清水、GK新井栄聡の復帰を発表

2020.01.11 14:48 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは11日、GK新井栄聡(24)がツエーゲン金沢から復帰したことを発表した。

2018年に流通経済大学から清水に加入した新井は、2019年は育成型期限付き移籍で金沢へ。しかし、出場機会は与えてもらえず、清水に戻ることになった。

「エスパルスに復帰することになりました。昨シーズンは期限付き移籍でエスパルスを離れて感じたものを、プレーで示したいと思います。そして全力でエスパルスの勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋がJ1通算400勝を達成! 相馬弾とOGで清水に逆転勝利 清水は連続逆転負けに…《J1》

新型コロナウイルスによる中断期間を経て4日、遂に明治安田生命J1リーグも再開。IAIスタジアム日本平で行われた第2節の清水エスパルスvs名古屋グランパスは、2-1で名古屋が勝利した。 ピーター・クラモフスキー監督の下、攻撃的サッカーへの転換を図る清水。FC東京との開幕節では先制するも1-3で逆転負け。今回はその試合から先発を大幅に変更し、GK梅田、金井、竹内、岡崎、鈴木、カルリーニョス・ジュニオの6名が入った。直近の4試合で全勝と相性の良い名古屋を迎え討つ。 対する名古屋は開幕節でベガルタ仙台と1-1のドロー。あと一押しが足りず、勝ち点1を得るにとどまった。中断期間中は金崎とランゲラックが新型コロナウイルス陽性反応の診断を受け、全体練習などに影響が出たが、前者はベンチ入り、後者は先発出場で試合に臨む。開幕節からのメンバー変更は米本に代えてジョアン・シミッチのみとなっている。 試合開始から清水がボールを支配。吉田の背後を突き右サイドから良い形を演出する。すると、18分にスコアを動かす。センターサークル付近で金子がボールを奪取し後藤へ。持ち上がった後藤は相手を引き付けて右に流すと、走り込んだ金子がワンタッチでボックス内へ侵入。右足のシュートでネットを揺らした。 名古屋はすぐさま反撃。32分、ボックス手前右でパスを受けたマテウスのクロスに合わせたジョアン・シミッチのヘディングシュートはGK梅田に阻まれ混戦に。シミッチの2度目のシュートも防がれたが、最後は相馬が押し込んで同点に追いついた。 試合を振り出しに戻し勢いに乗る名古屋は40分、右サイドを抜け出した前田のグラウンダーのクロスが、GK梅田とヴァウドの交錯を引き起こしオウンゴールを誘発。2-1と逆転して試合を折り返した。 迎えた後半、先に決定機を作ったのは名古屋。52分、FKのチャンスにマテウスが強烈なシュートを放つ。これはゴール右ポストに弾かれ得点とはならなかった。 追う清水もチャンスを迎える。56分、奥井のクロスのこぼれ球に反応した金子がシュート。66分にはクロスに途中出場のティーラシン・デーンダーが飛び込むも、両決定機ともにGKランゲラックに処理された。 リードする名古屋は96分に相馬がレッドカードで退場するも、このまま逃げ切りに成功。再開初戦に2-1で名古屋が逆転勝利を飾り、J1通算400勝を達成した。 2020.07.04 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

清水に新加入のDFヴァウドが今季の目標を語る「Jリーグで1位に」

清水エスパルスのブラジル人DFヴァウド(28)が今シーズンへの期待を口にした。ブラジル『R7』が伝えている。 母国のADコンフィアンサでプロキャリアをスタートしたヴァウド。2016年5月にセアラーSCに加入し、昨シーズンはセリエA(ブラジル1部)で30試合に出場していた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2月末の開幕節以来中断しているJリーグだが、4カ月以上の中断期間を経て、7月4日に再開することが発表されている。 今シーズンから清水エスパルスに完全移籍で加入したヴァウド。初挑戦となるJリーグにおいて、再開後の目標について語った。 「僕は日本で起こったすべてのことに満足している。皆から多くを受け取ることができ、とても早く適応できた。クラブ、選手、コーチングスタッフには感謝しかない。今年が僕のキャリアの中で最高の年になることを願っている。今後数カ月はそのために戦うつもりだ」 「清水は常にタイトルを争うビッグクラブだ。今年もそれは変わらない。Jリーグの順位表で1位になるために常に懸命に戦っていく。それが目標だ」 中断前の第1節でFC東京に敗れている清水は4日の第2節で名古屋グランパスをホームに迎える。ヴァウドの目標通り、タイトル争いに食い込んでいけるか注目だ。 2020.06.24 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

清水MF石毛秀樹が全治2カ月の右ハムストリングス肉離れ

清水エスパルスは20日、MF石毛秀樹の戦線離脱を報告した。 石毛は13日に行われた藤枝MYFCとの練習試合で負傷。静岡市内の病院で右ハムストリングス肉離れの診断が下り、全治2カ月を要する見込みだ。 今季は中断前の公式戦2試合にいずれも先発出場。YBCルヴァンカップ グループステージ第1節の川崎フロンターレ戦で1ゴールを記録している。 2月末の試合を最後に中断が続いたJ1リーグは7月4日から再開。清水は再開初戦となる第2節で、名古屋グランパスをホームに迎え撃つ。 2020.06.20 12:56 Sat
twitterfacebook
thumb

静岡のJ4クラブが『One Shizuoka Project』を発足! 「静岡県のために自分たちができることを…」

静岡県を拠点とするジュビロ磐田、清水エスパルス、アスルクラロ沼津、藤枝MYFCのJリーグ4クラブの選手会は15日、新型コロナウイルスの支援を行うべく『One Shizuoka Project』の発足を発表した。 賛同者は磐田からDF櫻内渚、DF小川大貴、MF山田大記、FW中野誠也、清水からMF竹内涼、MF金子翔太 MF西澤健太、藤枝からGK杉本拓也、MF松岡亮輔、MF片岡爽、沼津からDF尾崎瑛一郎、MF前澤甲気の12名となる。 山田は『One Shizuoka Project』の設立理由として次のように説明している。 「ジュビロ磐田選手会の中で、地域の皆さんのために何かできないかと思っていました。そのなかで、県内のJ4クラブ何かできれば良いねという話が出ました。各クラブの選手にお声がけをして、1度ミーティングをオンラインで行ったのがきっかけです」 「僕らとしては4クラブの全員が出てきて、メッセージ動画を撮ったりしたら良いよねというぼんやりしたものでした。選手方に集まっていただいて、話し合いを行っていく中で、より多くの方に支援やメッセージを届けていきたい。地域にいろんなものを返していきたい気持ちが強い選手が多かったです」 「今後も静岡県のために自分たちができることを模索し、行動していこうという話になり、プロジェクトを立ち上げることになりました」 静岡県のJ4クラブ選手会が主導となり、活動していくという今回のプロジェクト。1つ目の取り組みとして、クラウドファンディングを行うという。2週間の期間で、目標金額は500万円。静岡県コロナ対策部に寄付して、県内PCR検査体制の拡充費用に充ててもらうことを目指す。また、リターンとしてユニフォームやグッズをプレセントが予定され、選手とオンラインで話せる特典も検討されているようだ。 もう1つは、『YouTube』チャンネルの開設。コンテンツの軸は2つで、1つ目は教育系のコンテンツだという。新型コロナウイルスの影響でインターハイや中体連が中止の中高生を中心とした悩みなどに答えていくようだ。また、エンタメ系に関しては、各クラブでの対決企画などを用意しており、ファンに投票形式で勝敗を決めてもらうとのこと。小学生以下の人たちにはQ&Aをオンラインで行うことも明らかにしている。 各クラブの選手会長を務める4選手は以下のようにコメントしている。 ◆小川大貴(ジュビロ磐田) 「サポーター、スポンサー、地域の皆さんに笑顔や元気を届けられないかがきっかけでした。4クラブで何かできないかと話が出た時に合同プロジェクトを行うこことは難しいことだったと思います。ですが、始動できたことを嬉しく思います。各クラブにも大変協力を頂いた部分もあったので感謝しています」 「このプロジェクトを通して、サポーター、スポンサー、地域の皆さんに笑顔を届けることが大切だと思います。その上で4クラブが垣根を超えて、こういったプロジェクトをできたことが本当に意味のあることだと思っています。普段はピッチ上でしのぎを削り会う相手ですけど、ピッチ外では手と手を取り合って助けていく姿勢は、見てくださる皆さんに大きな影響を与えることができると思います」 ◆金子翔太(清水エスパルス) 「今回、静岡合同でプロジェクトを立ち上げることができて嬉しく思います。清水エスパルスというクラブが成り立っているのは、まぎれもなくサポーターの皆さんやスポンサー、パートナーさん、地域の方々の支援だと思っています。そういった方達にエスパルス単体だけでなく、県内4つのJクラブで力を合わせることによってできあがる特別な力があると思っています。今後さまざな形でメッセージや支援などを届けられたらと思います」 ◆松岡亮輔(藤枝MYFC) 「この時期にみんな自粛生活のなかで、それぞれ選手が何かできないかと思っています。何かできないかと思うだけで、日常が過ぎていくだけではなく、山田選手を中心に各クラブに声をかけ、企画をしています。始動したのが2週間くらい前ですけど、かなりスピード感を持っているのは、山田選手を中心としたジュビロ勢のスピード感と実行力のおかげだと思っています。僕たちはそれに感謝しています」 ◆尾崎瑛一郎(アスルクラロ沼津) 「大変な状況のなか、どのクラブもどの選手もみなさんの声援によって日々やれていると思っています。そんな僕たちが何ができるかを考えていた時に、山田選手のプロジェクトのお話を聞いて、素晴らしいなと思いました。そのプロジェクトに参加できることを嬉しく思っています。僕たちだから必ずできることはあると思いますし、4クラブで力を合わせられるのは静岡ならではだと思います。強い思いを持ってプロジェクトをやっていきたいと思っています」 2020.05.15 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

清水が5月6日まで活動休止期間を延長

清水エスパルスは25日、トップチームの活動休止期間延長を発表した。 当初、15〜28日までの休止期間を設定した清水だが、政府による緊急事態宣言の全国拡大や終息が見通せない情勢を鑑みて、5月6日までの延長を決定した。 なお、5月7日以降の活動については社会情勢や感染状況を考慮しながら、改めて知らせていくという。 2020.04.25 16:35 Sat
twitterfacebook