに完封勝利《トレーニングマッチ》

2020.03.28 16:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
新型コロナウイルスの感染拡大により、中断が続いているJリーグ。名古屋グランパスと横浜FCのトレーニングマッチが豊田スタジアムで行われ、1-0で名古屋が勝利している。

[4-2-3-1]のシステムでスタートした名古屋は、最後尾にランゲラックを置いて、最終ラインに右から成瀬、中谷、丸山、秋山。ボランチにシミッチと稲垣を入れると、2列目をマテウス、阿部、相馬が務め、最前線に前田を起用した。

一方、横浜FCも同じく[4-2-3-1]を採用し、最後尾に六反を置き、最終ラインに右からマギーニョ、カルフィン・ヨンアピン、田代、袴田を配置。瀬古と手塚がボランチでコンビを組むと、2列目に中山、中村、斎藤を形成し、一美が最前線に名を連ねた。

試合開始早々の4分、名古屋はボックス右の成瀬がボールを奪い返すと、ボールを受けたシミッチがボックス手前へパス。このボールに反応したボックス中央の阿部が反転してシュートを対角線上に放つと、これがゴール右に決まり、名古屋が先制に成功する。

名古屋は続く8分にも決定機。右サイドを駆け上がった成瀬のクロスがファーサイドの相馬へとボールが流れる。相馬がボックス左から右足のコントロールシュートを放つも、クロスバーに嫌われた。

対して横浜FCは、14分にバイタルエリア左で得た中村のFKの流れから最後は中山がシュートを放つも枠を捉えることはできない。続く27分には右サイド深くからボックス内に持ち運んだ中山がそのままシュートを放ったが、GKランゲラックの好セーブに遭い、同点に追いつくことはできない。

後半に入り、一進一退の攻防が長らく続いたが、徐々に名古屋がポゼッションを高めていく。78分には前田が阿部とのワンツーでボックス右に侵攻し、GK六反と一対一の局面を迎えたが、放ったシュートはサイドネットに。結局、スコアが動くことなく、名古屋が1-0で勝利している。

名古屋グランパス 1-0 横浜FC
【名古屋】
阿部浩之(前4)
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋が堅実な戦いでC大阪の連勝をストップ! 阿部の強烈ミドルが炸裂《J1》

12日、明治安田生命J1リーグ第4節のセレッソ大阪vs名古屋グランパスがヤンマースタジアム長居で行われ、0-2でアウェイの名古屋が勝利した。 開幕から唯一の3連勝で首位を走るC大阪は、前節からメンバーを3名変更。瀬古、柿谷、都倉に代えて木本、清武、ブルーノ・メンデスを起用し首位キープを目指す。 一方、前節のガンバ大阪戦で試合終了間際に手痛い失点を喫し、勝ち点を取りこぼした名古屋。そこからガブリエル・シャビエル、米本に代えてジョアン・シミッチと前節出場停止でだった相馬を起用した。 試合開始から主導権を握ったC大阪が攻め入る。すると6分、敵陣左サイド深くから中央へ繋ぎ、松田が横へ流し、藤田がミドルシュート。しかし、これはゴール上へ外れる。さらに30分、右サイドから松田がピンポイントクロスを供給。ブルーノ・メンデスがヘディングシュートもGKランゲラックに弾き出された。 押し込まれていた名古屋だが、38分の右CKからスコアを動かす。マテウスのインスイングのボールを競り合うと、最後はマテイ・ヨニッチに当たり、オウンゴールで先制に成功する。 追う展開になったC大阪はその後、絶好機を作り出せないまま試合を折り返す。 すると、先にC大阪が交代カードを切る。後半の頭からブルーノ・メンデスに代えて豊川を投入し、変化を付ける。そのC大阪は50分、右サイドからのFKでサインプレー。清武のボックス中央手前へのグラウンダーのパスを松田がシュート。しかし、わずかにゴール左へ逸れた。 その後、C大阪は52分に都倉とルーカス・ミネイロ、61分に柿谷と早い段階で多くの交代カードを用いて攻撃を活性化。しかし、粘り強く守る名古屋が61分に待望の追加点を奪う。 相手のミスからボックス中央手前でボールを奪取した稲垣はキープと見せかけ阿部とスイッチ。これを受けた阿部が地を這うシュートでゴール右隅へ突き刺し、リードを2点とする。 2点ビハインドとなったC大阪は、73分にチャンス。敵陣中央で受けた松田が低弾道のパス。豊川がダイビングヘッドも枠を捉えられない。 さらに、途中出場の片山のロングスローなどで高さを活かした攻撃を試みるも、ゴールが遠い。 ゴール前まで運ばれながらも冷静に対応して時計の針を進めた名古屋が、綺麗に試合をクローズ。2-0でアウェイの名古屋が首位C大阪を下した。 セレッソ大阪 0-2 名古屋グランパス 【名古屋】 オウンゴール(前38) 阿部浩之(後16) 2020.07.12 21:56 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:C大阪vs名古屋】セレッソ開幕4連勝なるか ヤンマーにグランパスを迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2020年7月12日(日) 19:00キックオフ セレッソ大阪 vs 名古屋グランパス [ヤンマースタジアム長居] ◆堅守健在で状態良好! 4連勝なるか 【セレッソ大阪】 C大阪はリーグ再開初戦だったJ1第2節のガンバ大阪とのダービーを制して、前節の清水エスパルス戦も2-0で勝利。J1唯一となる7年ぶりの開幕3連勝を飾り、首位に立つ好スタートを切った。昨季J1最少失点の堅守も健在であり、開幕3試合でPKからのわずか1失点。前節得点の片山瑛一ら途中交代の選手もしっかりと役割を果たす好循環もあり、ほぼ隙なしのチーム状況だ。 今節に勢いを持って挑めそうだが、気になるのはそれぞれ2試合連続でほぼフル稼働の藤田直之とレアンドロ・デサバトのコンディション面。2選手ともに攻守のバランスを司る中盤の軸として欠かせない存在だけに、連戦での出ずっぱりが気になるところだ。しかし、今節から有観客試合となり、ホームの後押しを受けての戦いに。ホームの声援を力にして、4連勝なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:レアンドロ・デサバト、藤田直之 MF:坂元達裕、清武弘嗣 FW:都倉賢、奥埜博亮 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆狙うは首位叩き! 序盤の失点癖を正せるか【名古屋グランパス】 名古屋は再開後初戦の清水戦を2-1の逆転勝利で飾ると、続く前節のG大阪戦を2-2のドロー。前節のG大阪戦は早々の失点から前半のうちに逆転まで持っていき、相手の攻勢が強まった後半も凌ぎ続けたが、後半アディショナルタイムに追いつかれてしまい、引き分けた。勝ち点2を落とした感が強く、開幕3連勝を逃した格好だが、出場停止の相馬勇紀の代わりに先発した金崎夢生が新型コロナウイルス感染による出遅れもあり、本調子とは言い難いものの、機能的なプレーを披露するなど、今後に向けた好材料もあった。 開幕から無敗を続けるなかで迎える今節は首位C大阪との一戦。再開後2試合連続で序盤に先制点を許す展開は堅守を誇るC大阪相手だと致命的なものになりかねないだけに、課題として浮き彫りの入り方を中3日でどこまで修正できたか問われそうだ。次節まで中5日空く状況を鑑みれば、同じ先発陣をチョイスしてくる可能性もあるが、前節欠場の相馬やベンチスタートだった前田直輝、山﨑凌吾といったフレッシュな面々をスタートから起用しても面白いかもしれない。C大阪を下して、一気に上位陣に食い込んでいけるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、ガブリエル・シャビエル、阿部浩之 FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.07.11 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がG大阪から元韓国代表DFオ・ジェソクを獲得! 選手登録不可で、8月1日まで起用できず

名古屋グランパスは9日、ガンバ大阪の元韓国代表DFオ・ジェソク(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は34となる。 オ・ジェソクは、2012年のロンドン・オリンピックに韓国代表として出場。銅メダルを獲得していた。 Kリーグの水原三星ブルーウィングスでキャリアをスタートさせると、江原FCを経て、2013年にG大阪へ完全移籍。2019シーズンは7月からFC東京へと期限付き移籍し、今シーズンはG大阪に復帰していた。 これまでJ1通算126試合、J2通算5試合、J3通算2試合に出場。リーグカップで26試合、天皇杯で8試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で15試合に出場していた。 Jリーグで3クラブ目の挑戦となるオ・ジェソクは、名古屋を通じてコメントしている。 「このたび、名古屋グランパスに移籍することになって非常に嬉しく思いますし、感謝の気持ちを持っています。特に新型コロナウイルス感染症の影響もあり、この時期にこのタイミングで移籍するのは難しい状況の中で僕の手を掴んでくれたことだけでも、言葉にできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです」 「グランパスに移籍して、良いプレーで恩返しをしたいです。名古屋グランパスファミリーの皆さま、よろしくお願いします」 また、来日から7年半在籍したG大阪を通じてもコメントしている。 「リーグ戦が再開されたこのタイミングで、チームを離れることになりました。いろいろキャンプから大変な時間もありましたが、ここにいるみんなと開幕戦も一緒にできて幸せだったし、今年だけではなく7年半近くチームにお世話になったし、感謝の気持ちしかないです」 「この時期に離れるのは寂しくて悲しいですが、また日本でみんなに会えて、それだけでも十分幸せだし、良いことだけ記憶してチームを離れたいと思います。今まで有難うございました」 なお、オ・ジェソクは登録ウインドーの関係で2020年7月31日(金)まで選手登録が不可能に。最短でも8月1日(土)からの試合出場となる。 2020.07.09 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

途中出場の渡邉千真が劇的AT弾!G大阪が土壇場で追いつき名古屋とドロー《J1》

8日、明治安田生命J1リーグ第3節の名古屋グランパスvsガンバ大阪が豊田スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 4カ月ぶりの再開となった前節、名古屋は清水エスパルス相手に勝利し、J1通算400勝を達成。その試合から3名を変更し、ジョアン・シミッチ、相馬勇紀、前田直輝に代えて、米本拓司、ガブリエル・シャビエル、金崎夢生を起用した。 対するG大阪は、セレッソ大阪との“大阪ダービー”で敗戦。その試合からスタメンを4名入れ替え、菅沼駿哉、遠藤保仁、藤春廣輝、倉田秋に代えて、髙尾瑠、井手口陽介、福田湧矢、小野裕二を起用した。 試合は6分、アウェイのG大阪が先制する。左サイドでFKを獲得すると、キッカーの宇佐美がゴール前にクロス。これが吉田に当たってゴールへ向かうもクロスバーに嫌われる。しかし、跳ね返りをつなぐと、最後はボックス中央で三浦が蹴り込み、G大阪が先手を奪う。 先にスコアを動かされた名古屋だったが、16分に反撃。右サイドで得たFKからガブリエル・シャビエルがクロスを送るも、アデミウソンがブロック。ボックス内で混戦となると、こぼれ球がマテウスの下へこぼれ、右足で蹴り込み同点に追いつく。 さらに31分、名古屋がパスをつなぐと、マテウスのパスを金崎がフリック。ボックス内でガブリエル・シャビエルがターンからシュートを放つもGK東口がセーブ。しかし、こぼれ球をガブリエル・シャビエルが蹴り込み、名古屋が逆転に成功する。 前半で逆転に成功した名古屋は後半早々にビッグチャンス。最終ラインでのパスミスから、縦パスを受けたマテウスが金崎へ。GKと一対一になったが、三浦がなんとか戻りブロックする。 後半に入ってもペースが掴めないG大阪は、61分に3枚替え。アデミウソン、小野、宇佐美に代えて、パトリック、倉田、渡邉を投入し流れを変えに行く。 パトリックと渡邉の2トップに変え、システムと攻撃の形を変えたG大阪は徐々に押し込むシーンが増えるも、中盤でのミスが目立ち試合を作れない。すると71分には矢島に代えて、J1最多出場の遠藤を投入。遠藤の投入により、徐々にリズムが生まれる。 ポゼッションはG大阪が握る一方で、名古屋は途中出場の前田がドリブル突破で攻め立てるが、互いにゴールには近づけない。 互いに決定機を作れず、時計の針だけが進む展開に。それでも迎えた後半アディショナルタイム、ロングフィードをボックス内でパトリックが競り勝つと、胸トラップから渡邉が蹴り込み、土壇場でG大阪が同点に追いつく。 その後は少ない時間ながら互いにゴールを目指すが、そのまま試合終了。2-2で引き分けに終わった。 名古屋グランパス 2-2 ガンバ大阪 【名古屋】 マテウス(前16) ガブリエル・シャビエル(前31) 【G大阪】 三浦弦太(前6) 渡邉千真(後45+2) 2020.07.08 21:39 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋がJ1通算400勝を達成! 相馬弾とOGで清水に逆転勝利 清水は連続逆転負けに…《J1》

新型コロナウイルスによる中断期間を経て4日、遂に明治安田生命J1リーグも再開。IAIスタジアム日本平で行われた第2節の清水エスパルスvs名古屋グランパスは、2-1で名古屋が勝利した。 ピーター・クラモフスキー監督の下、攻撃的サッカーへの転換を図る清水。FC東京との開幕節では先制するも1-3で逆転負け。今回はその試合から先発を大幅に変更し、GK梅田、金井、竹内、岡崎、鈴木、カルリーニョス・ジュニオの6名が入った。直近の4試合で全勝と相性の良い名古屋を迎え討つ。 対する名古屋は開幕節でベガルタ仙台と1-1のドロー。あと一押しが足りず、勝ち点1を得るにとどまった。中断期間中は金崎とランゲラックが新型コロナウイルス陽性反応の診断を受け、全体練習などに影響が出たが、前者はベンチ入り、後者は先発出場で試合に臨む。開幕節からのメンバー変更は米本に代えてジョアン・シミッチのみとなっている。 試合開始から清水がボールを支配。吉田の背後を突き右サイドから良い形を演出する。すると、18分にスコアを動かす。センターサークル付近で金子がボールを奪取し後藤へ。持ち上がった後藤は相手を引き付けて右に流すと、走り込んだ金子がワンタッチでボックス内へ侵入。右足のシュートでネットを揺らした。 名古屋はすぐさま反撃。32分、ボックス手前右でパスを受けたマテウスのクロスに合わせたジョアン・シミッチのヘディングシュートはGK梅田に阻まれ混戦に。シミッチの2度目のシュートも防がれたが、最後は相馬が押し込んで同点に追いついた。 試合を振り出しに戻し勢いに乗る名古屋は40分、右サイドを抜け出した前田のグラウンダーのクロスが、GK梅田とヴァウドの交錯を引き起こしオウンゴールを誘発。2-1と逆転して試合を折り返した。 迎えた後半、先に決定機を作ったのは名古屋。52分、FKのチャンスにマテウスが強烈なシュートを放つ。これはゴール右ポストに弾かれ得点とはならなかった。 追う清水もチャンスを迎える。56分、奥井のクロスのこぼれ球に反応した金子がシュート。66分にはクロスに途中出場のティーラシン・デーンダーが飛び込むも、両決定機ともにGKランゲラックに処理された。 リードする名古屋は96分に相馬がレッドカードで退場するも、このまま逃げ切りに成功。再開初戦に2-1で名古屋が逆転勝利を飾り、J1通算400勝を達成した。 2020.07.04 22:15 Sat
twitterfacebook