開幕目前にして仙台新加入のクエンカが半月板損傷で手術

2020.02.13 19:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ベガルタ仙台は13日、スペイン人MFイサック・クエンカの負傷について報告した。同選手は昨年12月末にサガン鳥栖から完全移籍で加入。バルセロナ下部組織出身ということもあり、新シーズンに向けて大きな期待が寄せられていた。

だがクラブによると、右ヒザの半月板を損傷し今月5日にスペインに一時帰国。現地時間10日に手術を行ったようだ。

鳥栖でプレーした昨季の明治安田生命J1リーグでは29試合に出場し6得点をマーク。また、YBCルヴァンカップでも3試合に出場していた。

なお、全治は明らかになっていないが、2020シーズンが始まろうかという矢先だっただけに、仙台にとって大きな痛手になることは間違いない。
コメント
関連ニュース
thumb

途中出場の清武が1G1A! C大阪が連敗ストップ、仙台は西村2発も6連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節のベガルタ仙台vsセレッソ大阪が26日にユアテックスタジアム仙台で行われ、アウェイのC大阪が3-2で勝利した。 5連敗中で8試合勝利がない仙台は1-3で敗れた前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを6名を入れ替え、ヤクブ・スウォビィクがゴールマウスを守り、古巣戦の関口が2試合ぶりの先発入り。一方、連敗中のC大阪は0-2で敗れた前節のFC東京戦からスタメンを3名変更し、柿谷、片山、木本を起用している。 試合序盤は互いに様子を見合い、スロースタートの入りとなるなか、C大阪は22分にチャンス。ボックス右手前で松田がボールを引き出すと、グラウンダーのクロスを送る。奥埜がボックス中央から右足シュートを放つも、大きく枠を外した。 対して、33分に西村がバイタルエリア左からGKキム・ジンヒョンを強襲するシュートを放った仙台は34分に関口がボックス中央手前からミドルシュートに持ち込む。しかし、GKキム・ジンヒョンにセーブされた。 このままゴールレスで前半を折り返すかに思われた44分にC大阪がスコアを動かす。片山からの縦パスを受けた柿谷が反転して対峙したDFを振り切ると、ボックス左外からクロス。ニアサイドに走り込んできたブルーノ・メンデスが頭で合わせると、ゴール左下に決まり、先制に成功して試合を折り返した。 後半の立ち上がりからC大阪陣内に攻め込む時間が増えた仙台。攻めあぐねる時間が続いたが57分、バイタルエリア左でボールを受けたパラが左足クロスを供給する。ニアサイドの西村がワンバウンドしたボールに右足をうまく合わせると、ゴール右下に吸い込まれて同点とする。 さらに、仙台は65分にボックス内に侵攻した西村が、切り返した際に松田に倒されてPKのチャンスを獲得。自らキッカーを務めると、ゴール中央に蹴り込んで逆転に成功する。 仙台に9試合ぶりの複数得点を許してしまったC大阪だったが、攻撃に転じる時間が増えていくなかで、右CKを獲得した76分に同点に追いついて見せる。68分からピッチに入った清武がインスイングのクロスを供給すると、ボックス中央のマテイ・ヨニッチが打点の高いヘディングシュート。これが決まり、スコアをタイに戻した。 猛攻を仕掛けるC大阪は後半アディショナルタイム、左サイドを起点にダイレクトでボールを繋ぐと、ボックス左外の清武の足元へ。カットインした清武がボックス左角から右足を振り抜くと、カーブのかかったボールがゴール左に吸い込まれて、逆転に成功する。 その直後に試合は終了。3-2で勝利を収めたC大阪は、3試合連続で複数失点を喫したものの、清武の1ゴール1アシストで連敗を「2」でストップ。一方、逆転負けを喫した仙台は6連敗となっている。 ベガルタ仙台 2-3 セレッソ大阪 【仙台】 西村拓真(後12、後22) 【C大阪】 ブルーノ・メンデス(前44) マテイ・ヨニッチ(後36) 清武弘嗣(後45+1) 2020.09.27 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

J1リーグ5連敗中の仙台、2選手負傷 吉野恭平は全治最低4カ月

ベガルタ仙台は26日、DF吉野恭平とDF蜂須賀孝治の負傷離脱を報告した。 吉野は反復性右肩関節脱臼により、17日に仙台市内の病院で手術。手術日より全治4〜6カ月の見込みだ。蜂須賀は9日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズ戦のウォーミングアップ中に右ヒザ関節軟骨損傷のケガ。17日に仙台市内の病院で手術を受け、手術日より全治4週間の見込みだという。 吉野はここまでJ1リーグ戦14試合に出場。蜂須賀は12試合1得点だった。なお、J1リーグ5連敗中の仙台は現在、2勝5分け10敗の17位。27日に行われる次節、2位のセレッソ大阪をホームに迎え撃つ。 2020.09.26 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

7億円の赤字見込みのベガルタ仙台がファン・サポーターに緊急募金を呼びかけ

ベガルタ仙台は26日、ファン・サポーターへ向けクラブ緊急募金を呼びかけた。 今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリーグ戦開幕後に中断。その後再開されたものの、リモートマッチ(無観客試合)に始まり、現在は入場者数に制限を設けての試合開催となっている状況だ。 徐々に制限の緩和が行われているものの、シーズンの半分が経過し、チケット収入やグッズ収入、そのほかの収入を含めて各クラブの収入が減少。多くのクラブで財政が厳しい状況となっており、Jリーグの村井満チェアマンも「対応を考えている」とコメントしていた。 仙台は債務超過が報道されていた中、クラブが公式に緊急募金を呼びかけることとなった。 仙台は公式サイトで「株式会社ベガルタ仙台は、新型コロナウイルス感染症の影響で、大幅な減収による経営危機にあります。近い将来にはJリーグのクラブライセンスのはく奪が危ぶまれるなか、仙台、宮城のJリーグクラブとして存続するため、ファン、サポーターのみなさま、全てのステークホルダーのみなさまからの善意をお受けするかたちとして、クラブ緊急募金を本日より開始いたします(2021年1月16日までを予定)」と発表した。 募金の方法はクラウドファウンディングや口座振込、スタジアムおよび街頭での呼びかけも行う予定とのことだ。 代表取締役を務める菊池秀逸氏は今回の募金についてメッセージ。今期の赤字が7億円となるとし、早期に手を打ちたい意向を発表。ファン・サポーターへ募金を呼びかけた。 「ファン、サポーターのみなさま、仙台市民、宮城県民、クラブに関わる全てのみなさま、いつも熱いご支援とご声援をいただきまして、誠にありがとうございます」 「全国的に新型コロナウイルス感染症の影響で、大変なご苦労をされている方が多いことと存じます。心よりお見舞いを申しあげます。また日々、治療に奮闘する医療従事者のみなさまへ感謝申しあげます。クラブでは1,000人を超える方々から今季、年間チケットやファンクラブ会費の返金を不要とのご支援をいただきました。匿名で寄付金を送金いただいた方もおられます。また、ぬいぐるみ、Tシャツ、ゴールデンチケット等の購入企画に対しても多くの方々からご支援をいただいております。心より御礼を申しあげます」 「コロナ禍が経営に影響し、クラブそのものの存続危機に直面しております。来場者数に制限が設けられていることで入場料収入や広告収入が減少し、さまざまな営業努力、経費削減に努めておりますが、今期の赤字は約7億円の見込みです。債務超過は避けられない見通しで、近い将来にJリーグのクラブライセンスがはく奪される可能性が出てきております。よって、このたびクラブ緊急募金を実施することといたしました。みなさまのご厚意でクラブを救っていただきたいと思っております」 「仙台、宮城のシンボルとなり、スポーツ文化の振興、青少年の健全育成、地域の活性化の実現のため、存続していきたいと決意を新たに前進してまいります。ファン、サポーターのみなさま、そして全てのステークホルダーのみなさまからのお力添えをお願いさせていただきます。何とぞクラブ緊急募金にご協力のほど、よろしくお願い申しあげます」 債務超過が見込まれる仙台は、チームの成績も低迷。木山隆之新監督を迎えた今シーズンは、ここまでシーズン半分の17試合を終えて、2勝5分け10敗の勝ち点11で18チーム中17位と苦しい戦いが続いている。 2020.09.26 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

