バルサ、指揮官の教え子ウィリアン・ジョゼ獲得を検討 要求額は1月同様の約41億円か

2020.02.12 11:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナがレアル・ソシエダに所属するブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(28)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。現在、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとフランス代表MFウスマーヌ・デンベレの前線2選手が長期離脱を強いられるバルセロナ。今冬の移籍市場はすでに終了しているが、ラ・リーガではケガによる長期離脱などの事情に限って、スペイン国内のクラブから移籍期間外の代替選手獲得が可能となる救済措置がある。

そこで、緊急補強を画策しているバルセロナは、キケ・セティエン監督のラス・パルマス時代の教え子であるウィリアン・ジョゼの獲得を希望。1月の移籍市場でも交渉を行っていたようで、ソシエダ側は3500万ユーロ(約41億9000万円)を要求しているという。

現在、バルセロナはウィリアン・ジョゼの他、アラベスのFWルーカス・ペレス(31)、ヘタフェのアンヘル・ロドリゲス(32)らもリストアップしているとのこと。会長を務めるジョゼップ・バルトメウ監督がウィリアン・ジョゼ獲得へゴーサインを出すかは不透明。ただ、スペインサッカー連盟(RFEF)から緊急補強が認められた場合は、迅速に新たなストライカーの獲得に動き出すだろうと同メディアは見解を示している。

189cmの大型ストライカーのウィリアン・ジョゼは、セティエン監督が指揮した2015-16シーズンのラス・パルマスでチーム最多の9ゴールを挙げる活躍をみせ、プリメーラの舞台で台頭。その翌年に加入したソシエダでも公式戦132試合53ゴールとコンスタントにゴールを重ねている。
関連ニュース
thumb

グリーズマン、減俸受け入れバルセロナ残留か

フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがバルセロナ残留の見通しとなったようだ。 新型コロナウイルスによる緊縮財政を強いられるバルセロナは、その立て直しや契約満了を迎えたFWリオネル・メッシの慰留のためにも資金調達が急務となっている。 そのため今夏の補強はお金のかからないフリー移籍が中心で、しかしながらFWセルヒオ・アグエロやDFエリック・ガルシア、FWメンフィス・デパイといった即戦力候補を引き入れる強かさを見せている。 一方で余剰戦力の整理も着々と進めており、ここまでDFジュニオール・フィルポやDFジャン=クレール・トディボ、MFカルレス・アレーニャの売却で3000万ユーロ近く売り上げている。 そして、ここ最近でバルセロナ周りのトレンドとなっていたのがグリーズマンの去就だ。2019年夏に加入したものの、期待されたほどの活躍ができず度々批判の的に。それにもかかわらず、クラブは高い給与を支払っているため、今夏の売却候補と目されていた。 そんな中、移籍先として浮上したのが古巣アトレティコだ。MFサウール・ニゲスとのトレードが一部で噂され、選手側も乗り気だったと言われていたが、プラスアルファの移籍金を求めるバルセロナにアトレティコが渋り、破談となったと伝えられている。 宙ぶらり状態のグリーズマンだが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、フランス代表FWは減俸を受け入れる形でバルセロナ残留が近づいているとのことだ。ジョアン・ラポルタ新会長が期待していたほどではないにしろ、良好な関係を保ったまま、解決策を見出したという。 ただ、バルセロナは他選手にも減俸を求める模様で、まだまだ忙しい夏を過ごすことになりそうだ。 2021.07.28 15:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ラムジー売却かレンタルの条件でピャニッチを2年レンタルか

ユベントスがバルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(31)を2年レンタルで獲得する可能性があるようだ。スペイン『スポルト』が報じている。 ピャニッチは昨夏、ブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナに移籍。しかし出場機会に恵まれず、ユベントスへの復帰を望んでいると報じられている。 ただ、『スポルト』によればピャニッチ復帰の条件は、高額年俸を受け取っているウェールズ代表MFアーロン・ラムジーを売却、もしくはレンタル移籍が実現した場合に限るとのことだ。 そのラムジーの移籍先には関してはウォルバーハンプトンなどプレミアリーグ勢が候補に挙がっているようだが、現時点ではオファーは届いていないとのことだ。 2021.07.27 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナとネイマールが遂に和解! ボーナス巡る訴訟に終止符を打つ和解契約を締結

バルセロナは26日、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール()と、訴訟手続きを終了することを発表した。 事の発端は2017年に世界最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約265億円)でバルセロナからPSGへとネイマールが移籍した際に起きた。 ネイマールは2013年にサントスからバルセロナへと加入。2016年に5年契約を締結し、その契約には更新ボーナスとして4360万ユーロ(約56億7200万円)が含まれていた。なお、そのうちの1400万ユーロ(約18億2200万円)は前払いされていた。 残りの2960万ユーロ(約38億5000万円)については2017年8月に支払われる予定だったが、そのタイミングでPSGが契約解除金を支払いネイマールを獲得していた。 契約が解除されたことを受け、バルセロナは契約違反によりこのボーナスを払わないと主張。ネイマールを提訴し、支払っていた1400万ユーロに加え、損害賠償として850万ユーロ(約11億円)を請求していた。 一方のネイマールもボーナスの全額を受け取っていないとして、バルセロナを提訴。しかし、今回両者が和解に至ったようだ。 今回バルセロナは声明で「FCバルセロナは、ブラジル人選手のネイマールとの間で発生していた労働・民事裁判を、法廷外で友好的に解決しました」と発表。「これにより、クラブと選手は、両当事者間で係争中の法的手続き(労働管轄における3つの請求と1つの民事訴訟)に終止符を打つため。和解契約を締結しました」と報告している。 移籍と契約をめぐり揉めていた両者はこれで無事に和解。わだかまりがついに解けた。 2021.07.26 21:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョが元後輩のメッシを語る「彼はバルサの歴史だ」

元ブラジル代表FWロナウジーニョが、古巣のミランや元同僚について語った。 ロナウジーニョは、先日イスラエルで行われたレアル・マドリー・レジェンドとの“クラシコ”にバルセロナ・レジェンドの一員として出場。現役さながらのプレーで沸かせていた。 そのロナウジーニョは、ネーションズ・アワードの授賞式に参加するため、イタリアのシチリア島にあるタオルミナに滞在していた。 ロナウジーニョはイタリア『Tuttomercatoweb』のインタビューに応じ、古巣のミランやバルセロナについて語った。 「僕は素晴らしい歓迎を受けた。幸せだよ。ファビオ・コルデッラと一緒に作った僕のワインを宣伝する重要な機会だったけど、あまりにも素晴らしかったね」 「ミラン? いつも彼らを追っているよ。よくやっていると思う。これからももっと上手いことをやっていって欲しいと思っているよ」 また、バルセロナについては「僕が気がついていない問題が解決されることを願うよ」とコメント。また、去就が不透明なアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについては「残らなければいけないね。彼はバルサの歴史なんだ」とコメント。バルセロナに残るべきだと見解を述べた。 そのロナウジーニョだが、自身がミランに移籍した際に会長を務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ会長が保有するモンツァを注目していると語った。 「ベルルスコーニとガッリアーニは僕が心に留めている人たちだ。モンツァがセリエAにくることを待ちわびているよ」 かつてのブラジルの至宝は、自身が過ごしたチームのことはいつまでも気にかけているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ロナウジーニョとメッシが共演したクラシコ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjNkthbm9wZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.26 19:58 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナの16歳MFガビにブレイクの予感! PSM2試合で早くもクレを魅了

バルセロナに所属する16歳の逸材MFに対する評価が高まっている。 現在、バルセロナは新シーズンに向けたプレシーズントレーニングをスタートしているが、主力にユーロ2020、コパ・アメリカ2021を戦った選手が多数いる影響で、ここまでは代表を退いたベテラン選手や控え選手と共にバルセロナBやフベニールに所属する多くのカンテラーノがトップチームのトレーニング、プレシーズンマッチに参加している。 そういった中、プレシーズンマッチで存在感を放っているのが、ガビの愛称で知られる16歳のスペイン人MFパブロ・パエスだ。 先週のミッドウィークに行われたヒムナスティック戦でフレンドリーマッチながらもトップチームデビューを飾ったガビは、24日に行われたジローナ戦でも60分に新戦力のMFユスフ・デミルに代わって途中出場。左のインテリオールに入ると、MFチャビ・エルナンデスやMFアンドレス・イニエスタら偉大なる先達を彷彿とさせる、卓越したボールコントロール、ポジショニング、パスセンスを披露し、多くのクレに好印象を与えた。 また、同試合後にロナルド・クーマン監督は、同じく印象的なパフォーマンスを見せたU-19スペイン代表DFアレハンドロ・バルデ、同MFニコ・ゴンサレス、デミルと共に名指しでそのポテンシャルに太鼓判を押している。 「我々はいつでも若いプレーヤーが参加する準備ができている。彼らはクラブの未来だからね」 「我々にはバルデ、ニコ、ガビのような若いプレーヤーと、新加入のデミルというすべて素晴らしいプレーヤーになる可能性のあるタレントがいる」 ベティスのカンテラ出身のガビは2015年にラ・マシアに加入。以降、ユース年代の各カテゴリーで中盤の攻撃的ポジションやインテリオールのポジションで存在感を放つと、今年2月にはバルセロナBデビューも果たしている。 そのプレースタイルの類似性から比較対象となるU-21スペイン代表MFリキ・プッチ同様に線の細さは否めないものの、過去にラ・マシアでガビを指導したフラン・アルティガ氏はスペイン『Goal』で16歳の才能を絶賛している。 「彼は技術的にとても優れた才能を持っている」 「彼はコンマ1秒でやろうとしていることを変えられるし、ゲームのどんな状況でも即興でプレーできる」 「そういった能力を持ち、且つこれほどの判断スピードを持ち合わせたプレーヤーを見つけることは非常に難しい」 昨シーズンのバルセロナではラス・パルマスから加入したスペイン代表MFペドリが圧巻の活躍を披露したが、今シーズンはガビや前述のバルデやニコが主役として躍り出る可能性は十分にあるはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】16歳の新星ガビがクレを魅了</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Pablo Páez &#39;Gavi&#39; vs. Girona FC (24/07/2021) • Pretemporada 2021/2022. <br><br>Another game for Gavi in the first team. He should finish the match with assist. What a talent he is... Enormous potential. <a href="https://t.co/wBDvKfBnFM">pic.twitter.com/wBDvKfBnFM</a></p>&mdash; Piotr Guziński (@Nyctophile1_) <a href="https://twitter.com/Nyctophile1_/status/1419016175418232834?ref_src=twsrc%5Etfw">July 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.26 18:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly