第100回目を迎える天皇杯の組み合わせ決定! 湘南vs柏、鳥栖vs横浜FCはすでに決定済み《天皇杯》

2020.03.24 22:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は24日、天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会の組み合わせを発表した。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、Jリーグは開幕節のみを戦い延期に。4月3日を予定していた再開時期もずれ込むことが決定し、過密日程でのリーグ戦実施が必至となっている。

その影響もあり、天皇杯のレギュレーションが一部変更となり、J1クラブは4回戦から、J2クラブの昨季3位〜10位と今季J1から降格した松本山雅FC、ジュビロ磐田は3回戦から、J2クラブの昨季11位〜20位とJ2へ昇格したギラヴァンツ北九州、ザスパクサツ群馬は2回戦から出場する。また、J3勢は地域予選を戦うこととなり、都道府県代表となれば1回戦から登場する。

また、1回戦は5月23、24日、2回戦は6月10日、3回戦は7月8日、4回戦は8月19日に実施予定となっている。なお、5回戦は10月14日、準々決勝は11月3日、準決勝は12月19日、決勝は2021年1月1日に行われる予定だ。

4回戦では湘南ベルマーレvs柏レイソル、サガン鳥栖vs横浜FCのカードが決定。昨季王者のヴィッセル神戸は4回戦で水戸ホーリーホックと対戦する可能性がある。

◆第100回天皇杯 1回戦〜4回戦
《1回戦》
鹿児島県代表 vs 香川県代表 ー [1]
愛媛県代表 vs 徳島県代表 ー [2]
福井県代表 vs 大阪府代表 ー [3]
神奈川県代表 vs 山梨県代表 ー [4]
富山県代表 vs 兵庫県代表 ー [5]
奈良県代表 vs 栃木県代表 ー [6]
群馬県代表 vs 山形県代表 ー [7]
長野県代表 vs 新潟県代表 ー [8]
Honda FC(シード) vs 石川県代表 ー [9]
沖縄県代表 vs 山口県代表 ー [10]
大分県代表 vs 高知県代表 ー [11]
和歌山県代表 vs 愛知県代表 ー [12]
青森県代表 vs 埼玉県代表 ー [13]
三重県代表 vs 京都府代表 ー [14]
滋賀県代表 vs 福岡県代表 ー [15]
茨城県代表 vs 岩手県代表 ー [16]
福島県代表 vs 千葉県代表 ー [17]
岐阜県代表 vs 静岡県代表 ー [18]
東京都代表 vs 北海道代表 ー [19]
広島県代表 vs 佐賀県代表 ー [20]
宮崎県代表 vs 岡山県代表 ー [21]
秋田県代表 vs 宮城県代表 ー [22]
鳥取県代表 vs 熊本県代表 ー [23]
島根県代表 vs 長崎県代表 ー [24]

《2回戦》
FC琉球 vs [鹿児島県 or 香川県] ー [25]
レノファ山口FC vs [愛媛県 or 徳島県] ー [26]
ザスパクサツ群馬 vs [福井県 or 大阪府] ー [27]
[神奈川県 or 山梨県] vs [富山県 or 兵庫県] ー [28]
ツエーゲン金沢 vs [奈良県 or 栃木県] ー [29]
FC町田ゼルビア vs [群馬県 or 山形県] ー [30]
[長野県 or 新潟県] vs [Honda or 石川県] ー [31]
愛媛FC vs [沖縄県 or 山口県] ー [32]
[大分県 or 高知県] vs [和歌山県 or 愛知県] ー [33]
東京ヴェルディ vs [青森県 or 埼玉県] ー [34]
アビスパ福岡 vs [三重県 or 京都府] ー [35]
ギラヴァンツ北九州 vs [滋賀県 or 福岡県] ー [36]
[茨城県 or 岩手県] vs [福島県 or 千葉県] ー [37]
V・ファーレン長崎 vs [岐阜県 or 静岡県] ー [38]
ジェフユナイテッド千葉 vs [東京都 or 北海道] ー [39]
[広島県 or 佐賀県] vs [宮崎県 or 岡山県] ー [40]
栃木SC vs [秋田県 or 宮城県] ー [41]
[鳥取県 or 熊本県] vs [島根県 or 長崎県] ー [42]

《3回戦》
[25]の勝者 vs [26]の勝者 ー [43]
水戸ホーリーホック vs [27]の勝者 ー [44]
モンテディオ山形 vs [28]の勝者 ー [45]
[29]の勝者 vs [30]の勝者 ー [46]
ジュビロ磐田 vs [31]の勝者 ー [47]
アルビレックス新潟 vs [32]の勝者 ー [48]
大宮アルディージャ vs [33]の勝者 ー [49]
[34]の勝者 vs [35]の勝者 ー [50]
京都サンガF.C. vs [36]の勝者 ー [51]
ヴァンフォーレ甲府 vs [37]の勝者 ー [52]
[38]の勝者 vs [39]の勝者 ー [53]
松本山雅FC vs [40]の勝者 ー [54]
ファジアーノ岡山 vs [41]の勝者 ー [55]
徳島ヴォルティス vs [42]の勝者 ー [56]

《4回戦》
横浜F・マリノス vs [43]の勝者 ー [57]
湘南ベルマーレ vs 柏レイソル ー [58]
ヴィッセル神戸 vs [44]の勝者 ー [59]
大分トリニータ vs [45]の勝者 ー [60]
川崎フロンターレ vs [46]の勝者 ー [61]
名古屋グランパス vs [47]の勝者 ー [62]
セレッソ大阪 vs [48]の勝者 ー [63]
清水エスパルス vs [49]の勝者 ー [64]
FC東京 vs [50]の勝者 ー [65]
サガン鳥栖 vs 横浜FC ー [66]
ガンバ大阪 vs [51]の勝者 ー [67]
北海道コンサドーレ札幌 vs [52]の勝者 ー [68]
鹿島アントラーズ vs [53]の勝者 ー [69]
浦和レッズ vs [54]の勝者 ー [70]
サンフレッチェ広島 vs [55]の勝者 ー [71]
ベガルタ仙台 vs [56]の勝者 ー [72]
コメント
関連ニュース
thumb

天皇杯4回戦のカードが決定!大学勢唯一勝ち上がりの筑波大学は高知ユナイテッドSCと対戦

日本サッカー協会(JFA)は19日、第100回天皇杯の4回戦組み合わせ抽選会を実施した。 3回戦を勝ち上がった8チームが対戦する4回戦。大学勢で唯一勝ち上がった筑波大学(茨城県代表)は、高知ユナイテッドSC(高知県代表)と対戦することが決定した。 その他、福井ユナイテッドFC(福井県代表)はランメール青森(青森県代表)と、福山シティFC(広島県代表)はアルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表)と、ヴェルスパ大分(大分県代表)はHonda FC(アマチュアシード)と対戦する。 4回戦は12月13日(日)に開催。BSスカパー!では福山シティFCvsアルテリーヴォ和歌山を生放送。JFATVでは福井ユナイテッドFCvsラインメール青森、ヴェルスパ大分vsHonda FCをライブ配信する。 なお、筑波大学vs高知ユナイテッドSCはNHK BS1で翌14日(月)の0時から録画放送される。 ◆4回戦 ▽12/13(日) 《13:00》 福井ユナイテッドFC(福井県代表) vs ランメール青森(青森県代表)─[41] [テクノポート福井スタジアム ] ヴェルスパ大分(大分県代表) vs Honda FC(アマチュアシード)─[43] [大分市営陸上競技場] 《14:00》 福山シティFC(広島県代表) vs アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表)─[42] [広島広域公園第一球技場] 《19:00》 筑波大学(茨城県代表) vs 高知ユナイテッドSC(高知県代表)─[44] [県立カシマサッカースタジアム] ◆5回戦 ▽12/20(日) [41]勝者 vs [42]勝者─[45] [43]勝者 vs [44]勝者─[46] ◆準々決勝 ▽12/23(水) ブラウブリッツ秋田(J3・1位) vs [45]勝者─[47] J2・1位 vs [46]勝者─[48] ◆準決勝 ▽12/27(日) J1・1位 vs [47]勝者-[49] J1・2位 vs [48]勝者-[50] ◆決勝 ▽1/1(金) [49]勝者 vs [50]勝者 2020.11.20 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

いまだ無敗のJ3王者・秋田の天皇杯出場が決定

第100回天皇杯に、ブラウブリッツ秋田が出場することが決定した。 日本サッカー協会(JFA)は18日、明治安田生命J3リーグ第28節のガンバ大阪U-23vsブラウブリッツ秋田が行われ、0-2で秋田が勝利を収めた。 同時刻キックオフのAC長野パルセイロvsガイナーレ鳥取では、鳥取が後半アディショナルタイムに劇的なゴールを奪い、0-1で勝利。この結果、2位の長野との勝ち点差が19に開いたため、秋田の3年ぶりのJ3優勝が決定した。 この結果、秋田はJ3代表として天皇杯に出場。12月23日(水)に行われる準々決勝から登場。12月20日に決定する5回戦の勝者と対戦する。 なお、秋田は19年連続27回目の天皇杯出場となった。 2020.11.18 21:51 Wed
twitterfacebook
thumb

中村憲剛引退に重なる横浜Fのフィナーレ/六川亨の日本サッカーの歩み

11月1日、10時50分のことだった。川崎Fから「【重要】記者会見実施のお知らせ」というメールが届き、URLが添付されていた。 一昨日はルヴァン杯準決勝で敗れたFC東京を一方的に攻め立て、スコアこそ2-1の僅差だったが力の差をまざまざと見せつけて完勝した。それから一夜が過ぎて突然の「重要会見」のメールである。 すぐに親しい記者と連絡を取って情報交換をした。選手の海外移籍――例えば田中碧にオファーが来ていた――ならスポーツ紙が報じていただろうし、クラブはリリースを出すのが常で会見まではやらない。 鬼木監督が代表のスタッフに加わるという話は聞いたことがないし噂すらない。となると残る可能性は選手の引退だが、チーム最年長の中村はケガから復帰したばかりで昨日は決勝点を決めている。さりとて他に該当する選手は見当たらないので、やはり「憲剛に何かあったのかな」ということに落ち着き、クラブの公式You Tubeチャンネルでライブ配信される会見が始まるのを待った。 結果はすでにご存じの通り、中村は今シーズン限りでの現役引退を発表した。会見によると、すでに35歳の時から引退の時期を考えていたというが、情報化時代にあってメディアに一切漏れなかったのはチームメイトにすら直前まで伝えていなかったからだろう。それも憲剛なりの美学だったのかもしれない。 彼に関するエピソードは多くのメディアが紹介しているので省くことにする。03年に当時J2の川崎Fに加入して18年、2000年代はJ1リーグもJリーグカップも最高成績が2位で「シルバーコレクター」とチームは揶揄されたこともあった。しかし17年にリーグ初優勝を果たすと翌年も連覇し、19年にはリーグカップも獲得した。 これで残すタイトルは16年にランナーズアップに終わった天皇杯だけになった。 中村は引退会見で「残り2カ月。1日も無駄にしたくない。タイトルを取りたいという気持ちは今までで一番強い」と言い切った。 11月2日現在、残り2カ月でリーグ戦は9試合だが、川崎Fはあと4勝すれば3度目のリーグ優勝が決まる。もう川崎Fのリーグ制覇は時間の問題で、早ければ11月21日のアウェー大分戦がXデーだ。 そしてリーグ戦で上位2位に入れば自動的に天皇杯の出場権を与えられ、準決勝でJ2とJ3の勝者との対戦が濃厚だ。これに勝てば元旦に国立での決勝戦ということになるが、今年の天皇杯は川崎Fに初戴冠の予感が漂う。 かつて横浜にはフリューゲルスというチームが存在した。しかし1998年、遠藤保仁が加入した年に、出資会社の佐藤工業が経営不振に陥り、同じく出資会社の全日空も赤字でクラブを運営することができなくなった。そこで10月に、同じ横浜をホームにする横浜Mとの合併が決定した。 11月7日、ホーム三ツ沢の最終戦でリーグは終了した。残すは第78回天皇杯のみ。これに敗れればチームとしての活動は終わりクラブも消滅する。ところが3回戦からの登場では大塚製薬(現徳島)に4-2、甲府に3-0と勝ってベスト8に進出。 そして準々決勝ではリーグ2位の磐田に2-1で競り勝つと、準決勝でも鹿島に1-0の勝利を収めて元旦の国立行きを決めた。迎えた決勝戦では清水に2-1の逆転勝ちを収め、MF山口素弘、GK楢崎正剛らはロイヤルボックスでカップを掲げて雄叫びをあげた。 川崎Fの選手は誰もが憲剛と1日でも長く一緒にプレーしたいと願っていることだろう。それはリーグ戦にとどまらず、天皇杯に賭ける思いも憲剛と同じなのではないだろうか。まして天皇杯は唯一取り逃している国内タイトルだ。 西日の差す元旦の国立に、チームメイトの手により宙に舞う憲剛。そんなフィナーレの光景がいまから目に浮かぶようだ。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.11.03 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

筑波大学が延長後半ATに奇跡の逆転勝利で東京武蔵野シティFCを下し4回戦進出《天皇杯》

天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会の3回戦が28日に各地で行われた。 昨年の大会で北海道コンサドーレ札幌、浦和レッズなどJリーグ3クラブを破ってベスト8進出を果たす大躍進を見せたアマチュアシードのHonda FCはFCマルヤス岡崎(愛知県)と対戦した。 前半はFCマルヤス岡崎がインテンシティの高いプレーを見せていた中、ゴールレスで後半へ。すると649分にHonda FCがビッグチャンス。スルーパスを受けた富田湧也がボックス内で左足シュート。しかし、GK角井栄太郎がわずかに触りゴールを許さない。 それでも80分、Honda FCがスコアを動かす富田湧也のパスをカットしたボールが左サイドの八戸雄太へ。その八戸がダイレクトでグラウンダーのクロスを入れると走り込んでいた岡崎優希がニアサイドで合わせ、Honda FCが先制する。 良い試合運びを見せていたものの先制されたFCマルヤス岡崎だったが、最後までゴールを割れず。多くの元Jリーガーを擁したものの、FCマルヤス岡崎は敗退となった。 アルテリーヴォ和歌山(和歌山県)とFC TIAMO枚方(大阪府)の一戦は、元Jリーガーを多く擁するFC TIAMO枚方は、42分に元韓国代表FMチョ・ヨンチョルのゴールで先制すると、53分には木田直樹のゴールでリードを広げる。 しかし、アルテリーヴォ和歌山は68分にオウンゴールで1点を返すと、70分に山本大稀のゴールで同点に追いつく。 そのまま90分が終了し迎えた延長後半4分、林 祥太がゴールを奪いアルテリーヴォ和歌山が逆転に成功。3-2で勝利を収めた。 また、筑波大学(茨城)vs東京武蔵野シティFC(東京)の一戦も1-1のまま延長戦へ。すると、延長前半に後藤準弥のゴールで東京武蔵野シティFCが勝ち越しに成功。しかし、粘る筑波大は延長前半13分に小林幹のゴールで追いつくと、延長後半アディショナルタイムに三浦雅人が値千金の逆転ゴール。そのまま3-2で勝利した。 ◆3回戦 ▽10/28(水) 富士大学(岩手) 1-2 ラインメール青森(青森) 筑波大学(茨城) 3-2 東京武蔵野シティFC(東京) 新潟医療福祉大学(新潟) 0-2 福井ユナイテッドFC(福井) Honda FC(アマチュアシード) 1-0 FCマルヤス岡崎(愛知) アルテリーヴォ和歌山(和歌山) 3-2 FC TIAMO枚方(大阪) 福山シティFC 2-0 三菱水島FC(岡山) 鹿屋体育大学(鹿児島) 1-2 ヴェルスパ大分(大分) ▽11/11(水) 高知ユナイテッドSC(高知) vs FC徳島(徳島) 2020.10.28 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

天皇杯3回戦のキックオフ時間と対戦カードが決定!BS1でHonda FCとFCマルヤス岡崎の一戦が生放送《天皇杯》

日本サッカー協会(JFA)は1日、天皇杯3回戦の会場とキックオフ時間を発表した。 今シーズンは変則的に行われている天皇杯。記念の100回大会も順調に都道府県代表チームの戦いが進んでいる。 3回戦は10月28日(水)と11月11日(水)に開催。Honda FC vs FCマルヤス岡崎がBS1で、アルテリーヴォ和歌山 vs FC TIAMO枚方がBSスカパー!で生放送される。 ▽10月28日(水) 《13:00》 福山シティFC(広島県) vs 三菱水島FC(岡山県) [広島県みよし運動公園陸上競技場] 《16:00》 Honda FC(シード) vs FCマルヤス岡崎(愛知県) [エコパスタジアム] ※NHK BS1で生放送 《18:00》 新潟医療福祉大学(新潟県) vs 福井ユナイテッドFC(福井県) [テクノポート福井スタジアム] 《19:00》 富士大学(岩手県) vs ラインメール青森(青森県) [キューアンドエースタジアムみやぎ] 筑波大学(茨城県) vs 東京武蔵野シティFC(東京都) [ケーズデンキスタジアム水戸] アルテリーヴォ和歌山(和歌山県) vs FC TIAMO枚方(大阪府) [ヤンマースタジアム長居] ※BSスカパー!で生放送 鹿屋体育大学(鹿児島県) vs ヴェルスパ大分(大分県) [えがお健康スタジアム] ▽11月1日(水) 《19:00》 高知ユナイテッドSC(高知県) vs FC徳島(徳島県) [Pikaraスタジアム] 2020.10.01 13:25 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly