ピョンテク、ミランで挽回へ! 「紙面に踊らされることなんてない」

2020.01.24 14:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(24)が母国メディア『TVP Sports』に対して、巻き返しを誓った。

昨冬、ジェノアから加入したピョンテク。半シーズンで公式戦21試合11得点1アシストの活躍を披露したが、今シーズンはここまで5得点(19試合)にとどまり、加入当初の勢いを完全に失っている。

そのなかで、ミランは今冬、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)と再契約。これを受け、ピョンテクに売却の可能性が取り沙汰され、移籍報道も浮上しているところだ。

だが、ポーランド人ストライカーは残るシーズンもミランにとどまり、挽回する所存だ。最近の報道でマンチェスター・ユナイテッドの関心報道も飛び出しているが、こう述べたという。

「鏡を通して、内の僕を見つめるようにしている。自らの間違いを理解するためにね。このクラブに多過ぎるほどの混乱があって、僕ら選手もそれを感じた」

「開幕当初はチームとして、そんなに多くの決定機を作れず、ストライカーもそういう状況で生きなけれならなかった」

「今はそれから良くなってきていて、僕のシューターぶりが戻るのも時間の問題だ」

「イタリアのジャーナリストにとって、自分はフットボールの王様になったり、史上最悪の選手になったりする。でも、それを受け止める」

「そういう人々はこの人の立場になって考えたりしないのさ。とにかく、僕が紙面に踊らされることなんてない」
コメント