レアンドロが移籍後初弾! FC東京がパース・グローリー撃破で初白星《ACL2020》

2020.02.18 20:59 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020・グループF第2節でパース・グローリー(オーストラリア)と対戦し、1-0で勝利した。初戦の蔚山現代(韓国)戦を1-1で引き分けたFC東京(勝ち点1)。今節では、新型コロナウイルスの影響により、第1節が延期となり、この一戦がACL初戦となるパース・グローリーをホームに迎えた。

FC東京は[4-3-3]のシステムを採用。GKに林、最終ラインに右から室屋、渡辺、森重、小川を並べた。アンカーに橋本、インサイドハーフに高萩と安部、前線3枚には右からディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロを起用した。

初白星が欲しいFC東京は序盤から攻勢に出るが、なかなかフィニッシュに繋げられず。15分には敵陣中央右でFKを獲得し、レアンドロからのクロスをアダイウトンが頭で合わせるも、枠を捉えることができない。

決定機を作れないFC東京は21分、レアンドロのパスをボックス内で受けたディエゴ・オリヴェイラが巧みなトラップで相手を剥がし、ゴール前右へ。しかし、右足のシュートは相手DFのブロックに阻まれる。

前半半ばを経過すると、徐々にパース・グローリーの高さを生かした攻撃にゴールを脅かされる。それでも、終盤には再びペースを引き戻して前半を終えた。

ゴールレスのまま後半を迎えたFC東京は59分、アダイウトンを下げて紺野を投入して攻撃の活性化を図る。

直後こそ、ボックス内でパース・グローリーのフォルナローリにシュートを許し、ヒヤリとする場面を迎えたが、紺野のスピーディなプレーで徐々に攻撃に勢いが。67分には紺野の左CKをニアサイドで味方が逸らし、ファーサイドに高萩が飛び込む。しかし、ゴールに押し込むことができない。

それでも迎えた82分、左サイドで安部とパス交換したレアンドロがボックス左手前が右足を振り抜く。これが対峙した相手の左足に当たってゴール右隅に吸い込まれた。

終盤に先制したFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラを下げてジョアン・オマリを投入してクローズ。1-0で勝利して初白星を飾った。

FC東京は第3節の上海申花とのホーム戦が新型コロナウイルスの影響により、後ろ倒しに。次戦は第4節で4月7日に敵地で上海申花と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京が電光石火の先制も蔚山現代に逆転負け… 運命の最終節は森重が出場停止《ACL2020》

FC東京は30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループF第5節で蔚山現代(韓国)と対戦し、1-2で敗北した。 27日に行われた第4節で上海申花(中国)に2-1で勝利してリベンジを達成したFC東京。その結果、2位へ浮上し中2日で迎えるこの試合に東、中村拓海、負傷交代したディエゴ・オリベイラに代えて中村帆高、内田、三田を起用して臨んだ。 前節に続き森重をアンカーに据えたFC東京が、立ち上がり早々に電光石火の攻撃から先制する。内田が敵陣右サイド深くからプレッシャーを掛けると、三田が回収してボックス右のゴールライン際へパス。これを安部がボックス手前まで折り返すと、永井が右足シュート。これが左ポストを叩きながらもゴールへ吸い込まれた。 13分にもFC東京はボール奪取から決定機。DFの頭でのバックパスをボックス左で拾った永井がマイナスへパスを送る。これをレアンドロがシュートを放ったが、ディフェンスのブロックに弾き出された。 蔚山現代は28分に左CKからブルトハイスが合わせてゴールに迫ったが、ブロックを敷くFC東京を相手に思うように攻め込めない。 そんな中、前半からカードを切り37分にコ・ミョンジンを送り出す。ボールを繋ぐ蔚山現代に対して速い帰陣からの守備で上手くいなしていたFC東京だが、44分に警戒しなければならないセットプレーから失点。ボックス中央手前からのユン・ビッカラムのFKにGK波多野は反応できず。嫌な時間に同点とされて試合を折り返す。 そのFC東京はハーフタイムで三田に代えて東を投入。東を左サイドハーフへ配置し、[4-4-2]の布陣を敷いた。 後半の入りは、蔚山現代にボールを支配される我慢の時間が続くFC東京だが、バイタルエリアへの侵入は許さず、クロスにはGK波多野が冷静に対処する。勝ち点3獲得を目指すFC東京は63分にアダイウトンと高萩を送り出して攻撃を活性化。その5分後にレアンドロが打開する。 ボックス右で持ったレアンドロは右足シュートを匂わせてキックフェイント。これで時間を作った中でゴール右隅を狙ったが、GKチョ・スヒョクに阻まれた。 攻勢に出ながらも固い守備を構築していたFC東京だが、蔚山現代に一瞬の隙を突かれる。85分、ユン・ビッカラムにボックス左へ侵攻され右足シュート。これがネットを揺らし逆転を許す。 その後、小川に代えて原とリスクを負って攻撃陣を増やしたFC東京であったが、ゴールを生み出すことはできず試合終了。1-2で蔚山現代に逆転で敗れた。 この結果より、蔚山現代はグループステージ首位突破が確定。FC東京は勝ち点を積み上げられず7ポイントのまま。同節の上海申花(勝ち点6)vsパース・グローリー(勝ち点0)を残す中で、12月3日に行われる最終節のパース・グローリーでは、累積による出場停止で森重を欠いて挑む。 FC東京 1-2 蔚山現代 【FC東京】 永井謙佑(前1) 【蔚山現代】 ユン・ビッカラム(前44) ユン・ビッカラム(後40) 2020.11.30 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が前節のリベンジ達成!粘る上海申花を振り切り2位に浮上《ACL2020》

FC東京は27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループF第4節で上海申花(中国)と対戦し、2-1で勝利した。 24日の前回対戦(0-1で敗戦)から先発メンバーを2人変更した3位FC東京(勝ち点4)は、前節同様[4-3-3]の布陣を採用。最後尾を守る波多野の前に中村拓海、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川を並べ、アンカーに森重を起用。インサイドハーフに東と安部を置き、3トップはディエゴ・オリヴェイラ、永井、レアンドロを並べた。 累積警告によりエムビアを欠く2位上海申花(勝ち点6)に対し、FC東京は開始早々にチャンスを迎える。3分、左サイドを突破したディエゴ・オリベイラがボックス左深くから折り返しを供給。これをゴール右手前の永井が合わせたが、シュートはフォン・シャオティンのブロックに阻まれた。 その後は、ボールを持つ時間の長いFC東京ペースで試合が進むが、激しい守備で応戦する上海申花を前になかなか決定機まで持ち込むことができない。19分には、右サイド高い位置でボールをカットした中村拓のパスからチャンスを作るが、森重が落としを受けたレアンドロのミドルシュートは枠の左に外れた。 FC東京は26分にも、レアンドロの強烈なロングシュートで上海申花ゴールを脅かしたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、FC東京は41分に決定機。東のスルーパスでDFの裏に抜け出した永井がGKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKリー・シュアイが左足に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、FC東京は永井を下げてアダイウトンを投入。さらに48分には、キン・シェンの悪質なタックルで右足を負傷したディエゴ・オリベイラが担架でピッチを後に。原大智が緊急投入された。 エースの負傷交代と嫌な流れが漂い始めたFC東京だが、交代選手が躍動する。58分、ボックス左角手前でパスを受けたアダイウトンがカットインからミドルシュートを狙うとこれがクロスバーを直撃。 すると61分、ロングボールを敵陣でアダイウトンが落とすと、東のラストパスをボックス左で受けたレアンドロがシュートをゴール右隅に流し込み、FC東京が待望の先制点を奪った。 モレーノやキム・シンウクら攻撃的な選手を立て続けに投入した上海申花に対し、FC東京は78分に東と中村拓海を下げて高萩洋次郎と中村帆高をピッチに送り出す。すると82分、ボックス手前でパスを受けたアダイウトンのシュートのこぼれ球に反応した原がボックス左から折り返すと、最後はゴール前に走り込んだ安部が冷静に流し込んだ。 その後、86分にモレーノのゴールで1点を返されたFC東京だが、相手の反撃を凌ぎ切り、2-1で勝利。リベンジに成功したFC東京は、上海申花をかわし2位に浮上している。 また同日に行われたグループFもう一試合の蔚山現代(韓国)vsパース・グローリー(オーストラリア)は、試合終盤にネグランとキム・インソンがゴールを奪ったグループ首位の蔚山現代が2-0で勝利した。 2020.11.28 00:01 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、再開初戦は上海申花に0-1黒星…終始ペース握るもPKに泣く《ACL2020》

FC東京は24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループF第3節の上海申花(中国)戦に臨み、0-1の敗北を喫した。 新型コロナウイルスの感染拡大による中断を経て、いよいよ東地区のグループステージもカタールでの集中開催で再開したACL。中断まで2試合を消化して、1勝1分けの2位につけるFC東京は9カ月の中断期間を経ての再開初戦で元韓国代表指揮官のチェ・ガンヒ監督が率いる上海申花と激突した。 そのFC東京は[4-3-3]の布陣を用い、ディエゴ・オリヴェイラ、永井、アンドロの3トップを形成。アンカーに入る高萩の前に東と安部を置いたほか、最後尾を守る波多野の前に中村帆高、森重、ジョアン・オマリ、小川を並べ、日本勢としても先陣を切っての再開初戦で白星リスタートを目指した。 FC東京はキックオフから球際に激しく来る相手に前半を通じてボールの主導権を握るが、ゴールをこじ開けられない展開となる。押し込む形を作り、攻めの時間を続けるが、自陣にブロックを敷いて守りを固めてくる上海申花も最後のところでタイトな対応を徹底。FC東京ペースで進むが、突破口を見いだせない。 崩し切れない展開が続くFC東京だが、左サイドバックの位置に入る小川が39分に機を見た攻め上がりから左足のクロスボールでチャンスメーク。ファーサイドからゴール前に絞る形で猛進したディエゴ・オリヴェイラが相手DFのスペースに潜り込み、身体で合わせるが、相手GKのファインセーブに遭ってしまう。 迎えた後半もボールの主導権を握ったFC東京は引き続き決定機を作り出せずにいると、63分に永井を下げてアダイウトンを投入するが、その2分後に一挙3選手の交代に動いた上海申花に先制を許す。72分、ボックス内で浮き球の処理を試みた中村帆高だが、ユー・ハンチャオを倒してPKのチャンスを献上する。 このPKをキッカーのユー・ハンチャオに決められ、1点ビハインドのFC東京は73分に中村帆高と高萩を下げて、中村拓海と渡辺を送り込み、反撃に出るが、78分にゴール前でフリーのディエゴ・オリヴェイラが放ったヘディングシュートはミスショット。残るカードで田川と三田も投入したが、最後までゴールが遠かった。 再開初戦を黒星スタートのFC東京はこれが今大会初黒星となり、1勝1分け1敗。中2日の27日に行われる次節、上海申花と再び相対する。 FC東京 0-1 上海申花 【上海申花】 ユー・ハンチャオ(後27[PK]) 2020.11.24 21:01 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.57】同期・三笘薫に刺激。球際・ボール奪取力の強みを出しつつ、アジア王者に果敢に挑戦!/安部柊斗(FC東京/MF)

新型コロナウイルスの影響で相次ぐ延期の末、カタールで集中開催されることになった2020年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)。このタイトルを是が非でも獲得したいと熱望しているのがFC東京だ。2012年と2016年に同大会に参戦しながら16強敗退を余儀なくされた経験があるだけに、アジア王者への意気込みは非常に強い。 11月7日に開催される予定だったYBCルヴァンカップ決勝が柏レイソルのクラスター発生で1月4日に延期されたこともあり、「先にACLを取って年明けのルヴァンに弾みをつけたい」というのはチーム全体の共通認識だろう。 今年、明治大学から加入した大卒ルーキー・安部柊斗にとっても、プロ初の国際大会となる。今季はシーズン初戦となった1月28日のACLプレーオフ・セレスネグロス戦からスタメンを奪取。J1では26試合出場2ゴールと大黒柱の1人と言っていい活躍度を見せている。7月に橋本拳人がロストフへ移籍し、東慶悟が右第5中足骨骨折という重傷を負う中、手薄になった中盤を支え続けてきた。 「拳人君の移籍は痛いですけど、自分が拳人君を補う以上のプレーをすれば全く問題ない。自分が東京を勝たせられるように、安心してサポに見ていただけるようなプレーをしていきたい」と本人は今夏、力を込めていたが、持ち前の守備面でのアグレッシブさに加え、時には精度の高いシュートも放っている。彼の成長に長谷川健太監督も助けられた格好だ。 「試合によって中盤のポジションも変わりますけど、ハードワークや球際で勝つこと、前線に飛び出してゴールを決めるのが自分の理想のプレー。それを積極的にやっていきたいです。僕は海外サッカーはあんまり見ないのでプレーモデル的な選手はいません。ただ、Jリーグに目を向けると、川崎フロンターレの大島(僚太)選手なんかはすごくいい飛び出しやスプリントをしている。山口(蛍=神戸)選手なんかもかなり前にスプリントしてますよね。インサイドハーフがゴール前に出ていけばチャンスになりますし、DFにとってもつかみにくいので、自分もどんどん真似してやっていきたいと思ってます」 こう語るように、安部は日本代表クラスのMFのよさを吸収しようと意欲的に取り組んでいる。もちろん橋本、東、高萩洋次郎といったFC東京の日の丸経験者たちの一挙手一投足も脳裏に焼き付けているはずだ。そういった学習意欲と実践能力の高さはいかにも明治大学出身らしいところ。長友佑都(マルセイユ)や室屋成(ハノーファー)ら偉大な先輩に通じる部分がある。「自分ももっともっとレベルアップしたい」と高い領域を渇望し続け、高いモチベーションで試合に向かっていることが、今季の好パフォーマンスにつながっているのだろう。 もう1つ、安部の刺激になっているのが、同期入団の大卒ルーキーたちの活躍だ。中村帆高、瀬古樹(横浜FC)、森下龍矢(鳥栖)ら明大同期の存在はもちろんのこと、川崎フロンターレの三笘薫のように今季すでに12ゴールを挙げている傑出したタレントまでいる。 「薫が点取ったり、アシストしたり、いいスイッチになったりしてるのはホントにすごい。大学生の時から知ってますけど、ホントにいい選手。自分も負けたくないですし、いい刺激になってると思います」と神妙な面持ちで語っていたことがあった。 その三笘がいる川崎は一歩先にリーグタイトルをつかもうとしているが、FC東京も負けてはいられない。ACLでまずは1次ラウンドを突破することが肝要だ。 彼らはここまで2試合を消化し、勝ち点4で暫定首位に立っているが、同組の上海申花、蔚山現代は侮れない相手。11月24・27・30日と続く2チームとの3連戦は絶対に落とせない。厳しい戦いを勝ち上がれば、ラウンド16以降の戦いが待っている。 海外でのセントラル方式というのは、ルーキーで年代別代表経験のない安部にとっては未知なるチャレンジ。コロナ禍のカタールの環境も未知数だけに、思わぬアクシデントに直面するかもしれない。そういう苦難を乗り越え、チームの快進撃の原動力になれれば、東京五輪代表メンバー入りの道も開けてくるだろう。 東京世代のボランチは海外組の中山雄太(ズヴォレ)と田中碧(川崎)がファーストチョイスと見られるが、手薄なポジションであることは確か。安部のようにデュエルに強く、タフに戦えるタイプの選手は森保一監督も喉から手が出るほどほしいのではないか。2年後のワールドカップ開催国・カタールで大舞台と同時期にプレーできることは、先々のA代表入りを視野に入れてもアドバンテージが少なくない。 今回のACLは安部柊斗という成長著しいMFにとって千載一遇のアピールの機会。アジアの強豪相手にも真っ向から勝負できるタフさと粘り強さを前面に押し出し、強烈なインパクトを残してほしいものだ。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.11.24 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】9カ月ぶりのACL、再開初戦でしっかりと勝てるか《FC東京vs上海申花》

24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第3節のFC東京vs上海申花(中国)が行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆9カ月ぶりのACL <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/tokyo20201124_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> FC東京は2月18日に第2節でパース・グローリー(オーストラリア)と対戦し1-0で勝利。それ以来、9カ月ぶりのACLでの試合となる。 その間、明治安田生命J1リーグでは過密日程と戦いながらも上位をキープ。しかし、10月に入り調子を落とすと、7試合で2勝5敗とトーンダウン。4連敗を喫するなど、チーム状態は良いとは言えない。 11月に入っての3試合でも1勝1分け1敗と調子が上がらない状況だが、ここからの短期決戦ではACLに頭を切り替えて戦う必要がある。 長谷川健太監督も「この大会をやっぱり取りたいし、十分チャンスがあると思っている」と意気込みを語り、アジアタイトル獲得に準備をしているようだ。 また、GK林彰洋がケガで離脱し、GK波多野豪がゴールを守ることになるだろう。2月まではMF橋本拳斗(FCロストフ)、DF室屋成(ハノーファー)が居たが、現在はいない。Jリーグで経験を積んだ若手がしっかりと世界の舞台でもパフォーマンスを出せるかが、カギを握ることになるだろう。 ◆すでにカタールで2試合を終えている上海申花 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/tokyo20201124_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対する上海申花は、新型コロナウイルスの影響で今回の集中開催まで今季のACLではプレーなし。しかし、すでにカタールで2試合を戦っている。 18日にはパース・グローリーに1-2で勝利するも、21日には蔚山現代に3-1で敗戦。1勝1敗の成績だが、ACLでの試合勘、カタールでの試合という点では感覚を掴めているだろう。 今シーズンは変則的に行われた中国スーパーリーグでグループAの4位に入り、フィイナルステージに進出するも、同じくACLに出場している上海上港を相手にアウェイゴール差で敗れ準々決勝で敗退していた。 ACLに懸ける想いは強く、グループ首位に立つFC東京相手の勝利を目指して戦ってくることになるだろう。 イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィや韓国代表FWキム・シンウク、コロンビア人MFジョバンニ・モレノらはチームにいるものの、ACLに参加する可能性はなく、中国人選手が中心となって戦うはず。チーム力では、FC東京が上回っているとも考えられるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:中村拓海、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:髙萩洋次郎、安部柊斗 MF:三田啓貴、レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 ◆注目選手 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/tokyo20201124_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad">©J.LEAGUE<hr></div> 注目選手はFW永井謙佑をピックアップ。 今シーズンはJ1で25試合に出場し4ゴールを記録している永井。自慢の快足は健在で、そのスピードはアジアの舞台でも大きな武器になるだろう。 フィジカルコンタクトがJリーグよりも強くなることが予想されるACLだが、得意のカウンターで効率良くしっかりと仕留められるかがカギを握るだろう。 直近のJリーグではなかなか爆発しなかったFC東京の攻撃陣。カタールの地で再開初戦でしっかりと勝利を収めることができるのだろうか。 2020.11.24 16:00 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly