【ACLプレビュー】オーストラリア王者相手に、Jリーグ王者は連勝なるか《横浜F・マリノスvsシドニーFC》

2020.02.19 14:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第2節が行われる。

Jリーグ王者として臨む横浜F・マリノスは、ホーム・横浜国際総合競技場にシドニーFCを迎え第2戦を戦う。

◆初戦で勝利、連勝へ
Getty Images

2014年以来のACL出場となった横浜FMは、初戦でアウェイの全北現代モータース(韓国)戦を戦った。

試合は終始押し込む展開となったものの、なかなかゴールを奪えず。それでもMF遠藤渓太が得点を含む2ゴールに絡む活躍を見せ、初戦で勝利を挙げた。

ホームで迎えるシドニー戦は、連勝といきたいところ。反省点としては全北現代戦で多くのチャンスを作りながらも、ゴールが2に終わったことだろう。

アンジェ・ポステコグルー監督も「良い結果、良いサッカーができて、良いスタートが切れた」と満足感を示していた。ホームでの初戦は4日後にJ1リーグの開幕を控えるだけに、しっかりと勝利して、リーグ戦開幕となるガンバ大阪戦に弾みをつけたい。

◆初戦となるシドニーFC
Getty Images

対するシドニーFCは、上海上港(中国)との初戦が新型コロナウイルスの影響で中止に。横浜FM戦が初戦となる。昨シーズンのAリーグでは、グランドファイナルで優勝をおさめて出場を決めている。

今シーズンもシーズン中ではあるが、現在勝ち点40で首位に立っており調子は良いだろう。Aリーグでは引き分けを挟んで11連勝中。1月31日に行われたブリスベン・ロアー戦も1-0で勝利を収めていた。

ブンデスリーガのボルシアMGやシャルケ、ヘルタ・ベルリンでもプレーしたMFアレクサンデル・バウムヨハンやディナモ・キエフやツルヴェナ・ズヴェズダでもプレーしたMFミロシュ・ニンコビッチ、レディングやボルトン、ウォルバーハンプトン、カーディフなどでプレーしたFWアダム・ル・フォンドレらが所属。ル・フォンドレは、今シーズンのAリーグで15試合に出場し15ゴールを記録している。

Aリーグ勢はグループステージでの敗退が多いものの、シドニーFCが脱却できるか。オーストラリア王者としての意地を見せてくるだろう。

★横浜F・マリノス予想スタメン

GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人、ティーラトン
MF:扇原貴宏、マルコス・ジュニオール、喜田拓也
FW:仲川輝人、オナイウ阿道、遠藤渓太
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆注目選手
Getty Images

注目選手はMF遠藤渓太をピックアップ。

前節は1ゴール1アシストとチームの勝利に貢献。強力なアタッカー陳において、今シーズンはレギュラーポジション確保に燃えている。

トップに入るFWエリキも復帰し、競争はより激しくなることは想定されるが、しっかりとホームで活躍する姿を見せ、Jリーグ開幕戦に弾みをつけられるか。
コメント