久保建英へのコーチの行動は「欧州至上主義」の片鱗とアジア人差別への意識の希薄さか

2020.02.10 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界で最も人気のあるスポーツと言われるサッカー。世界各国でほぼ毎週末に試合が行われ、多くの人々が熱狂する。その一方で、毎週のように舞い込んで来るニュースがある。それが“人種差別”に関わるものだ。その多くが、スタンドに集まったサポーターが相手チームの選手に対して行うもの。特に顕著に標的とされるのが、黒人選手だ。

現代において肌の色や身体的な特徴は人種を分けるものではない。黒人選手とひとまとめにしても、アフリカ出身の選手もいれば、ヨーロッパ出身の選手もいる。もちろん、アジアやアメリカ大陸出身の選手にも黒人選手は存在する。


また、身体的な特徴とは別に、風評被害もある。現在最も世界を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。この影響で、アジア人が人種差別の被害に遭っている。トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが軽率な行動をとり、謝罪する事態も起こっているほどだ。

そんな中、あるコーチがとった行動が話題となっている。それは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョールvsマジョルカでのこと。マジョルカのコーチが、ウォーミングアップをしていた日本代表MF久保建英を呼んだ際のジェスチャーだ。

このコーチは、指笛を鳴らした後、ウォーミングアップエリアに向けて「つり目ポーズ」をとっていた。このジェスチャーは、アジア人が「つり目」であることを形容した差別的な意味を持っているとされ、世界中で多くの被害者がいる。

しかし、この話題には1つ疑問が生じる。「レアル・マドリーからわざわさレンタルで獲得し、高く評価されている久保に対してそのようなジェスチャーをするだろうか」と。

通常の思考回路であれば、相手チームの選手ならともかく(それも実際は重大な問題ではあるが)、自チームの選手を差別することは考えにくい。もちろん、今回の件でもコーチに「差別」の意図があったかどうかはわからない。では、一体なぜ「差別」が無くならないのか。それは、「差別している」という認識が低いということだろう。

「差別」に関しては、加害者と被害者では捉え方が違う。「やった側」にそのつもりがなくとも、「やられた側」の受け止め方次第で状況は変わる。これは「いじめ」にも近いことが言える。

しかし、「加害者」の中には、意図的に「差別」を行う者と、そうではない者がいるのも事実。ただし、その差は潜在的な「差別」を捉えていないだけであり、大概は少し考えれば「差別」だと疑われる可能性があることは明白なものばかりだ。その裏には、どうしても消えることのない「欧州至上主義」があるとも考えられる。

「欧州至上主義」とは、15世紀から17世紀の大航海時代に端を発するもの。欧州各国が世界中に植民地を作り、18世紀から19世紀にかけて技術革新と経済発展が進んだことで、欧州の文明が世界を席巻したことから起きている。

その考えは、現代社会においても変わっていない。経済的な立場は政治的な立場が変わろうとも、文化的な影響力は強く、どうしても欧州中心に考えが及んでしまうのだろう。だからこそ、「差別的」な行動を軽率に取ってしまう、相手に疑念を持たせることをしてしまうのだと思う。

加えて、黒人選手に対する人種差別に関しては、世界中のあらゆる場面において「差別反対」の意見が出るようになってきたが、アジア人への差別はまだまだ意識の中に希薄と言えるだろう。インターネットやSNSが発達するだけでなく、サッカーを始め、スポーツ以外の各分野でも様々な人種が力を持つ現代社会においても、ヨーロッパにとってアジアは極東の未開の地。地図上だけでなく、潜在意識の中にもその考えがあるのかもしれない。

それは、他スポーツのルール変更を見ても感じる部分。アジア人が活躍する欧州発祥の競技は、ルール変更が欧州贔屓だと言われることも多い。例えばスキーのジャンプは、身長と板の長さの制限が設けられ、ノルディック複合ではジャンプの比率が減らされるということもあった。フィギュアスケートの採点項目も疑問視されている部分が多い。

いずれも、欧州(米国も含む)がアジア人の突き上げに対して取った措置とも言われているが、本来評価されるべきは人種や国籍ではなく、プレー面。優れた選手は平等に評価されるべきである。

どれだけ結果を残そうとも、差別の被害に遭う可能性がなくならない可能性は高い。そうであれば、「差別」をしたくないと思う人々は、優れたプレーヤーを純粋に称え続けることが何よりも大事になるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
関連ニュース
thumb

浦和のリカルド監督の“足技”シーンに本人も反応「俺もまだまだ…」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が試合中に見せた“足技”に注目が集まっている。 浦和は1日、明治安田生命J1リーグ第12節でアビスパ福岡とアウェイで対戦。立ち上がりから浦和がボールを保持して攻め込むものの8分に先制を許すと、1-0で迎えた34分、福岡のDFドウグラス・グローリが最終ラインからロングボールを蹴り込む。 右サイドのMFジョルディ・クルークスへのボールは大きくなり、タッチラインを越えると、そこにはリカルド監督が。スペイン人指揮官は下がりながら革靴で見事なトラップをみせ、そのまま手を使うことなく、右足で浮かせてMF明本考浩へとパスしていた。 このシーンがJリーグの公式ツイッターで公開されると、リカルド監督本人も自身のツイッターで反応。投稿を引用しながら、「俺もまだまだ友達とサッカーするくらいならできそうだな!ダンスしているみたいだ!」とコメントしている。 試合には敗れたものの、見せ場を作ったリカルド監督。浦和は9日、第13節でベガルタ仙台とホームで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】リカルド監督が革靴で華麗なトラップ&浮かせ技</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\画面右下に注目/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> の<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B2%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リカルドロドリゲス</a> 監督が<br>革靴でナイストラップ<br><br>そして、ループで選手の手元へパス<a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://twitter.com/rrodriguez?ref_src=twsrc%5Etfw">@rrodriguez</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/53fT2C8DVb">pic.twitter.com/53fT2C8DVb</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1390251744790126594?ref_src=twsrc%5Etfw">May 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.07 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

歌手のエド・シーラン、子供の頃からのファンだった英3部クラブの胸スポンサーになる

世界的にも有名なイギリスの歌手、エド・シーランがリーグ1(イングランド3部)のイプスウィッチ・タウンの胸スポンサーとなった。クラブが公式サイトで発表した。 エド・シーランは、イングランドのウェストヨークシャー州で誕生。生後間もなくサフォーク州へと引っ越した。 エド・シーランが育ったサフォーク州はイプスウィッチ・タウンが本拠地を構えている。 幼少期からイプスウィッチのファンであるエド・シーランが、新シーズンからファーストチームと女子チームのユニフォームの胸スポンサーになることが決定。1年契約を結んだとのことだ。 エド・シーランは「フットボールクラブは地域社会の大きな部分を占めており、これが僕がサポートを示す方法だ」とコメントしている。 また「サポーターがスタジアムに入場できるようになったが、またポートマン・ロードに行きたいと思う」と語り、コロナが落ち着いたら試合を観戦しにスタジアムに行きたいと語った。 さらに「アメリカからの新たなオーナーがやってくると、僕を含むイプスウィッチのファンにとって、エキサイティングな時代が来ることは間違いないです。うまくいけば、嘆くのをやめられそうだ!」とコメントしている。 今シーズンのイプスウィッチは、現在勝ち点66で9位に位置。今シーズンの昇格はないが、世界的なスターのサポートを得て、来シーズンも3部を戦うこととなる。 2021.05.06 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ボイコットから2日、シティFWスターリングが再びSNSで人種差別被害に

マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが人種差別被害を受けた。 イングランドのサッカー界は、選手やクラブが4日間にわたりソーシャルメディアの利用をボイコット。何ひとつ更新されない期間を設け、オンライン上での虐待行動への反対運動を起こしていた。 また、このボイコットにはラグビー・ユニオンやクリケットなどのスポーツも参加。スポーツ界が一丸となって、反対運動を起こしていた。 しかし、それが終わって2日、スターリングはインスタグラムにて人種差別的なメッセージを受けていた。 インスタグラムを所有するFacebookのスポークスマンはこの件についてコメントしている。 「この分野での継続的な取り組みの一環として、見知らぬ人からの虐待的なメッセージを目にしないようにするための新しいツールを間も無く導入する予定です」 「この問題は一朝一夕に解決できるものではありませんが、我々はコミュニティを悪用から守るためにできることをしていきます」 すでに、ストーク・シティに所属するウェールズ代表FWラビ・マトンドが同様の被害を受けており、Facebookは人種差別メッセージを送ったアカウントを即削除していた。 2021.05.06 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アグエロの交代時の“怪訝な”リアクションに反響「キュートすぎる」

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが交代出場時に見せたリアクションが話題になっている。 シティは4日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでパリ・サンジェルマン(PSG)とホームで対戦。アグエロは2-0と2点リードで迎えた85分に投入される。 MFフィル・フォーデンとの交代となり、いつものようにタッチライン際で待っていたアグエロだが、ここで1つの異変に気がつく。交代を知らせる電光掲示板に映っていた番号が、本来の「10」番ではなく、「9」番になっていたのだ。 シティの「9」番はFWガブリエウ・ジェズスで、すでにピッチに立っている状況だった。すぐに間違いに気づいたアグエロは怪訝な表情で電光掲示板を凝視。少し間を置いた後、第4審に指摘し、今度は正しい「10」番が表示された。 このシーンが『ESPN』のツイッターで公開されると、珍しい瞬間にはファンから「アグエロの表情がキュートすぎる」「リアクションが絶妙」「結構怒っている」などの声が寄せられた。 2011年夏にアトレティコ・マドリーからシティに加入したアグエロは、当初は背番号「16」だったが、2015-16シーズンから「10」に変更している。 <span class="paragraph-title">【動画】アグエロの“キュートな”リアクション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Sergio Aguero was amused when the fourth official got his number wrong (<a href="https://twitter.com/btsportfootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@btsportfootball</a>) <a href="https://t.co/H4Nbo9456D">pic.twitter.com/H4Nbo9456D</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1389698604525395979?ref_src=twsrc%5Etfw">May 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.06 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ハイパフォーマンスのカンテ、愛車のミニ・クーパーにサポーターから手荒い祝福を受ける

チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテがサポーターたちから手荒い祝福を受けた。イギリス『talksport』が伝えている。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦に先発フル出場したカンテは、1stレグに続くハイパフォーマンスでピッチを躍動し続け、9季ぶり3度目の決勝進出に大きな貢献をした。 その活躍はチェルシーのサポーターにも伝わっているようで、スタンフォード・ブリッジから愛車のミニ・クーパーで帰宅する際には、もみくちゃにされながら祝福された。 カンテが愛車を出そうとすると、多くの人々に囲まれ、一部のサポーターはシャンパンファイトを敢行。勝利の美酒を振り撒いた。 運転席から手を挙げてサポーターに反応していたカンテは、去り際にクラクションを連打してサポーターをさらに盛り上げることに。ピッチ内外でサポーターから愛され続けるカンテだが、この試合でさらに信頼を得たはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】カンテの愛車がもみくちゃにされる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Los aficionados del Chelsea se vuelven locos cuando el jugador de la eliminatoria abandona Stamford Bridge<br><br> Impresionante eliminatoria de Kanté<br><br> <a href="https://twitter.com/AlvarodeGrado?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlvarodeGrado</a> <a href="https://t.co/SkY9iHDWsG">pic.twitter.com/SkY9iHDWsG</a></p>&mdash; El Larguero (@ellarguero) <a href="https://twitter.com/ellarguero/status/1390067448557281286?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.06 12:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly