ACLプレーオフから登場のFC東京と鹿島、キックオフ時間決定

2020.01.21 14:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は21日、FC東京と鹿島アントラーズが出場するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020東地区プレーオフのキックオフ時間決定を発表した。今年は2年ぶりのアジア制覇を狙う日本勢からJ1王者の横浜F・マリノス、天皇杯覇者のヴィッセル神戸がグループステージからの参戦となり、J1リーグ2位のFC東京と3位の鹿島がプレーオフから登場する。

4年ぶりのACL出場となるFC東京と、2018年大会以来のアジア制覇を狙う鹿島は28日にそれぞれのホームでプレーオフに参戦。新たにキックオフ時間が19時に決まった。

なお、プレーオフを突破した場合、FC東京は蔚山現代FC(韓国)、上海申花(中国)、パース・グローリーFC(オーストラリア)が同居するグループF。鹿島は北京国安(中国)らのグループEに入る。

◆東地区プレーオフ日程
▽1/28
《19:00》
FC東京 vs ポートFC(タイ)orセレス・ネグロス(フィリピン)
@東京スタジアム

▽1/28
《19:00》
鹿島アントラーズ vs メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)orバリ・ユナイテッド(インドネシア)
@茨城県立カシマサッカースタジアム
関連ニュース
thumb

ACLの影響でJ1第32節の3試合の日程が変更、10月開催が9月に前倒し

Jリーグは19日、明治安田生命J1リーグ3試合の日程変更を発表した。 今回対象となるのは、第32節の3試合。当初は10月16日(土)か17日(日)に開催される予定だったが、約1カ月前倒し9月22日(水)に開催されることが決定した。 対象のカードは、鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ、FC東京vs名古屋グランパス、サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪の3試合となる。 変更に理由は、川崎F、名古屋、C大阪の3チームがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でラウンド16に進出したためとなる。 ■明治安田生命J1リーグ第32節日程 ▽9月22日(水) 鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ [県立カシマサッカースタジアム] FC東京 vs 名古屋グランパス [味の素スタジアム] サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪 [エディオンスタジアム広島] ※キックオフ時間は未定 2021.07.19 14:18 Mon
twitterfacebook
thumb

日韓対決が3試合! ACLラウンド16の組み合わせ決定《ACL2021》

アジアサッカー連盟(AFC)は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16組み合わせを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、西地区とは異なり大会日程が大幅に変更された東地区。二転三転した中、6月から7月にかけて、タイとウズベキスタンに分かれて集中開催することとなった。 また、大会直前にはオーストラリアのクラブが出場を辞退。また、中国クラブはBチームを派遣するなど、アジアNo.1を決める大会としては異例の状況となった。 Jリーグからは4クラブが出場した中、川崎フロンターレとガンバ大阪はウズベキスタンで、名古屋グランパスとセレッソ大阪はタイで試合を行った。 5つのグループの首位チームと2位の3チームがラウンド16に進める中、川崎F、名古屋、C大阪は無事に首位通過。しかし、G大阪は2位となると、2位の中で最下位になり、グループステージでの敗退が決まった。 その他勝ち上がったのは、蔚山現代(韓国)、全北現代モータース(韓国)、大邱FC(韓国)、浦項スティーラース(韓国)、BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)となった。 ラウンド16では、川崎Fは蔚山現代、名古屋は大邱FC、C大阪は浦項スティーラースとの対戦が決定。いずれも日韓対決となる。 また、もう1つは全北現代モータースとパトゥム・ユナイテッドのカードとなった。 なお、ラウンド16は9月に予定されている。 ■ACLラウンド16組み合わせ 【東地区】 蔚山現代(韓国) vs 川崎フロンターレ 名古屋グランパス vs 大邱FC(韓国) 全北現代モータース(韓国) vs BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) セレッソ大阪 vs 浦項スティーラース(韓国) 【西地区】 イスティクロル(タジキスタン) vs ペルセポリス(イラン) シャールジャFC(UAE) vs アル・ワフダ(UAE) エステグラル(イラン) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・ナスル(サウジアラビア) vs トラークトゥール(イラン) 2021.07.12 11:14 Mon
twitterfacebook
thumb

終盤に力尽きたG大阪が全北現代に敗戦…Jリーグ勢唯一のGS敗退に《ACL2021》

ガンバ大阪は10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループH最終節で全北現代(韓国)とウズベキスタンのロコモティフ・スタジアムで対戦し、1-2で敗戦した。 逆転での2位通過を狙うG大阪は、ターンオーバーで臨んだ直近のタンピネス戦(シンガポール)からの先発を6人変更。前節ハットトリックの川崎や一味、倉田、GK石川らに代えてパトリックや矢島、小野瀬、三浦、GK東口ら主力が先発に名を連ねた。 3トップに矢島、パトリック、宇佐美を並べた[3-4-3]の布陣で試合に臨んだG大阪は、開始早々にミスから失点を喫する。6分、中盤からのミドルパスをキム・ヨングォンがクリアミスすると、これに反応したパク・ジンソンをボックス左でキム・ヨングォンが倒してしまいPKを献上。このPKをグスタボが難なく決め、全北現代が先制した。 先制を許したG大阪は11分、前からのプレスでボールを奪ったパトリックがペナルティアークから左足を振り抜いたが、このシュートが枠の左に外れた。 膠着状態が続く中、G大阪は30分にアクシデント。プレー中に左臀部付近を痛めた福田が続行不可能のとなり、黒川が緊急投入された。 ハーフタイムにかけてもG大阪は、堅い守りを見せる全北現代を前になかなか攻撃の形を作れずに苦戦。結局、前半は枠内シュート0本で終了した。 迎えた後半、G大阪は井手口を下げて倉田を投入。すると47分、倉田のパスが相手DFにディフレクトすると、ボックス右手前でこぼれ球を拾った矢島がボックス内からシュートを放ったが、これは相手GKが正面でキャッチ。 さらに49分には、ボックス左深くまで抜け出した宇佐美の折り返しからパトリックに決定機が訪れたが、シュートは空振り。51分にも宇佐美の左クロスからパトリックがヘディングシュートを放ったが、これはわずかに枠の左に逸れた。 立ち上がりからの猛攻で主導権を握ったG大阪は53分、小野瀬のパスがチェ・ボギョンのクリアミスを誘うと、ボックス右からハーフボレーで合わせたパトリックの強烈なシュートがゴールに突き刺さった。 攻勢を続けるG大阪は、71分にパトリックを下げてレアンドロ・ペレイラを投入。さらに77分には矢島と宇佐美を下げて川崎とウェリントン・シウバをピッチに送り出した。 すると79分、ウェリントン・シウバのパスをボックス左手前で受けたレアンドロ・ペレイラが縦に切り込みシュート。しかし、このシュートは左ポストを直撃した。 終盤に差し掛かりG大阪は三浦を前線に上げるパワープレーを敢行したが、これが裏目に出る。88分、ペク・スンホの縦パスを最前線のバロウが落とすと、キム・ボギョン、グスタボとワンタッチで繋ぎ、G大阪守備陣を揺さぶると、DFラインの間で再びパスを受けたバロウがそのままゴール前まで持ち上がりゴール左隅にシュート流し込んだ。 結局、これが決勝点となり、G大阪は1-2で敗戦。グループステージを2位で終えたG大阪だが、各グループの2位の上位3クラブが決勝トーナメントに進出するレギュレーションの中で、最下位となったためグループステージ敗退が決定した。 ◆グループH順位表 勝点(勝/引/負/得失) 1.全北現代 16(5/1/0/17) 2.G大阪 9(2/3/1/8) 3.チェンライ・ユナイテッド 8(2/2/2/1) 4.タンピネス 0(0/0/6/-26) 2021.07.11 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪がグループ無敗で首位通過! 2位傑志との直接対決はゴールレスドロー《ACL2021》

セレッソ大阪は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループJ最終節で傑志(香港)とタイのブリーラム・スタジアムで対戦し、0-0のドローに終わった。この結果、C大阪のグループ首位通過が決定した。 ここまで4勝1分けの無敗でグループ首位に立つC大阪は今回の最終節を前にグループステージ突破を決定。今回の最終節では3ポイント差で2位の傑志を相手にグループ首位通過を目指した。 クルピ監督は5-0で快勝した6日の広州FC(中国)戦から西尾を除く先発10人を変更。守護神キム・ジンヒョン、松田陸、丸橋、坂元、奥埜といった主力が復帰し、2トップには清武と大久保が起用された。 C大阪は立ち上がりの2分にいきなり決定機を創出。左サイド深くに抜け出した為田からのグラウンダーのクロスをゴール前にタイミング良く走り込んだ大久保がワンタッチで合わすが、これは枠の左に外れる。さらに、直後の3分には清武の右CKをニアに飛び込んだ鳥海が頭で合わすが、これもわずかに枠の右へ外れた。 開始早々の先制点とはならなかったが、一連の攻撃で流れを掴んだC大阪は、時おりダムヤノビッチを起点とした相手の攻撃に晒されるも押し込む状況が続く。12分には再び為田の左からのクロスで決定機を作るが、ボックス内でこぼれ球に反応した大久保の決定的なシュートはGKセザールのビッグセーブに阻まれた。 以降は70%を超えるボール支配率で相手を終始押し込むC大阪だが、徐々に相手の守備にアジャストされて試合は膠着状態に陥る。前半終盤にかけては再び攻撃のギアを上げて松田陸のミドルシュート、大久保のヘディングシュートでゴールに迫ったものの、相手GKセザールの牙城を破るまでには至らず。 結局、0-0で試合を折り返したC大阪は西尾に代えてチアゴをハーフタイム明けに投入。引き続きボールを握って相手を押し込み、セットプレーからチャンスを窺う。 さらに、62分には大久保、為田を下げてタガート、高木を同時投入し、徐々に手詰まりとなった攻撃にテコ入れを図った。しかし、この交代も劇的に流れを変えるまでには至らず。逆に、80分過ぎには筋肉系のトラブルを再発した途中投入のタガートがプレー続行不可能となり、加藤のスクランブル投入を余儀なくされた。 その後は消耗戦が色濃い展開の中、88分には丸橋の絶妙なパスに反応し、ボックス左へ抜け出した高木に絶好機が訪れるが、ダイレクトシュートは枠を捉えることができず。 それでも、目標の首位通過に向けて最後まで守備面で高い集中力を維持したC大阪がこのまま0-0で試合をクローズ。グループJの戦いを4勝2分けの無敗で終え、首位通過を達成して日本への帰路につくことになった。 傑志 0-0 セレッソ大阪 2021.07.09 21:08 Fri
twitterfacebook
thumb

L・ダミアンのハットトリックで難敵大邱FCを撃破した川崎Fが5連勝で首位通過を決める!《ACL2021》

川崎フロンターレは8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループI第5節で大邱FC(韓国)とウズベキスタンのブニョドコル・スタジアムで対戦し、3-1で快勝した。 ここまで全勝でグループI首位に立っている川崎Fは、主力を温存して臨んだ直近のユナイテッド・シティ戦から先発を9人変更。GKはチョン・ソンリョン、最終ラインは右から山根、ジェジエウ、谷口、車屋。中盤はアンカーにシミッチ、インサイドハーフは旗手と脇坂が起用され、3トップは右から家長、レアンドロ・ダミアン、三笘と並べた。 立ち上がりから一進一退が続く中、川崎Fは13分に家長の右クロスをボックス左の三笘が頭で落とすと、走り込んだダミアンが左足で合わせたが、これはわずかに枠の右上に外れた。 徐々に川崎Fはポゼッションを高めるが、連戦のダメージにより劣悪な状態のピッチに苦しめられ、なかなか決定機まで持ち込めずに時間が経過。 それでも川崎Fは34分、右サイドで獲得したFKを家長が素早くリスタートすると、右サイド深くまで抜け出した旗手がクロスを供給。ボックス左に流れたボールを拾った三笘がシュートを放つと、右ポストに弾かれたボールを最後はダミアンがダイビングヘッドで押し込んだ。 先制した川崎Fは41分にも、山根のミドルパスで右サイドを抜け出した家長がボックス右から侵入。そのままゴール前まで持ち上がり決定機を迎えたが、シュートは相手GKのブロックに阻まれた。 すると、川崎Fは43分に一瞬の隙から同点ゴールを奪われる。セシーニャのミドルシュートのこぼれ球をファン・スンミンが左に展開すると、ボックス左横でパスを受けたアン・ヨンウがクロスを供給。これを中央のエドガルが胸トラップから左足ボレーシュートでゴール右隅に流し込んだ。 迎えた後半もボールを支配する川崎Fは55分、セットプレーの二次攻撃からチャンス。三笘のダイアゴナルパスをバイタルエリアの旗手のワンタッチで繋ぐと抜け出した家長がボックス右深くから折り返しを供給。しかし、走り込んだ脇坂のダイレクトシュートはクロスバーを直撃した。 追加点のチャンスを逃した川崎Fだったが、64分に勝ち越しに成功する。旗手のパスをボックス左角前の三笘がフリック。ボックス左の脇坂へのパスは相手DFにカットされたが、素早くに守備へ切り替えた脇坂がペナルティアーク内のイ・グノからうまくボールを突っつくと、こぼれ球に反応したダミアンがゴール左へシュートを突き刺した。 リードした川崎Fは、71分に脇坂とシミッチを下げて大島と山村を投入。布陣を[4-2-3-1]に変更し、ダブルボランチに大島と山村を据え、2列目を右から旗手、家長、三笘を並べた。 膠着状態が続く中、川崎Fは82分にピンチ。ボックス手前でボールを受けたセシーニャのループパスからゴール前に抜け出したジョン・チインに決定機を許したが、これはコントロールミスに救われ、難を逃れた。 ピンチを凌いだ川崎Fは87分、左サイドを突破した三笘がボックス左深くからマイナスに折り返しを供給すると、走り込んだダミアンが冷静にゴールに突き刺し、ハットトリックを達成。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。ダミアンのハットトリックで大邱FCとの天王山を制した川崎Fが、5連勝でグループステージ首位通過を決めた。 また、同日開催のグループI第5節もう一試合の北京FC(中国)vsユナイテッド・シティ(フィリピン)は、2-3でユナイテッド・シティが勝利した。 ◆グループI順位表(7/9時点) 勝点(勝/引/負/得失) 1.川崎F 15(5/0/0/20) 2.大邱FC 9(3/0/2/12) 3.ユナイテッド・シティ 4(1/1/3/-16) 4.北京FC 1(0/1/4/-16) 2021.07.09 02:57 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly