中国サッカー界が改革! 中国スーパーリーグが新シーズンの年俸上限や外国人枠などを発表

2019.12.25 19:56 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020年シーズンの中国スーパーリーグの概要が発表。給与面や外国人枠など、様々な部分での変更が発表された。かつては“爆買い”が大きな話題となり、ヨーロッパで活躍するトッププレーヤーを資金力に任せて大量に獲得していた中国スーパーリーグのクラブたち。しかし、近年は中国サッカー協会(CFA)の方針転換などもあり、給与面などが改善されている。

今回の変更点で大きな部分をピックアップすると、まずは外国人枠の変更だ。これまでよりも1名増加され、各チームは5名まで外国人選手を保有可能に。試合には4人が同時にピッチに立てるようになった。

また、選手の給与にも上限が設定されている。今冬の契約から適用され、中国籍選手の上限は1000万元(約1億5600万円)となり、中国代表選手は20%増の1200万元(約1億8700万円)となる。一方で、外国籍選手は3000万元(約4億6900万円)に上限が設定されている。いずれも税抜きの金額だ。

また、U-21の選手は年間30万元(約470万円)の給与が上限となる。中国スーパーリーグで一定の試合に出場した場合は、この条件が免除されるとのこと。積極的に国外でのプレーを奨励することを目的としているようだ。

一方で、帰化選手に関する規則は決定していない。ブラジルから帰化したエウケソン(広州恒大)らが対象となるが、外国籍選手と同等に扱う可能性も出てきている。

その他、2021年までにクラブ名から企業名を削除することも決定した。既に変更を行っているチームもある。例えば、広州恒大は、広州FCや広州ユナイテッド、広州シティに名前を変更しなくてはならなくなる。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMとACLで対戦する上海上港、正守護神の中国代表GKヤン・チュンリンが目を負傷で長期離脱

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で横浜F・マリノスと対戦する中国スーパーリーグの上海上港だが、正守護神を欠くことになるようだ。 中国代表でもあるGKヤン・チュンリンだが、中国スーパーリーグのプレーオフの試合で目を負傷したとのことだ。 ヤン・チュンリンは、18日に行われたプレーオフの上海申花戦に先発出場。試合は0-0の引き分けに終わったが、ヤン・チュンリンは前半で交代していた。 上海上港によると、ヤン・チュンリンは試合から2日後の20日に検査を実施。手術を受ける必要があり、長期間の欠場になると発表されている。 ACLは11月18日から再開。グループHに属しており、11月25日と28日に横浜FMと対戦するが、欠場する可能性が高いと見られている。 ヤン・チュンリンは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し4試合でクリーンシートを記録。通算ではリーグ戦215試合に出場している経験豊富なGK。ACLも36試合に出場経験がある。また、中国代表としてもこれまで29試合に出場していた。 2020.10.22 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

中国で不満抱えるベニテス監督、欧州帰還を検討? チームは降格の危機

かつてリバプールやレアル・マドリー、ニューカッスルなどで指揮を執り、現在は中国スーパーリーグの大連人職業を率いるラファエル・ベニテス監督が、ヨーロッパへの帰還を検討しているようだ。イギリス『インデペンデント』がスペイン人指揮官の中国での現状を伝えている。 2004-05シーズンにリバプールでチャンピオンズリーグ(CL)を制し、その後も欧州のビッグクラブを渡り歩いたベニテス監督は、2019年に欧州を離れ大連人職業(当時は大連一方)の指揮官に就任。 途中就任となった昨シーズンは6勝6敗3分けの戦績で最終的に9位フィニッシュとなったが、就任2年目となった今シーズンは大きく低迷。新型コロナウイルスの影響で7月に開幕がずれ込み、レギュレーションが通常の16チームによるホーム&アウェイ制から、蘇州と大連の2都市で2グループに分けてのグループステージ方式に変更となった中、グループAで2勝7敗5分けと大きく負け越し、7位で残留プレーオフに回ることになった。 そして、10月17日にはグループBで6位の石家荘永昌と残留をかけたプレーオフ初戦に臨むことになる。 『インデペンデント』によると、ベニテス監督はこうしたクラブの現状に不満を抱いているという。現在、中国スーパーリーグでは12人の外国人監督が指揮を執っており、そのほとんどが高額のサラリーを大きな目的としている。 一方でベニテス監督は月給100万ポンド(約1億3000万円)のサラリーに魅力を感じたことは事実であるものの、それと同時に同クラブにタイトルをもたらすことを真剣に求めているという。 ただ、サラリーキャップの導入や名門クラブの既得権を守るための様々な政治的問題など、新興クラブである大連人職業が広州恒大など強豪クラブと渡り合うことは困難であり、それがスペイン人指揮官の大きな不満に繋がっているようだ。 そのため、現在ベニテス監督はトップチームを残留に導くという、当初のタイトル獲得という大きな目標から考えると、不本意な仕事に挑みつつ、自身が去った後のためのインフラ構築に尽力している。 昨年には数名のスペイン人コーチを招き、アカデミーの指導にあたり、2億5000万ポンド(約340億円)をかけて建設されたトレーニング施設の監修にあたってきた。 そのクラブのレガシー構築の仕事には満足しながらも、肝心のトップチームでの苦戦に加え、新型コロナウイルスの影響により家族のいるイギリスとの間を自由に行き来出来なくなったことも、中国でのキャリアを続けるうえで大きなマイナスになるだろう。 現在60歳のベニテスだが、あと10年は指導者キャリアを続けられると考えているという。大連人職業との契約は2021年末までだが、仮に今シーズンに降格となった場合、それよりも早い時期に欧州へ帰還する可能性もあるかもしれない。 2020.10.08 20:23 Thu
twitterfacebook
thumb

【足球日記】中国でのプロ生活、オンとオフの切り替えも大切

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。中国の地で奮闘する、日本と中国の地を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第3回は、中国でのサッカー選手としての過ごし方を紹介!オンとオフ、トレーニング日の過ごし方などをご紹介します。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは!夏です。 新監督も来てチーム内での競争が激しくなる中、リーグ開幕に向けてより一層気持ちが引き締まって来ました。 今回は中国プロサッカー選手の一日の過ごし方や僕が住んでいる四川省の簡単な紹介などを記事にしました! 四川省は中国の内陸に位置し、雲南省やチベットと隣接しています。自然が豊かで僕の住んでいる所から車で1時間ほどで大自然を感じられる山に行くことができます! また、四川省の山岳地帯に住む人々とサッカーを通じて交流するプロジェクトもチームとして行っています。 日本では麻婆豆腐、火鍋などの四川料理やパンダが有名だと思います! ご飯も美味しく、人も優しくとても良いところです。 では、ここから僕の1日の過ごし方について書いていきます。 ・午前トレーニングの日 基本的に午前もしくは午後の半日トレーニングか午前午後両方の全日トレーニングになります。 午前の場合は10時から始まり、日によって異なりますが大体60分〜90分間のトレーニングをします。午前のみトレーニングの日は、朝7時半に起床して、8時に朝食を食べて9時に家を出ます。ちなみに僕の住んでいるマンションはクラブハウスの目の前にあり、徒歩5分で着くのでめちゃくちゃ便利です! クラブハウスでは2人一部屋の選手の宿舎があり、トレーニング前はそこで準備をします。 トレーニング後は部屋でシャワーを浴びてクラブハウスの食堂で昼食を食べます。今まではすぐに家に帰って嫁の手料理を食べていましたが、嫁が日本へ帰国したので今はチームの食堂で食事を済ましてマッサージを受けてから家へ帰ります。改めて嫁の存在の大きさを感じます…。 帰宅後、練習着を洗濯機に放り込んで30分〜1時間ほど昼寝をします。午後がオフの場合は、近くにある大きな公園を散歩したり、大好きな日本のバラエティを見たり、自分の試合の映像を見たり、この『足球日記』のコラムを書いたりとだらだらと自分の好きなように過ごします。治療が必要な場合もこの時間を利用します。 夜ご飯は18時~19時に済ませるようにしています。なるべく自分で料理を作ってみたりしますが、疲れているときはデリバリーするかチームの食堂まで食べに行きます。 夜ご飯を食べた後は果物を買いに行ったり、少し外を歩くようにしています。中国は日本と比べて果物が格段に安くて日本にいる時より何倍も果物を食べます! 中国人は夕食後積極的に運動をします。お年寄りの方々が音楽をかけて元気に踊っていたり、小さい子供たちも21時をすぎても外で走り回っています。 僕は21時半にはベッドに入って22時には薄暗いライトにして寝る準備をします。基本的に寝る前はバラエティか映画を観ます。この時間が一番リラックスできます。悩みやすくメンタルが弱い僕はここでその日に起きた事などを日記に書いて、書き終えると意識的にリセットして次の日に備えます。 ・午後トレーニングの日 午前中は基本的に家で過ごすかもしくは午前中は自主トレをします。午後トレーニングの日も昼食を食べたらなるべく昼寝をしてから午後のトレーニングに臨みます。 午後トレーニングを終えたらクラブハウスで食事をして、マッサージを受けてから家に帰ってストレッチなど積極的に疲労回復をしてから寝る準備をします。以上がトレーニングのある日の基本的な過ごし方です。 基本的に夜ご飯は18時か19時には済ませるのでどうしても寝る前にお腹が空いてしまう時があります。我慢して寝れる時もあればどうしても寝れない時もあり、そういう時は納豆かヨーグルトを食べてから寝ます。 ・オフの日 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/natsu20200928_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> オフ前日の夜は大好きな日本料理や焼肉をよく食べに行きます。普段は色々我慢していますがこの日だけは好きなものを食べると決めています。とはいえ休み前と休み明けで体重チェックがあるのでほどほどにですが笑 お酒はほとんど飲まなくなりました。 たまに夜更かしをしてしまいますが遅くても1時には寝て、アラームをかけずに寝れるとこまで寝ます笑。それでも大体9時前には起床します。 そして必ず外出するようにしています。家でだらだら過ごすのもいいですが、経験上一歩も外に出なかった場合のオフ明けのトレーニングは体が重く疲れやすく感じます。 四川の街で過ごすのは初めてでオフのたびに嫁と四川探索をするのが楽しみの一つです! 四川には日系スーパーのイトーヨーカドーや本格的な日本料理もあり、気分転換によく訪れます。日本にいるときでは考えられないスーパーに行くことが一大イベントになり、そこで納豆を爆買いします笑 二日オフの時は嫁と温泉付きの宿に泊まりに行ったり、山登りをしたりして心体共にリフレッシュします。嫁が日本へ帰国した今、一人で旅館に泊まりに行くチャレンジをするか検討中です笑 以上が僕の大体の1日の過ごし方です。 リーグ開幕が迫る中、しっかりと準備をしていい状態で2部リーグデビューを果たせるよう頑張ります!! <hr>◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) 2020.09.28 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

快足で鳴らした元ナイジェリア代表FWマルティンスが中国の武漢卓爾に加入

かつてインテルやニューカッスルなどでプレーした元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス(35)が中国スーパーリーグの武漢卓爾に加入した。クラブが公式に発表した。 レッジーナやインテルの下部組織に所属したマルティンスは2002年7月にインテルのファーストチームに昇格。インテルでは4シーズンで136試合出場し49ゴール13アシストを記録。2006年8月にニューカッスルへ移籍すると、プレミアリーグで92試合に出場し28ゴールを決めるなど活躍を見せた。 その後はヴォルフスブルクやルビン・カザン、バーミンガム・シティ、レバンテとヨーロッパで活躍し、2013年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズへ加入。アメリカでは84試合で43ゴール22アシストと得点力が爆発。2016年2月に中国スーパーリーグの上海申花へと加入していた。 上海申花では63試合で32ゴール9アシストを記録したマルティンス。リザーブチームへの降格や契約解除などあった中、フリートランスファーで武漢卓爾に加入することとなった。 武漢卓爾には、元浦和レッズのFWラファエル・シルバが所属。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリーグを2つに分けて開催しており、中国スーパーリーグでは11試合を終えて4位に位置している。 2020.09.22 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

中国スーパーリーグの深圳がジョルディ・クライフ監督を招聘!

中国の深圳市足球倶楽部は14日、ジョルディ・クライフ氏(46)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 伝説的選手のヨハン・クライフの息子で知られるジョルディ・クライフ氏は、現役時代は父の活躍したバルセロナでキャリアをスタートさせ、1996年に加入したマンチェスター・ユナイテッドではプレミアリーグ優勝を経験。その後はアラベスやエスパニョールでプレーしスペインに戻ったあと、ウクライナのメタルルフ・ドネツクやマルタのバレッタに移籍し、2010年に引退した。 監督業は2017年にマッカビ・テルアビブでスタート。2018年夏からは中国の重慶斯威を指揮し、最近では今年1月にエクアドル代表指揮官に就任していたが、エクアドルサッカー連盟で人事異動があったことで、方針変換により7月23日に辞任。新型コロナウイルスの影響もあり、監督としての仕事は全く果たせなかった。 新天地となった深圳は、かつてはフィリップ・トルシエ氏やクラレンス・セードルフ氏が監督を務めた中国スーパーリーグ所属のクラブ。7月に開幕した今シーズン、開幕戦では広州富力に3-0で快勝するも、その後は上海申花、広州恒大、河南建業に3連敗を喫し、今月11日にロベルト・ドナドーニ監督を解任していた。 2020.08.14 17:16 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly