鳥栖が松本守護神の守田達弥を獲得! 「身体を張ってゴールを死守」

2020.01.04 17:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
サガン鳥栖は4日、松本山雅FCに所属するGK守田達弥(29)の完全移籍加入を発表した。守田は2009年に習志野高校から京都サンガF.C.入団後、カターレ富山、アルビレックス新潟を渡り歩き、2018年から松本でプレー。加入初年度から守護神の座を射止め、2019シーズンは明治安田生命J1リーグ31試合に出場した。移籍を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆サガン鳥栖
「松本山雅FCから加入しました守田達弥です。サガン鳥栖という素晴らしいクラブの一員になれたことを嬉しく思います。身体を張ってゴールを死守し、チームの勝利に貢献したいと思います」

◆松本山雅FC
「このたび、サガン鳥栖に移籍することになりました。この2年間、皆さんからの大声援を背にゴールを守れてとても幸せでした。こんなにサッカーが根付いた街で選手としてプレーできたことは一生の財産ですし、ピッチから見る満員のサンプロアルウィンの景色は忘れません。2年間ありがとうございました。またピッチで会いましょう」
コメント
関連ニュース
thumb

異例の補強、横浜FMが鳥栖の正守護神・高丘陽平を完全移籍で獲得「ワクワクしています」、ACLとJリーグで2チーム編成の可能性

横浜F・マリノスは23日、サガン鳥栖のGK高丘陽平(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 この時期の移籍は過去にない異例の事態。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、今シーズンのJリーグは特別に第3登録ウインドーを設置。10月30日まで選手を登録することが可能となっており、この移籍が実現した。 高丘は、地元神奈川県の横浜市出身。横浜FCの下部組織で育ち、2013年5月にユース所属ながら2種登録選手としてトップチームに登録。2014年に正式昇格した。 昇格3年目の2016年に天皇杯でデビュー。2017年は明治安田J2で41試合に出場するも、翌年は出場機会を失い3月にサガン鳥栖へ期限付き移籍。2019年から鳥栖へ完全移籍していた。 2019年は明治安田J1で24試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンは新加入のGK守田達弥とのポジション争いもある中、明治安田J1で16試合に出場、ルヴァンカップで1試合に出場していた。 横浜FMは11月にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている状況。隔離期間などを考え2チームを編成しなければいけない可能性もあり、朴一圭、梶川裕嗣、中林洋次の3人体制だったGK陣を補強したとみられる。 高丘は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さま、はじめまして。この度、サガン鳥栖から移籍加入してきました高丘陽平です。まずはF・マリノスでプレーする機会を与えてくださった関係者の皆さまに感謝をいたし 「ます歴史と伝統あるこのクラブの一員になれた事をうれしく思います。チームの方向性、スタイルを一日も早く理解し、チームの勝利に貢献出来る様に精進していきます。素晴らしいファン・サポーターの皆さまの前でプレーが出来る事にワクワクしています!皆さま、これから宜しくお願いいたします!!」 ◆サガン鳥栖 「この度横浜F・マリノスに移籍する事になりました。シーズンも残り2ヶ月を切ったタイミングでの移籍という事もあり、僕自身熟考の末、決断致しました」 「2018年3月末にサガン鳥栖に加入してから2年7ヶ月間本当に充実した日々を過ごす事ができました。初めての移籍で不安を抱えながらクラブハウスに来た思い出がつい昨日の事の様に感じます。試合に出た時、出られない時、様々な状況の中で沢山の方々に支えて頂いて今の自分があります。本当に感謝しています」 「今回コロナの影響でファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、鳥栖で出逢い支えて下さった全ての皆様に直接挨拶できない事は残念ではありますが、今後自分がより飛躍し活躍する事で恩返しをしていきたいと思っています」 「サガン鳥栖に来ることができて自分のキャリアの分岐点になりました。サッカー選手としても1人の人間としても成長させて頂きました。このクラブでプレーできた事を誇りに思います」 「このクラブに対して何か残す事ができたのかどうか自分では分かりませんが、何か皆様に感じるものを魅せる事ができていれば幸いです」 「最後になりますがファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、社長をはじめクラブ関係者の皆様、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、メディカルスタッフ、チームメイトの皆様ありがとうございました!」 「そして鳥栖に来て出逢った全ての皆様ありがとうございました!お世話になりました!また逢いましょう!」 2020.10.23 10:08 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南と鳥栖、互いに浮上のきっかけとしたい一戦は譲らずゴールレスドロー《J1》

新型コロナウイルスの影響で延期となっていた明治安田生命J1リーグ第13節の湘南ベルマーレvsサガン鳥栖が21日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 前節、柏レイソルに3-2で勝利し、ようやく連敗を「6」でストップさせた湘南。今季初の連勝を狙う今節は茨田、田中、舘に代えて松田、齊藤、石原広教を起用。システムは今季の基本布陣となる[3-1-4-2]を継続しており、松田と齊藤が中盤の攻撃的な位置に入る形となった。 一方、前節清水エスパルス相手に猛攻を見せるも1-1で引き分けた鳥栖は、リーグ戦6試合勝利から遠ざかっている状況。下位脱出のため何としても勝ち点3が欲しいチームは、前節から6人を入れ替えるターンオーバーを敢行。清水戦で同点ゴールを決めた林が、スタメンで起用された。システムは前節から変わらず、[4-4-2]となっている。 立ち上がり、お互いゴール前まで迫るシーンを作りつつも、やや湘南が優位に立つ。4分には右サイドを抜け出した岡本がクロスを放ち、飛び込んできた齊藤がヘッドを放つ狙い通りの形を作った。その後も前線から積極的なプレスでボールを奪取する湘南に対して、ミスもありなかなかボールを運べない鳥栖だったが、10分過ぎから徐々にボールを握れる状態に。その後はお互いボックス付近まではボールを運べるものの、シュートまでは持ち込めない状況が続く。 22分、ピッチを広く使った湘南は、岡本からのクロスにタリクがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えることができない。その直後、石原直が鳥栖の松岡と空中で交錯し、負傷交代するアクシデントが発生。不測の事態でエースを欠くことになった湘南だが、なおも攻勢を続ける。32分にはその石原直に代わって投入された茨田がシュートを放つも、これはGK守田が難なくキャッチした。 一方の鳥栖は36分に左サイドのパス交換から林がシュートを放つものの、なかなか主導権を握れない時間が続く。2トップの強さを利用したロングボールで打開を試みるも、チアゴ・アウベスと林の連係がいまいちであり、効果的な形を作れない。前半終了間際には湘南に攻め込まれる形になったが、DF陣が粘り強い守りを見せ、シュートまで持ち込ませなかった。 後半開始から湘南は負傷した坂に代えて舘、鳥栖はチアゴ・アウベス、金森に代えて高橋義、小屋松を投入する。 その後半も湘南ペースが続いたが、鳥栖も前半に比べて宮からの鋭い縦パスがいくつか見られるようになり、拮抗した状態が続いた。後半最初のシュートは59分。クロスのこぼれ球に反応した湘南の金子がミドルシュートを放つも。これは大きく枠を外れる。 70分に湘南は足首を痛めた松田に代えて岩崎を投入する。湘南はこの試合、3つの交代カードを負傷者で使うことになってしまった。 徐々に足が止まり始めてきた湘南に対して、鳥栖が攻勢を強めていく。77分には小屋松がゴール隅を狙う決定的なシュートを放つも、GK谷がファインセーブで阻止した 。 6試合未勝利の状況から抜け出したい鳥栖は、83分に林に代えてレンゾ・ロペスを入れる。しかし、この日はどちらのチームも帰陣が早く、一人ひとりが非常に集中した守備を見せたため、シュートを打つことすらままならなかった。試合終了間際には鳥栖の森下が惜しいシュートを放つもGK谷が阻み、結局0-0でタイムアップとなった。 どちらも集中した守備を見せたものの攻撃面では精度を欠き、湘南は連勝を、鳥栖は久しぶりの勝利を逃す試合となった。両者は25日に、明治安田生命J1リーグ第24節で再度対戦する。 湘南ベルマーレ 0-0 サガン鳥栖 2020.10.21 22:06 Wed
twitterfacebook
thumb

清水vs鳥栖の下位対決は1-1のドロー…鳥栖は猛攻実らず《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節、清水エスパルスvsサガン鳥栖が18日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-1の引き分けに終わった。 暫定17位の清水は、前節はFC東京に3-1で敗れ今季3度目の5連敗。今節のスタメンはFC東京戦から3人入れ替え、ファン・ソッコと立田は復帰戦となった。 対する15位の鳥栖(勝ち点18)も、前節は鹿島アントラーズに敗れ4連敗。こちらのスタメン変更は5人で、2トップの一角に入るチアゴ・アウベスは古巣戦となる。 先にチャンスを作ったのはホームの清水。5分、カルリーニョス・ジュニオが守備ラインの裏を突いてパスを呼び込むが、ボックス左で判断に遅れ、DFにカットされた。鳥栖も9分にルーキーの森下が味方との連携からチャンスメイク。そのプレーで得たCKでは、後ろから飛び出した原がヘディングシュートを枠に飛ばすが、西澤にライン上でブロックされた。 前半半ば以降は鳥栖が攻勢を強めるが、飲水タイム明け直後の梁勇基のシュートはGKの正面。続く26分のチアゴ・アウベスのヘディングシュートは枠を捉えれなかった。40分過ぎには趙東建がバックヒールでゴールに迫るも、前半にゴールが生まれることはなかった。 後半も鳥栖のペースが続き、49分に早速チアゴ・アウベスのフィニッシュに繋げる。55分のFKでもそのチアゴ・アウベスが直接狙ったが、惜しくもクロスバーの上に。 依然としてアウェイチームの攻勢が続く中、後半の飲水タイム直後の清水の左CKのシーン、西澤のクロスをヴァウドが頭で合わせて先制に成功。劣勢だったホームチームがワンチャンスで流れを変えた。 失点を受けて、鳥栖は石井とレンゾ・ロペス、金森を立て続けに投入。試合の大勢を考えるとこのまま負ければ悔やまれる敗戦だが、迎えた85分、右サイドから入ったクロスのこぼれ球を拾った途中出場の林が、4〜5人の相手に囲まれながらもボックス右から泥臭くシュートを流し込み、同点に追いついた。 この勢いのまま逆転を目指す鳥栖は、後半アディショナルタイムに林のシュートが左ポストを直撃。結局、試合は1-1の引き分けに終わり、互いに白星からさらに遠ざかる結果となった。 清水エスパルス 1-1 サガン鳥栖 【清水】 ヴァウド(後26) 【鳥栖】 林大地(後40) 2020.10.18 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

白崎&犬飼弾の鹿島が連勝! ホーム3連戦全敗の鳥栖は4連敗に《J1》

明治安田生命J1リーグ第22節のサガン鳥栖vs鹿島アントラーズが14日に駅前不動産スタジアムで行われ、アウェイの鹿島が2-0で勝利した。 ホーム2連敗を含め3連敗中の鳥栖(15位/勝ち点18)。0-1で敗れた前節の浦和レッズ戦からスタメン5名を入れ替え、17試合ぶりに先発となったチアゴ・アウベスが古巣対戦の金森と2トップを形成した。 一方、横浜FCを3-2で下して連敗を止めた鹿島(8位/勝ち点36)は、白崎が第9節の鳥栖戦以来となるスタメン入り。左サイドハーフで出場となった和泉はJ1通算100試合目のメモリアルとなった。 試合序盤から自陣で丁寧にボールを回していく鹿島は12分、敵陣中央左サイドから供給された永木のクロスをニアサイドのエヴェラウドがフリック。相手DFのクリアミスが白崎の下にこぼれると、ゴール左に蹴り込んで、先制に成功する。 ボールを持たれていたものの、徐々に盛り返す鳥栖は30分にチャンスを迎える。敵陣中央でパスカットした原川がすぐさまスルーパスを送る。ボックス左に抜け出したチアゴ・アウベスがGK沖と一対一の場面を作るも、スライディングで対応したDF町田の処理に遭いシュートを放てない。 37分にもチアゴ・アウベスがフィニッシュまで持ち込むチャンスを作った鳥栖。40分には森下のパスを受けたそのチアゴ・アウベスがワンタッチで対峙したDF犬飼を振り切る。ボックス右から右足を振り抜いたが、GK沖の攻守に阻まれた。 ハーフタイム明けに樋口を投入した鳥栖は54分、敵陣中央右サイドから森下がクロスを送ると、ボックス中央の金森が胸で落とす。途中出場の樋口が中に折り返すと、最後は走り込んできた内田が左足ボレーシュートを放ったが、枠を大きく外してしまった。 対して、鹿島は58分に追加点のチャンスが巡ってくる。右サイドの小泉から送られていたボールを白崎がバックヘッド。ゴール中央で受けたエヴェラウドがDF 森下をかわして、右足シュートもクロスバーに嫌われた。 後半の中盤からホームチームに流れが傾くなか、73分に鹿島が再びを決定機を迎える。ボックス右から荒木がDFとGKの間を通す絶妙のクロスを供給。ファーサイドでフリーのエヴェラウドが左足で合わせるも、マイナス方向に飛んでしまい、またしても決定機を逸した。 その後、鳥栖にボールを持たれる鹿島だが、86分に試合を決定づける。右CKの流れから途中出場の松村がバイタルエリア左からクロス。ニアサイドに走り込んだ犬飼がヘディングシュートをゴール左に叩き込んで追加点を手にした。 このまま2-0で逃げ切った鹿島が連勝を達成。敗れた鳥栖はホーム3連戦全敗となっている。 サガン鳥栖 0-2 鹿島アントラーズ 【鹿島】 白崎凌兵(前12) 犬飼智也(後41) 2020.10.14 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第22節:鳥栖vs鹿島】ホーム3連敗を避けたい鳥栖、鹿島はアウェイ3連戦で白星スタートなるか

【明治安田生命J1リーグ第22節】 2020年10月14日(水) 18:45キックオフ サガン鳥栖(15位/18pt) vs 鹿島アントラーズ(8位/36pt) [駅前不動産スタジアム] ◆遠いゴール、ホーム3連敗阻止へ【サガン鳥栖】 前節はホームで浦和レッズと対戦し、1-0で敗戦。試合終了間際の後半アディショナルタイムのワンプレーでやられ、3連敗となってしまった。 クラブ内でのクラスター発生によりミッドウィークに試合が挟まることで他クラブよりも過密日程となっている鳥栖。これで4試合未勝利となり、順位もじわじわと下がっている状況だ。 15連戦中の12試合目となる鹿島戦。ケガ人や疲労の蓄積により、厳しい選手のやりくりとなっていることも結果になかなか繋がらない要因の1つと言えるだろう。しかし、試合中にはポゼッションを高める攻撃的なサッカーを見せ、機動力を生かす場面もある。 しかし、浦和戦の終盤にPKを失敗したことも含め、今のチームは再びゴールが遠くなっている。良い形でゴールを奪えれば一気に流れが傾きそうな試合でも、ゴールを奪えずに先に失点。あとは後手に回ってしまい盛り返せない展開も多い。やはり主導権を握る戦いをしたいところだ。 あとは、高さがないというウィークポイントをどう払拭するか。現状はセンターバックもスクランブルで選手を配置しており、セットプレーでは鹿島に分がある。良い状態でセットプレーを与えないようにプレーしたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、原輝綺、松岡大起、内田裕斗 MF:樋口雄太、梁勇基、原川力、小屋松知哉 FW:石井快征、趙東建 監督:金明輝 ◆執念でもぎ取った勝ち点3、勢いづくか【鹿島アントラーズ】 2連敗中だった鹿島は、ホームに横浜FCを迎えた前節、前半で2点をリードされる苦しい展開となり、嫌な雰囲気が漂った。 しかし、焦れずにしっかりと戦い続けると後半に3ゴールを奪い逆転勝利。特に終盤の2ゴールは勝利への執念が相手を上回り、勢いでねじ伏せた印象だ。 破竹の7連勝で一気に上位争いへ名乗りをあげようかとしたところで、大分トリニータ、ガンバ大阪と連敗。それでも3連敗を回避した横浜FC戦の逆転勝利は、鹿島らしさを見せた勝利とも言えるだろう。 起用を続けてきた若手選手も戦力として計算でき、選手を入れ替えてもしっかりとパフォーマンスを出せるようになってきた鹿島。戦い方の幅が増え、選手交代で流れを変えられるようになったことは、チームとして非常に大きいはずだ。 また、直近3試合で停滞していた攻撃陣もしっかりとゴールを奪えただけに、今節は勢いがつく勝利をあげたいところ。アウェイ3連戦となるだけに、しっかりと良い結果でスタートしたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、関川郁万、永戸勝也 MF:荒木遼太郎、三竿健斗、永木亮太、和泉竜司 FW:土居聖真、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ 2020.10.14 14:55 Wed
twitterfacebook