【Jリーグ移籍情報/1月6日】G大阪にパトリックが復帰! 仙台はポルトガルから助っ人獲得

2020.01.07 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。1月6日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆北海道コンサドーレ札幌
[IN]
《完全移籍》
MFルーカス・フェルナンデス(25)←フルミネンセ(ブラジル)
[OUT]
《育成型期限付き移籍延長》
DF中村桐耶(19)→Honda FC(JFL)

◆ベガルタ仙台
[IN]
《完全移籍》
DFパラ(24)←ボタフォゴSP(ブラジル)
《期限付き移籍》
FWアレクサンドレ・ゲデス(25)←ヴィトーリアSC(ポルトガル)
《期限付き移籍満了》
DF小島雅也(22)←ツエーゲン金沢
[OUT]
《完全移籍》
FW阿部拓馬(32)→FC琉球
DF小島雅也(22)→ザスパクサツ群馬
《契約満了》
FWハモン・ロペス(30)

◆鹿島アントラーズ
[OUT]
《期限付き移籍満了》
FW相馬勇紀(22)→名古屋グランパス

◆FC東京
《契約更新》
DF室屋成(25)
MF橋本拳人(26)

◆横浜F・マリノス
[IN]
《期限付き移籍延長》
FWエジガル・ジュニオ(28)←EC Bahia(ブラジル)
[OUT]
《完全移籍》
FW町野修斗(20)→ギラヴァンツ北九州
《期限付き移籍》
MF吉尾海夏(21)→FC町田ゼルビア
《期限付き移籍延長》
MF椿直起(19)→ギラヴァンツ北九州
DF生駒仁(20)→ギラヴァンツ北九州
《期限付き移籍満了》
FWマテウス(25)→名古屋グランパス

◆湘南ベルマーレ
[IN]
《完全移籍》
MF中川寛斗(25)←柏レイソル

◆川崎フロンターレ
[OUT]
《期限付き移籍》
MF鈴木雄斗(26)→松本山雅FC

◆松本山雅FC
[IN]
《完全移籍》
DF吉田将也(23)←ザスパクサツ群馬
DF乾大知(30)←横浜FC
《期限付き移籍》
MF鈴木雄斗(26)←川崎フロンターレ

◆清水エスパルス
[OUT]
《期限付き移籍延長》
MF髙橋大悟(20)→ギラヴァンツ北九州

◆名古屋グランパス
《契約更新》
MF青木亮太(23)
MFジョアン・シミッチ(26)
[IN]
《期限付き移籍満了》
FWマテウス(25)←横浜F・マリノス
FW相馬勇紀(22)←鹿島アントラーズ

◆ガンバ大阪
[IN]
《完全移籍》
FWパトリック(32)←サンフレッチェ広島
FW小野裕二(27)←サガン鳥栖
GK石川慧(27)←サガン鳥栖

◆セレッソ大阪
[IN]
《完全移籍》
MF坂元達裕(23)←モンテディオ山形

◆ヴィッセル神戸
[OUT]
《期限付き移籍》
DF小林友希(19)→横浜FC
MF増山朝陽(22)→アビスパ福岡

◆サンフレッチェ広島
[IN]
《期限付き移籍満了》
FW工藤壮人(29)←レノファ山口
[OUT]
《完全移籍》
FWパトリック(32)→ガンバ大阪
《期限付き移籍延長》
DFイヨハ理ヘンリー(21)→FC岐阜

◆大分トリニータ
《契約更新》
MF小林裕紀(31)
[IN]
《完全移籍》
DF小出悠太(25)←ヴァンフォーレ甲府
FW高澤優也(22)←ザスパクサツ群馬

◆サガン鳥栖
[OUT]
《完全移籍》
FW小野裕二(27)→ガンバ大阪
GK石川慧(27)→ガンバ大阪
《期限付き移籍》
DF安在和樹(25)→レノファ山口

【J2】
◆モンテディオ山形
[IN]
《期限付き移籍満了》
FW北川柊斗(24)←ギラヴァンツ北九州
《育成型期限付き移籍満了》
FW中村駿太(20)←ザスパクサツ群馬
[OUT]
《完全移籍》
MF井出遥也(25)→東京ヴェルディ
MF坂元達裕(23)→セレッソ大阪

◆水戸ホーリーホック
《契約更新》
MF大原彰輝(20)

◆栃木SC
《契約更新》
DF温井駿斗(23)
MF西谷優希(26)
[IN]
《完全移籍》
GK塩田仁史(38)←大宮アルディージャ
FW矢野貴章(35)←アルビレックス新潟
《育成型期限付き移籍満了》
MF山本廉(20)←アルテリーヴォ和歌山(関西サッカーリーグ)
[OUT]
《契約満了》
GKユ・ヒョン(35)→水原FC(韓国)
DF福田健介(35)→おこしやす京都AC(関西サッカーリーグ)
MF寺田紳一(34)→おこしやす京都AC(関西サッカーリーグ)

◆東京ヴェルディ
[IN]
《完全移籍》
MF井出遥也(25)←モンテディオ山形
MF新井瑞希(22)←カターレ富山
[OUT]
《完全移籍》
MF梶川諒太(30)→徳島ヴォルティス

◆FC町田ゼルビア
《契約更新》
DF深津康太(35)
[IN]
《期限付き移籍》
MF吉尾海夏(21)←横浜F・マリノス
[OUT]
《完全移籍》
DF平尾壮(21)→ザスパクサツ群馬

◆横浜FC
[IN]
《期限付き移籍》
DF小林友希(19)←ヴィッセル神戸
[OUT]
《完全移籍》
DF乾大知(30)→松本山雅FC

◆柏レイソル
[OUT]
《完全移籍》
MF中川寛斗(25)→湘南ベルマーレ
《期限付き移籍》
FW村田和哉(31)→レノファ山口

◆大宮アルディージャ
《契約更新》
DF畑尾大翔(29)
MF小野雅史(23)
MF三門雄大(33)
[OUT]
《完全移籍》
GK塩田仁史(38)→栃木SC
FW大前元紀(30)→ザスパクサツ群馬
《期限付き移籍》
MF山田陸(21)→ヴァンフォーレ甲府
FW佐相壱明(20)→AC長野パルセイロ

◆ヴァンフォーレ甲府
[IN]
《完全移籍》
FW松田力(28)←アビスパ福岡
DF藤田優人(33)←サガン鳥栖
《期限付き移籍》
MF山田陸(21)←大宮アルディージャ
[OUT]
《完全移籍》
DF小出悠太(25)→大分トリニータ

◆アルビレックス新潟
《契約更新》
DF渡邊泰基(20)
MF森俊介(25)
[OUT]
《完全移籍》
FW矢野貴章(35)→栃木SC

◆ツエーゲン金沢
[OUT]
《期限付き移籍満了》
DF小島雅也(22)→ベガルタ仙台

◆FC岐阜
[IN]
《期限付き移籍延長》
DFイヨハ理ヘンリー(21)←サンフレッチェ広島

◆京都サンガF.C.
[OUT]
《完全移籍》
DF磐瀬剛(24)→ザスパクサツ群馬

◆ファジアーノ岡山
《契約更新》
GKイ・キョンテ(24)
[IN]
《完全移籍》
DF増谷幸祐(26)←FC琉球

◆レノファ山口
[IN]
《期限付き移籍》
FW村田和哉(31)←柏レイソル
DF安在和樹(25)←サガン鳥栖
[OUT]
《契約満了》
DF田中貴大(26)
《期限付き移籍満了》
FW工藤壮人(29)→サンフレッチェ広島
[OUT]
《完全移籍》
MF小野原和哉(23)→オリヴェイレンセ(ポルトガル2部)

◆徳島ヴォルティス
[IN]
《完全移籍》
MF梶川諒太(30)←東京ヴェルディ

◆アビスパ福岡
《契約更新》
FW森本貴幸(31)
[IN]
《期限付き移籍》
MF増山朝陽(22)←ヴィッセル神戸

◆V・ファーレン長崎
《契約更新》
FW吉岡雅和(24)
DF亀川諒史(26)

◆FC琉球
[IN]
《完全移籍》
FW阿部拓馬(32)←ベガルタ仙台
[OUT]
《完全移籍》
DF増谷幸祐(26)→ファジアーノ岡山

【J3】
◆ザスパクサツ群馬
《契約更新》
MF加藤潤也(25)
[IN]
《完全移籍》
DF磐瀬剛(24)←京都サンガF.C.
FW進昂平(24)←Y.S.C.C.横浜
FW大前元紀(30)←大宮アルディージャ
DF高瀬優孝(28)←ロアッソ熊本
MF中山雄登(28)←ロアッソ熊本
DF平尾壮(21)←FC町田ゼルビア
DF小島雅也(22)←ベガルタ仙台
《期限付き移籍満了》
DF岡村大八(22)←テゲバジャーロ宮崎(JFL)
[OUT]
《完全移籍》
FW高澤優也(22)→大分トリニータ
DF吉田将也(23)→松本山雅FC
《育成型期限付き移籍満了》
FW中村駿太(20)→モンテディオ山形

◆Y.S.C.C.横浜
[OUT]
《完全移籍》
FW進昂平(24)→ザスパクサツ群馬

◆SC相模原
《契約更新》
DF富澤清太郎(37)
MF上米良柊人(23)
[OUT]
《契約満了》
DFアルトゥール(19)
MFヴィニシウス(25)
FWギリェルミ(28)
DFチェ・ジヒョク(24)

◆AC長野パルセイロ
[IN]
《期限付き移籍》
FW佐相壱明(20)←大宮アルディージャ

◆アスルクラロ沼津
《契約更新》
MF染矢一樹(33)

◆カターレ富山
[OUT]
《完全移籍》
MF新井瑞希(22)→東京ヴェルディ

◆カマタマーレ讃岐
《引退》
DF武田有祐(28)
MF西弘則(32)

◆ギラヴァンツ北九州
[IN]
《完全移籍》
FW町野修斗(20)←横浜F・マリノス
《期限付き移籍延長》
MF椿直起(19)←横浜F・マリノス
DF生駒仁(20)←横浜F・マリノス
MF髙橋大悟(20)←清水エスパルス
[OUT]
《期限付き移籍満了》
FW北川柊斗(24)→モンテディオ山形

◆ロアッソ熊本
[OUT]
《完全移籍》
DF高瀬優孝(28)→ザスパクサツ群馬
MF中山雄登(28)→ザスパクサツ群馬
《契約満了》
FW原一樹(35)→おこしやす京都AC(関西サッカーリーグ1部)
コメント
関連ニュース
thumb

首位川崎FがJ1タイ記録の9連勝! 敵地札幌で今季最多6発のゴールショー《J1》

15日に明治安田生命J1リーグ第10節の1試合が札幌ドームで行われ、アウェイの川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌に6-1で勝利した。 今季初の2連敗で順位も9位に落とす札幌は海外挑戦が取り沙汰される鈴木が欠場となり、ケガ明けの福森がリーグ4試合ぶりの先発復帰。そのほか、ミッドウィークに行われたルヴァンカップの横浜FC戦でJリーグデビューの小柏が先発入りして、初のリーグ戦出場を果たした。一方、クラブ記録の8連勝でいまだ無敗を継続して、首位をひた走る川崎Fはルヴァンカップで退場処分の大島が欠場となり、下田を3試合ぶりのスタメンに抜擢。3トップの一角に今季初先発の宮代を起用した。 昨季ルヴァンカップ決勝カードの再現となる一戦は宮代の折り返しからレアンドロ・ダミアンが華麗なヒールシュートで魅せた川崎Fに対して、札幌も積極果敢にミドルレンジからゴールを狙う構図に。そのなかで、比較的ペースを握った札幌だが、川崎Fがセットプレーのチャンスを生かす。敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得した35分、密集地帯をフリーで抜け出した車屋がキッカーの脇坂からのクロスにヘディング。コースを狙ったシュートがゴール右に吸い込まれ、川崎Fが先制する。 追いかける展開に回った札幌は38分、ルーカス・フェルナンデスの横パスから同点機。チャナティップがバイタルエリア中央から右足ダイレクトでゴールを狙うが、クロスバーに嫌われてしまう。そのまま1点ビハインドで試合を折り返すと、ハーフタイム明けからジェイをピッチに送り出した札幌だが、同じく三笘と田中を投入した川崎Fが追加点。山根が敵陣右サイドでインターセプトした50分、バイタルエリア中央で相手最終ラインを抜け出しながらボールを受けた三笘が決め切り、札幌を突き放した。 三笘の公式戦4試合連発となるリーグ戦3得点目でリードを広げた川崎Fは続く55分、脇坂と三笘のパス交換で中央から相手最終ラインを攻略。ボックス左で三笘のスルーパスに反応したレアンドロ・ダミアンがGK菅野にブロックされたボールを押し込み、チーム3得点目を奪取した。さらに、63分にもGKチョン・ソンリョンのロングキックからボックス右の旗手が折り返すと、フリーの三笘が右足シュートで勝負の行方を決する4点目。首位川崎Fが圧倒的な攻撃力で、札幌に反撃の隙を許さない。 59分に中野とアンデルソン・ロペスの投入を講じて反撃に出たものの、失点が続いて、劣勢の札幌は79分にチャナティップの浮き球パスからジェイが一矢報いる一撃を見舞ったが、64分からピッチインの小林が87分と後半アディショナルタイム5分にゴール。今季最多6発のゴールショーを演じた川崎FがJ1タイ記録のリーグ戦9連勝を成し遂げ、首位の座をより確固たるものにした。 2020.08.15 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、濃厚接触者だったスタッフ1名が新型コロナウイルス陽性反応

サガン鳥栖は14日、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルスで陽性反応を示したことを発表した。 このスタッフは、陽性者と濃厚接触していたとされ、11日(火)より隔離されていたスタッフ3名のうちの1人とのことだ。なお、のどの痛みはあるものの、味覚・嗅覚障害等の症状はないという。 また、11日に行われたPCR検査80名の陰性者の中から選手24名・スタッフ22名を対象として13日にJリーグ公式PCR検査を実施。全員が陰性となったという。 これにより、鳥栖は金明輝監督を含め11名が陽性者となった。 鳥栖は、Jリーグ初のクラスターとなり、チーム活動を停止。15日に開催が予定されていたガンバ大阪戦を含めた3試合がすでに中止となっている。 2020.08.15 14:33 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌に痛手、MF白井康介が右ハムストリング肉離れで離脱

北海道コンサドーレ札幌は15日、MF白井康介の負傷を発表した。 クラブの発表によると、白井は12日に行われた2020JリーグYBCルヴァンカップ第3節の横浜FC戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、白井は右ハムストリング肉離れと診断されている。 白井は今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで9試合に出場していた。 2020.08.15 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:FC東京vs名古屋】ルヴァンカップの前哨戦! 古巣をよく知る者同士が激突

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2020年8月15日(土) 19:00キックオフ FC東京 vs 名古屋グランパス [味の素スタジアム] ◆気がつけば4戦未勝利、室屋ラストマッチで勝ち切れるか【FC東京】 前節はセレッソ大阪とアウェイで対戦し0-0のゴールレスドロー。第5節以来のクリーンシートを達成したものの、再び勝ち切ることができなかった。 調子の良いC大阪相手だけに難しい試合となったが、チームの守備力を示せたことは大きいだろう。 今節の相手は絶好調の名古屋。前節は浦和を相手に6ゴールを奪っており、攻撃陣の破壊力は屈指。いかに守備で相手を上回るかが勝負のカギとなりそうだ。 また、この試合を最後に日本代表DF室屋成がハノーファーへ移籍。MF橋本拳人に続いてチームを去る。しっかりと勝利を収め、室屋が安心してドイツへと旅立つことを後押ししたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:三田啓貴、高萩洋次郎、安部柊斗 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロ 監督:長谷川健太 ◆勢いそのままに連勝なるか【名古屋グランパス】 前節は前田直輝の4ゴールなど、浦和レッズを相手に大量6ゴールを記録。メンバーを入れ替えて臨んだYBCルヴァンカップの川崎フロンターレ戦は追いつかれたものの2点を先行する試合運びを見せた。 好調を維持する一方で、今節の相手は苦手のFC東京。目下4連敗中と相性は最悪だが、今の好調さで悪い流れを断ち切りたいところだ。 浦和戦も6ゴールを奪った一方で、2失点を喫しており、守備陣が安定しているとは言えない。FC東京の強力な攻撃陣をどう抑えるか。特に4試合で3ゴールを許しているFW永井謙佑をどう抑えるかは課題だろう。 打ち合いの可能性も考えられるだけに、いかに攻撃でアドバンテージを取れるか見ものだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、ジョアン・シミッチ MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.08.15 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:浦和vs広島】守備崩壊の浦和は立ち直れるか? 上昇気流に乗る広島は3連勝目指す

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2020年8月15日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ vs サンフレッチェ広島 [埼玉スタジアム2002] ◆悪夢の守備崩壊、立ち直れるか【浦和レッズ】 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦した浦和。しかし、そこで待っていたのは守備の崩壊だった。 前田直輝に4ゴールを奪われるなど合計6失点。締まりのない守備を終始見せてしまい、試合を壊してしまった。 カウンター時の対応もさることながら、プレスが機能せず、名古屋の攻撃陣に蹂躙されてしまう始末。特に、センターバックでコンビを組んだトーマス・デンと鈴木大輔の補完性が悪い印象を受けた。 第6節の柏レイソル戦に続いての守備崩壊となったが、いずれも主導権を握った際に得点を奪えなかったことも影響している。守備意識の改善をこの1週間でどこまで行えたか。新たな気持ちで臨めるかが重要だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:長澤和輝、青木拓矢、柴戸海、関根貴大 FW:武藤雄樹、レオナルド 監督:大槻毅 ◆調子は上向き、急きょ試合中止で休養も【サンフレッチェ広島】 前節はホームで湘南ベルマーレに1-0で勝利。2試合連続クリーンシートで連勝と調子が上向いていた。そんな中、ミッドウィークのYBCルヴァンカップのサガン鳥栖戦が急きょ中止に。今シーズン2度目の当日中止を経験した。 試合に向けて準備を進めていた中での突然の中止となったが、プラスに捉えれば選手たちは休めたということ。ホームゲームでもあったため、移動もなかったことは、この過密日程では大きい。 浦和は選手個々の能力も高く、難しい相手になるが、ポイントは攻撃面だろう。どこからでも点が取れるという状況ではないだけに、いかにチャンスを決めきるか。サイド攻撃を軸に、崩していきたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:ハイネル、川辺駿、青山敏弘、柏好文 MF:浅野雄也、森島司 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 2020.08.15 13:52 Sat
twitterfacebook