元イタリア代表MFモントリーボ、古巣ミランへの憤りと共に34歳で現役引退!

2019.11.13 20:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(34)が現役引退を発表した。同選手が13日、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューで明かした。

昨シーズン終了後にミランを退団した中、フリーの状態が続いていたモントリーボだったが、『コリエレ・デッロ・スポルト』の独占インタビューを通じて現役引退を認めた。

「今すぐプレーをやめる」

「家族と共に今後もミラノに住み続けることになると思う。だけど、今後自分が何をやっていくかはまだわからないよ。それには少し時間が必要だ」

また、今回のインタビューでは自身最後の所属クラブとなったミランへの憤りを語っている。

「(自身最後の指揮官となったジェンノーロ・ガットゥーゾ監督について)彼は僕を干した理由について何も説明しなかったよ。今はもう気にすることではないけど、移籍を拒否することもしていなかった。問題は自分自身にないことは明らかだったし、自分の求める質問は一度も返ってこなかった」

「(カピターノ剥奪について)ボヌッチの加入以降、モンテッラやミラベッリに彼へ腕章を譲るべきだと言われたよ。ただ、個人的には自分を含めボナヴェントゥーラのようなプレーヤーのサポートもあってその必要はないと返答した。だけど、当時の会長ヨンホン・リーの決断によって決まった」

「(2018年プレシーズンツアー招集外について)説明はなかったよ。ミラン・ラボで記録したフィジカルテストの数字は良かったけど、それは何の考慮もされなかった。決定は出発前日にチームマネージャーからテキストメッセージで送られたよ」

「それ(ミラン)が自分を引退に追い込んだと言ってもいいんじゃないかな。7年間も在籍していたにも関わらず、ファンにお別れの挨拶をする機会さえも与えられなかった」

イタリア屈指の育成の名門、アタランタでプロキャリアをスタートしたモントリーボは、繊細なボールコントロール、キック精度、パスセンスを武器に新時代のトレクァルティスタとして台頭。その後、2005年にフィオレンティーナに完全移籍を果たすと、徐々にポジションを下げてレジスタやインクルソーレの役割を担い、2010年からはヴィオラのカピターノにも就任した。

そして、2012年にはミランへのステップアップを果たし、その翌年にはロッソネロのカピターノに就任。負傷を除き2015-16シーズンまでは中盤の主力として活躍も、その後は混迷を極める名門の中で出場機会を失い、2017-18シーズンにはイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(現ユベントス)に腕章を譲ることに。

昨シーズンはケガの影響もあったものの、屈辱の出場機会0に終わり、契約満了に伴い今夏にミランを退団していた。

アタランタ、フィオレンティーナ、ミランの3クラブでのプレーを通じてセリエA通算380試合に出場し28ゴールを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では通算25試合に出場。ただ、キャリアを通じてはミラン時代の2016年に獲得したスーペル・コッパが自身唯一のタイトルとなった。

また、世代別チームからイタリア代表の常連だったモントリーボは、U-23代表の一員として北京オリンピックに参加したほか、2007年10月にデビューを果たしたアズーリでは通算66試合に出場し2ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)と、ユーロ2012の2つの大舞台を経験していた。

関連ニュース
thumb

ケシエの後釜を探すミラン、21歳オニェディカにオファーか

ミランが、ミッティランのナイジェリア人MFラファエル・オニェディカ(21)の獲得を目指しているようだ。 オニェディカは身長184cmの守備的セントラルハーフ。18歳で母国クラブからデンマークの名門ミッティランの下部組織に入り、現在ではファーストチームの主軸としてプレーしている。昨季は公式戦48試合に出場するなどフル稼働。チャンピオンズリーグ(CL)予選やヨーロッパリーグ(EL)本戦など、欧州の舞台に立ったことで、イタリア王者の目に留まったようだ。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ミランは昨季限りで退団したコートジボワール代表MFフランク・ケシエの後釜となり得る人材としてオニェディカに注目しているという。すでに移籍金400万ユーロ(約5億4000万円)+ボーナスのオファーを提示したものの、ミッティランは最低でも1000万ユーロ(約13億6000万円)を要求しているとのこと。まだまだ合意には近づけていないとみられている。 なお、ミランは選手層が手薄な最終ラインにフランクフルトからフランス人DFエヴァン・エンディカ(22)の獲得を検討している模様。ただ、選手自身がフランクフルトとの契約を尊重する意向を示しており、こちらの望みは限りなく薄いようだ。 2022.08.17 13:56 Wed
twitterfacebook
thumb

アメリカ遠征中のベレーザはミランに敗戦、意地の一発を決めた清水は「あと1試合ある。勝って日本に帰りたい」

アメリカ遠征中の日テレ・東京ヴェルディベレーザのなでしこジャパンDF清水梨紗が自身のゴールシーンを振り返った。 ベレーザは現在、アメリカのルイビルで催されている『THE WOMEN'S CUP』に参戦している。 今大会は計6チームによるミニトーナメントで争われ、ホストチームであるレーシング・ルイビルFCのほか、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)からはOLレインが参加。クラブ・アメリカ(メキシコ)、ミラン(イタリア)、トッテナム(イングランド)が集結した。 現地時間14日にミランと対戦したベレーザは、ポゼッション率こそ高かったものの、東京オリンピックにも出場したスウェーデン女子代表FWコソヴァレ・アスラニをはじめとした個の力の前に3失点。チャンスもあったがゴール前での積極性や精度を欠き、終盤に清水が意地の1点を返すも、1-3で敗れている。U-20日本女子代表に複数の選手を送り出しているため、ベストなメンバー編成とは言えないまでも、欧州勢に圧力に屈した恰好だ。 オーバーラップを繰り返して自らも得点を奪った清水は、試合後に得点シーンを回想。ゴールの形は狙い通りとしながら、総じて補うべき部分はあり、次の試合では必ず勝利したいと、次戦への意気込みも述べた。 「(得点シーンはビハインドだったので)行くしかないと、チームとしても意思統一していて、その中で相手のサイドバックが自分たちのウイングの人に食いついていたので、そこでうまく自分を使ってもらえたので、シュートで終わるだけでした」 「本当は勝ちを届けたかったですけれど、まだまだ自分たちに足りないことはあると気付きましたし、できたところもあったので、本当にこういう機会を作ってもらって、海外のチームとクラブチームとして戦えたってことはすごく自分たちのいい経験になったかなと思います」 「あと1試合あるので、絶対に勝って日本に帰りたいと思います。応援よろしくお願いします」 東京NBは現地時間17日に5・6位決定戦でトッテナムと対戦する。貴重な海外遠征の中で短期間でも組織力や意識向上に努め、新シーズンへとつなげたい。 <span class="paragraph-title">【動画】清水がオーバーラップから意地の一撃を突き刺す</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/1IriZ6iBr-w?start=78" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.08.15 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

桃白白? ラーメンマン? イブラヒモビッチの“ニューヘアー”がファンの間で話題

戦列を離れているミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、その新たな見た目が話題となっている。 40歳のイブラヒモビッチは昨季は半月板がない状態でプレーしていたことを告白。優勝したシーズン後に手術を行い、早くても来年1月まではピッチに立てない状況だ。 そんな中で、ミランとの契約を延長したイブラヒモビッチ。当然、シーズン開幕戦はピッチ外で見守ったわけだが、チームのリーダーであり、ピッチ外から支えた。 勝利後もロッカールームを訪れるなどしたイブラヒモビッチだが、その容姿が話題に。特に髪型が注目を集めている。 かなり伸びた長髪を細く三つ編みにしているイブラヒモビッチ。その姿に対し、ミランの一部のファンはあるキャラクターの名前を挙げて例えた。 それは人気漫画『ドラゴンボール』に出てくる桃白白。レッドリボン軍が雇った世界一の殺し屋で、孫悟空の師匠でもある亀仙人のライバル鶴仙人の実の弟だ。 イブラヒモビッチの三つ編みは、剃り上げてこそいないものの、漫画『キン肉マン』に出てくるラーメンマンの辮髪(べんぱつ)のような細いもの。ピッチに戻らなくとも、注目を集めるあたりはさすがだ。 <span class="paragraph-title">【写真】イブラヒモビッチの新たなスタイルが海外で話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So, <a href="https://twitter.com/Ibra_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@Ibra_official</a> did a thing. RT if you like his new hairdo <a href="https://twitter.com/hashtag/SerieA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SerieA</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MilanUdinese?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MilanUdinese</a> <a href="https://t.co/uITxATDa6i">pic.twitter.com/uITxATDa6i</a></p>&mdash; Lega Serie A (@SerieA_EN) <a href="https://twitter.com/SerieA_EN/status/1558493517751656449?ref_src=twsrc%5Etfw">August 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChPH2H8MMDl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChPH2H8MMDl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChPH2H8MMDl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.14 22:37 Sun
twitterfacebook
thumb

王者ミランが白星発進! 指揮官に慢心なし「セリエAで勝利を掴むのは難しい」

ミランのステファノ・ピオリ監督が今季のセリエA開幕戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ミランは13日にホームでウディネーゼと対戦し、4-2で勝利した。開始早々にいきなり先制を許すも、15分までにフランス代表DFテオ・エルナンデスとクロアチア代表FWアンテ・レビッチのゴールで逆転。だが、前半アディショナルタイムに同点とされてしまう。 不穏な空気に包まれるかと思いきや、後半開始まもなくスペイン代表FWブラヒム・ディアスがネットを揺らして勝ち越しに成功し、さらに68分にもレビッチが2点目。開幕戦から大量4得点を挙げ、セリエA連覇へ向けて好スタートを切った。 ピオリ監督は試合後のインタビューで改善点を口にし、この先も気の抜けない戦いが続くとの認識を示した。 「今日の我々は失点とボールの回し方という2つで自らの首を絞めた。もう少しうまくポゼッションできたはずだし、そうあるべきだった」 「最後まで良いテンポでプレーし、前へ出て攻撃に参加し、相手ディフェンダーと駆け引きするという姿勢を見せた。そして、4つものゴールを挙げた。だが、もっととれたと思う。我々にはまだまだ改善が必要なんだと教えてくれているね」 「多くのポジティブな要素があったが、このリーグはとても水準が高い。いくつかの小さなポイントについても解決すべきだと考えている。今日のゲームはセリエAで勝利を掴むことがいかに難しいかを示す一例となったはずだ」 昨季のスクデット獲得により、追う立場から追われる立場となったミランだが、名門を立て直した指揮官に一切の慢心はない様子。対戦相手への対抗心も忘れていない。 「今日はたくさんのファンの前で良いスタートを切りたいと願っていた。プレシーズンで練習を再開して以来、この試合で良い結果を手にすることこそが我々のモチベーションだった。昨季1度も勝てなかった彼ら(ウディネーゼ)を倒したかったのさ」 指揮官の野望通り、ウディネーゼを下したミラン。21日の第2節では開幕戦でサンプドリアとのアウェイゲームを制した難敵アタランタと対戦する。 2022.08.14 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラヒム・ディアスが全4ゴールに絡んだミラン、ウディネーゼを下して白星スタート《セリエA》

ミランは13日、セリエA開幕戦でウディネーゼをホームに迎え、4-2で勝利した。 昨季、11シーズンぶりにスクデットを獲得した王者ミランの開幕戦。注目の新戦力デ・ケテラエルがベンチスタートとなった中、スタメンは昨季の主力が名を連ねた。 昨季12位のウディネーゼに対し、最前線にレビッチ、2列目に右からメシアス、ブラヒム・ディアス、レオンと並べたミランは開始2分、左CKからベカンにヘディングシュートを決められ、先制を許してしまう。 それでも7分、ブラヒム・ディアスがボックス右からシュートを放つと、GKを強襲したルーズボールをカラブリアが詰めにかかったところで転倒。VARが入り、ソピーのファウルがあったとしてPKとなった。 このPKをテオ・エルナンデスが決めて1-1としたミランは15分に一気に逆転する。ブラヒム・ディアスのパスを受けたカラブリアの右クロスからレビッチがボレーで蹴り込んだ。 逆転後はミランが主導権を握り、敵陣でのプレーを続けていく。しかし追加タイム4分、R・ペレイラの右クロスからマジーナにダイビングヘッドで決められ、2-2で前半を終えた。 だが迎えた後半開始35秒、ミランが勝ち越す。テオ・エルナンデスの左クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ルーズボールをブラヒム・ディアスが詰めた。 その後も敵陣でのプレーを続けたミランは68分に4点目。ブラヒム・ディアスがボックス右でルーズボールを奪ってラストパス。最後はレビッチが押し込んだ。 そして71分、注目のデ・ケテラエルを投入したミランは終盤にかけても5点目に迫った中、4-2で勝利。ブラヒム・ディアスやレビッチの活躍で白星スタートとしている。 2022.08.14 03:32 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly