久保建英へのコーチの行動は「欧州至上主義」の片鱗とアジア人差別への意識の希薄さか

2020.02.10 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界で最も人気のあるスポーツと言われるサッカー。世界各国でほぼ毎週末に試合が行われ、多くの人々が熱狂する。

その一方で、毎週のように舞い込んで来るニュースがある。それが“人種差別”に関わるものだ。その多くが、スタンドに集まったサポーターが相手チームの選手に対して行うもの。特に顕著に標的とされるのが、黒人選手だ。

現代において肌の色や身体的な特徴は人種を分けるものではない。黒人選手とひとまとめにしても、アフリカ出身の選手もいれば、ヨーロッパ出身の選手もいる。もちろん、アジアやアメリカ大陸出身の選手にも黒人選手は存在する。

また、身体的な特徴とは別に、風評被害もある。現在最も世界を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。この影響で、アジア人が人種差別の被害に遭っている。トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが軽率な行動をとり、謝罪する事態も起こっているほどだ。

そんな中、あるコーチがとった行動が話題となっている。それは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョールvsマジョルカでのこと。マジョルカのコーチが、ウォーミングアップをしていた日本代表MF久保建英を呼んだ際のジェスチャーだ。

このコーチは、指笛を鳴らした後、ウォーミングアップエリアに向けて「つり目ポーズ」をとっていた。このジェスチャーは、アジア人が「つり目」であることを形容した差別的な意味を持っているとされ、世界中で多くの被害者がいる。

しかし、この話題には1つ疑問が生じる。「レアル・マドリーからわざわさレンタルで獲得し、高く評価されている久保に対してそのようなジェスチャーをするだろうか」と。

通常の思考回路であれば、相手チームの選手ならともかく(それも実際は重大な問題ではあるが)、自チームの選手を差別することは考えにくい。もちろん、今回の件でもコーチに「差別」の意図があったかどうかはわからない。では、一体なぜ「差別」が無くならないのか。それは、「差別している」という認識が低いということだろう。

「差別」に関しては、加害者と被害者では捉え方が違う。「やった側」にそのつもりがなくとも、「やられた側」の受け止め方次第で状況は変わる。これは「いじめ」にも近いことが言える。

しかし、「加害者」の中には、意図的に「差別」を行う者と、そうではない者がいるのも事実。ただし、その差は潜在的な「差別」を捉えていないだけであり、大概は少し考えれば「差別」だと疑われる可能性があることは明白なものばかりだ。その裏には、どうしても消えることのない「欧州至上主義」があるとも考えられる。

「欧州至上主義」とは、15世紀から17世紀の大航海時代に端を発するもの。欧州各国が世界中に植民地を作り、18世紀から19世紀にかけて技術革新と経済発展が進んだことで、欧州の文明が世界を席巻したことから起きている。

その考えは、現代社会においても変わっていない。経済的な立場は政治的な立場が変わろうとも、文化的な影響力は強く、どうしても欧州中心に考えが及んでしまうのだろう。だからこそ、「差別的」な行動を軽率に取ってしまう、相手に疑念を持たせることをしてしまうのだと思う。

加えて、黒人選手に対する人種差別に関しては、世界中のあらゆる場面において「差別反対」の意見が出るようになってきたが、アジア人への差別はまだまだ意識の中に希薄と言えるだろう。インターネットやSNSが発達するだけでなく、サッカーを始め、スポーツ以外の各分野でも様々な人種が力を持つ現代社会においても、ヨーロッパにとってアジアは極東の未開の地。地図上だけでなく、潜在意識の中にもその考えがあるのかもしれない。

それは、他スポーツのルール変更を見ても感じる部分。アジア人が活躍する欧州発祥の競技は、ルール変更が欧州贔屓だと言われることも多い。例えばスキーのジャンプは、身長と板の長さの制限が設けられ、ノルディック複合ではジャンプの比率が減らされるということもあった。フィギュアスケートの採点項目も疑問視されている部分が多い。

いずれも、欧州(米国も含む)がアジア人の突き上げに対して取った措置とも言われているが、本来評価されるべきは人種や国籍ではなく、プレー面。優れた選手は平等に評価されるべきである。

どれだけ結果を残そうとも、差別の被害に遭う可能性がなくならない可能性は高い。そうであれば、「差別」をしたくないと思う人々は、優れたプレーヤーを純粋に称え続けることが何よりも大事になるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》



関連ニュース
thumb

本当に大丈夫? 週末開幕も補強選手を登録できず…タイムリミット迫るバルサが1億ユーロで株式売却へ「第4の手」

今夏の移籍市場で主役になっているバルセロナだが、タイムリミットが迫ってきているようだ。 多額の負債を抱え、財政難に陥っていることは周知の事実となっているバルセロナ。しかし、そんな中でもクラブは補強を止めなかった。 今夏はFWロベルト・レヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFジュール・クンデ、MFフランク・ケシエ、DFアンドレアス・クリステンセンと各国の代表選手を大量にチームに加え、さらにチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソの獲得も間近に迫っている状況だ。 一方で、チームから去る選手は限られており、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが多額の移籍金を支払ってでも獲得を目指すオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを売却する意思はないと表明しているが、そのバルセロナにもタイムリミットが迫っている。 ラ・リーガは今週末に新シーズンの開幕を迎える中、財政問題を抱えるバルセロナは、昨夏同様にサラリーキャップに抵触している。 昨夏はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが憂き目に遭い、契約終了。パリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍せざるを得ない状況となっていた。 今夏もその状況は変わっておらず、サラリーキャップに抵触中。リーグ開幕1週間を切った中、前述した今夏獲得した選手は誰1人として登録されていない状況。さらに、再契約を結んだDFセルジ・ロベルト、FWウスマーヌ・デンベレも登録できていない状況だ。 給与削減にも限界がある中、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが減給を考慮しているという報道もあるが、クラブは禁断の「第4の手」を打つしか無くなってしまったという。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナはオーディオビジュアル部門を運営する子会社『Barça Studios』の株式25%をシルク・ド・ソレイユのオーナーであるガブリエル・デ・アルバ氏が所有するアメリカ投資ファンドの『GDA Luma』に1億ユーロ(約138億円)で売却することになるとされ、じきに公式発表されるとしている。 すでに1日に『Barça Studios』の株式24.5%を『Socios.com』に1億ユーロで売却。たった1週間で、子会社の株式49.5%を売却し、2億ユーロを手にすることになる。 バルセロナにとってはこれは「第4の手」であり、本来では出したくなかったものだが、サラリーキャップを守るために必要なこと。ただし、これでも充足しているかどうかは不明な状況だ。 選手の補強を進める一方で、資金調達に苦労しているバルセロナ。まさに身を削っている状況だが、獲得した選手が登録できなければ何の意味もなさない。果たしてどうなるのか。シーズンの厳しい戦いの前に、時間とのギリギリの戦いに勝たなければいけない。 2022.08.09 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「1枚目たまんねえっす」思わずチームメイトも漏らした大宮VENTUSの仲田歩夢が披露したモデルショットに称賛の嵐「むちゃくちゃ綺麗」、「モデルやん」

大宮アルディージャVENTUSのMF仲田歩夢のモデルショットが大きな話題となっている。 昨シーズン大宮VENTUSに加入した仲田。チームの中心選手として活躍した中、2シーズン目に向けても調整を続けている状況だ。 その中で、先日はTBSドラマの日曜劇場『オールドルーキー』にも出演。さらにモデルを務めるなど、ピッチ外でも活躍している。 その仲田は自身のインスタグラムを更新。ファッションブランド『MADE IN WORLD』と人気サッカー漫画『アオアシ』のコラボアイテムのモデルを務めた写真を投稿した。 仲田は「このような豪華なコラボレーションに関わることができてとても嬉しく思います。ありがとうございました」とし、「アオアシファンにはたまらないコラボ。POPUPイベントも開催されるそうなので、ぜひチェックしてみてくださいっ」と8月20日、21日にMADE IN WORLD tokyoで行われるイベントの告知もした。 コラボアイテムを身につけたモデルショットにはファンも興奮。「可愛いです」、「むちゃくちゃ綺麗です」、「モデルやん」、「かっこいいとかわいい」、「最高に似合ってる」と称賛の声。また、チームメイトの山崎円美は「えんぐっっ1枚目たまんねえっす」と少しクールに決めた仲田の写真を絶賛。仲田は「とてもうれしいんだけどさ」としながら、「たまんねえってやめて笑」とツッコミを入れていた。 <span class="paragraph-title">【写真】「1枚目たまんねえ」と言われた仲田歩夢のモデルショット、『アオアシ』コラボアイテムも映える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChCSpQDPQlR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChCSpQDPQlR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChCSpQDPQlR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">仲田 歩夢(@ayu_nakada_13)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.09 21:58 Tue
twitterfacebook
thumb

「猫の気持ちが分かったか!」飼い猫虐待で有罪となったズマの顔面にシュートが直撃した瞬間…シティファンから痛烈野次

マンチェスター・シティのサポーターたちがウェストハムのフランス代表DFクル・ズマに痛烈なチャントを送った。 シティは7日、プレミアリーグ開幕節でウェストハムとアウェイで対戦。新戦力のノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの2ゴールもあり、0-2で完勝した。 その試合の終盤、カウンターからボールを運んだシティのFWフリアン・アルバレスがボックス手前から強烈なシュートを放つと、ボールはブロックに入ったズマの顔面に当たり、もろに顔に入ったズマはピッチに倒れしばらく動くことができなかった。 だが、アウェイの地まで駆けつけたシティのサポーターからは心配ではなく「お前の猫の気持ちが分かったか!」と野次が飛んだのだ。 ズマは今年2月、兄弟のヨアンが撮影した動画から飼い猫への虐待が発覚。英国動物虐待防止協会(RSPCA)から提訴され、テムズ判事裁判所から6月に180時間の奉仕活動と、猫の飼育を5年間禁止する命令が下されていた。 なお、ズマがこの件で野次られるのは初めでではなく、ランスとのプレシーズンマッチでもボールを持つたびにスタンドから猫の鳴き声をマネする声が飛んでいた。 <span class="paragraph-title">【動画】これは本当に痛そう…ズマの顔面に強烈シュートが直撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AqfYTp2oYYc";var video_start = 387;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥取のMF安藤一哉が追突事故…前方不注意で相手運転手は軽傷

ガイナーレ鳥取は9日、MF安藤一哉が交通事故を起こしたことを発表した。 クラブの発表によると、事故は9日の8時ごろに発生。米子市内の交差点で安藤が運戦する車が交差点を左折しようとしていた前方車両に追突したとのこと。前方不注意だったという。 相手の運転手は病院にて診察を受け、軽症だったとのこと。安藤はケガをしていない。 クラブは「接触した車両を運転されていた方を含め、関係各所に多大なご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げるとともに、お相手の方の一日も早い快復を心よりお祈り申し上げます」と謝罪。また「安藤選手に対しては厳重注意を行い、今一度安全運転の徹底を指導いたします」とした。 安藤はジェフユナイテッド千葉の下部組織出身で、東京農業大学へと進学。2020年に鳥取へと入団していた。 プロ1年目は明治安田生命J3リーグで32試合に出場し2得点を記録。しかし、2年目は9試合で1得点、今シーズンはここまで5試合の出場だった。 2022.08.09 19:38 Tue
twitterfacebook
thumb

「怪我しなくて良かった」古橋亨梧の“膝スラ失敗”シーンが反響、ズッコケ仕草に「母性をくすぐる可愛らしさ」

セルティックの日本語版公式ツイッターが、日本代表FW古橋亨梧のゴールパフォーマンスを取り上げた。 5日、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ第2節でロス・カウンティと対戦。試合は1-3で勝利し、開幕2連勝を達成した。 古橋は3トップの中央で先発すると、0-0で迎えた48分にジョタの折り返しを詰め、先制点をマーク。嬉しいシーズン初ゴールを記録した。 ゴールを決めた古橋はその勢いのままスタンドの方へと駆け寄りヒザからスライディング。しかし、芝が乾いていたのか足を取られてしまい前のめりにズッコケてしまった。 セルティックのツイッターがこの場面を紹介すると、ファンも反応。「膝スラまではかっこいいのにかわいいな」、「なんて尊い」、「いつまでも母性をくすぐる可愛らしさであります」といった声が集まった。 また、「怪我しなくて良かった」、「怖くてできない」、「こういうシーン見るたびに痛くないのか?って思うんだけどどうなん?」など心配する声も寄せられている。 ピッチに倒れ込んだ古橋だったが、チームメイトたちから手荒い祝福を受けた後は、お笑い芸人・空気階段の水川かたまりが提案したという右手を回しながら「サイコゥ!サイコゥ!サイコゥ!」と叫ぶパフォーマンスも披露し、ファンを沸かせていた。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋が“膝スラ失敗”で思い切りズッコケ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今週のGIF画像はこちら!今季初ゴールを決めたキョーゴのずっこけシーンと集まるチームメイトたち <a href="https://t.co/rb8WJmUCBF">pic.twitter.com/rb8WJmUCBF</a></p>&mdash; Celtic FC Japan (@CelticFCJPN) <a href="https://twitter.com/CelticFCJPN/status/1556775511996526592?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】“膝スラ失敗”直後には「サイコゥ!サイコゥ!サイコゥ!」と叫ぶパフォーマンスも披露</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="1mOWkAOrvek";var video_start = 36;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 19:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly