バイエルン元会長ヘーネス氏、「今後数年、1億ユーロを超える移籍は起こらない」

2020.03.27 16:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルン前会長のウリ・ヘーネス氏は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によるサッカー界全体の財政危機が移籍金の高騰化に歯止めをかけると考えている。『ESPN』が伝えている。

ヨーロッパを中心に猛威を振るう新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界各国のサッカー活動がストップを余儀なくされている。これにより、多くのクラブが財政面において多大なダメージを受けている中、ヨーロッパのビッグクラブを中心に選手やコーチングスタッフ、クラブ首脳の給与の一部放棄などの動きが目立っている。



その中でヨーロッパサッカー界の重鎮の1人であるヘーネス氏はドイツ『キッカー』で、ブンデスリーガの財政問題に言及した。

先月にドイツサッカーリーグ機構(DFL)が発表したエコノミーレポートによると、現在ドイツのプロクラブの収入はチケット収入、テレビ放映権、スポンサー収入の3つの柱によって構成されているという。そして、チケット収入が総収益の12.9パーセント、テレビ放映権、スポンサー収入が合わせて57.9パーセントを占めている。

しかし、新型コロナウイルスの影響によるサッカー活動停止によって今後大幅な収入減が見込まれている。

これらの問題に関してヘーネス氏は、今シーズンが無事再開された場合、大きな問題にはならないものの、今年中にサッカー活動が再開できない場合、ブンデスリーガの運営自体が危ぶまれると主張している。

「今シーズンが無事再開された場合、何とか問題を最小限にくい留めることができるはずだ。たとえ、無観客開催となった場合でもテレビ放映権は保証される。そうなれば、2019-20シーズンに関して致命的な問題は起こらないと思う」

「しかし、現時点で想定される最悪のケースはクリスマスの時期まで活動を再開できないことだ。その場合、リーグの存在自体が危ぶまれる」

「今回のコロナウイルスに関しては疫病のようなものであり、我々は待つことしかできない。現時点でフットボールの再開を予見する輩は山師と言わざるを得ない」

ブンデスリーガを中心に新型コロナウイルスによる様々な経済的な損失の可能性に言及した一方、ヘーネス氏は今回の財政危機によって高騰化の一途を辿る移籍金の問題が落ち着くのではないかとの持論を展開している。

「現在の状況はフットボール界において脅威と言えるが、それと同時に座標を変えていくチャンスでもあると思っている」

「明言はできないが、1憶ユーロを超える移籍金は今後数年間においては過去のものになるはずだ」

「今後、移籍金の金額は間違いなく下がるはずだ。そして、それは今後2、3年で元の水準に戻ることはない。世界各国が影響を受けており、今回の混乱が収まった後には新たなフットボールの世界が生まれるはずだ」
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、チアゴ獲得に消極的…動くのは主力を流出の場合に限る?

リバプールがバイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)の獲得に動く可能性は低い模様だ。『ESPN』が報じている。 バイエルンとの契約が残り1年を切っているチアゴ。クラブは契約延長を望んでいるものの、交渉は暗礁に乗り上げており、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏は「キャリアの終盤に入るにあたって、新しい何かに挑戦したがっているようだ」とコメントしていた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1aVlhV0p4ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div> そういった中、移籍先の有力候補に挙がるリバプールでは、ユルゲン・クロップ監督が同選手に関して言及。「チアゴは大好きな選手だ。ただ、同じように私は他にも色々な選手が大好きだ。彼について言えることはそれが全てだ」と、獲得の可否に関して言及していないものの、好印象を抱いていることを認めていた。 しかし、今夏の移籍市場に向けて、チェルシー移籍が決定したドイツ代表FWティモ・ヴェルナー、レバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツといった獲得候補に対して慎重な動きを見せているリバプールは、3000万ポンド(約40億4000万円)と見積もられる移籍金を支払ってまで、チアゴ獲得にこだわることはないという。 また、基本的には今夏の優先事項はプレミアリーグ制覇を成し遂げたスカッドを保つことにあり、補強は若手有望株あるいは主力が抜かれた場合に限る見込みだ。 さらに、クロップ監督は来季加入3年目となるギニア代表MFナビ・ケイタ、今季台頭したU-19イングランド代表MFカーティス・ジョーンズにより多くのチャンスを与えることを考えているようだ。 2020.07.11 16:50 Sat
twitterfacebook
thumb

DFB、2020-21ブンデスリーガのスケジュールを発表!開幕節は9月18~21日に開催

ドイツサッカー連盟(DFB)は10日、2020-21シーズンのブンデスリーガのスケジュールを発表した。 バイエルンのリーグ8連覇で幕を閉じたブンデスリーガ。世界各国で感染が拡大した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりリーグ終了が大幅に遅れたが、DFBは来シーズンのスケジュールを発表した。 DFBの発表によれば、2020-21シーズンのブンデスリーガ第1節は9月18~21日から開催され、最終節は2021年5月22日に行われる。また、DFBポカールは9月30日に開幕する予定とのことだ。 なお、各日程は今後発表されるチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)との兼ね合いで変更される可能性があるという。 2020.07.11 02:00 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、ペップの愛弟子アラバを注視?

マンチェスター・シティがバイエルンに所属するオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)の獲得を検討しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 2011年夏からバイエルンに加わり、左サイドバックやセンターバック、中盤を高いレベルでこなせるユーティリティプレーヤーとして不動の地位を築くD・アラバ。しかし、バイエルンとの契約は2021年夏までとなっており、このままいけば売却を迫られる状況を見越して、複数クラブが視線を注ぐなかで、シティも動向を注視しているようだ。 <div id="cws_ad">◆アラバの芸術的FK集<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1V091dWQwaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今季のシティはフランス代表DFバンジャマン・メンディやウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコに左サイドバックのポジションを託しているが、前者は故障離脱が多く、一貫性が欠如。後者は元々、攻撃的なポジションが主戦場の選手であり、ジョゼップ・グアルディオラ監督がバイエルン時代に指導したアラバに注目している模様だ。 しかし、シティにはアラバの獲得に際して、年齢面や契約内容、価格面の懸念もある様子。また、バイエルン側も守備的エリアへのコンバートで成功を収めたカナダ代表FWアルフォンソ・デイビスが台頭したが、アラバとの契約延長を望んでおり、フリー移籍を容認しない姿勢を示しているようだ。 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反による2年間の欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会出場禁止処分に対する不服申し立ての結果が13日に決定されるシティ。この結果が今夏の補強に大きく影響するとみられているが、果たして…。 2020.07.10 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

輝きを取り戻した屈強DF、ジェローム・ボアテング【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はバイエルンの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングだ。 <div id="cws_ad">◆パワフルな対人守備と正確なロングフィード<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBNGZ2QmQ2NiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベシクタシュのガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングの異母兄弟であるJ・ボアテングは、兄弟揃ってヘルタ・ベルリンの下部組織でプレーした後、2007年にハンブルガーSVに移籍、マンチェスター・シティを経て2011年から現在も所属するバイエルンでプレーしている。 加入当初こそ本職ではない右SB起用もあったものの、2012-13シーズンにCBでレギュラーの座を掴むと、身長192㎝、体重90㎏の屈強な身体と、精度の高いロングフィードを生かして、シーズン3冠達成に貢献。チャンピオンズリーグ優勝も成し遂げた。 長年バイエルンの最終ラインを担ってきたJ・ボアテングだが、好不調の波が激しいことやサッカーよりもビジネスで目立っていた面もあり、近年は世代交代を図るバイエルンからの放出も囁かれていた。 しかし、2019年11月から指揮官に就任したハンジ・フリック監督のもとでレギュラーに返り咲き、輝きを取り戻すと、リーグ戦24試合に出場しブンデスリーガ8連覇に貢献。これまでの在籍9年間で公式戦320試合に出場し、バイエルンの黄金期を支えている。 2020.07.09 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ミュラーの悪魔的アウトサイドトラップ炸裂で相手守備陣を翻弄【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ミュラーの天才的なアウトサイドトラップ!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRcW9DRVJFMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現在30歳のミュラーはバイエルンの下部組織育ちで、2008年にトップチームデビュー。公式戦通算531試合197得点192アシストを誇り、8度のブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)制覇などの複数タイトル獲得に貢献している。 また、公式戦にはカウントされないものの、今シーズン開幕前の2019年7月30日に行われたアウディ・カップのフェネルバフチェ戦では圧巻のゴールを決めている。 前半のうちに5-0と勝負を決めたバイエルンは58分、相手からボールを奪うと最終ラインのDFニクラス・ジューレが最前線めがけてロングボールを送る。 カウンターで完璧に抜け出したミュラーは、後ろから来たボールを右足のアウトサイドで絶妙トラップ。かなり威力のあるボールだったが、難なく収める。 そして、相手GKハルン・テキンが飛び出しているのを見ると、冷静に無人のゴールへと流し込んだ。 親善試合とは言え、後ろからのロングボールをアウトサイドで前に流す見事な技術にあっぱれだ。 2020.07.09 18:00 Thu
twitterfacebook