久保建英へのコーチの行動は「欧州至上主義」の片鱗とアジア人差別への意識の希薄さか

2020.02.10 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界で最も人気のあるスポーツと言われるサッカー。世界各国でほぼ毎週末に試合が行われ、多くの人々が熱狂する。その一方で、毎週のように舞い込んで来るニュースがある。それが“人種差別”に関わるものだ。その多くが、スタンドに集まったサポーターが相手チームの選手に対して行うもの。特に顕著に標的とされるのが、黒人選手だ。

現代において肌の色や身体的な特徴は人種を分けるものではない。黒人選手とひとまとめにしても、アフリカ出身の選手もいれば、ヨーロッパ出身の選手もいる。もちろん、アジアやアメリカ大陸出身の選手にも黒人選手は存在する。


また、身体的な特徴とは別に、風評被害もある。現在最も世界を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。この影響で、アジア人が人種差別の被害に遭っている。トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが軽率な行動をとり、謝罪する事態も起こっているほどだ。

そんな中、あるコーチがとった行動が話題となっている。それは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョールvsマジョルカでのこと。マジョルカのコーチが、ウォーミングアップをしていた日本代表MF久保建英を呼んだ際のジェスチャーだ。

このコーチは、指笛を鳴らした後、ウォーミングアップエリアに向けて「つり目ポーズ」をとっていた。このジェスチャーは、アジア人が「つり目」であることを形容した差別的な意味を持っているとされ、世界中で多くの被害者がいる。

しかし、この話題には1つ疑問が生じる。「レアル・マドリーからわざわさレンタルで獲得し、高く評価されている久保に対してそのようなジェスチャーをするだろうか」と。

通常の思考回路であれば、相手チームの選手ならともかく(それも実際は重大な問題ではあるが)、自チームの選手を差別することは考えにくい。もちろん、今回の件でもコーチに「差別」の意図があったかどうかはわからない。では、一体なぜ「差別」が無くならないのか。それは、「差別している」という認識が低いということだろう。

「差別」に関しては、加害者と被害者では捉え方が違う。「やった側」にそのつもりがなくとも、「やられた側」の受け止め方次第で状況は変わる。これは「いじめ」にも近いことが言える。

しかし、「加害者」の中には、意図的に「差別」を行う者と、そうではない者がいるのも事実。ただし、その差は潜在的な「差別」を捉えていないだけであり、大概は少し考えれば「差別」だと疑われる可能性があることは明白なものばかりだ。その裏には、どうしても消えることのない「欧州至上主義」があるとも考えられる。

「欧州至上主義」とは、15世紀から17世紀の大航海時代に端を発するもの。欧州各国が世界中に植民地を作り、18世紀から19世紀にかけて技術革新と経済発展が進んだことで、欧州の文明が世界を席巻したことから起きている。

その考えは、現代社会においても変わっていない。経済的な立場は政治的な立場が変わろうとも、文化的な影響力は強く、どうしても欧州中心に考えが及んでしまうのだろう。だからこそ、「差別的」な行動を軽率に取ってしまう、相手に疑念を持たせることをしてしまうのだと思う。

加えて、黒人選手に対する人種差別に関しては、世界中のあらゆる場面において「差別反対」の意見が出るようになってきたが、アジア人への差別はまだまだ意識の中に希薄と言えるだろう。インターネットやSNSが発達するだけでなく、サッカーを始め、スポーツ以外の各分野でも様々な人種が力を持つ現代社会においても、ヨーロッパにとってアジアは極東の未開の地。地図上だけでなく、潜在意識の中にもその考えがあるのかもしれない。

それは、他スポーツのルール変更を見ても感じる部分。アジア人が活躍する欧州発祥の競技は、ルール変更が欧州贔屓だと言われることも多い。例えばスキーのジャンプは、身長と板の長さの制限が設けられ、ノルディック複合ではジャンプの比率が減らされるということもあった。フィギュアスケートの採点項目も疑問視されている部分が多い。

いずれも、欧州(米国も含む)がアジア人の突き上げに対して取った措置とも言われているが、本来評価されるべきは人種や国籍ではなく、プレー面。優れた選手は平等に評価されるべきである。

どれだけ結果を残そうとも、差別の被害に遭う可能性がなくならない可能性は高い。そうであれば、「差別」をしたくないと思う人々は、優れたプレーヤーを純粋に称え続けることが何よりも大事になるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
関連ニュース
thumb

インテルMFがまさかの失態…派手なユニフォームで新ロゴを披露も1人だけ仲間外れ

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、思わぬミスを犯していた。 セリエAの優勝を決定したインテルは、12日にセリエA第36節でローマと対戦した。 この試合では、インテルが今シーズン着用したユニフォームを組み合わせた特別な4thキットで臨むことに。奇抜なユニフォームは多くの目を惹いた。 さらに、インテルのロゴが新たなものとなっており、「I」と「M」が組み合わさったものに変更。新たなユニフォームも新ロゴが採用されていた。 しかし、この試合でブロゾビッチが大きな注目を集めることに。なんと、1人だけショーツが間違っていたのだ。 派手なユニフォームに合わせられたショーツは、これまで通り黒一色のもの。しかし、右腿あたりには新たなロゴが付いているものが着用されていた。 しかし、ブロゾビッチは古いロゴが入っているショーツを着用。鋭い視聴者によって指摘されていたのだ。 この試合で11分に先制ゴールを記録したブロゾビッチ。ゴール以上に注目を集めるとは、本人も思っていなかっただろう。 <span class="paragraph-title">【写真】先制点のブロゾビッチ(中央)の下のほうをよく見ると何かが違う</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20210514brozovic.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> 2021.05.14 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドファンの怒りは収まらず、再び抗議デモで2名が逮捕

ファンの抗議活動により延期されていたマンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの一戦。13日に日程が変更されて開催されたが、この日も多くのファンがスタジアムに集結した。 当初は2日に予定されていた試合だったが、多くのユナイテッドファンがオーナーであるグレイザー・ファミリーへの抗議を実施。ピッチ内に侵入するなどし、試合開催ができない状況となっていた。 13日の試合は厳戒態勢で行われた中、数百人のファンが抗議活動。その中で、ユナイテッドの選手たちが先にスタジアムを訪れ、キックオフの6時間半に到着するなど警戒した。 また、リバプールのチームバスは警察に先導される形でスタジアムに到着。キックオフ1時間半前に無事に到着していた。 グレートマンチェスター警察は今回の件について声明を発表。2人の逮捕者が出ていることを明かしている。 「現在、オールド・トラッフォードの外で抗議が行われていることを認識している。少数の人々が日程を壊そうとしているようだ」 「警察は、平和的な抗議の権利を促進しながら、安全を維持するために出動している。公序良俗違反に関連し、2件の逮捕が行われた」 2021.05.14 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカクがコロナ禍に深夜の誕生日パーティーも警察突入で強制終了、選手3名も参加

ベルギー代表FWロメル・ルカクらインテルの選手が、コロナ禍でのパーティー開催で処分を受けることとなった。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じた。 報道によると、ルカクはミラノのホテル「ザ・スクエア・ミラノ・ドゥオーモ」にて12日から13日の午前3時にかけてルカクの28歳の誕生日パーティーを行っていた。 このパーティーには、ルカクの他、アクラフ・ハキミ、イバン・ペリシッチ、アシュリー・ヤングが出席していたとのことだ。 しかし、コロナ禍におけるパーティーはプロトコルに違反する状況。イベントを主催したホテルのレストランのマネージャーを含め、24名は処分を受けることになるという。 今回の件は、3時ごろに通報を受けた警察がホテルに到着。強制的にパーティーは終了を迎え、罰金処分を受けることとなった。 ピッチ内外で親交が深いルカクを含めた4名は、今回の件外出禁止に違反。さらに、すでに優勝が決まっているとはいえ、ユベントスとのナショナルダービーを3日後に控えた中でパーティーを行なっていたことは、クラブからも大きな処分を受ける可能性があるようだ。 2021.05.13 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックスが前代未聞の衝撃行動! 優勝トロフィーが4万2000個の星になりファンへプレゼント!

オランダ王者のアヤックスが、とんでもない粋な計らいを見せた。 昨シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、首位に立っていながらもリーグ戦の中止が決定。そのため優勝を逃していた。 しかし、今シーズンは順調に勝ち点を積み上げると、2日に行われたエールディビジ第31節のエメン戦で4-0と勝利。3節を残して優勝を決め、35度目のエールディビジ優勝を決めていた。 今シーズンは無観客の試合でシーズンが行われ、サポーターの後押しをスタジアムで受けられないまま終わったアヤックス。そのため、ファン・サポーターに対するサプライズを行なった。 サポーターなしという特別なシーズンで優勝したアヤックス。なんと、エールディビジ優勝で手にしたチャンピオンズボウルを溶かしてしまうことを決定した。 優勝を祝うため選手たちが掲げたものだが、なんとそれを鉄に戻すとのこと。そしてなんと、これを4万2000個以上のチャンピオンズスターに再加工。これをすべてのシーズンチケットホルダーに対してプレゼントすることを決めたのだ。 ファン・サポーターもクラブの一部と考えるアヤックスは、文字通り「一部」を受け取ることに。35度目の優勝は、実物としてファン・サポーターと共有することとなったのだ。 マネージング・ディレクターのエドウィン・ファン・デル・サール氏はクラブを通じてコメント。ファンの支えに応えるのにピッタリだと今回の決定について語った。 「今シーズンは、ほとんどファンなしでやっていかなければいけなかった。少なくともスタンドにはいなかった。とはいえ、選手たちは毎試合、その応援を実感していた。例えば、ソーシャルメディアを通じて、スタジアムへ移動するときなどにだ」 「チャンピオンであることをファンに捧げると伝えたけど、シーズンチケットホルダーとボウルを共有することは、まさにピッタリだ。今シーズンの思い出となり、ユニークな形でリーグ戦に参加することとなった」 今回の試みは1985年からチャンピオンズボウルを製造している「De Tingieterij」と協力。史上初となる製造元へ戻されることとなった。 錫で作られたボウルは2575gあり、それを一度溶かすことに。そこから1つ3.45gのチャンピオンズスターを作ったとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アヤックスのトロフィーが星に変わってファンの元へ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHd25GSDltbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「アップルウォッチみたい」ユナイテッドDFが試合中もスマートストラップを装着「外し忘れたのか」

マンチェスター・ユナイテッドは11日に行われたプレミアリーグ第36節で、レスター・シティと対戦。一部サポーターの過激な抗議活動によって試合日程が変更となり、5日間で3試合をこなす異常事態となったチームは、この一戦で10名を入れ替えて臨んだ。 イングランド人DFアクセル・トゥアンゼベも久しぶりの先発出場となったが、その“手元”が大きな注目を集めた。 センターバックで出場したトゥアンゼベだが、その右手首にはスマートウォッチにも見える黒いストラップが巻かれていた。 トゥアンゼベは長袖のシャツを着ていたため、あまり目立つことはなかったが、これに気づいたファンからは「外し忘れたのか」「アップルウォッチみたい」など見慣れない光景を気にする声が多くあった。 イギリス『サン』によると、トゥアンゼベが着けていたのは厳密にはスマートウォッチではなく、「WHOOP」と呼ばれる防水のアスリート用パフォーマンストラッカーで、筋肉の緊張、心拍数、さらには睡眠の指標に関するデータを取得することができるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トゥアンゼベが右手首に巻いていたスマートストラップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Axel Tuanzebe is playing vs. Leicester wearing a smart watch <a href="https://t.co/CHgG1PQqQc">pic.twitter.com/CHgG1PQqQc</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1392187809885265934?ref_src=twsrc%5Etfw">May 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.12 19:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly