バルセロナ史上2人目のイギリス人選手がイングランド2部に完全移籍

2020.02.27 11:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレストは26日、バルセロナBから元U-19イングランド代表MFマーカス・マクゲイン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。

アーセナルの下部組織出身のマクゲインは、ヨーロッパリーグで2試合の出場経験があったものの、2018年1月にバルセロナへ完全移籍。当時の違約金は2500万ユーロ(約30億円)に設定されていた。

バルセロナではBチームに所属しながら、2018年3月にスーペルコパ・デ・カタルーニャでトップチームデビュー。元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏に次ぐ、クラブ史上2人目のイギリス人選手となっていた。

しかし、その後はトップチームでの出番はなく、今シーズンはケウケン・カンピウーン・ディビジ(エールステディビジ/オランダ2部)のテルスターへとレンタル移籍。公式戦16試合に出場し1ゴール3アシストを記録している。

なお、マクゲインはノッティンガム・フォレストのU-23チームに所属することとなる。
コメント