久保建英へのコーチの行動は「欧州至上主義」の片鱗とアジア人差別への意識の希薄さか

2020.02.10 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界で最も人気のあるスポーツと言われるサッカー。世界各国でほぼ毎週末に試合が行われ、多くの人々が熱狂する。

その一方で、毎週のように舞い込んで来るニュースがある。それが“人種差別”に関わるものだ。その多くが、スタンドに集まったサポーターが相手チームの選手に対して行うもの。特に顕著に標的とされるのが、黒人選手だ。

現代において肌の色や身体的な特徴は人種を分けるものではない。黒人選手とひとまとめにしても、アフリカ出身の選手もいれば、ヨーロッパ出身の選手もいる。もちろん、アジアやアメリカ大陸出身の選手にも黒人選手は存在する。

また、身体的な特徴とは別に、風評被害もある。現在最も世界を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。この影響で、アジア人が人種差別の被害に遭っている。トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが軽率な行動をとり、謝罪する事態も起こっているほどだ。

そんな中、あるコーチがとった行動が話題となっている。それは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョールvsマジョルカでのこと。マジョルカのコーチが、ウォーミングアップをしていた日本代表MF久保建英を呼んだ際のジェスチャーだ。

このコーチは、指笛を鳴らした後、ウォーミングアップエリアに向けて「つり目ポーズ」をとっていた。このジェスチャーは、アジア人が「つり目」であることを形容した差別的な意味を持っているとされ、世界中で多くの被害者がいる。

しかし、この話題には1つ疑問が生じる。「レアル・マドリーからわざわさレンタルで獲得し、高く評価されている久保に対してそのようなジェスチャーをするだろうか」と。

通常の思考回路であれば、相手チームの選手ならともかく(それも実際は重大な問題ではあるが)、自チームの選手を差別することは考えにくい。もちろん、今回の件でもコーチに「差別」の意図があったかどうかはわからない。では、一体なぜ「差別」が無くならないのか。それは、「差別している」という認識が低いということだろう。

「差別」に関しては、加害者と被害者では捉え方が違う。「やった側」にそのつもりがなくとも、「やられた側」の受け止め方次第で状況は変わる。これは「いじめ」にも近いことが言える。

しかし、「加害者」の中には、意図的に「差別」を行う者と、そうではない者がいるのも事実。ただし、その差は潜在的な「差別」を捉えていないだけであり、大概は少し考えれば「差別」だと疑われる可能性があることは明白なものばかりだ。その裏には、どうしても消えることのない「欧州至上主義」があるとも考えられる。

「欧州至上主義」とは、15世紀から17世紀の大航海時代に端を発するもの。欧州各国が世界中に植民地を作り、18世紀から19世紀にかけて技術革新と経済発展が進んだことで、欧州の文明が世界を席巻したことから起きている。

その考えは、現代社会においても変わっていない。経済的な立場は政治的な立場が変わろうとも、文化的な影響力は強く、どうしても欧州中心に考えが及んでしまうのだろう。だからこそ、「差別的」な行動を軽率に取ってしまう、相手に疑念を持たせることをしてしまうのだと思う。

加えて、黒人選手に対する人種差別に関しては、世界中のあらゆる場面において「差別反対」の意見が出るようになってきたが、アジア人への差別はまだまだ意識の中に希薄と言えるだろう。インターネットやSNSが発達するだけでなく、サッカーを始め、スポーツ以外の各分野でも様々な人種が力を持つ現代社会においても、ヨーロッパにとってアジアは極東の未開の地。地図上だけでなく、潜在意識の中にもその考えがあるのかもしれない。

それは、他スポーツのルール変更を見ても感じる部分。アジア人が活躍する欧州発祥の競技は、ルール変更が欧州贔屓だと言われることも多い。例えばスキーのジャンプは、身長と板の長さの制限が設けられ、ノルディック複合ではジャンプの比率が減らされるということもあった。フィギュアスケートの採点項目も疑問視されている部分が多い。

いずれも、欧州(米国も含む)がアジア人の突き上げに対して取った措置とも言われているが、本来評価されるべきは人種や国籍ではなく、プレー面。優れた選手は平等に評価されるべきである。

どれだけ結果を残そうとも、差別の被害に遭う可能性がなくならない可能性は高い。そうであれば、「差別」をしたくないと思う人々は、優れたプレーヤーを純粋に称え続けることが何よりも大事になるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》


関連ニュース
thumb

MLSで不慮の事故…ボールを避けた主審が選手と激突、衝撃で別の選手に乗っかる二次災害

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)で思いがけないアクシデントがあった。 舞台となったのは、23日に行われたMLS第25節のミネソタ・ユナイテッドFCvsロサンゼルスFCの一戦。前半にそのシーンは訪れる。 中盤でのルーズボールの競り合いが発生すると、ミネソタ・ユナイテッドのMFオスバルド・アロンソとロサンゼルスFCのMFキム・ムンファンが一気にボールに寄せる。 しかし、ルーズボールはセンターサークル付近にいた主審のもとへ転がっており、ボールを避けようとした主審はダッシュしてきたキム・ムンファンと正面衝突。さらに、衝突の反応で後ろへ飛ばされた主審は、スライディングしていたアロンソに乗っかる形に。主審と選手2人が接触する大事故になってしまった。 幸いケガ人は出ず無事に試合は再開されたものの、キム・ムンファンはハーフタイムでピッチを後に。ただ、重傷には至らず、27日に行われるシアトル・サウンダーズ戦に起用可能とのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールを避けた主審がキム・ムンファンと激突、衝撃でアロンソ手に乗っかる大事故</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ref got blindsided <a href="https://t.co/3MSeacuetV">pic.twitter.com/3MSeacuetV</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1452741824146194434?ref_src=twsrc%5Etfw">October 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.26 20:01 Tue
twitterfacebook
thumb

J2山形がコンプライアンス違反を報告、代表取締役が社員にパワハラ

モンテディオ山形は26日、クラブ内でのコンプライアンス違反を報告した。 クラブの報告によると、代表取締役の相田健太郎氏が、一部社員に対してパワーハラスメントと評価される言動があったと第三者機関(弁護士事務所)に認定されたとのことだ。 なお、この認定をもって、26日に取締役会にて審議が行われ、処分が決定。取締役会問責決議による厳重注意となった。 山形は、今回の件を受けて声明を発表し、謝罪するとともに、コンプライアンス意識を徹底するとしている。 「当クラブを応援してくださる、ファン・サポーター、スポンサー、正会員・賛助会員、自治体、地域の皆様など、全てのステークホルダーの皆様に、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます」 「本件を重く受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、社内ルールや内部統制の整備を進めるとともにコンプライアンス意識を徹底していきます」 なお、再発防止策としては、「社内外への通報制度・相談窓口について、制度の信頼性と理解を周知徹底」、「定期的な社内アンケートや調査の実施によるモニタリング機能の強化」、「内研修・社内教育の実施」を掲げている。 2021.10.26 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンファンがスポンサー撤退を要望、サッカー界で数々のスポンサー務める「カタール航空」が槍玉に

バイエルンのファンたちが、スポンサーの撤退を強く希望しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 ファンたちが撤退を要求しているのは「カタール航空」とのこと。バイエルンに対し、圧力をかけているという。 「カタール航空」は、サッカー界で数多くのスポンサーを務めており、かつてはバルセロナのクラブ史上初となるユニフォームの胸スポンサーになった他、アル・アハリ(サウジアラビア)、ローマ(イタリア)、ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)などのクラブスポンサーに。また、2017年から2022年までは国際サッカー連盟(FIFA)とパートナー契約を結び、ユーロ2020ではオフィシャルエアラインとなった。 その他、2019年からは南米サッカー連盟(CONMEBOL)が主催するクラブのチームの大会であるコパ・リベルタドーレス、コパ・スダメリカーナなどでもスポンサーを務めている。 今シーズンはバイエルントレーニンググラウンドにバナーがある他、ユニフォームの左肩にロゴが入っているが、ファンは抗議。イニシエーターのミヒャエル・オット氏がウェブサイトで呼び掛ける声明を発表し、カタール国内での人権侵害や汚職問題を指摘している。 「親愛なるバイエルンのメンバーへ。2021年11月25日の年次総会で、カタール航空とのスポンサー契約を継続しないようにしてもらいたいと思います。会員の皆様には、この問題に対処し、議決権を行使することを呼びかけます」 「この国は大規模な人権侵害を犯しており、スポーツにおける汚職の深刻な申し立てもあります。バイエルンは変化をもたらす代わりに、カタールを後援し、不満から注意をそらすことにより、積極的にサポートしている」 「バイエルンがカタールの状況について沈黙を貫く場合は、我々のクラブは無関心を示していることになる。これにより、バイエルンは評判を落とし、模範的な立場を守っていないことになる」 カタール航空に対してはこれまでも多くの批判が集まっていたが、ここにきて非常に強い反発を受けている状況。果たして、どのような結末を迎えることになるだろうか。 2021.10.26 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

イカルディが離婚届にサインも…妻ワンダ・ナラが一通の手紙で翻意「私は何かに気がついた」

浮気疑惑が大きく発展し、離婚問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディと妻で代理人のワンダ・ナラ。しかし、その騒動に終止符が打たれたようだ。 事の発端は、イカルディの浮気疑惑。アルゼンチン人女優のマリア・エウヘニア・スアレス氏との浮気疑惑が浮上し、この事が問題となりワンダ・ナラが家を出てミラノへと戻っていた。 この事件に対し、イカルディは即座に行動。PSGのトレーニングを休み、妻を追いかけてミラノへ。また、メンタル面の問題から試合すら欠場し、何とか修復に向けて動いていた。 妻の反応は皆無の中、イカルディは自身のインスタグラムで妻以外のフォローを外すなど、目に見える誠意を見せ、妻への愛を改めて綴るなど、必死のアピールを見せていた。 そんな中、妻のワンダ・ナラがついにこの問題について言及。離婚届にもサインが済んでいたことを告白したが、イカルディからの手紙で翻意したとのこと。夫を許すことに決めたようだ。 「私がここ数カ月でアップしている写真は、私たちがどれだけ幸せだったかが分かります。ただ、起こってしまったことで、とても傷つきました」 「毎日のように、マウロに離婚を頼みました。気が付いた時にはもう後戻りはできない。このままではいけないと言ってくれました。これだけの痛みに終止符を打つには、別れるしかない。そうすべきだと」 「私たちは弁護士に相談しました。2日でマウロは全ての条件を受け入れ、離婚届にサインしました。翌日、彼は誰も私に書いてこなかった手紙を書いてくれました」 “僕は君に全てを捧げた。そして、君は全てを手にしている。それが僕を幸せにする。君が幸せになることを願っている” 「そこで私は何かに気がつきました。私が彼と一緒にいなければ、私は何も手にしていないということ。私たちが経験しているこの悪い瞬間は、カップルとして、そして家族としての私たちを強固なものにすると確信しています」 「重要なのは私たち2人が8年の歴史に終止符を打つという自由がお互いにあるということです。しかし、泣き疲れた魂は、再び自由にお互いを選びました。愛しています。マウロ・イカルディ」 代理人を務めるワンダ・ナラの影響で、様々な移籍が破談になった過去もあるイカルディ。しかし、何があってもイカルディにとってはワンダ・ナラでなければいけなかったようだ。ピッチ上での活躍に期待した。 <span class="paragraph-title">【写真】妻ワンダ・ナラがイカルディとの2ショットで意思表明</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVdjgABNpla/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVdjgABNpla/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVdjgABNpla/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Wanda nara(@wanda_icardi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.26 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

“元問題児”バートン監督が失言…チームのパフォーマンスを「ホロコースト」で例え大批判

お騒がせ男は、監督になっても変わらないようだ。 EFLリーグ2(イングランド4部)のブリストル・ローヴァーズを率いる元イングランド代表MFのジョーイ・バートン監督(39)の発言が物議を醸している。イギリス『BBC』が報じた。 現役時代は“悪童”として知られ、ピッチ内外で素行不良が目立ったバートン監督。今年7月には、妻への暴行容疑で逮捕され、その後に起訴。本人は無罪を主張している。 そのバートン監督が今回問題視されたのは、試合後の発言だった。 ブリストル・ローヴァーズは23日に行われたリーグ2のニューポート・カウンティ戦で1-3と敗戦。不甲斐ない出来のチームに対し、バートン監督は試合後にコメントしていた。 「今週、私は選手たちに『チームは椅子取りゲームのようなものだ』と言った。誰かが活躍しても、出場停止になったりケガをしたりする」 「誰かが試合に出場して活躍しても、ホロコーストのような悪夢、絶対的な災害に見舞われる」 この発言の“ホロコースト”が大問題に。“ホロコースト”とは、第二次世界大戦中にナチス政権とその協力者による約600万人のユダヤ人が組織的、官僚的、国家的な迫害および殺戮されたことを意味するものとして知られている。 バートン監督にとっては、悪い出来事の例えとして使ったのかもしれないが、この言葉を用いるのはタブー。監督の進退問題にまで発展しており、この発言に対して多くの不快感を生み出している。 国立ホロコーストセンターのデイム・ヘレン・ハイドさんは、「バートン氏はその言葉が何を意味するのか知らないのでしょう。彼は、自身が引き起こした大きな悲しみと不快感に気がついていません。彼がこの悲劇的な出来事について学ぶことを、奨励されていると提案するでしょう」と語り、無知が生んだ悲劇だとした。 なお、この件に関してはブリストル・ローヴァーズはコメントを拒否したとのこと。バートン監督も、現時点では発言に対するコメントをしていない。 2021.10.26 09:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly