ストラスブール、ティエリ・ローレイ監督との契約を1年延長!

2020.03.22 09:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストラスブールは21日、ティエリ・ローレイ監督(56)との契約を2021年まで延長したことを発表した。現役時代にバランシエンヌやソショー、モンペリエなどでプレーしてきたローレイ監督は、2016年5月にストラスブールの監督に就任した。

指導者としてのキャリアを始めたのは現役最後のクラブとなったモンペリエだった。その後、2007年に3部リーグのセトで監督として本格始動。アミアンやアルル=アヴィニョンを経て就任したアジャクシオでは、リーグ・アン昇格へ導くも2015-16シーズンにリーグ・ドゥへ降格し解任の憂き目に。

そして16-17シーズン、当時リーグ・ドゥだったストラスブールに就任したローレイ監督は1年目で見事に優勝に導き、10年ぶりのリーグ・アン昇格を果たした。

3シーズン連続で1部残留となった今季、ここまで11勝5分け11敗で11位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

10年前に日本代表レギュラーの座を掴んだグラーツに戻った川島永嗣「全然覚えていなかった(笑)」

9日、日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。選手がオンラインでの取材に応じた。 先陣を切って取材に応対したのは、チーム最年長であるGK川島永嗣(ストラスブール)。10月のオランダ遠征に引き続き招集されている。 オーストリアに来た印象については「10月に引き続いて、こういった形で日本代表の試合ができることは、今の日本代表にとっては予選に向けても、自分たちが成長していくという意味でも大切だと思うので、今ヨーロッパにいる選手しか来れない状況はありますが、チームとして成長できる時間にしたいと思っています」と、この先の成長に向けて大事な期間にしたいと語った。 10月のカメルーン代表戦、コートジボワール代表戦では出場機会がなかった川島。しかし、代表活動は刺激を得られたという。 「去年の11月からなかなか活動できなかった中で、10月は久々にみんなの顔を見ることができて、活動がない中で、ニュースを通してだけじゃなくて、自分たちのチームメイトが実際にどういう成長を遂げているとか、どう過ごしているかを肌で感じられたと思いますし、そこで刺激を得られたのが10月だったと思います」 「年齢的には一番上ですが、若い選手も含めてそういった姿を見ることは刺激になりましたし、チームにも戻ってもモチベーションが高かったです。チームが成長する意味でも重要なので、良い形でこの11月のシリーズを迎えられると思います」 その川島だが、6日にはリーグ・アン第10節でマルセイユと対戦。DF酒井宏樹は出場停止により欠場となったが、DF長友佑都が右サイドバックとして先発フル出場を果たしていた。 自身はベンチで試合を見守ることとなったが、長友のプレーを間近で見たことについて「佑都とも代表で長くやらせてもらっていますし、色々な試合も練習も通して色々時間を過ごしていますが、佑都とこうやってフランスで出会えると思っていなかったので、彼の姿をマルセイユで対戦相手として見られたのはすごく嬉しかったです」と、率直にプレーを見られたことを喜んだ。 一方で、「自分自身もチームでチャンスを探っている中で、佑都もこういう形でポジション争いも厳しい中でやっていますが、ピッチの上に立っている姿は刺激になりました。そういう部分は代表に良い形で還元できればと思います」とし、ベテラン同士でも刺激しあえている事を明かした。 長らく日本代表の正守護神として活躍してきた川島だが、レギュラー奪取となったのは、2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前に行われたイングランド代表戦だった。 そのキッカケとなった試合が行われたのが、今回のキャンプ地であるグラーツ。試合はメルクール・シュピール・アレーナで行われたが、その点については「それは全然覚えていなかったです(笑)」とコメント。「あの時はどこでやるとか、どのスタジアムでやるかとかを考える余裕はなかったです」と、当時はその余裕がなかったと明かし、「今その話を聞いて感慨深くなっています」と笑顔を見せた。 改めて、自身の代表の原点とも言えるグラーツについては「そう考えると、そういう場所に戻ってこれたのは非常に感慨深いですし、日本代表として選手としてここに戻ってこれたことは非常に幸せだと思います」とコメント。「サッカーにおいては、物事はすぐ変わりますし、常に自分自身がパフォーマンスで貢献できなければ意味がないと思うので、11月もチームにしっかり貢献できるようにプレーしたいです」と改めて気を引き締めた。 また、グラーツはかつて日本代表を率いたイビチャ・オシム氏が在住している中、今回のメンバーでは唯一指導を受けていた川島。グラーツに来る際はオシム氏のことを思い出していたと明かした。 「ここに来る時に考えていたのはオシムさんのことでした。代表にいさせてもらう中で、オシムさんとやらせてもらった時間は特別でした。試合に出させてもらうことはなかったですが、色々な意味で大きな刺激をくれた人でした。オシムさんもストラスブールでプレーしていたので、そういった話もしたいなと思っていました」 今回の11月のキャンプは、来年3月に迫るカタール・ワールドカップ2次予選に向けた最後の調整の場ともなる。 川島は今回のキャンプについて「まだ他の選手が来ていないので話はしていないですが、前回は2試合を久々に集まって、短い時間の中でもやれたこと、結果を2試合目で残せたことは大きいことだと思います」とコメント。「ただ、自分たちが目指すものというか、それぞれのパフォーマンスはもっともっと良くなると思います。攻撃の部分でも自分たちがリスクを負ってやらないといけない部分もあるし、ダイナミックさを求めないといけないと思います。結果を求めながら、どういう質を追求していくかは、11月の2試合はより表現していかなければいけないと思います」とし、この2試合でも結果を求めて戦うと意気込んだ。 2020.11.09 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユが川島のストラスブールに辛勝、長友は公式戦7試合ぶりの出場《リーグ・アン》

リーグ・アン第10節、ストラスブールvsマルセイユが6日に行われ、0-1でマルセイユが辛勝した。ストラスブールのGK川島永嗣はベンチ入りも出場機会はなく、マルセイユのDF長友佑都はフル出場、酒井宏樹は出場停止のため欠場となった。 19位ストラスブール(勝ち点6)と5位マルセイユ(勝ち点15)による日本人在籍チーム同士の対戦。マルセイユは出場停止の酒井に代わって長友がスタメンとなり、公式戦7試合ぶりの出場となった。 長友が[4-4-2]の右サイドバックでスタートした中、マルセイユがやや押し気味に試合を進めたものの、前半はシュートを1本も打てず低調なままゴールレスで終了した。 迎えた後半、ストラスブールに押される展開となったマルセイユは58分にピンチ。カチのシュートが長友の足に当たってディフレクトし、右ポストに直撃した。 劣勢のマルセイユは66分、キュイザンスに代えてパイエを投入すると、72分にスコアを動かした。パイエの仕掛けを起点に、ペナルティアーク右のサンソンがボレーシュート。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さってマルセイユが先制した。 終盤にかけては守備に徹したマルセイユが何とか逃げ切り。格下ストラスブールに苦戦しながらも辛勝し、長友も勝利に貢献した。 2020.11.07 06:57 Sat
twitterfacebook
thumb

GK川島永嗣が偉大な先輩である川口能活コーチを語る「気持ち的にも大きな刺激になっている」

日本代表は6日、オランダのユトレヒトで2日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前に、GK川島永嗣(ストラスブール)がメディアの取材に臨んだ。 昨年12月以来の代表活動となる日本代表。今回はオランダでカメルーン代表、コートジボワール代表との国際親善試合を戦う。 昨年11月以来の代表合流となった川島だが、今回の活動については「待ちに待った代表活動だと思います。選手、スタッフ含めてモヤモヤした気持ちでした。サッカーファンもこの時を待ち望んでいたと思います。みんなで合流できて嬉しいですし、試合に向けてみんなでやって行きたいと思います」と、久々の活動に気を引き締めた。 今回の遠征には、GKコーチとして日本代表で長らく守護神を務めた川口能活氏が帯同。かつて一緒にプレーした川島は「まずは僕も能活さんが引退されてから会うのが初めてですし、昨日話していて、2010年のワールドカップ以来会うのが初めてなんじゃないかというぐらい久々に会ったので、こういう場所で能活さんに会えるのは嬉しいですし、スタッフに入ってGK練習にいることは気持ち的にも大きな刺激になっています」とコメント。偉大な先輩からの指導を受けることが刺激になると語った。 今回はアフリカの2カ国との対戦となるが、川島は「アフリカの2チームということで、ヨーロッパの中でも大きなクラブでやっている選手も多いですし、経験も持ち合わせた良い2カ国だと思います」と印象をコメント。「それこそヨーロッパのチーム、南米のチーム、アフリカのチームという点では、アフリカのチームはリズムや技術的に優れた選手が多いので、自分たちがどう対応できるのか。ヨーロッパでやっている選手しかいない今回の中で、普通の基準として捉えてやらなければいけないかなと思います」と語り、日頃のチームでの経験、感覚を代表の場で見せる時だと語った。 コロナ禍では難しい日々を過ごしていた川島だが、その難しい時期については「多くの選手もそうですし、多くの人がそうですが、当たり前のことが当たり前でなくなったということは多かったと思います」とコメント。「ただ、色々な状況にやはり人は変化に対応していかなければいけません。その中で自分がアダプトできるかというのがあります」と適応していくことが重要だと語った。 また「難しいのはトレーニングできない、試合ができない、代表の活動ができないという中で、新しい環境の中でどれだけ高みを目指して、こういう期間を新たに物事を作る期間にできるかという意識でいました」とし、貴重な代表活動の場でしっかりと結果を残していきたいと意気込んだ。 今回の代表戦の意義については「僕自身は37歳ですが、子供たちが夢を抱くと同じように、日本代表というのはすべての人にとっての夢だと思います。そういう場所が1年間、多くの人に与えられなかったのは大きな時間のロスだと思います」とコメント。「試合をする姿を見せることが、子供達に一番良い影響を与えると思うので、試合をさせてもらえるのは僕たちにとっても多くの人にとって新たな希望になると思います」とし、希望を与えられる内容を見せたいとした。 2020.10.06 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「たくさんの夢を見させてくれて本当に本当にありがとう」GK川島永嗣が引退のDF内田篤人へメッセージ、代表活動での裏話も

ストラスブールの日本代表GK川島永嗣が、現役引退を発表した元日本代表DF内田篤人へメッセージを送った。 川島と内田は日本代表の一員として長らくチームメイトとしてプレー。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2014年のブラジル・ワールドカップとともに選出されていた。 また、内田は2010年7月に海を渡りドイツのシャルケへ、川島も同じタイミングでベルギーのリールセへ移籍し、その後はスタンダール・リエージュ、ダディー・ユナイテッド、メス、ストラスブールとヨーロッパでプレーを続けている。 川島は自身のインスタグラム(eijikawashima01)を更新し、引退する内田へメッセージ。思い出を綴るとともに、これからのキャリアにエールを送っている ◆川島永嗣のメッセージ 親愛なるあつとへ。 いつから仲良くなったんだろうか。 思い返せば初めて会ったのはあつとがまだ19歳の時。 代表キャンプの時、まだほっそりした身体から強烈なシュートを決められて、ものすごい身体能力を持っている事に驚かされた事を昨日の事のように思い出すよ。 代表キャンプの時は、勝手に部屋に来て、自分の好きな音楽をひたすらリピートして、勝手に昼寝して、勝手に帰ってく(笑) くだらない冗談でいつも笑ってたな。 あつとがシャルケにいる時、どう考えても海外向きじゃない性格のあつとが、周りの人から親しまれ、自分から積極的にコミュニケーションを取る姿を見て、自分を変えようと、並々ならぬ覚悟が裏側にある事を知った。 日本人で初めてチャンピオンズリーグの準決勝の舞台に立つ姿をスタジアムで観た時は、同じ日本人として選手として、大きな感動を与えてもらったよ。 ブラジルW杯の時。毎日増えていく膝のテーピングの数とは裏腹に。プレーでも態度でも一切そんな事は見せなかった。もし、その無理があつとの残りの選手生活を変えたとしても、あの姿やプレーを見せられるのは内田篤人だけだったと思う。 自分がチームが見つからずに苦しんでいる時。あつとがリハビリをしていて、その時ボソっと言った言葉は今でも励みになっているよ。 「えいじさんはチーム見つかればサッカーできるからいいじゃん」 ただただ、痛みもなくサッカーを目一杯できることが人生にとどれだけ喜びを与えてくれることか。 選手として、そして仲間として。たくさんの夢を見させてくれて本当に本当にありがとう。 そして本当に最後の最後まで怪我と向き合って本当によくやった。 寂しいけど。。 本当に寂しいけどな。 でも、あつとにとってはここからがまたスタート。 少しゆっくりして、また多くの人にこれからも夢を与えて続けて下さい。 2020.08.25 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ストラスブール川島永嗣に第二子! インスタで報告

ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣(37)が1日、自身のインスタグラム(eijikawashima01)で第二子となる女児の誕生を報告した。 川島は「先日、無事に娘が産まれました。この難しい状況下の中、母子共に健康に産まれてきてくれた事に本当に感謝です。そして、色んな不安がある中、頑張って出産してくれた妻に心から感謝です」と綴った。 代表通算81キャップを誇り、2018年からストラスブールでプレーする川島は2014年9月に一般女性と入籍。2015年12月に第一子となる男児を授かった。 2020.06.01 09:15 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly