久保建英へのコーチの行動は「欧州至上主義」の片鱗とアジア人差別への意識の希薄さか

2020.02.10 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界で最も人気のあるスポーツと言われるサッカー。世界各国でほぼ毎週末に試合が行われ、多くの人々が熱狂する。その一方で、毎週のように舞い込んで来るニュースがある。それが“人種差別”に関わるものだ。その多くが、スタンドに集まったサポーターが相手チームの選手に対して行うもの。特に顕著に標的とされるのが、黒人選手だ。


現代において肌の色や身体的な特徴は人種を分けるものではない。黒人選手とひとまとめにしても、アフリカ出身の選手もいれば、ヨーロッパ出身の選手もいる。もちろん、アジアやアメリカ大陸出身の選手にも黒人選手は存在する。

また、身体的な特徴とは別に、風評被害もある。現在最も世界を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。この影響で、アジア人が人種差別の被害に遭っている。トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが軽率な行動をとり、謝罪する事態も起こっているほどだ。

そんな中、あるコーチがとった行動が話題となっている。それは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョールvsマジョルカでのこと。マジョルカのコーチが、ウォーミングアップをしていた日本代表MF久保建英を呼んだ際のジェスチャーだ。

このコーチは、指笛を鳴らした後、ウォーミングアップエリアに向けて「つり目ポーズ」をとっていた。このジェスチャーは、アジア人が「つり目」であることを形容した差別的な意味を持っているとされ、世界中で多くの被害者がいる。

しかし、この話題には1つ疑問が生じる。「レアル・マドリーからわざわさレンタルで獲得し、高く評価されている久保に対してそのようなジェスチャーをするだろうか」と。

通常の思考回路であれば、相手チームの選手ならともかく(それも実際は重大な問題ではあるが)、自チームの選手を差別することは考えにくい。もちろん、今回の件でもコーチに「差別」の意図があったかどうかはわからない。では、一体なぜ「差別」が無くならないのか。それは、「差別している」という認識が低いということだろう。

「差別」に関しては、加害者と被害者では捉え方が違う。「やった側」にそのつもりがなくとも、「やられた側」の受け止め方次第で状況は変わる。これは「いじめ」にも近いことが言える。

しかし、「加害者」の中には、意図的に「差別」を行う者と、そうではない者がいるのも事実。ただし、その差は潜在的な「差別」を捉えていないだけであり、大概は少し考えれば「差別」だと疑われる可能性があることは明白なものばかりだ。その裏には、どうしても消えることのない「欧州至上主義」があるとも考えられる。

「欧州至上主義」とは、15世紀から17世紀の大航海時代に端を発するもの。欧州各国が世界中に植民地を作り、18世紀から19世紀にかけて技術革新と経済発展が進んだことで、欧州の文明が世界を席巻したことから起きている。

その考えは、現代社会においても変わっていない。経済的な立場は政治的な立場が変わろうとも、文化的な影響力は強く、どうしても欧州中心に考えが及んでしまうのだろう。だからこそ、「差別的」な行動を軽率に取ってしまう、相手に疑念を持たせることをしてしまうのだと思う。

加えて、黒人選手に対する人種差別に関しては、世界中のあらゆる場面において「差別反対」の意見が出るようになってきたが、アジア人への差別はまだまだ意識の中に希薄と言えるだろう。インターネットやSNSが発達するだけでなく、サッカーを始め、スポーツ以外の各分野でも様々な人種が力を持つ現代社会においても、ヨーロッパにとってアジアは極東の未開の地。地図上だけでなく、潜在意識の中にもその考えがあるのかもしれない。

それは、他スポーツのルール変更を見ても感じる部分。アジア人が活躍する欧州発祥の競技は、ルール変更が欧州贔屓だと言われることも多い。例えばスキーのジャンプは、身長と板の長さの制限が設けられ、ノルディック複合ではジャンプの比率が減らされるということもあった。フィギュアスケートの採点項目も疑問視されている部分が多い。

いずれも、欧州(米国も含む)がアジア人の突き上げに対して取った措置とも言われているが、本来評価されるべきは人種や国籍ではなく、プレー面。優れた選手は平等に評価されるべきである。

どれだけ結果を残そうとも、差別の被害に遭う可能性がなくならない可能性は高い。そうであれば、「差別」をしたくないと思う人々は、優れたプレーヤーを純粋に称え続けることが何よりも大事になるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
関連ニュース
thumb

倒れた頭部に相手がボールを蹴る…一瞬怒りも冷静さ失わなかったマネに称賛集まる「名誉ある行動」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネの立ち居振る舞いに称賛が集まっている。イギリス『GIVE ME SPORT』が伝えている。 マネは、4日に行われたプレミアリーグ第29節のチェルシー戦に先発出場。28分にはモハメド・サラーの浮き球の斜めのパスに完璧に抜け出し、GKとの一対一のビッグチャンスを迎えるも、ファーストタッチがうまくいかずにシュートまで持ち込めないなど、沈黙した。 さらにチェルシーの1点リードで迎えた試合終了間際の88分、右サイドでボールを持ったマネがチェルシーのDFアントニオ・リュディガーに倒されファウルを獲得すると、マーティン・アトキンソン主審の笛が鳴った後に、転がっていたボールを近くにいたチェルシーMFマテオ・コバチッチが蹴り、そのボールがマネの頭を直撃した。 故意かは分からないものの、コバチッチの不必要なプレーにマネは怒り、一触即発となった。コバチッチは謝罪をしながらも笑みを浮かべるなど、悪態をついていたが、ビハインドのチーム状況を思い出したのか、マネは冷静さを取り戻しそれ以上の騒動に発展することはなかった。 結局、どちらにもカードが提示されることはなかったが、『GIVE ME SPORT』はマネの行動を「名誉ある行動」として称賛。サポーターからも「素晴らしい自制心」「マネは本当に素晴らしい」といった声が上がっている。 <div id="cws_ad">◆マネが一瞬怒りを見せるもこの後すぐに冷静さを取り戻す<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Not even a yellow card for Kovacic but that’s ok, he doesn’t play for Liverpool <a href="https://t.co/vrdpsOJeKG">pic.twitter.com/vrdpsOJeKG</a></p>&mdash; (@alexis_xh) <a href="https://twitter.com/alexis_xh/status/1367601674798452743?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

熱血漢コンテが試合中の選手に“強めビンタ”で闘魂注入「パッション・レベル100だ!」

セリエA首位を走るインテルのアントニオ・コンテ監督のアツ過ぎる姿が注目を浴びている。 インテルは4日にアウェイで行われたセリエA第25節でパルマと対戦。2点をリードしてから反撃を許すも、1-2で勝利を収めリーグ6連勝を成し遂げた。 “熱血漢”で知られるコンテ監督だが、パルマ戦の終了間際には“らしい”場面があった。後半アディショナルタイムの93分、パルマの反撃に遭ったインテルは、自陣からのクリアボールを相手DFマキシム・ブシとインテルDFアクラフ・ハキミが競り合う。 ハキミが猛烈にプレッシャーをかけると、ブシのタッチがやや大きくなり、コンテ監督の近くのタッチラインを割り、インテルボールでのスローインとなる。 値千金のハキミのプレーに、コンテ監督は思わずハキミの顔面を両手でつかむと、至近距離で檄を飛ばし、最後にはちょっと強めのビンタで闘魂を注入し、ピッチに送り返すと、現地の実況も思わず笑ってしまっていた。 このシーンを『ESPN』の公式ツイッターが「ハキミのハードワークを褒めるコンテ、パッション・レベル100だ」と伝えると、「このビンタは絶対痛いでしょ(笑)」「情熱がすごい」「コンテらしい」と闘将らしい姿に好意的な声が多く寄せられている。 その実直な性格で時には選手やフロントと対立することもありコンテ監督だが、スクデット獲得のために全力を注いでいる。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Conte congratulating Hakimi for his work rate <br><br>Passion level <a href="https://t.co/zqflFIMPVg">pic.twitter.com/zqflFIMPVg</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1367625966915366912?ref_src=twsrc%5Etfw">March 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 19:40 Fri
twitterfacebook
thumb

マウントが“ドラゴンボール”のセレブレーションを説明「彼がいつも見てるから…」

チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントがゴールパフォーマンスの理由を説明した。 チェルシーは4日に行われたプレミアリーグ第29節でリバプールと対戦。42分にボックス左角で内に切り込んだマウントが相手DFファビーニョを振り切って鋭い右足のシュートをゴール右下隅の完璧なコースに突き刺すと、これが決勝点となり1-0で勝利した。 ゴール後にはDFベン・チルウェルに向かって、『ドラゴンボール』に登場する孫悟空の得意技“かめはめ波”をお見舞いしてゴールを祝ったマウントだったが、試合後のイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでパフォーマンスの理由を明かした。 「アウェイゲームで飛行機に乗るが、僕と僕とチリー(チルウェル)はよくクル・ズマの後ろに座っているんだけど、彼はいつもアニメを観ているんだ」 「僕らはいつもそれを後ろから観ているから、そのセレブレーションをやってみた。僕はチリーに、僕か彼がゴールしたらそれをやろうと言っていた。今日、僕がゴールしたからやってみた。それはズマのためでもあったよ」 トーマス・トゥヘル監督の就任以降、出場機会を失っているズマだが、同僚の活躍に元気を貰ったのではないだろうか。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Kamehameha! ☄️<br>Up the Chels! <a href="https://t.co/DfetIG37ts">pic.twitter.com/DfetIG37ts</a></p>&mdash; Mason Mount (@masonmount_10) <a href="https://twitter.com/masonmount_10/status/1367619026361454593?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Mason Mount said that he and Ben Chilwell dedicated their goal celebration today to Kurt Zouma, who is always watching anime and cartoons on the team plane <a href="https://t.co/HwvhC7DUoh">pic.twitter.com/HwvhC7DUoh</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1367610823221407745?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

市長選に立候補と噂されたマルキジオが完全否定で憤り「くだらないことに対応しなければならない」

かつてユベントスでプレーしていたクラウディオ・マルキジオ氏(35)が、自身にまつわる噂を否定した。 マルキジオは、ユベントスの下部組織で育ち、エンポリへのレンタル移籍を経験もユベントスで長らくプレー。キャリアの最後はゼニトでプレーしたが、2019年10月に現役を引退していた。 イタリア代表としても55試合に出場し5ゴールを決めているマルキジオ。最近では、一部報道で自身が生まれ育ったトリノの市長選に立候補する準備ができていると報じられていた。 しかし、この噂についてマルキジオは自身のツイッターで完全に否定している。 「僕が信じられないのは、このくだらないことに対応しなければならないということだ」 「政治は深刻なことだ。だから真剣になってもらいたい」 政治家に転身するという根も葉もない噂に対して憤りを隠さなかったマルキジオ。出馬すれば大きな支持を得られそうではあるが、その道に進む気はないようだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Quello che trovo incredibile è che debba anche rispondere a queste assurdità.<br>La politica è una cosa seria.<br>Allora per favore facciamo i seri.<a href="https://twitter.com/hashtag/Torino?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Torino</a> <a href="https://t.co/GpgAuOtZyv">pic.twitter.com/GpgAuOtZyv</a></p>&mdash; Claudio Marchisio (@ClaMarchisio8) <a href="https://twitter.com/ClaMarchisio8/status/1367570669022642190?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「こんなの見たことない」メッシが無邪気に飛び跳ねる!感情爆発のスターにファンも反応

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが感情を爆発させたシーンに注目が集まっている。 バルセロナは3日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグでセビージャと対戦。アウェイでの1stレグを2-0で落としているバルセロナは、逆転突破のためには3点が必要な状況だった。 前半に1点を返したものの、その後はセビージャの守備を崩しきれず、このまま試合終了と思われた後半アディショナルタイム4分にアントワーヌ・グリーズマンのクロスをジェラール・ピケが豪快ヘッド。これが決まり、土壇場で2戦合計で同点に追いつき延長戦へ突入する。 そして延長前半に途中出場のマルティン・ブラースヴァイトのヘッドで逆転し、2戦合計3-2の大逆転勝利を収め決勝へ駒を進めていた。 セビージャ戦にフル出場していたメッシだったが、ピケが同点ゴールを決めた際には感情が爆発。右手を高く掲げながら3度ジャンプし、体全体で喜びを表現した後、ピケのもとへ駆け寄っていた。 人前で感情を爆発させるようなことは多くないメッシの珍しいシーンは、バルセロナの公式ツイッターに取り上げられると、「こんなの見たことない」「嬉しそう」「かわいい」とギャップある姿に驚く声が多く寄せられていた。 驚異的な勝負強さを発揮して逆転したバルセロナは、決勝でアスレティック・ビルバオと対戦する。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Leo <a href="https://twitter.com/hashtag/Messi?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Messi</a>&#39;s reaction to the game-tying goal. <a href="https://t.co/2PGEan47Yf">pic.twitter.com/2PGEan47Yf</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1367551372292407299?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 18:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly