元なでしこFW川澄奈穂美、NWSLスカイ・ブルーFCと契約更新

2020.01.28 16:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スカイ・ブルーFCに所属する元なでしこジャパンFW川澄奈穂美(34)が契約を更新した。ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のスカイ・ブルーFCは27日、川澄と新たに1年契約を締結したと発表。川澄も28日、自身の公式ツイッター(@NahoKawasumi_9)を通じて「2020シーズンもSky Blue FCの一員としてプレーすることになりました! 応援よろしくお願いします」とコメントしている。また、オフシャルブログを通じても「Sky Blue FC 2シーズン目、NWSL 6シーズン目です。すでに契約更新や新加入選手が続々と発表されていて、新しいシーズンが楽しみで仕方ありません! 今年は東京五輪イヤーということも強く意識しています。とにかく、Sky Blue FCに貢献できるように頑張ります。今シーズンも熱い・ゆるい・適度な応援よろしくお願いします!」と意気込みを綴っている。

川澄はINAC神戸レオネッサを経て、2014年3月のシアトル・レインFC移籍を機に海外挑戦。同年9月にINAC神戸レオネッサ復帰を果たした後、2016年6月から再びシアトル・レインFCに移り、2019年1月からスカイ・ブルーFCに新天地を求めると、19試合1アシストを記録した。
コメント
関連ニュース
thumb

U-20日本女子代表メンバーが発表! 前回のU-20女子W杯優勝メンバーから高橋はなが選出

日本サッカー協会(JFA)は16日、U-20日本女子代表候補メンバーを発表した。 ヤングなでしことも呼ばれる、池田太監督率いるU-20日本女子代表候補には、2018年のU-20女子ワールドカップ優勝メンバーであるDF高橋はな(浦和レッズレディース)や同年のU-18女子ワールドカップでベスト8に入ったメンバーのDF大熊環(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)やDF富岡千宙(日体大学FIELDS横浜)、MF中尾萌々(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)などが招集されている。 U-20日本女子代表候補は、18日から22日まで千葉県内でトレーニングキャンプを実施。21日(水)には東海大附高輪台高校の男子とトレーニングマッチを行う。 今回発表されたU-20日本女子代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-20日本女子代表候補メンバー GK 田中桃子(大和シルフィード) 伊能真弥(日体大学FIELDS横浜) 福田史織(浦和レッズレディースユース) 大場朱羽(JFAアカデミー福島) DF 松原優菜(セレッソ大学阪堺レディース) 高橋はな(浦和レッズレディース) 船木和夏(早稲田大学) 松田紫野(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 後藤若葉(早稲田大学) 富岡千宙(日体大学FIELDS横浜) 大熊環(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 田畑晴菜(セレッソ大学阪堺レディース) MF 渡邊真衣(日体大学FIELDS横浜) 菅野奏音(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 加藤もも(NGUラブリッジ名古屋) 水野蕗奈(INAC神戸レオネッサ) 瀧澤千聖(AC長野パルセイロ・レディース) 伊藤彩羅(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 森田美紗希(日体大学FIELDS横浜) 中尾萌々(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) FW 中村恵実(AC長野パルセイロ・レディース) 廣澤真穂(早稲田大学) 大澤春花(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 島田芽依(浦和レッズレディースユース) 山本柚月(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 2020.10.16 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンが今年3月以来の活動! トレーニングキャンプに候補23名招集、3選手が初選出

日本サッカー協会(JFA)は16日、なでしこジャパン候補トレーニングキャンプのメンバーを発表した。 なでしこジャパンにとって、活動は今年3月のアメリカ遠征以来。キャンプは19〜26日にかけて『ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ』で行われ、ふたば未来学園高校やいわきFC U-18との練習試合も予定されている。 今回は23名を招集。MF脇阪麗奈(C大阪堺レディース)や、MF塩越柚歩(浦和レッズレディース)、MF伊藤美紀(INAC神戸レオネッサ)が初招集となる。 ◆なでしこジャパン候補トレーニングキャンプメンバー/※初招集 GK 山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 池田咲紀子(浦和レッズレディース) 山下杏也加(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) DF 鮫島彩(INAC神戸レオネッサ) 松原有沙(ノジマステラ神奈川相模原) 清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 清家貴子(浦和レッズレディース) 市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース) 南萌華(浦和レッズレディース) MF 猶本光(浦和レッズレディース) 伊藤美紀(INAC神戸レオネッサ)※ 長谷川唯(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 杉田妃和(INAC神戸レオネッサ) 三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 塩越柚歩(浦和レッズレディース)※ 林穂之香(セレッソ大阪堺レディース) 脇阪麗奈(セレッソ大阪堺レディース)※ 宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース) FW 菅澤優衣香(浦和レッズレディース) 岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ) 田中美南(INAC神戸レオネッサ) 上野真実(愛媛FCレディース) 小林里歌子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 2020.10.16 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

永里優季が入団会見!世界も注目した男子チームへの移籍に「ずっと昔からプレーしたいという想いがあった」

ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシカゴ・レッドスターズから神奈川県2部リーグのはやぶさイレブンに加入した元なでしこジャパンのFW永里優季(33)が入団会見に臨んだ。 日テレ・ベレーザ(現日テレ・東京ヴェルディベレーザ)でキャリアスタートさせた永里は、ドイツのポツダムやイングランドのチェルシー、ヴォルフスブルク、1.FFCフランクフルト、そしてシカゴ・レッドスターズでプレー。また、なでしこジャパンとしてもワールドカップに出場するなど、日本のエースとしてプレーしてきた。 世界でも異例の男子チームに加入することとなった今回の移籍については、世界中でも大きな注目を集め国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)などもSNSなどで伝えた中、永里が加入の経緯などを語った。 「人生に一度あるかないかというこの素晴らしい機会を提供してくださってありがとうございます」 「たくさんの方々の多大なる尽力とご協力のもと、このような移籍が実現しました。チャレンジをしたいという想いを受け入れてくださったクラブには感謝の気持ちでいっぱいです」 「選手として、男性の中で自分がどれだけできるかというのは正直未知数なところが大きいと感じていますが、これまでの海外での経験や積み重ねてきたトレーニングに関して、チームのプラスになれるようにベストを尽くしていきたいと思います」 「ピッチ外の部分でも私を育てていただいた厚木市に貢献していけるように、クラブと市の皆さんと協力しながら、そういった活動をしていければと考えています」 「チームの勝利に貢献できるように、今よりも自分自身を成長させるように努め、街のコミュニティの一員として、この街をより良い街にしていくという意識を持って、様々な活動をしていき、サッカーを通して街づくり、人づくりに貢献していきたいと思います」 「今回、朝からたくさんの応援メッセージをいただき、正直こんなに大きなことになるとは思っていなかったので、ビックリしていますが、そういった方達の応援メッセージを胸に、責任と覚悟を持ってこのチャレンジをやり抜いていきたいと思います」 また、移籍が決定したことで多くの注目を集めたことについては「こんなに注目されるというのは考えていなかったですし、FIFAのアカウントだったり、UEFAのアカウントだったりがこのチャレンジを大々的に伝えてくれたので、海外の人たちにとっては物凄く社会的にも意義のある移籍だったのかなと感じています」と、世界的にも、社会的にも影響を与える挑戦になったと感じていると明かした。 男子チームでプレーすることについては「試合だったりしっかりと練習をしてみないとわからない部分はあると思いますけど、ずっと昔から男子のチーム、リーグでプレーしたいという想いがあって、いかにそのレベルに近づけるかというところを目標にしてやってきた部分があったので、このレベルで自分がどれだけできるかというチャレンジという意味では、全くできないというイメージはないです」と自信を見せる一幕も。一方で、「やってみて分かること、やってみてできることは近くにイメージできる状態に今あるかなと思います。今の自分のパフォーマンスやコンディションが年を重ねるにれて上がってきているところではあるので、そのタイミングでこのチャレンジができるのを楽しみしています」と新たなチャレンジに意気込みを語った。 男子チームでプレーすることを考えた時期については「アメリカに渡ってからです。去年、一昨年ぐらいから、自分自身の心境だったり身体に変化を感じるようになって、去年からワールドカップで(ミーガン・)ラピノーが言っていた、男女格差であったり、そういった社会的なメッセージを受けてすごく刺激をもらいました」とコメント。「自分もそういった社会的なメッセージを発信できないかなとずっと考えていて、今回少し形は違うかもしれないんですけど、男性のチームに入って、女性も活躍できる、挑戦できるんだというメッセージを、今女の子で男の子に混ざってサッカーをやっている子もいると思いますけど、1つの選択肢を作ってあげられるかなという想いが非常に強くなって、今回このような形になりました。クラブ関係者の協力もあって、受け入れ体制もあって実現することになりました」と、子供達に向けても将来的な選択肢を広げる意義があると語った。 今回加入したはやぶさイレブンは、永里の地元でもある神奈川県厚木市を本拠地としているクラブ。兄の源気も今年2月から所属している地元のクラブだが、還元をしていきたいと地元への想いを語った。 「ずっと世界を渡り歩いてきて思ったのは、所属するチームごとに地元出身の選手がいて、地元のためにプレーする選手をみて羨ましい気持ちがありました」 「地元にそういったプレーをする場があるというのは、子供達にとっても夢の舞台になるでしょうし、目指しやすい場所になる。ここで20年間育ってきて、私は厚木市に育てられたと思います。30を過ぎて地元に還元したいという思いが強くなったので、今回タイミングよく皆さんの協力のおかげで、厚木のためにプレーできる機会をいただけたことは大きいです」 「選手として得てきた経験は、いつかのタイミングで還元したいと思っていたので、この厚木市に対しての思いは兄と同じぐらいあると思います」 なお、背番号はなでしこジャパンでも着用していた「17」に決定。ピッチでどのようなプレーを見せるのか、永里の挑戦に注目が集まる。 2020.09.10 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

元なでしこFW永里優季が男子チームに電撃加入!神奈川県2部のはやぶさイレブンで兄・源気と共闘

神奈川県2部リーグのはやぶさイレブンは、元なでしこジャパンのFW永里優季(33)の加入を発表した。 永里は、神奈川県厚木市出身で、日テレ・ベレーザ(現日テレ・東京ヴェルディベレーザ)で2001年から2009年までプレー。その後は海外クラブに所属し、ドイツのポツダムやイングランドのチェルシー、ヴォルフスブルク、1.FFCフランクフルトでプレー。2017年からナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシカゴ・レッドスターズに所属している。 日本でもなでしこリーグで6度優勝、ポツダム時代には女子チャンピオンズリーグを制するなど、輝かしい成績を残している永里は、なでしこジャパンでも活躍していた。 所属元のシカゴ・レッドスターズは、レンタル移籍で加入するとしている。 はやぶさイレブンは、永里の実兄である永里源気や元日本代表で浦和レッズなどで活躍した永井雄一郎、ベガルタ仙台に在籍するFWジャーメイン良を兄に持つジャーメインアレックス正などが所属している。 2020.09.10 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

女子CL決勝で豪快弾のなでしこDF熊谷紗希が女子CLオールスターに選出!

欧州サッカー連盟(UEFA)は2日、2019-20シーズンの女子チャンピオンズリーグからオールスターチームを選出した。 オールスターチームは23名が選出。大会5連覇を達成したリヨンからは最多の8名が選出され、決勝でも強烈なミドルシュートを叩き込んだなでしこジャパンのDF熊谷紗希も選出された。 <div id="cws_ad">◆日本人初!女子CL決勝で熊谷紗希が決めた豪快ミドル!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKWEhxMWtXaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その他、リヨンのドイツ女子代表MFゼニファー・マロザンは6シーズン連続の選出。リヨンのキャプテンを務めるフランス女子代表DFワンディ・ルナールは5シーズン連続で選出、デンマーク女子代表FWペルニレ・ハルダー(チェルシー)とイングランド女子代表DFルーシー・ブロンズ(リヨン)は4シーズン連続で選出されている。 GK サラ・ブアディ(リヨン) クリスチャーヌ・エンドラー(パリ・サンジェルマン) サンドラ・パニョス(バルセロナ) DF ルーシー・ブロンズ(リヨン) パウリナ・デュデク(パリ・サンジェルマン) キャサリン・ヘンドリッヒ(バイエルン/bヴォルフスブルク) ドミニク・ヤンセン(ヴォルフスブルク) サキナ・キャシャウィ(リヨン) ワンディ・ルナール(リヨン) MF イングリッド・エンゲン(ヴォルフスブルク) キーラ・ハムラウィ(バルセロナ) スヴェンヤ・フツ(ヴォルフスブルク) 熊谷紗希(リヨン) キム・リトル(アーセナル) アメル・マジリ(リヨン) ゼニファー・マロザン(リヨン) アレックス・ポップ(ヴォルフスブルク) FW デルフィーヌ・カスカリーノ(リヨン) カディディアトゥー・ディアニ(パリ・サンジェルマン) キャロライン・グラハム・ハンセン(バルセロナ) ペルニレ・ハルダー(ヴォルフスブルク) ジェニー・エルモソ(バルセロナ) マリー=アントワネット・カトト(パリ・サンジェルマン) 2020.09.03 16:10 Thu
twitterfacebook