レーティング: ユベントス 2-0 インテル《セリエA》

2020.03.09 06:37 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第26節延期分、ユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが8日に行われ、2-0でユベントスが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 5.5
難しいシュートは飛んでこなかった

DF
16 クアドラード 6.0
攻守にそつなし

4 デ・リフト 6.5
L・マルティネスを潰した

19 ボヌッチ 6.5
ルカクとのマッチアップで優勢に

12 アレックス・サンドロ 6.0
負傷交代も堅実なプレーを続けた

(→デ・シリオ -)

MF
8 ラムジー 6.5
なかなかボールに関われずにいたが、貴重な先制弾を決め、ディバラのゴールをアシスト

30 ベンタンクール 6.5
うまくボールを捌いた。2点目の起点に

14 マテュイディ 6.0
ゴール前に飛び出していくシーンが散見され、先制弾を演出

FW
11 ドグラス・コスタ 5.0
個での打開が期待されたが、突破できず

(→ディバラ 6.5)
華麗なテクニックで追加点奪取

21 イグアイン 6.0
確度の高いポストプレーを続けた。チームプレーに徹する

(→ベルナルデスキ -)

7 C・ロナウド 5.5
セリエA記録の12試合連続ゴールはならず。シュクリアルにてこずった

監督
サッリ 6.5
自身の査定試合を快勝で制す

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ハンダノビッチ 5.5
負傷明け。2失点も防げるシュートは止めた

DF
37 シュクリニアル 5.5
C・ロナウドとのマッチアップで互角だったが、1失点目に関与

6 デ・フライ 5.5
2失点目は中央を崩された

95 バストーニ 5.5
ドグラス・コスタのスピードを封じるもディバラにはてこずる

MF
87 カンドレーバ 5.5
攻守にまずまずの存在感だった

(→ガリアルディーニ -)

8 ヴェシーノ 5.5
マテュイディとのマッチアップで徐々に劣勢に

77 ブロゾビッチ 5.5
失点するまではうまくボールを散らしてゲームを組み立てた

23 バレッラ 5.5
攻守に奮闘していたが、後半序盤に交代

(→エリクセン 5.0)
試合に入れなかった

15 ヤング 5.0
守備に注力していたが、2失点目はやや軽かった

FW
9 ルカク 5.0
ボヌッチとのマッチアップで劣勢に

10 L・マルティネス 5.0
後半は完全に消えた

監督
コンテ 5.0
失点してから攻め手が途端になくなった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ディバラ(ユベントス)
ベンタンクールやセンターバック2枚も素晴らしい出来だったが、勝負を決定付ける芸術的なゴールを決めたディバラを選出。

ユベントス 2-0 インテル
【ユベントス】
ラムジー(後10)
ディバラ(後22)
コメント
関連ニュース
thumb

ボヌッチからサッリへ、感謝の言葉

ユベントスのイタリア代表イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、退任したマウリツィオ・サッリ監督に別れの言葉を綴った。 今シーズンからユベントス指揮官に抜擢されたサッリ監督。ナポリやチェルシーで指向したポゼッションスタイルにトライしたが、個性の強いビッグネームたちを掌握することができず悪戦苦闘。それでもなんとか個の力を生かしてセリエA9連覇に導いた。 しかし、強敵相手のチャンピオンズリーグではそうはいかず、フランスの雄リヨンに敗れラウンド16で敗退。直後に解任の憂き目に遭っていた。 キャプテンとして指揮官を支えたボヌッチはインスタグラムを更新し、この1年間のサッリ監督との思い出を振り返り、感謝の気持ちを示した。 「ありがとう。幸運を祈っているよ監督。ここに来た当初から率直で誠実な関係があった。このユニークなシーズンで、僕らは喜びと悲しみを共有したんだ」 また、ブラジル人DFダニーロもインスタグラムで感謝の言葉を述べた。 「チャンピオンズリーグはユベントスの大きな目標だった。でも、困難を極めたこの2020年に9年連続のスクデットを獲得したことを忘れてはいけない。今回はサッリ監督の指導に感謝したいと思う」 2020.08.09 19:14 Sun
twitterfacebook
thumb

擁護か非難か…CL敗退のC・ロナウドに姉エルマ「“1人の”力では何もできないものよ」

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの姉エルマさんが、弟のチャンピオンズリーグ(CL)敗退を受けてインスタグラムでコメントを残した。 ユベントスは7日にリヨンと対戦。1stレグはホームながら0-1で敗れていたため、今回の2ndレグは勝利が絶対条件だったが、12分に不可解なPK判定で失点する立ち上がりに。その後、ロナウドの2ゴールで逆転したものの、アウェイゴール差でラウンド16敗退を喫した。 これでユベントスは2シーズン連続のベスト16敗退。試合後には涙を流していたというロナウドに姉のエルマさんは、その他選手の非難ともとれる弟への擁護の言葉を発した。 「あなたは誰よりも良くやったわ。私も誇りに思う」 「献身性も素晴らしかった。だけど残念ながら一人の力ではどうすることもできないの。そんなこと不可能なのよ!」 「それはあなたもわかっているはず。でもベストを尽くしたと胸を張って欲しい。そして今でも最高の選手よ」 2020.08.09 17:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ピルロの電撃監督就任、最高責任者が説明

アンドレア・ピルロ氏のユベントス監督就任について、フットボール部門の最高責任者であるファビオ・パラティチ氏が説明した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 先日のチャンピオンズリーグ敗退を受けて、セリエA9連覇に導いたマウリツィオ・サッリ監督を解任したユベントスは、間髪入れずピルロ氏の就任を発表。先月30日にU-23チームの指揮官としてユベントスに復帰していたが、誰もが予想外の采配だった。 青天の霹靂の人事をパラティチ氏が説明。ピルロ氏の監督就任は運命だったと話している。 「それはユベントスの強い決断であり、非常に自然なことだった。運命的なことだったのだと思う」 「彼は指導者としての才能を持った選手だった。頭の中には成功するためのあらゆるものが揃っている。彼は常に我々とともにし、コンタクトを取り続けてきたのだ」 「今の我々は未知の領域にいる。誰も9連覇なんてしたことがないのだ。これほどの長いサイクルで勝利と変化を続けてきたのも初めてだ」 2020.08.09 15:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ピルロのユーベ指揮官就任に盟友デル・ピエロが言及、ジダンとの比較も

アンドレア・ピルロ氏のユベントス指揮官電撃就任に、盟友の元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がコメントした。 ユベントスでは8日、前日のチャンピオンズリーグ・ラウンド16敗退を受けてマウリツィオ・サッリ監督を解任。その後任として発表されたのが、先月30日にU-23チームの指揮官としてユベントスに復帰したばかりのピルロ氏だった。 元トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ氏などが候補に挙がっていた中、寝耳に水だったピルロ氏の電撃就任に、セリエAで鎬を削り、2011-12シーズンにはユベントスで共闘したデル・ピエロ氏がコメント。激励の言葉を送るとともに、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督との比較には「立場が違う」との見解を示した。 「元選手が監督になるという認識はここ何年かで変わってきている。昨今では実績よりも信頼が重視されているが、これはインザーギ兄弟に限った話ではない」 「ジズーはカルロ・アンチェロッティ監督の片腕としての経験値もあったし、マドリのリザーブチームで実際に監督をしていた」 「アンドレアはユベントスの選手やクラブのことをよく知っている。互いにはっきり言い合えるんじゃないかな。ビッグサプライズになったのは確かだが、彼は上手くやると思う。私はそう願っている」 また、ピルロ新監督の元チームメイトで現在もユベントスでプレーする元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンも自身のインスタグラムで「今度はミスターと呼ばなきゃいけないのかい? 新しい挑戦だな、頑張れよアンドレア!」とメッセージを残している。 2020.08.09 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

新監督電撃就任のピルロ、長距離をモノともしない無回転FK!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ユベントスの新監督に急遽就任したアンドレア・ピルロ監督の現役時代の一撃を紹介する。 <div id="cws_ad">◆惚れ惚れするピルロの無回転気味FK!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBQTFUV1V0YSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブレシアのユースで育ったピルロは、インテルやレッジーナでプレーした後、2001年7月にミランへ移籍。ここで出会ったカルロ・アンチェロッティ監督(現エバートン)によりボランチというポジションを見出されると、ジェンナーロ・ガットゥーゾ(現ナポリ監督)とのコンビネーションでミラン黄金期を築いた。 屈指のゲームメーカーとして名をはせると、2011年7月からはユベントスへ完全移籍。ここでもその高い能力を発揮し、その後に加入したニューヨーク・シティFCで2018年1月に現役を引退した。 ピルロは、ゲームメーカーとしての能力だけでなく、プレースキッカーとしても高い精度を誇り、屈指の存在として君臨。そのピルロが、2014年5月18日に行われたセリエA最終節のカリアリ戦のゴールを紹介する。 すでにセリエA優勝を決めていたユベントスはホームにカリアリを迎えた一戦。ゴールは8分に生まれる。 ボックスからやや離れた位置でFKを獲得したユベントス。ボールのそばにはピルロしかいない中、距離がありながらも無回転気味のシュートがゴールマウスへ。 ゴール手前で落ちたシュートは、GKマルコ・シルベストリが触れるも、クロスバーに当たってボールは地面へ。これがシルベストリの背中に当たって、ゴールとなった。 最終的にはシルベストリのオウンゴールと記録されたが、ピルロの性格無比なキックでほぼ決着がついていた。 監督キャリアゼロで古巣でありセリエAの絶対王者であるユベントスを率いることになったピルロ監督。どのような手腕を見せるのか、新シーズンの開幕が楽しみだ。 2020.08.09 12:30 Sun
twitterfacebook