元イタリア代表MFモントリーボ、古巣ミランへの憤りと共に34歳で現役引退!

2019.11.13 20:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(34)が現役引退を発表した。同選手が13日、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューで明かした。昨シーズン終了後にミランを退団した中、フリーの状態が続いていたモントリーボだったが、『コリエレ・デッロ・スポルト』の独占インタビューを通じて現役引退を認めた。

「今すぐプレーをやめる」

「家族と共に今後もミラノに住み続けることになると思う。だけど、今後自分が何をやっていくかはまだわからないよ。それには少し時間が必要だ」

また、今回のインタビューでは自身最後の所属クラブとなったミランへの憤りを語っている。

「(自身最後の指揮官となったジェンノーロ・ガットゥーゾ監督について)彼は僕を干した理由について何も説明しなかったよ。今はもう気にすることではないけど、移籍を拒否することもしていなかった。問題は自分自身にないことは明らかだったし、自分の求める質問は一度も返ってこなかった」

「(カピターノ剥奪について)ボヌッチの加入以降、モンテッラやミラベッリに彼へ腕章を譲るべきだと言われたよ。ただ、個人的には自分を含めボナヴェントゥーラのようなプレーヤーのサポートもあってその必要はないと返答した。だけど、当時の会長ヨンホン・リーの決断によって決まった」

「(2018年プレシーズンツアー招集外について)説明はなかったよ。ミラン・ラボで記録したフィジカルテストの数字は良かったけど、それは何の考慮もされなかった。決定は出発前日にチームマネージャーからテキストメッセージで送られたよ」

「それ(ミラン)が自分を引退に追い込んだと言ってもいいんじゃないかな。7年間も在籍していたにも関わらず、ファンにお別れの挨拶をする機会さえも与えられなかった」

イタリア屈指の育成の名門、アタランタでプロキャリアをスタートしたモントリーボは、繊細なボールコントロール、キック精度、パスセンスを武器に新時代のトレクァルティスタとして台頭。その後、2005年にフィオレンティーナに完全移籍を果たすと、徐々にポジションを下げてレジスタやインクルソーレの役割を担い、2010年からはヴィオラのカピターノにも就任した。

そして、2012年にはミランへのステップアップを果たし、その翌年にはロッソネロのカピターノに就任。負傷を除き2015-16シーズンまでは中盤の主力として活躍も、その後は混迷を極める名門の中で出場機会を失い、2017-18シーズンにはイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(現ユベントス)に腕章を譲ることに。

昨シーズンはケガの影響もあったものの、屈辱の出場機会0に終わり、契約満了に伴い今夏にミランを退団していた。

アタランタ、フィオレンティーナ、ミランの3クラブでのプレーを通じてセリエA通算380試合に出場し28ゴールを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では通算25試合に出場。ただ、キャリアを通じてはミラン時代の2016年に獲得したスーペル・コッパが自身唯一のタイトルとなった。

また、世代別チームからイタリア代表の常連だったモントリーボは、U-23代表の一員として北京オリンピックに参加したほか、2007年10月にデビューを果たしたアズーリでは通算66試合に出場し2ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)と、ユーロ2012の2つの大舞台を経験していた。

関連ニュース
thumb

CB補強を模索するミラン、日本代表DF板倉滉の同僚に注目か

ミランがシャルケのU-21ドイツ代表DFマリック・チアウ(20)獲得に関心を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 今シーズン、セリエAで23試合を消化して首位と4ポイント差の3位につけるなど、昨季に続いて好調のミラン。しかし、チームの守備を支えてきたデンマーク代表DFシモン・ケアーが12月にヒザを負傷して今季中の復帰が絶望的となっているため、今冬の移籍市場でセンターバックの補強を模索している。 これまでマンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリー(27)やトッテナムのU-21イングランド代表DFジャフェット・タンガンガ(22)を獲得する噂が流れたが、イタリアの複数メディアによると、テクニカルディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏はチアウの獲得に照準を定めたようだ。 チアウはシャルケの下部組織出身で、191cmの長身を武器に今シーズンは公式戦21試合に出場。20歳の若さでありながら、日本代表DF板倉滉と共に3バックのレギュラーとしてプレーしている。また、U-21ドイツ代表でも6試合に出場して2ゴールを記録するなど、将来有望な若手センターバックだ。 ミランは1月中に交渉をまとめて獲得したい意向を示しているが、同選手に対してはリバプールも関心を寄せており、去就が注目されている。 2022.01.26 17:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ケシエが今季終了後にバルセロナへ、個人間合意と報道

ミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)が今季終了後にバルセロナへ移籍することで個人間合意に達したようだ。イタリア『Sportitalia』が報じている。 今季終了後にミランとの契約が切れるケシエ。トッテナムを筆頭にパリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナルといったメガクラブが獲得に興味を示していたが、バルセロナが争奪戦を制したようだ。 『Sportitalia』によれば口頭での個人間合意に達しているようで、今季終了後にフリーエージェントでバルセロナに加入することになる模様だ。 今冬でのトッテナムへの移籍が加速していたとの報道もあったが、先週ケシエの代理人が否定していた。 2022.01.26 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

準々決勝の日程が決定! インテルvsローマ、ミランvsラツィオなど《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝の日程が決定した。 1月12日から20日にかけて行われたベスト16では、前回王者ユベントスや、ファイナリストのアタランタ、ミラノ勢が順当に駒を進める中、一昨シーズンの覇者ナポリは、合計3人の退場者を出したフィオレンティーナとの大荒れの試合で、延長戦までもつれ込んだ結果、2-5の敗戦を喫した。 準々決勝では、インテルvsローマや、ミランvsラツィオなど、セリエA上位陣によるビッグマッチが実現。ナポリを破ったフィオレンティーナはアタランタと、ユベントスはサッスオーロと対戦する。 ◆コッパ・イタリア準々決勝日程 ▽2/8(火) 《29:00》 インテル vs ローマ ▽2/9(水) 《29:00》 ミラン vs ラツィオ ▽2/10(木) 《26:00》 アタランタ vs フィオレンティーナ 《29:00》 ユベントス vs サッスオーロ 2022.01.25 16:44 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州予選POを控えるイタリア代表がトレーニングキャンプメンバーが発表! バロテッリが約3年半ぶりの招集

イタリアサッカー協会(FIGC)は24日、フィレンツェで行われるトレーニングキャンプに向けたイタリア代表メンバーを発表した。 同トレーニングキャンプは26日から28日までの3日間で実施。カタール・ワールドカップ欧州予選プレーオフに向けた強化合宿となる。 注目の招集者では、アダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリが2018年9月以来の代表入りを果たした。 また、GKマルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ)、DFルイス・フェリペ(ラツィオ)、DFジョルジョ・スカルビニ(アタランタ)、MFニコロ・ファジョーリ(ユベントス)、MFダビデ・フラッテージ(サッスオーロ)、MFサムエレ・リッチ(エンポリ)、FWジョアン・ペドロ(カリアリ)の7名が初招集となった。 イタリアは、3月24日に行われる欧州予選プレーオフ準決勝で北マケドニア代表と対戦。勝利した場合には、決勝でポルトガル代表vsトルコ代表の勝者と対戦する。 ◆イタリア代表メンバー GK マルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ)※ アレッシオ・クラーニョ(カリアリ) サルバトーレ・シリグ(ジェノア) アレックス・メレト(ナポリ) DF アレッサンドロ・バストーニ(インテル) クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ) ダビデ・カラブリア(ミラン) アレッサンドロ・フロレンツィ(ミラン) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) マッティア・デ・シリオ (ユベントス) ルカ・ペッレグリーニ(ユベントス) ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ) ルイス・フェリペ(ラツィオ)※ ジャンルカ・マンチーニ(ローマ) ジョルジョ・スカルビニ(アタランタ)※ ラファエウ・トロイ(アタランタ) MF ニコロ・バレッラ(インテル) ステファノ・センシ(インテル) ブライアン・クリスタンテ(ローマ) ニコロ・ザニオーロ(ローマ) ニコロ・ファジョーリ(ユベントス)※ マヌエル・ロカテッリ(ユベントス) ダビデ・フラッテージ(サッスオーロ)※ マッテオ・ペッシーナ(アタランタ) サムエレ・リッチ(エンポリ)※ サンドロ・トナーリ(ミラン) マッティア・ザッカーニ(ラツィオ) FW マリオ・バロテッリ(アダナ・デミルスポル/トルコ) ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ) ジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ) ジャンルカ・スカマッカ(サッスオーロ) フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス) チーロ・インモービレ(ラツィオ) ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) ジョアン・ペドロ(カリアリ)※ ※は初招集メンバー 2022.01.25 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ戦ドローのミラン指揮官「ボックス内で何かが足りなかった」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、ゴールを奪えなかったことを嘆いた。イタリア『スカイ』が伝えている。 ミランは23日、セリエA第23節でユベントスと対戦。序盤からゴールに迫るも、28分にはエースのFWズラタン・イブラヒモビッチが負傷退場するというアクシデントに見舞われる。 その後も幾度となく決定機を作ったが、90分を通して互いに得点を挙げられず。本拠地サン・シーロでの上位対決で勝ち点1の獲得にとどまったピオリ監督は試合後、自チームのボックス内でのプレー精度の低さを嘆いた。 「我々は相手に対して、正しい姿勢で試合に臨んだが、ボックス内で何かが足りなかった」 「最後の局面で正確性や決定力がないときがあった。フィールドでうまくボールをコントロールできなかったり、ラストパスをうまく出せなかったりすることが多かった」 「我々は慎重かつ果敢に、エネルギーと強度をもって、危険な存在になろうとしていた。チームのパフォーマンスについてはそう言わざるを得ない」 また、次節のインテル戦に向けては「ダービーに勝てば優勝争いに踏みとどまって、最後まで戦えるが、そうでなければ、昨季のように最終節までチャンピオンズリーグ出場を決められないというリスクを背負うかもしれない」とコメント。ミラノ・ダービーの勝敗が今季のスクデット争いを左右するだろうと予想した。 2022.01.24 11:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly