【ACLプレビュー】J王者として6年ぶりのアジアの舞台、初戦はACL常連の韓国王者《全北現代vs横浜F・マリノス》

2020.02.12 15:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第1節が行われる。Jリーグ勢からはJリーグ王者の横浜F・マリノス、天皇杯王者のヴィッセル神戸、そしてプレーオフを勝ち抜いたJリーグ2位のFC東京が参戦。鹿島アントラーズは惜しくもプレーオフで敗退となった。

新型コロナウイルスの影響もあり、中国勢との対戦日程が変更されるなど、色々なエクスキューズがある今大会。Jリーグ王者として横浜F・マリノスが初戦に臨む。

◆6年ぶりのACL挑戦
Getty Images

2004年以来、15年ぶりにJリーグ制覇を達成した横浜FM。アンジェ・ポステコグルー監督に率いられたチームは、革新的なサッカーを見せ、2014年以来のACL出場権も獲得した。

本戦から出場する横浜FMだが、これまでのACLでは結果を残せていない。2004年、2005年にも出場したがグループリーグ敗退。そして2014年もグループリーグ敗退だ。

今大会もグループにはシドニーFC(オーストラリア)、全北現代モータース(韓国)、上海上港(中国)が同居し、簡単な相手ではない。まずはグループリーグ突破、そして更なる高みを目指す。

◆ゼロックスの借りを返しに

今シーズンの公式戦初戦は、8日に行われたゼロックス・スーパーカップだった。天皇杯王者のヴィッセル神戸と対戦したが、打ち合いの末に3-3。PK戦は9人連続失敗という珍しい事態も起こったが、2-3で敗れていた。

常に神戸に先行される展開だったものの、3度追いついた横浜FMの強さは今シーズンも健在のようだ。新戦力のオナイウ阿道もデビューし、ケガで長期離脱していたFWエジガル・ジュニオも復帰。結果として負けたものの、内容は悪くなかったと言える。

来週にはリーグ戦の開幕を控えており、まずはACLで弾みをつけたいところ。ACLを2試合を戦ってからガンバ大阪戦を迎えるだけに、まずは2試合で結果を残したいところだ。

懸念としては、外国人枠の問題か。Jリーグとはレギュレーションが異なり、正守護神のGK朴一圭が登録から外れている。徳島ヴォルティスから新加入となったGK梶川裕嗣がどこまで世界の舞台で飛躍できるかにも注目だ。

◆Kリーグ王者の全北現代
Getty Images

対する全北現代は、昨シーズンのKリーグ1で優勝。リーグ3連覇を成し遂げている韓国の強豪だ。

今シーズンの補強では、慶南FCから日本人FW邦本宜裕、元南アフリカ代表FWラース・ヴェルドウィク、Kリーグ2位の蔚山現代から柏レイソルなどでプレーしていたMFキム・ボギョンらが加入。一方で、得点源だったブラジル人FWリカルド・ロペスが上海上港に、韓国代表FWキム・シンウクが上海申花へと移籍。新たなチームとして臨むこととなる。

韓国王者であること、ACLでの経験という点では、横浜FMを上回っているが、新チームとしてどこまで機能できるか。今のチーム状態を考えれば、横浜FMにも分はあるだろう。

★横浜F・マリノス予想スタメン

GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:扇原貴宏、マルコス・ジュニオール、喜田拓也
FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆注目選手
Getty Images

注目選手はFW仲川輝人をピックアップ。

昨シーズンのJリーグ MVPである仲川が、ついにアジアの舞台に立つ。現在のチームにおいて欠かせない存在であるだけでなく、仲川の活躍が今シーズンの横浜FMの出来を左右する可能性は高い。

朴一圭だけでなく、攻撃陣を見てもFWエジガル・ジュニオが外国人枠の問題で登録外になっており、日本人選手の活躍は不可欠。アジアの舞台でも“ハマのGT-R”がピッチを駆け回る姿を見たいとともに、仲川自身の更なるレベルアップのためにも、ACLでの活躍が不可欠となるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

「打つしかないと思った」豪快ミドルで先制弾のティーラトン、左サイドのコンビに「手応えも感じている」

横浜F・マリノスのDFティーラトンが、全北現代モータース戦を振り返った。 横浜FMは1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第5節で全北現代(韓国)と対戦。攻撃陣が火を吹き、4-1で勝利を収めた。 28日に行われた上海上港戦では1-2で敗れていた横浜FM。しかし、この試合では17分にティーラトンのミドルシュートが決まり先生。さらに後半にはマルコス・ジュニオールのゴールでリードを広げる。 しかし54分にPKを与えるとグスタボに決められ1点差に。それでも71分に仲川輝人、83分にオナイウ阿道と効果的に得点を重ねて勝利。この結果、グループステージ突破が決定した。 試合後、先制ゴールを決めたティーラトンは「今日の勝利はすごく嬉しいです」とチームの勝利を喜び、「チームの目標はグループステージを突破する事で、今日は自分たちのサッカーで勝利できたことは、とても良い流れにできると思います」と、この勝利で勢いに乗れると手応えを感じたようだ。 また、自身の豪快なミドルシュートについては「チャンスが来たので打つしかないと思って打ってみたら、ゴールになってすごく嬉しかったです」と振り返り、「残りの試合がありますが、全試合勝てるように頑張るので、応援よろしくお願いします」とこの先の応援も期待していると語った。 この試合では左ウイングに本職が左サイドバックの高野遼が起用され、左サイドで良い関係を生み出していた。ティーラトンは高野とのコンビについて「高野と同じポジションなので考えていることは一緒だと思う」と考えていることがわかると語り、「彼が僕の1つ前のポジションでウイングをやっていることは、僕がウイングをやるとなったら同じことが考えられる」と、自分の立場が逆でも同じ考えを持てるとコメント。「試合を重ねることで良くなっていく手応えも感じている」とコンビネーションに手応えを感じていると語った。 また、「去年はマテウスがいたが、高野もスピードや突破できる推進力があり、似たスタイルなので、すごくやりやすい」と語り、現在は名古屋グランパスでプレーするFWマテウスと似ているとコメント。「どういう選手、どういう相手でも自分たちのサッカーができれば良い結果になると思う。誰が出ても良いサッカーができるように頑張って行きたいと思う」とし、この先の戦いでも良いコンビネーションを見せられると語った。 横浜FMは4日にグループステージ最終節でシドニーFCと対戦。グループ首位通過を目指して戦う。 2020.12.01 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

クラブ史上初のGS突破を果たした横浜FM・ポステコグルー監督「まだまだ何も成し遂げていない」

横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、全北現代モータース戦を振り返った。 横浜FMは1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第5節で全北現代(韓国)と対戦。攻撃陣が火を吹き、4-1で勝利を収めた。 28日に行われた上海上港戦では1-2で敗れていた横浜FM。しかし、この試合では17分にティーラトンのミドルシュートが決まり先生。さらに後半にはマルコス・ジュニオールのゴールでリードを広げる。 しかし54分にPKを与えるとグスタボに決められ1点差に。それでも71分に仲川輝人、83分にオナイウ阿道と効果的に得点を重ねて勝利。この結果、グループステージ突破が決定した。 試合後、ポステコグルー監督は「とても嬉しい結果になった」とグループステージ突破を喜び、「最初から良いプレーができ、ティーラトンの素晴らしいゴールで先制できた。良いゴールだった」とティーラトンの先制ゴールが大きく影響したとコメントした。 試合については「1-0の段階でなかなか次のゴールが奪えないと難しい状況になり、相手も来てしまう。後半はスマートに落ち着いてできたし、良いカウンターがいくつもあり、追加で3点も素晴らしいゴールを決められた」とコメント。カウンターからしっかりと追加点を奪えたことを喜んだ。 前回の敗戦からバウンスバックを見せた選手については「選手を誇りに思うし、グループステージ突破はクラブ史上初の事なので、みんなで快挙を成し遂げたと思う。まだまだ試合はあるし、どんどん続けていければと思う」とし、この先の戦いでもしっかりと勝ち上がりたいと語った。 横浜FMとして初のグループステージ突破だが、ポステコグルー監督としてはクラブにとって重要なことだと考えているようだ。 「去年(リーグ戦を)優勝したのはクラブにとって15年ぶりだった。今年は2連覇を狙って行ったが難しい状況になった。他のカップ戦でも敗退し、自分たちに残されたのはこの大会だけだ」 「クラブにとってまだまだ成長できる部分がたくさんある中で、1つ1つクリアしていくことが大事。その中でもグループステージ突破も快挙だが、まだまだ何も成し遂げていない」 グループステージ突破という最初の目標を達成したものの、「何も成し遂げていない」と語ったポステコグルー監督。チームには「まだまだ試合が続く中で、どんどん進化して進んでいくことが大事」とし、「今年に関しては本当に難しいシーズンになった。ただ、自分たちが掴めるものがあるので、しっかり戦って行きたい」と語り、成長しながらもタイトルを目指すと力強く語った。 これまでオーストラリア代表監督も務めたことがあるポステコグルー監督だが、代表チームとクラブチームの違いについてもコメント。この難しいシーズンで、チーム一丸となって戦えていることはクラブにしかできないと語った。 「自分はたくさんの経験をしている中で、代表とクラブのやり方は違う。クラブに関してはこのチームを率いて、24時間7日間選手と一緒にいることができる。リカバリーも大事になってくるし、今年のこのコロナの影響で、自分たちだけでなく世界中が大変な思いをしてチャレンジングなシーズンだった」 「メンタル面でもそうだし、この大会ではホテルにずっと缶詰状態だ。サッカー漬けの毎日を続けていくために、フィジカル面もメンタル面も、しっかりコントロールしながらやっていく。その中で自分以外のスタッフ一同が力を合わせて、本当に良い関係で、いい環境づくり、雰囲気も含めてやっている」 「よくやっていれば本当に良い結果が生まれる。ただ、スムーズにいかなければ結果にもつながる。一丸となって力を合わせてできることはクラブの醍醐味であり、代表ではなかなか味わえないことだ」 横浜FMは4日にグループステージ最終節でシドニーFCと対戦。グループ首位通過を目指して戦う。 2020.12.01 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴィッセル神戸、戦わずしてグループ首位通過が決定!広州恒大vs水原三星がドロー《ACL2020》

1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG第4節、広州恒大(中国)vs水原三星ブルーウィング(韓国)が行われ、1-1の引き分けに終わった。 マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムがカタールへの渡航許可が下りずに棄権し、3チームでのリーグ戦となったグループG。すでに神戸はグループステージ突破を決めている中、広州恒大は最終節に臨んだ。 グループステージ突破には勝利が必要な広州恒大と、勝利して一気に優位に立ちたい水原三星の一戦。前半は互いに攻めるも得点を奪えないまま時間が経過する。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのは水原三星だった。53分、ボックス手前でファウルを受けてFKを獲得すると、元清水エスパルスのイ・キジェが得意の左足で直接シュート。これがボール右を襲うもGKがセーブ。しかし、イム・サンヒョブが押し込んで水原三星が先制する。 先制を許しピンチに陥った広州恒大だが、72分に同点に追いつく。自陣からのカウンターが発動。エウケソンのスルーパスに反応し裏に抜け出たウェイ・シーハオが飛び出してきたGKの頭上を越える浮き球のシュート。これが決まり、広州恒大が追いつく。 その後は勝ち越しを狙う両チームだったがゴールを奪えず、1-1で終了。この結果、グループ首位のヴィッセル神戸のグループステージ首位通過が決定した。 また、広州恒大は2位をキープしたものの全日程が終了。最終節で水原三星が神戸相手に勝利した場合、スコア次第で順にが入れ替わる可能性がある。 広州恒大 1-1 水原三星ブルーウィングス 【広州恒大】 ウェイ・シーハオ (後27) 【水原三星】 イム・サンヒョブ (後8) 2020.12.01 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が韓国王者・全北現代撃破に自信「絶対に勝てる自信はある」

30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の全北現代モータース(韓国)戦を前に、横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔が記者会見に出席した。 カタールでの集中開催でも2試合を消化した横浜FM。初戦の上海上港(中国)戦では0-1で勝利したものの、28日の上海上港戦では1-2で敗戦となった。 現在グループ2位の横浜FMにとっては、この全北現代戦は勝利すればグループステージ突破が決定する大事な一戦となる、 試合に先立ち会見に出席した畠中は全北現代戦に向けて「全北現代とは今年の2月に試合をして、その時は自分たちのサッカーのスタイルでしっかり点を取って勝てたので、良いイメージはあります」とコメント。前回対戦のイメージがあるとした。 その全北現代は2020シーズンのKリーグ1でも優勝を果たしている。畠中は「あれから時間が経って、リーグを制覇したことで自信を持っていると思う」とし、「簡単な試合ではないですが、自分たちのサッカーをすれば絶対に勝てる自信はあります。それを明日みんなで披露するだけだと思うので、しっかり戦いたいと思います」と勝利への強い意欲を示した。 ACLは今シーズンが初挑戦となる畠中。世界との対戦については「ACLという舞台は違う国同士の試合がするということで、日頃対戦する機会のないチームとの試合になるので、それはすごく楽しみです」とコメント。「日本で通用していたものが世界相手に通用するかは、自分自身としてもチームとしても楽しみです」と語り、Jリーグで通用してきた部分の確認という意味でも楽しみとし、「まずは楽しみたいと思います」とコメントした。 これまで横浜FMは現地時間16時キックオフ(日本時間22時キックオフ)のゲームを2つ戦ったが、全北現代戦は13時キックオフ(日本時間19時キックオフ)となる。 カタールでは日中の気温が上昇することから、空調設備がついたスタジアムを建設。その中での試合を実施した畠中は「空調面で言えば、自分たちは4時キックオフという時間帯で比較的涼しくなってからの試合だったので試合前は肌寒さを感じましたが、1時の試合になると暑さも影響もあると思うので、空調があるスタジアムは便利だと思うし、選手たちも本来の力を出しやすいスタジアムだと思います」とコメント。まだその設備の良さを体感していないものの、プラスに働くと感じているようだ。 また、「環境が整ったスタジアムは世界的にも多くないと思うので、こういったピッチが世界中に広がれば、選手たちもやりやすい環境、お互いに実力を出し合って、見ているお客さんが楽しくなるような激しい試合がもっとできるようになると思うので、選手としてもっと増やして欲しいと思います」と語り、今後世界中で採用されて欲しいと語った。 2020.11.30 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

勝てばGS突破の横浜FM、全北現代戦に向けポステコグルー監督「良いチャレンジになる試合」

30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の全北現代モータース(韓国)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。 カタールでの集中開催でも2試合を消化した横浜FM。初戦の上海上港(中国)戦では0-1で勝利したものの、28日の上海上港戦では1-2で敗戦となった。 現在グループ2位の横浜FMにとっては、この全北現代戦は勝利すればグループステージ突破が決定する大事な一戦となる、 試合に先立ち会見に出席したポステコグルー監督は「自分たちの方が、良いチャレンジになる試合だと思う」とコメント。「全北現代も良いチームですし、良い監督がいる中で、国内のKリーグでも本当に良い成績を残しているチーム」とKリーグ1を優勝した全北現代を警戒した。 しかし、全北現代はケガ人を多く抱え、カタールでは1勝1分け1敗の成績。その点については「この大会でも結果という部分でもそうだが、ケガ人が多い中でしっかりやっているというイメージがある」とコメント。地力があると評価した。 一方で「自分たちにとってはアジアの強いチームとやれるということでも良いと思うし、自分たちのサッカーを見せていければと思う」とコメント。韓国王者との対戦でも、自分たちのスタイルを出すことが重要だと語った。 全北現代とは、今大会初戦の2月に対戦。アウェイ韓国の地で1-2と勝利している。 ポステコグルー監督は「この間の試合から大分時間が経ってしまったが、2月の初めに韓国の地に行き、自分たちは非常に良いサッカーができたと思う」とおよそ10カ月前の試合を回想。「その中で、その後難しい状況となり、自分たちだけでなく、世界中が大変な思いをしたシーズンとなった。その中でも違うシナリオだと思うし、彼らはKリーグで国内で良い成績を残して今大会に臨んだ」とコメント。難しシーズンでもしっかりと結果を残してきたと全北現代について語った。 2020.11.30 22:27 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly