準決勝に続きフィルミノが値千金決勝ゴール!リバプールが延長戦でフラメンゴを下し世界一に!!《CWC》

2019.12.22 05:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クラブ・ワールドカップ(CWC)・決勝戦、リバプール(イングランド)vsフラメンゴ(ブラジル)が21日に行われ、1-0で勝利したリバプールが初優勝を果たした。1981年のトヨタカップ以来、38年振りに相まみえる両チーム。欧州王者として臨むリバプールは、準決勝で北中米カリブ海王者のモンテレイと対戦。終盤まで1-1の状態が続いたが、後半アディショナルタイムにフィルミノが値千金の決勝ゴールを挙げ、決勝進出を決めた。

対する南米王者フラメンゴは、アジア王者のアル・ヒラルを3-1で下し決勝進出。1点ビハインドで試合を折り返したが、後半にデ・アラスカエタやブルーノ・エンリケら強力攻撃陣が点を取り、逆転勝利を収めた。


準決勝と同じメンバーを揃えたフラメンゴに対し、リバプールは4人変更。モンテレイ戦を欠場したファン・ダイクやアレクサンダー=アーノルドが先発に名を連ねた他、サラー、フィルミノ、マネのトリデンテがスタメンに並んだ。

どちらも勝てば初優勝となる決勝戦。立ち上がりにいきなりフィルミノがチャンスを迎えたリバプールは、5分にもサラーが味方のロングパスに飛び出しボックスへ侵入すると、マイナスのパスをケイタがダイレクトシュート。こちらも決定機だったが、シュートは大きく枠を越えた。

序盤はリバプールの勢いに呑まれていたフラメンゴだったが、徐々にリズムに乗り始めると、20分あたりからシュートシーンを連発。ブルーノ・エンリケが果敢にリバプールゴールへ向かっていく。30分頃にはフラメンゴの支配率は6割超える。

その後、リバプールもやや盛り返して迎えた後半、前半の立ち上がりと同じように、浮き球のパス一本でフィルミノにビッグチャンスが。前半は上手くシュートを打てなかったが、今度は巧みなタッチで相手を躱しシュートに繋げる。しかし、ボールは左ポストを直撃。

寝起きの悪さが露呈してしまったフラメンゴだが、53分にこれまで影の薄かったガブリエウ・バルボサがボックス右からシュートへ。ゴール左を突いていたがGKアリソンがビッグセーブを見せた。

これが初の枠内シュートとなったフラメンゴは69分にはバルボサのオーバーヘッドシュートが炸裂。こちらも枠に飛んだが、GKアリソンの守備範囲。

一方、リバプールはここまで枠内シュートはゼロ。厳しい試合を強いられているが、後半はここまで相手の2倍のシュート数を誇る。すると86分に、ヘンダーソンが味方のパスをダイレクトで狙ったシュートがゴール右上へ。威力もコースも申し分なかったが、GKジエゴ・アウベスがビッグセーブ。試合は0-0のまま後半アディショナルタイムへ。

5分の追加時間が与えられた中、ここで決定的なシーンが訪れる。ゴール前に抜け出したマネがシュートの際にラフィーニャのスライディングタックルを見舞われて転倒。主審は即座にPKを指し示したが、VAR確認の結果ノーファウルに変わり、試合はついに延長戦へ突入した。

なおも互角の戦いを続ける両チーム。だが、ようやく試合の均衡が崩れる。カウンターを発動したリバプールは、自陣右サイドのヘンダーソンから最前線に張っていたマネへ見事なスルーパスが通る。マネはタメを作り、駆け上がってきたフィルミノにパス。ボックス中央に侵入したフィルミノは、切り返しでDFとGKの体勢を崩してからフィニッシュ。ブラジル代表FWの2試合連続ゴールで、リバプールが先制した。

リバプールは直後にケイタを下げてミルナーを投入。延長後半開始時には殊勲のフィルミノを下げてオリジをピッチへ。対して、リンコンを投入したフラメンゴは、そのリンコンがドリブル突破からチャンスメイクしたが、モノに出来ず試合終了。

欧州王者のリバプールが南米王者フラメンゴを1-0で下して世界一に。38年振りの再戦は、リバプールがリベンジを果たした。
関連ニュース
thumb

ウニオン・ベルリンに居場所を見つけたカリウス「すべてが上手くいけば、ここに残れる」

ウニオン・ベルリンの元ドイツ代表GKロリス・カリウスが、来シーズンもチームに残る可能性を示唆した。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 カリウスは昨夏の移籍市場で、リバプールからウニオン・ベルリンにレンタル移籍で加入。GKアンドレアス・ルセとのポジション争いでは後れを取り、リーグ開幕からほとんど出番がない状況だった。しかし、ルセが家庭の事情により離脱したブンデスリーガ第21節のシャルケ戦からは、3試合連続で先発出場を飾っている。 ついにポジションを掴んだカリウスはインタビューに応じた際、個人よりも現在リーグ7位と好調なチーム成績が何より重要だと強調。そのうえで、自身のパフォーマンスについても手応えを掴んでいると語った。 「ベルリンという街にも、ウニオンというクラブにもなじんで、完全に落ち着いているよ。もちろん、多くの試合でプレーしたいと思っているけど、ここで何かを失っているわけでもない」 「僕は自分自身よりも、チームの成功を考えているんだ。守護神を務めたここ3試合は負けていないし、チームとしてうまく機能していたんじゃないかな。とても誇りに思っているよ。監督は僕がそこにいると知っている。彼が僕を必要とするなら、頼って欲しいね」 また、カリウスは来シーズンもウニオン・ベルリンでプレーする可能性について言及。チーム次第ではあるものの、カリウス本人は残留を希望している。 「僕はまだ、リバプールと2022年までの契約を結んでいる。でも、もちろんすべてが上手くいけば、ベルリンに残ることもできるだろう。僕はここを通過点として考えているわけではないよ。ここの人々のメンタリティやチームスピリッツは、僕にとって良いものだ。僕は基本的に、地に足をつけている男だからね。たとえ高価な車に乗っていてもさ」 2021.03.05 17:58 Fri
twitterfacebook
thumb

大不振リバプールにキャラガー氏が補強要求「プレッシングが機能しない以上、10番タイプが必要」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、大不振に陥る古巣に対して補強を要求している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 リバプールはリーグ王者として迎えた今シーズン、記録的な大不振に陥っている。4日に行われたプレミアリーグ第29節のチェルシー戦に敗れたことで、クラブ史上初となるリーグ戦ホーム5連敗を喫してしまった。順位は7位まで下降しており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できる、トップ4の確保も難しい状況となっている。 こうした古巣の惨状に対して、キャラガー氏はホーム5連敗中わずか1ゴールしか決められていない攻撃力の乏しさを指摘。同時に、チェルシー戦でFWモハメド・サラーを交代させたユルゲン・クロップ監督の采配にも首を傾げている。 「彼らはゴールを目指しているように見えない。ゴールを決められないのではなく、そもそもゴールが決まる感じもない。試合残り20分に至っては、リバプールにゴールを決めたいという意思すら感じなかったね」 「今のリバプールを見ていると、どうやってゴールを決めるつもりかよく分からない。(モハメド・)サラーの交代は信じられなかったと言わざるを得ないね。リバプールはゴールを求めて必死な状況で、トップスコアラーを下げるなんて奇妙だ」 「彼は最高の状態ではなかったが、ボールをあまりキープできなかっただけだ。サラーはボールをキープするより、ドリブルやゴールが得意な選手だと忘れてはいけない。彼は偉大なスコアラーであり、リバプールに欠けているのはゴールだった。クロップを疑うのは難しいが、あの采配はおかしいと思う」 また、キャラガー氏はリバプールが改善するためには、今夏の補強が必要だと断言。プレッシングが機能しない以上、チャンスメイクできる選手の確保を求めたいと語っている。 「守備については、ファン・ダイクとジョー・ゴメスが戻ってくる。しかし、攻撃陣については言い訳できないだろう。ケガ人が少ないにもかかわらず、中盤より前の6人は十分なものを見せていない。確かにファビーニョとジョーダン・ヘンダーソンはいないが、彼らは中盤でもより守備的だ。来季はどうやってゴールを決めるのか、心配になるね」 「ジオゴ・ジョタは助けになるだろう。しかし、リバプールはよりゴールを決めるため、移籍市場で何か大きなことをしなければならない。クロップは以前、自分たちのプレッシングはどんな10番よりも優れていると言っていたが、今の姿を見ると彼らには10番が必要だ。そのプレッシングが機能していないんだからね」 「相手に深い位置で守られた時、今のリバプールにはライン間にパスを出す選手がいない。以前、彼らにはフィリペ・コウチーニョがいたが、彼が去ってしまい別の戦い方を構築した。しかし、リバプールには今まさにコウチーニョのようなタイプが必要だと思う」 2021.03.05 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ホーム5連敗、7位転落のリバプールにアレクサンダー=アーノルドも落胆「勝てる試合はしていない」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが結果を残せないチームに落胆している。クラブ公式サイトが伝えた。 アレクサンダー=アーノルドは4日に行われたプレミアリーグ第29節のチェルシー戦に先発出場。相手MFメイソン・マウントのカットインを止められず、失点すると、同点に追いつくどころかチャンスすらほとんど作り出せず、そのまま0-1のスコアで敗れた。 これにより、チームはクラブ史上初となるリーグ戦ホーム5連敗。目立った活躍を見せられなかったアレクサンダー=アーノルドは試合後のインタビューで失望を口にしている。 「タフな結果だよ。今シーズンの目標を考えると、勝つ必要がある試合だった。トップ4に浮上するためには勝利が非常に重要だったんだ。でも、今はもう何もできない。このことから学び、何ができたかを認識して、また次の試合に臨むしかないんだ。日曜日の試合では状況を改善したいね」 「僕たちは非常に良いプレーをしたと思っていたが、チェルシーは我々を締め出しにかかっていた。サディオ(・マネ)にチャンスがあったけど、GKのところにボールが転がってしまったね。それから、僕が見た角度ではハンドに思える場面もあった。悔しい試合の1つだ。とはいえ、最後の最後に勝てるような試合はしていなかったと思う」 「僕たちは自分たちの試合をするしかないが、物事がうまくいかない時は難しい。深く考え、課題を見つけて、できるだけ早く修正する必要がある。リズムを取り戻し、試合に勝てれば良いが、言葉ほど簡単ではないね」 「振り出しに戻り、なるべく早くできることを学びたい。明日起きたら、土曜日の試合に向け準備をする必要がある。まともなシーズンではないから、過ごし方が難しいよ。とはいえ、この日程は事態を収束させるチャンスでもある」 また、アレクサンダー=アーノルドはこの試合でFWジオゴ・ジョタやMFファビーニョら多くの負傷者が復帰したことにも言及。チームの復調に向けた後押しになることを願っている。 「ケガ人の復帰は後押しになる。スカッドの充実はいつだっていいことだよ。僕たちはまだ多くの選手が抜けているが、それは言い訳にできない。誰が入ろうと誰が抜けようと、ローテーションがどうであろうと、勝利を目指せる良いチームなんだ。目標を達成できる可能性がある限り、走り続ける必要がある」 2021.03.05 11:11 Fri
twitterfacebook
thumb

史上初のホーム5連敗を喫したリバプール…クロップ監督は「チームにハートが必要」と指摘

リバプールのユルゲン・クロップ監督がホーム5連敗を嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは4日に行われたプレミアリーグ第29節でチェルシーとホームで対戦。現在4連敗中のアンフィールドでトップ4を争うライバル相手に勝利したいところだったが、前半先制点を許すとこの日も攻撃陣に冴えはなく、そのまま0-1のスコアで敗れた。 この結果、リバプールはクラブ史上初となるホーム5連敗を喫し、順位は7位まで下降。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も難しい状況となっているが、試合後のインタビューを受けたクロップ監督はチームのメンタリティ改善が急務だと語った。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=113zskewni3et1s3vh7lxg5fos" async></script></div> 「激しくタイトな試合で、1つの決定的なシーンがすべてになった。メイソン(・マウント)の個のクオリティが試合を決定づけたと思う。彼らは我々の背後にボールを入れ、カットインを試みた。そして、我々はマウントのようなクオリティある選手に対して、適切な守備をしていなかったと思う」 「今夜見たことは選手皆に話した。言い訳をしているのではない。こうした試合は一瞬で決まるものであり、最近はいつもこうだ。それを選手たちに伝えた。今は戦術とかではなく、本当の意味での反発力やハートが必要だと思う」 「彼らが気持ちを見せなかったとは言わないが、最後の決定的な2~4%の問題について話し合っている。我々は本当に良いチームを持っていたんだ。今夜はピッチ上で多くの瞬間に良いプレーをしたが、決定機は十分ではなかった。それに対して批判を受けるのは1人だけであり、それは私と我々だ。そう選手には話した」 また、クロップ監督は62分に交代となった際、不満を示していたFWモハメド・サラーについて言及。選手の態度は問題ないとしつつ、交代の理由を明かしている。 「選手たちが交代に失望を示すのは悪くない。そこに問題はないよ。他の選手を変えることもできたが、彼を交代させたのはその瞬間インテンシティの部分で問題を感じているように見えたからだ。リスクは犯したくなかった」 「私はモー(モハメド・サラー)を長く見てきた。普段の彼は試合の最後まで本当に驚くほどフレッシュだが、今日は違ったんだ。私はそれが交代の合図だと判断をした。それだけのことさ」 2021.03.05 10:21 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 0-1 チェルシー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第29節、リバプールvsチェルシーが4日にアンフィールドで行われ、アウェイのチェルシーが0-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽リバプール採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210305_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アリソン 6.0 実父の訃報を受けて最初の出場試合に。難しい精神状態の中でもヴェルナーの2度の決定機を阻止するなど、普段通りのプレーを見せた   DF 66 アレクサンダー=アーノルド 5.0 失点場面ではやや無責任な対応に。攻撃時は高い位置を取ったが、決定的なチャンスメイクには至らず   3 ファビーニョ 5.0 失点場面では相手を褒めるべきだが、振り切られて中を締め切れず。VARに救われるもヴェルナーに簡単に背後を取られるなど、試合勘やコンディション不足を露呈する場面も   19 オザン・カバク 5.0 セットした状態ではまずまずの対応を見せるが、背後へのケアやカバーリングに危うい。マイボール時も効果的な球出しを見せられず   26 ロバートソン 6.0 背後を積極的に狙って幾度か起点となったが、決定機を演出するまでには至らず。守備は普段通りの強度をみせ、決定的なゴールカバーで2失点目を防いだ   MF 6 チアゴ 5.0 攻撃時は中盤の底で捌き役に徹する。ただ、鋭いクサビや相手のバランスを崩すパスはなかなか出せず   (→ミルナー 5.0) 球際で気迫を見せたが、流れを好転させるまでには至らず   5 ワイナルドゥム 5.5 攻守両面でデュエルでは強さを見せた。唯一の枠内シュートを放ったが、攻撃面でプラスアルファをもたらせず   17 C・ジョーンズ 5.5 フィルミノと立ち位置を入れ替えながら高い位置で攻撃に絡もうとしたが、精度、アイデア共に物足りなかった   (→ジョタ 5.0) 約3カ月ぶりの戦列復帰。身体のキレ、判断共にブランクを感じさせる一戦に   FW 11 サラー 5.5 幾度か惜しいチャンスメイクは見せたが、なかなか良い形でボールを受けられず、フィニッシュの数は限られた   (→オックスレイド=チェンバレン 5.0) 攻守両面で期待を下回る出来   9 フィルミノ 5.0 前半はかなり低い位置まで落ちてボールを引き出し、持ち味のキープ力を生かして起点役を担った。ただ、ビハインドとなった後半は相手に脅威を与える仕事が全くできなかった   10 マネ 5.0 最前線で精力的に背後を狙う意識を見せたが、ファーストタッチの質の問題などもあり決定的な仕事はできず。とりわけ、後半は沈黙   監督 クロップ 5.0 苦しい台所事情は理解できるが、就任以降初めてクラブ史に屈辱の記録を残すことに。ただ、交代策が全く機能しなかった点は批判もやむなしか   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210305_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メンディ 6.0 唯一の枠内シュートを問題なく処理。前半は果敢な飛び出しで良い対応を見せた   DF 28 アスピリクエタ 6.5 身体を張った守備でクリーンシートに貢献。攻守両面でそつのない素晴らしいパフォーマンス   4 A・クリステンセン 7.0 チアゴ・シウバの不在を全く感じさせないハイパフォーマンスで3試合連続MOM級の出来。安定した守備に加え、相手のプレスをいなすビルドアップの貢献も高かった   2 リュディガー 6.5 前半はパスミスも散見されたが、元同僚サラーへの好対応など守備面は素晴らしい出来だった   MF 24 R・ジェームズ 6.5 ハドソン=オドイとは異なる特徴を見せ、攻守のバランスをうまく取った。地味ながら守備面の貢献度は高かった   7 カンテ 7.0 強度の高いプレーでボールを刈りまくり、危険なスペースを常に埋めた。加えて、決勝点までアシストする圧巻の仕事を見せた   22 ツィエク 5.5 攻守両面で最低限の仕事は見せたが、後半序盤の決定機を決め切れないなどインパクトに欠けるパフォーマンスに   (→プリシッチ 5.5) 攻撃面で見せ場はあまりなかったが、守備ではきっちり仕事をこなした   19 マウント 7.0 要塞攻略に導く見事な決勝点を奪取。守備の切り替えの精度とチャンスメイクでも存在感   (→コバチッチ 5.5) 投入直後からエンジン全開で逃げ切りに貢献   5 ジョルジーニョ 6.5 VARに阻まれたが、ヴェルナーの幻のゴールを演出。ソリッドな守備対応に加えて、期待されたプレス回避、相手の背後を突くパスと求められた役割を完遂   21 チルウェル 6.5 ゴールチャンスを逃したが、守備面で見事なハードワークを披露。攻撃でも要所でらしい仕掛けやパスでアクセントを加えた   FW 11 ヴェルナー 6.5 幻のゴールを含め3度の決定機を決め切れなかったが、相手の背後を再三狙って最終ラインに脅威を与えた。チャンスメイクのところでも良さは出せていた   (→ハヴァーツ -)   監督 トゥヘル 6.5 苦手クロップ率いるチームとの真っ向勝負で見事に勝ち切った。とりわけ、守備の強度、連動性が素晴らしかった   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マウント(チェルシー) カンテ、クリステンセンの仕事ぶりも光ったが、1ポイントを3ポイントに変える決定的な仕事を果たした生え抜きMFをMOMに選出。将来のキャプテン候補は難所アンフィールドでもチームをけん引する力強い仕事を見せた。   リバプール 0-1 チェルシー 【チェルシー】 マウント(前42) 2021.03.05 07:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly