アーセナル、J・ボアテングの獲得にレンタルを考慮か

2020.01.22 20:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルがバイエルンに所属する元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(31)に熱視線を送っている。イギリス『ミラー』が報じた。

今シーズン、ここまでのプレミアリーグで6勝12分け6敗と10位に沈むアーセナル。ビッグ6の中で最多となる34失点を記録しており、ミケル・アルテタ監督は今夏、ディフェンスの再構築を優先事項に上げている。そこで、今冬にJ・ボアテングの獲得を画策しているようだ。

冬の移籍市場開幕時には完全移籍での獲得を狙っていたアーセナル。しかし、1月に費やせる資金が限られているため、18カ月契約を残す同選手に対し、期限付き移籍を考慮しているという。

そのJ・ボアテングは2011年夏にマンチェスター・シティからバイエルンへ渡り、これまで公式戦302試合8ゴール22アシストを記録。しかし、今シーズンは若返りを図るチームのもとで出場機会が減少し、ここまでのブンデスリーガで10試合の出場に留まっている。

イングランド人DFカラム・チャンバースの長期離脱も決まっているアーセナルは、経験豊富なJ・ボアテングを獲得し、チームを立て直すことはできるだろうか。
コメント