今季好調の元日本代表MF森岡亮太が再びステップアップ? 2クラブが関心を示す

2020.03.09 17:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルルロワの元日本代表MF森岡亮太(28)が、今季終了後に他クラブへ移籍する可能性があるようだ。ベルギー『Voetbal24』が報じた。シャルルロワでの2シーズン目を過ごす森岡は、ここまで公式戦31試合に出場し6ゴール5アシストと好調を維持。チームもリーグ3位とプレーオフ1出場圏内の好位置につけている。

『Voetbal24』によると、ベルギーで確かに実績を残し続ける森岡に対し、ヘントとアントワープの2クラブが関心を寄せているようだ。

2010年に京都府立久御山高からヴィッセル神戸に加入した森岡は、2016-17シーズンに海外移籍。ポーランド1部のシロンスク・ヴロツワフで1シーズンプレーし、2017-18シーズンからはベルギーのベベレンに加入していた。

ベベレンでは主力としてプレーし、公式戦27試合で9ゴール11アシストと出色の出来を披露。その活躍が認められ、ベルギー国内の強豪であるアンデルレヒトに加入した後、2019年1月からシャルルロワでプレーしている。

2018年1月に移籍したアンデルレヒトでは、移籍初年度こそジュピラー・プロ・リーグ6試合では3ゴール3アシストを記録し、優勝プレーオフ10試合でも3ゴール1アシストと結果を残したものの、2018-19シーズンは出場機会を失い、わずか1年でシャルルロワへと移籍していた森岡だが、ベルギー国内で新たな挑戦に臨むことになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英の逆サイドの攻撃には手応えのエメリ監督「左サイドは良かった」、それでもまだまだ不満

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、カディス戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは25日、ラ・リーガ第7節で昇格組のカディスとアウェイで対戦。0-0のゴールレスドローに終わっていた。 <div id="cws_ad">◆久保建英が初先発のカディスvsビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ksukrfm4w95gzbokyk62ivoe" async></script></div> 日本代表MF久保建英は3トップの右で起用。前半に惜しいチャンスを迎えるも、相手に対応されシュートは打てず。62分にサムエル・チュクウェゼと交代していた。 試合を振り返ったエメリ監督は、左サイドの攻撃を評価。しかし、まだまだ不十分だと語った。 「今日は良いチームワークを見せたが、ポイントが足りなかった。ボールを保持して主導権を握り、彼らが勝つチャンスを防ぐ方法はわかっていた。だから、何もさせなかった」 「攻撃面で言えば、左サイドは良かったが、言ったように不十分ではあった」 「我々は常に相手がやってくることに注意して仕事をしているが、攻撃面でハッキリさせられなかったことが問題だ」 「我々が5点を取って、相手が3点を取った試合を行った後だったが、今日はその逆だった。木曜日の試合(スィヴァススポル戦)と今日の試合を合わせたものを探る必要がある。より多くのものを生み出さなければならない」 2020.10.26 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がボタフォゴとの契約を短期延長か、シーズンは2月終了予定も契約は今年一杯

ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)だが、クラブと短期の契約延長を行うようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 2020年1月31日にフィテッセからボタフォゴへと完全移籍で加入した本田。加入後、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もありサッカーができない時期が続いたが、8月に開幕を迎えたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、チームの中心として活躍している。 トップ下やボランチなどでプレーしている本田は、ここまで11試合に出場。10月11日に行われた第15節のスポルチ・レシフェ戦では、日本人選手として22年ぶりとなるゴールを記録。日本代表としても活躍したMF前園真聖氏が1998年にサントスで記録して以来のゴールとなった。 ボタフォゴにとっても欠かせない存在となっている本田だが、契約は2020年12月31日までとなっており、このままでは2021年2月に終了するセリエAで最後までプレーできないこととなる。そのため、少なくともシーズン終了までの契約更新を行うようだ。 給与や契約条件は据え置きとなり、契約更新料は無料に。ボタフォゴは11月24日に会長選が控えており、本田をより長くチームに留まらせるかどうかは会長次第となるようだ。 なお、ボタフォゴはホッフェンハイムからレンタル中のMFブルーノ・ナザリオ(25)については、レンタル期間をすでに延長することで合意したとのこと。他の選手とも交渉しているようだ。 2020.10.26 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

