2019年のベストイレブン! 栄冠の横浜FMから4名、2位FC東京から最多6名《Jリーグアウォーズ》

2019.12.08 19:46 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
「2019 Jリーグアウォーズ」が8日に行われ、ベストイレブンが発表された。

15年ぶり4度目のJ1リーグ制覇を成し遂げた横浜F・マリノスは、4名が選出。DFチアゴ・マルチンスや、MF喜田拓也、得点王に輝いたFW仲川輝人とFWマルコス・ジュニオールの両アタッカー陣が選ばれた。

また、J1リーグ2位でフィニッシュしたFC東京は、最多6名がノミネート。そのほか、ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがスペイン国籍選手として初受賞を果たしている。

なお、計10名が初受賞。FC東京の元日本代表DF森重真人が唯一複数回の受賞となり、今回で5度目となる。

◆ベストイレブン
カッコ内は受賞数
GK
林彰洋(FC東京/初)

DF
室屋成(FC東京/初)
森重真人(FC東京/5)
チアゴ・マルチンス(横浜F・マリノス/初)

MF
橋本挙人(FC東京/初)
喜田拓也(横浜F・マリノス/初)
アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/初)

FW
ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/初)
永井謙佑(FC東京/初)
仲川輝人(横浜F・マリノス/初)
マルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス/初)
コメント