残り3節ってドラマもあるけれども今週末はやっぱりこの試合に注目!? の巻/倉井史也のJリーグ

2019.11.22 20:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
残り3節ってドラマもあるけれども今週末はやっぱりこの試合に注目!? の巻/倉井史也のJリーグ


やっとリーグ戦に集中できる環境が整ったよ!! 国内組を中心としたチームが1-4で負けたコトなんてすっかり忘れて、残り3節のドラマを考えてみましょ!!

とか言いながら、実は4位川崎Fは32節消化してしまっているので残りは2試合。現在が勝点57ってことは最大でも勝点63なのです。首位FC東京が勝点62で、最終節が勝点61横浜FMvsFC東京ってことは3連覇の目がありません。5位C大阪も勝点53ってことは最大でも勝点62だから、こちらも優勝の可能性はなし。

つまり、FC東京、横浜FM、鹿島の3チームのどこかが優勝!! どこが優勝するかってのは次週じっくりやるとして、今週はACL優勝しそうになっていながら、降格が心配される浦和について考察するのだ。

ACLとリーグ戦、影響はどうなんでしょう。今季の浦和のACLの戦いぶりと、ACLの試合の直後のリーグ戦を調べてみると、こんなことになりました。

03月06日 ACLブリーラム戦(ホーム) 3○0
03月09日 J1リーグ第3節松本戦(アウェイ) 1○0
03月13日 ACL北京国安戦(アウェイ) 0△0
03月17日 J1リーグ第4節C大阪戦(アウェイ) 2○1

04月09日 ACL全北現代戦(ホーム) 0●1
04月14日 J1リーグ第7節G大阪戦(アウェイ) 1○0

04月24日 ACL全北現代戦(アウェイ) 1●2
04月28日 J1リーグ第9節清水戦(アウェイ) 2○0

05月07日 ACLブリーラム戦(アウェイ) 2○1
05月11日 J1リーグ第11節名古屋戦(アウェイ) 0●2

05月21日 ACL北京国安戦(ホーム) 3○0
05月26日 J1リーグ第13節広島戦(ホーム) 0●4

06月19日 ACL蔚山現代戦(ホーム) 1●2
06月26日 ACL蔚山現代戦(アウェイ) 3○0
06月30日 J1リーグ第17節大分戦(アウェイ) 0●2

08月27日 ACL上海上港戦(アウェイ) 2△2
09月01日 J1リーグ第25節湘南戦(アウェイ) 1△1

09月17日 ACL上海上港戦(ホーム) 1△1
09月28日 J1リーグ第27節鳥栖戦(アウェイ) 3△3

10月02日 ACL広州恒大戦(ホーム) 2○0
10月06日 J1リーグ第28節清水戦(ホーム) 2○1

10月23日 ACL広州恒大戦(アウェイ) 1○0
10月29日 J1リーグ第31節広島戦(アウェイ) 1△1

11月10日 ACL決勝アルヒラル戦(アウェイ) 0●1
11月24日 ACL決勝アルヒラル戦(ホーム) ????

こうしてみると、ACLってやっぱりなかなか過酷というか、フレッシュな前半戦はACLの勢いそのままにリーグ戦へ臨めたのが、だんだん消耗戦に変わってきてる様がよくわかるってもんです。

ただ、今季はACL直後のリーグ戦って5勝3分3敗と「勝利」がリード。ということはACLで優勝したら、そのままの勢いでリーグ残留も果たせるかも!! あ、ただし、ACLで勝った後は2勝3敗ってデータも…。
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
コメント