エリキの4戦連続弾などで逆転した横浜FMが3連勝! 仙台は6連敗に…《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節の横浜F・マリノスvsベガルタ仙台が23日に日産スタジアムで行われ、3-1でホームの横浜FMが勝利した。 前節は外国人揃い踏みでサガン鳥栖に勝利した7位・横浜FMは、その試合から松原、和田、ティーラトンに代えて扇原、渡辺、高野を起用。直近2試合で前半のうちに3ゴールを挙げている好調攻撃陣を携え3連勝を目指す。 対する4連敗中の17位・仙台は、0-1で敗れた前節のFC東京戦からメンバーを9名変更。中2日で迎える一戦にアレクサンドレ・ゲデスや兵藤などフレッシュな選手を送り込み敵地で連敗ストップに挑む。 劣勢が予想されていた仙台だが幸先よく先制に成功する。10分、アレクサンドレ・ゲデスが高い位置でパスカットすると、素早く反転しボックス手前右からシュートを放つ。するとこれが左ポストに当たりゴールへ吸い込まれた。 追う展開となった横浜FMは21分に高野が左サイドを持ち上がりニアを強襲。続けて24分にジュニオール・サントス、25分にエリキがシュートを狙うも得点は奪えない。 しかし迎えた41分、ついに仙台ゴールをこじ開ける。ボックス手前でジュニオール・サントスが収めると右サイドへ展開。これに反応したエリキのマイナスのクロスをマルコス・ジュニオールが冷静に蹴り込み、イーブンに戻して試合を折り返した。 後半は横浜FMが前線からのプレスでリズムを作る。62分に高野が敵陣でボールを奪いマイナス方向へパス。これを渡辺がシュートも枠を捉えられない。 それでも70分、連動したハイプレスからエリキが相手のコントロールミスを逃さずボールを奪うと、ゴール前で左足を振り抜き逆転に成功。さらに、75分にマルコス・ジュニオールのスルーパスにジュニオール・サントスがGKと一対一に。シュートは防がれてしまうものの、並走していたエリキが押し込んでリードを広げた。 3試合連続で3ゴールを挙げた横浜FMは78分に前田、オナイウ阿道、エジガル・ジュニオと攻撃陣を投入し、前線からのプレスを活性化する。 これに苦しむ仙台はなかなかゴール前まで持ち込めずタイムアップ。3-1でホームの横浜FMが逆転勝利で3連勝を収めた。一方、仙台は連敗が「5」となった。 横浜F・マリノス 3-1 ベガルタ仙台 【横浜FM】 マルコス・ジュニオール(前41) エリキ(後25) エリキ(後30) 【仙台】 アレクサンドレ・ゲデス(前10) 2020.09.23 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:横浜FMvs仙台】上位を諦めない横浜FMが3連勝へ、仙台はミラーゲームで7戦未勝利から抜け出せるか

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2020年9月23日(水) 19:30キックオフ 横浜F・マリノス(7位/27pt) vs ベガルタ仙台(17位/11pt) [日産スタジアム] ◆まずは3連勝、上位への足掛かりを【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでサガン鳥栖と対戦し、1-3で勝利。開始1分で先制するとその後も主導権を握ると、ブラジル人トリオが揃い踏みで快勝を収めた。 首位との勝ち点差は「20」と大きく開いている状況。連覇という言葉が不可能にも思えそうな勝ち点差だが、諦めずに勝ち続けるしかないことには変わりはない。 今節は右ウイングバックを務めていたDF小池龍太が出場停止に。さらに最終ラインにも故障者が続出している状況であり、人選が難しいところ。連戦を考慮しながら選手を起用する必要がある。 攻撃陣は相変わらず好調を維持しており、早い時間帯にゴールを奪うことができれば勝率はグッと高まる。上位相手には逆転負けで3連敗という屈辱を味わったが、清水エスパルス戦、そして鳥栖戦と試合運びに問題はなかった。攻撃的に出るだけでなく、いかに主導権を握り続けるか。まずは3連勝といきたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人 MF:水沼宏太、渡辺皓太、扇原貴宏、高野遼 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆悪循環を断ち切る新システムとなるか【ベガルタ仙台】 前節はアウェイでFC東京と対戦し、1-0で敗戦。クオリティの差を見せつけられてしまった形となった。 これにより7戦未勝利、4連敗と結果がついてこない状況。前節も指摘した通り、得点力の部分でどうしても相手に遅れをとり、フィニッシュワークの拙さが悪い失点を招く結果となっている。 横浜FMとの対戦となるだけに、ミラーゲームの[3-4-2-1]を前節に続いて採用する可能性が高い。メンバー構成を見ても、走力という点では対抗できる可能性も高く、悪循環を断ち切りたいところだ。 鍵を握るのは両ウイングバックだろう。前節は契約上の理由で出場できなかった柳貴博が入る見込み。サイドを起点に攻撃を仕掛ける横浜FMのお株を奪えるか。サイドの覇権争いが勝敗を左右しそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:アピアタウィア久、シマオ・マテ、平岡康裕 MF:真瀬拓海、浜崎拓磨、椎橋慧也、柳貴博 MF:ジャーメイン良、関口 訓充 FW:長沢駿 監督:木山隆之 2020.09.23 15:30 Wed
twitterfacebook