レアンドロが移籍後初弾! FC東京がパース・グローリー撃破で初白星《ACL2020》

2020.02.18 20:59 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020・グループF第2節でパース・グローリー(オーストラリア)と対戦し、1-0で勝利した。初戦の蔚山現代(韓国)戦を1-1で引き分けたFC東京(勝ち点1)。今節では、新型コロナウイルスの影響により、第1節が延期となり、この一戦がACL初戦となるパース・グローリーをホームに迎えた。

FC東京は[4-3-3]のシステムを採用。GKに林、最終ラインに右から室屋、渡辺、森重、小川を並べた。アンカーに橋本、インサイドハーフに高萩と安部、前線3枚には右からディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロを起用した。

初白星が欲しいFC東京は序盤から攻勢に出るが、なかなかフィニッシュに繋げられず。15分には敵陣中央右でFKを獲得し、レアンドロからのクロスをアダイウトンが頭で合わせるも、枠を捉えることができない。

決定機を作れないFC東京は21分、レアンドロのパスをボックス内で受けたディエゴ・オリヴェイラが巧みなトラップで相手を剥がし、ゴール前右へ。しかし、右足のシュートは相手DFのブロックに阻まれる。

前半半ばを経過すると、徐々にパース・グローリーの高さを生かした攻撃にゴールを脅かされる。それでも、終盤には再びペースを引き戻して前半を終えた。

ゴールレスのまま後半を迎えたFC東京は59分、アダイウトンを下げて紺野を投入して攻撃の活性化を図る。

直後こそ、ボックス内でパース・グローリーのフォルナローリにシュートを許し、ヒヤリとする場面を迎えたが、紺野のスピーディなプレーで徐々に攻撃に勢いが。67分には紺野の左CKをニアサイドで味方が逸らし、ファーサイドに高萩が飛び込む。しかし、ゴールに押し込むことができない。

それでも迎えた82分、左サイドで安部とパス交換したレアンドロがボックス左手前が右足を振り抜く。これが対峙した相手の左足に当たってゴール右隅に吸い込まれた。

終盤に先制したFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラを下げてジョアン・オマリを投入してクローズ。1-0で勝利して初白星を飾った。

FC東京は第3節の上海申花とのホーム戦が新型コロナウイルスの影響により、後ろ倒しに。次戦は第4節で4月7日に敵地で上海申花と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:FC東京vs仙台】上位追走へ3戦ぶり勝利なるか、6戦未勝利の仙台は光を見出せるか

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2020年9月20日(日) 19:00キックオフ FC東京(3位/32pt) vs ベガルタ仙台(17位/11pt) [味の素スタジアム] ◆疲労困憊、主導権を握って勝ち切れるか【FC東京】 ミッドウィークに行われた前節はホームに大分トリニータを迎えたが、2-3で敗戦。勝ちにいった展開をひっくり返されての黒星となった。 前半は焦れずに戦ったものの先制されて追いかける展開に。一度は追いついたものの、勝ち越しを狙いにいくと、ラスト10分間で2失点を喫してしまった。 大型連戦中のチームには明らかな疲労の色が見え、パフォーマンスの低下が顕著に。90分間戦い抜くことが難しく、後手を踏む展開はより疲労を生むこととなる。 気がつけば今節が連戦の11試合目。フィジカル面だけでなく、メンタル面、そして頭の中も疲れが溜まっている状況。相手は下位で苦しむ仙台だが、勝ち切るにはまずは先手を奪って主導権を握ることだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村拓海、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、高萩洋次郎、安部柊斗 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 ◆光見えない中、求められる粘り強さ【ベガルタ仙台】 前節はホームに大分トリニータを迎えたが、3失点で完敗。チームは3連敗となり、6戦未勝利となった。 この6試合では1試合で1ゴールが最多。試合中もチャンスを作れないわけではないが、ゴールを奪えるイメージが見えてこないのが正直なところだ。 サイドを使って崩す場面はあるものの、フィニッシュワークの乏しさが気になるところ。また、アタッキングサードに限らず、どの局面でもデュエルでの弱さが目立ち、相手に主導権を握らせてしまう場面が散見される。 球際で強さを見せられなければボールを保持できず、自分たちの戦い方もできない状況だ。 上位との対決となるが相手は連戦真っ只中。若干のアドバンテージがあるコンディション面を生かし、球際の勝負で勝つことが、白星をつかむキッカケとなるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、シマオ・マテ、平岡康裕、パラ MF:浜崎拓磨、椎橋慧也、関口訓充 FW:ジャーメイン良、長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 ※契約上の理由でDF柳貴博は出場不可 2020.09.20 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

来季FC東京入りの明大DF蓮川壮大が特別指定選手承認 「期待にこたえられるように努力」

FC東京は18日、明治大学に在学するDF蓮川壮大(22)のJFA・Jリーグ特別指定選手認定を発表した。背番号は「25」を着用する。 FC東京下部組織出身の蓮川は「絶対的な対人の強さをもち、攻守ともに1対1が優れているDF。戦う気持ちと強いメンタリティを持ってチームを鼓舞」がアピールポイント。今年7月に来季加入内定が決まっていた。 今季からJリーグ公式戦出場が可能となる蓮川はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「自分のできることを全力で発揮し、少しでも早く東京の力になれるように、またみなさんの期待にこたえられるように努力していきます。応援よろしくお願いします」 2020.09.18 13:58 Fri
twitterfacebook
thumb

大分が2試合連続の3ゴールで連勝!FC東京は最後のビッグチャンス2つを生かせず《J1》

16日、明治安田生命J1リーグ第24節のFC東京vs大分トリニータが行われ、2-3で大分が勝利を収めた。 FC東京がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する関係で前倒しで行われている一戦。前節は終了間際にヴィッセル神戸に追いつかれたFC東京は、前節から5名を変更。渡辺剛、中村帆高、髙萩洋次郎、アダイウトン、田川亨介が外れ、木村誠二、小川諒也、三田啓貴、レアンドロ、永井謙佑を起用した。 対する大分は前節アウェイでベガルタ仙台に3発快勝。スタメンを大量7名変更し、岩田智輝、三竿雄斗、田中達也、羽田健人、三平和司、町田也真人、伊佐耕平が外れ、小出悠太、島川俊郎、松本怜、小塚和季、高山薫、渡大生、知念慶を起用した。 序盤から違いが出方を窺う展開となった一戦。最初のシュートチャンスは 22分、大分が攻め込むもFC東京が跳ね返すと、こぼれ球を拾った永井が自陣からドリブルを仕掛ける。するとGKムン・キョンゴンが前に出ているのを見ると、ロングシュート。しかし、これはわずかに外れる。 25分にもFC東京が決定機。縦パスを受けたレアンドロが永井にパス。ボックス内右からマイナスの折り返しと、ディエゴ・オリヴェイラがダイレクトシュートも大きく枠を外してしまう。 大分はポゼッションを高めながら、両サイドを有効に使ってFC東京陣内で時間を作る。すると42分、パスを受けた小塚が浮き球のパス。大外の高山がシュートを合わせに行くが、ミスキックとなり決定機を逸する。 53分にアルトゥール・シルバからボールを奪った松本が豪快に右足一閃。鋭いシュートがゴール右に決まり、大分が先制する。 先制を許したFC東京だったが61分に追いつく。品田からの縦パスをアルトゥール・シルバがダイレクトで叩くと、永井が折り返し、最後はレアンドロがボックス内から蹴り込み、同点に追いつく。 77分、大分は波状攻撃を仕掛けると、ボックス右からのクロスをファーサイドで折り返し、最後は島川がミドルシュート。これはGK林がセーブ。こぼれ球を知念が先に拾いシュートも、サイドネットを揺らす。 80分には、ボックス右からのクロスをボックス中央で走り込んだ香川がトラップからシュート。しかし、これは枠の右に外れてしまう。 しかし82分、大分は左サイドを崩すと、野村が仕掛けてグラウンダーのクロス。これを、ファーサイドで田中が押し込み、大分が勝ち越しに成功する。 さらに86分には右サイドを田中が突破。ボックス右からのクロスを伊佐がシュート。GK林がセーブするも、こぼれ球を野村が蹴り込み、大分が3点目を奪う。 2点ビハインドとなったFC東京は90分にアダイウトンが左サイドをドリブルで突破。そのままボックス内まで持ち込むと、最後は田川のシュートが浮くと、最後は品田が頭で押し込み1点差とする。 後半アディショナルタイムも同点に追いつきたいFC東京が猛攻。アディショナルタイム5分には原、レアンドロがヘディングで繋いだボールを田川がボックス内で浮かせてDFをかわし右足シュート。しかし、これはサイドネットを揺らす。 さらにアディショナルタイム6分には最後のビッグチャンス。浮き球のパスを田川が競り勝つと、落としたボールを原がボレー。これはGKムン・キョンゴンがセーブすると、こぼれ球を原が押し込むも、ゴールライン上で三竿がクリア。そのまま試合が終了し、2-3で大分が勝利を収め連勝となった。 FC東京 2-3 大分トリニータ 【FC東京】 レアンドロ(後16) 品田愛斗(後45) 【大分】 松本怜(後8) 田中達也(後37) 野村直輝(後41) 2020.09.16 21:06 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京がU-18日本代表DF大森理生の来季トップ昇格を発表 「ユルネバを歌える日を楽しみにしています」

FC東京は13日、U-18チームに所属するU-18日本代表DF大森理生(18)の来季トップ昇格を発表した。 東京都出身の大森は身長183㎝、体重76kgのDF。昨シーズンは2種登録選手としてFC東京U-23の主戦場である明治安田生命J3リーグ21試合に出場した。クラブは大森のアピールポイントを「深い東京愛を根底に、勝つために周囲を動かすリーダーシップを発揮するDF。正確かつ大胆なビルドアップで攻撃のチャンスを創り出す」と伝えている。 その大森はクラブの公式サイトで以下のように意気込みを語っている。 「来シーズン、トップチームへ昇格することになりました大森理生です。まず初めに自分の大好きなクラブであり、小学校4年生からお世話になっている東京で、プロサッカー選手としてのキャリアを始められることをとても嬉しく思います。そして、今までサポートし続けてくれた家族や、チームメイト、U-15むさしの頃からどんなに遠い場所でも応援に来てくださったファン・サポーターの方々、自分に関わっていただいた全ての方々に深く感謝します」 「たくさんのタイトル獲得に向けて、謙虚な気持ちを忘れず、献身的にチームのために戦いますので、応援よろしくお願いします! この大変な状況を乗り越えて、みなさんとともに味の素スタジアムでユルネバを歌える日を楽しみにしています」 2020.09.13 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸、ダンクレーの劇的同点弾で勝ち点1を手に! FC東京は公式戦5連勝ならず…《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節のヴィッセル神戸vsFC東京が12日にノエビアスタジアム神戸で行われ、2-2の引き分けで終えた。 前節の首位・川崎フロンターレ戦で2-3の敗北を喫した11位・神戸。その試合から先発を渡部と菊池に代えて、トーマス・フェルマーレンと初瀬を送り出しホームでの白星を狙う。また、メンバー外が続いていたアンドレス・イニエスタがリーグ戦6試合ぶりにベンチ入りを果たした。 対する3位・FC東京は公式戦4連勝中と好調をキープしている。2-1で逆転勝利した前節の横浜FC戦からメンバーを5名変更。木村、小川、三田、永井、レアンドロに代えて中村拓海、森重、品田、ディエゴ・オリヴェイラ・アダイウトンを加えて首位追撃に勝ち点3を目指す。 ボールを握りゲームをコントロールしたい神戸と強固な守備から縦に速く鋭いカウンターを狙うFC東京の対照的な一戦。立ち上がり、両者ともに前線から激しいプレッシャーを掛ける中、神戸は古橋や初瀬がミドルシュートを狙うもディフェンスのブロックに捕まってしまう。 対するFC東京は21分、ディエゴ・オリヴェイラが個の力で右サイドを打開しグラウンダーのクロス。これに飛び込んできたアダイウトンがスライディングで合わせるも、GK飯倉に阻まれた。 徐々に支配率を高めていく神戸が決定機を迎える。24分、カウンターからボックス右に抜け出した古橋のシュートは右ポストに弾かれるも、このこぼれ球を回収したセルジ・サンペールが再び古橋へ。古橋がクロスを入れると安井が押し込み、J1リーグ初ゴールで先制点をマークした。 なかなかカウンターに持ち込めず攻めあぐねるFC東京だったが後半立ち上がりの50分、ディエゴ・オリヴェイラを受けた田川がボックス右からシュート性のクロスを入れると、ゴール前でアダイウトンがコースを変えてゴールイン。試合を振り出しに戻した。 FC東京はこの勢いそのままに58分に逆転に成功する。ボール奪取した高萩がアダイウトンとのワンツーでボックスへ侵入。ラストパスを受けたディエゴ・オリヴェイラがボックス左からネットを揺らした。 逆転を許した神戸は直後にイニエスタを投入。そのイニエスタを中心に攻撃を組み立てるが、前線に人数を掛けたことで度々カウンターを許してしまう。だが、耐え忍んだ神戸は後半アディショナルタイム3分、イニエスタのFKをダンクレーがヘディングシュートでネットに突き刺し、劇的同点弾。 試合は2-2で終了し、リーグ5試合ぶりの勝利を目指した神戸は土壇場で勝ち点1を手にする形に。一方、FC東京は公式戦5連勝を逃す結果となった。 ヴィッセル神戸 2-2 FC東京 【神戸】 安井拓也(前24) ダンクレー(後45+3) 【FC東京】 アダイウトン(後5) ディエゴ・オリヴェイラ(後13) 2020.09.12 21:30 Sat
twitterfacebook