シュミット・ダニエルが今季初出場でクリーンシート貢献、上位スタンダール・リエージュに勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロ・リーグ第10節でスタンダール・リエージュと対戦し、2-0で勝利を収めた。 この試合には日本代表GKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発出場。鈴木に代わって70分にMF伊藤達哉が途中出場した。DF松原后、FW中村敬斗はメンバー外となっている。 <div id="cws_ad">◆シュミット・ダニエルが初出場でクリーンシートに貢献!<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=of4k9cqf9bo01i3utefw8gf68" async></script></div> 今シーズンのリーグ戦初出場となったシュミット・ダニエルは、セーブ、ビルドアップでしっかりとしたプレーを披露。チームのクリーンシートに貢献した。 またスタメン出場の鈴木はゴールこそなかったものの、前線で身体を張ったプレーを見せて勝利に貢献した。 試合は38分にはシュミット・ダニエルから繋ぐと、縦パスを受けたオレクサンドル・フィリーポフがドリブルで運びながらスルーパス。最後はデュカン・ナゾンが落ち着いて沈めて、シント=トロイデンが先制する。 さらに73分にはボックス手前でパスを受けたスティーブ・デ・リッダーが豪快に右足一閃。これが左隅に決まり、2-0でシント=トロイデンが勝利を収めた。 なお、シント=トロイデンは開幕戦以来の今シーズン2勝目。9試合ぶりの勝利を挙げた。 シント=トロイデン 2-0 スタンダール・リエージュ 37分 1-0:デュカン・ナゾン(シント=トロイデン 73分 2-0:スティーブ・デ・リッダー(シント=トロイデン) 2020.10.26 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎岳がレガネス加入後初ゴール!チームも2-1で勝利《セグンダ・ディビシオン》

25日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の第8節レガネスvsレアル・オビエドが行われ、2-1でレガネスが勝利した。 この試合に先発出場した日本代表MF柴崎岳は76分までプレーし、61分に先制ゴールを記録。チームの勝利に貢献した。 ここまで7試合を終えて4勝3敗のレガネスが、1勝4分け2敗のオビエドをホームに迎えた一戦。立ち上がりから互いに攻め込む展開を見せる。 前半をゴールレスで終えて迎えた後半、柴崎が61分に魅せる。ボックス内右を後半から出場したミチャエル・サントスがドリブルで仕掛けると、深い位置からマイナスのクロス。これを後方から猛然と走り込んだ柴崎が左足で巧みなタッチでコントロールし相手DFをかわすと、豪快に右足で蹴り込み先制。柴崎はレガネス加入後初ゴールを記録した。 レガネスはその後もミチャエル・サントスを中心に攻勢をかけると、87分にはカウンターからミチャエル・バストスが抜け出してシュート。これはGKにセーブされるも、こぼれ球をボルハ・バストンが落ち着いてループシュートで沈めて追加点。後半アディショナルタイムにCKの流れから失点するも、2-1で勝利を収めた。 レガネス 2-1 レアル・オビエド 61分 1-0:柴崎岳(レガネス) 87分 2-0:ボルハ・バストン(レガネス) 90分+3 2-1:サミュエル・オベング(レアル・オビエド) 2020.10.26 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ベールスホット鈴木武蔵が日本人対決で2ゴール 試合は三好康児のアントワープに軍配《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグで日本人対決が実現した。 25日にジュピラー・プロ・リーグ第10節が行われ、日本代表MF三好康児が所属するアントワープと同代表FW鈴木武蔵がプレーするベールスホットが激突した。 <div i="cws_ad">◆鈴木武蔵がアントワープとのダービーマッチで2ゴール目を決める<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1dlfti401jjfc11survlg99ne8" async></script></div> 両選手が揃って先発した“アントワープ・ダービー”はホームのアントワープが先制。7分、バイタルエリア左からレファエロフが右足シュートを放つと、相手に当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 リードして勢いに乗るアントワープはその後も攻めに転じて、15分にユクレロドの左足シュートで追加点。公式戦4連勝中の好調さをこの試合に反映させた戦いを披露して、ベールスホットを突き放す。 それでも、守勢のベールスホットも25分、ボックス左のティッソウダリからのクロスに鈴木が反応。落ち着いて左足で合わせたボールがゴールマウスに流れ込み、前半のうちに1点を返すことに成功する。 そのベールスホットは1点リードで試合を折り返したアントワープが55分に三好を下げたなか、73分に同点。再びティッソウダリが右サイドから供給したボールに鈴木が右足で合わせ、イーブンに戻した。 しかし、その1分後に味方のスルーパスに反応したムボカニがボックス左からGKとの1対1を冷静に制して、アントワープが再びリード。結局、このゴールが決勝点となり、アントワープが3-2で制した。 アントワープはこれで公式戦5連勝で、29日に予定するヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節のトッテナム戦へ。鈴木の2ゴールが勝利に繋がらずのベールスホットは2試合ぶりの黒星を喫した。 アントワープ 3-2 ベールスホット 【アントワープ】 レファエロフ(前7) ユクレロド(前15) ムボカニ(後29) 【ベールスホット】 鈴木武蔵(前25、後28) 2020.10.26 08:40 Mon
twitterfacebook