Y・トゥーレ所属&元神戸リージョ指揮の青島黄海が中国スーパーリーグ昇格!「歴史を作った」

2019.10.27 11:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが所属し、元ヴィッセル神戸指揮官のフアンマ・リージョ監督が率いる中国甲級リーグ(2部)の青島黄海が1部昇格を決めた。

中国甲級リーグで首位に位置する青島黄海は26日、第29節で上海申鑫と対戦し、2-0で勝利。勝ち点を57に伸ばし、残り1試合の段階で、3位・石家荘永昌(勝ち点53)との勝ち点差を「4」としたため、自動昇格圏の2位以内が確定した。

今年7月に青島黄海入りし、これまで同リーグで13試合2ゴール3アシストを記録しているヤヤ・トゥーレは、自身のツイッター(@YayaToure)を更新。中国スーパーリーグへの昇格に歓喜した。

「今日、僕らは歴史を作った。昇格だ! 来シーズンは青島黄海がいるべき場所である中国スーパーリーグに行く」

「昇格できたことを誇りに思う。だが、タイトルが欲しい。あと1試合だ」

2位・貴州智誠との勝ち点差「3」をつけている青島黄海は、11月2日に行われる南通支雲との最終節を引き分け以上で終えれば、リーグ優勝が決定する。


関連ニュース
thumb

ジエゴ・コスタがアトレチコ・ミネイロを退団! 半年で2つのタイトルを獲得

アトレチコ・ミネイロは16日、元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(33)と契約を解除したことを発表した。 2020年末に個人的な理由でアトレティコ・マドリーを退団したジエゴ・コスタは、半年の空白期間を経てアトレチコ・ミネイロに加入。個人的には公式戦19試合5ゴールを記録した中で、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAとコパ・ド・ブラジルを制覇し、同選手にとってもキャリア初の母国凱旋を最高の形で締めくくった。 だが、その後は去就を巡ってジエゴ・コスタが「なんでも起こりうる」と退団の可能性を示唆すると、クラブのセルジオ・コエーリョ会長がそれを否定し、メディアを騒がせる一幕もあった。 するとこの度、2022年末までとなっていた契約を双方合意の下で解除。ジエゴ・コスタは自身のインスタグラムを通じて感謝の言葉を綴っている。 「アトレチコに正式に別れを告げてきた。初日から最後の日までたくさんのサポートと愛をくれたファンのみんなには感謝しているよ」 「ブラジルでタイトルを獲得するという子供の頃からの夢を叶えてくれて本当にありがとう。クラブの全スタッフ、特に日々助けてくれた仲間たちよありがとう」 「世界最高の成功を祈っているよ」 2022.01.17 13:44 Mon
twitterfacebook
thumb

パトがオーランド・シティと契約更新! 加入初年度は長期離脱もクラブの期待変わらず

メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するオーランド・シティは15日、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(32)との契約を1年間延長したことを発表した。 かつてミランで活躍したパトは、コリンチャンスやサンパウロ、チェルシー、ビジャレアル、さらには中国の天津天海足球倶楽部を渡り歩き、2019年5月にサンパウロへ復帰。2020年8月に退団して以降はフリーの状態が続いていたが、2021年2月に1年契約でオーランドに加入していた。 ただ、その新天地ではMLS開幕戦のアトランタ・ユナイテッド戦で右ヒザに重傷を負い、約半年間の離脱を経験。昨年10月半ばにようやく戦列に復帰したが、加入1年目は公式戦5試合の出場に留まっていた。 それでも、オーランドでゼネラル・マネージャーを務めるルイス・ムッツィ氏は、「パトの能力は証明されており、彼が我々のチームにもたらすことのできる未開発の可能性を知っている」、「今シーズン、ピッチとドレッシングルームの両方で重要な役割を果たすことを楽しみにしている」と、ベテランストライカーへの期待を口にしている。 ※写真はサンパウロ時代 2022.01.17 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

MLSで14歳15日のプロフットボーラーが誕生! アメリカのチームスポーツにも金字塔を打ち立てた逸材

アメリカのMLSで驚きの記録が生まれた。 レアル・ソルトレイクは14日、FWアクセル・ケイとプロ契約を結んだ。同選手はコートジボワール出身で、幼少期の頃にアメリカへ移住。2020年にユタ州都クラブに入団した。 今回の契約で注目されたのはその年齢。アクセル・ケイは2007年生まれで12月30日に14歳になったばかり。かつて、元アメリカ代表で欧州ではベンフィカやモナコでプレーした経験を持つフレディ・アドゥ氏が、DCユナイテッドと14歳168日でプロ契約を交わした記録を持っているが、アレックス・ケイは14歳と15日という新たな最年少記録を打ち立てた。 まだレアル・ソルトレイクでは未出場だが、昨夏に行われたU-15を対象とするMLS Nextカップでは得点王に輝いた実績を持つ。また、同年10月には、同クラブのリザーブチームにあたるレアル・モナークスで2部リーグデビューも果たしている。当時はプロ未契約だったものの、13歳8カ月9日での出場は、アメリカのプロチームスポーツ史上における最年少記録となった。 レアル・ソルトレイクでゼネラルマネージャーを務めるエリオット・フォールは「昨年、アクセルは国内の攻撃的な選手でで最も見込みのある一人であることが証明された」と、193cmの長身を誇るアクセル・ケイを絶賛している。 <span class="paragraph-title">【写真】MLS史上最年少でプロ契約を結んだアクセル・ケイ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">14 years and 15 days old.<br><br>We&#39;ve got the youngest Homegrown in <a href="https://twitter.com/MLS?ref_src=twsrc%5Etfw">@MLS</a> history.</p>&mdash; Real Salt Lake (@realsaltlake) <a href="https://twitter.com/realsaltlake/status/1482095006391234562?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.15 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツで挑戦中の元Jリーガー、ベルギーでの鈴木武蔵との思い出綴る「もがいてる真っ只中だと思った」

JリーグでもプレーしたMF幸野志有人が自身のnoteを更新。2021年末に訪れたベルギーでの、日本代表FW鈴木武蔵(ベールスホット)との思い出を振り返った。 JFAアカデミー福島出身の幸野は、16歳という若さで2010年にFC東京へ入団するも出場機会に恵まれず、複数クラブへレンタル。2017年にV・ファーレン長崎に完全移籍した後、オーストラリアのシドニー・オリンピックFC、南葛SCに加入。2021年11月にシーズン途中ながらドイツ4部のチームの練習に参加するために退団することが発表されていた。 幸野は、現在は別のチームで練習参加していることを明かしながら、2021年末に長崎時代のチームメイトでもある鈴木のもとを訪れたときのことを綴っている。 その鈴木は、2020年8月に北海道コンサドーレ札幌から完全移籍でベールスホットに加入。海外挑戦1年目のシーズンでジュピラー・プロ・リーグ26試合に出場し6ゴール1アシストを記録したものの、今シーズンはここまで16試合ノーゴールと苦しんでいる状況だ。 幸野は、鈴木の試合を観戦したことを報告。しかし、「試合を見る限り今もまだ、もがいてる真っ只中だと思ったし、上手くいってるとは言えない状況ではあったと思います」と鈴木の現状について見解を示した。 ただ、「多分武蔵はいろんな選択肢があるなかで毎日自分と葛藤してると思うけど、その葛藤こそが素晴らしい経験だと思うし、どんな選択をしようが変わらず親友として心から応援してます。それだけはどこにいても変わりません」と変わらぬサポートを誓っている。 2021年12月にもそれぞれのSNSでベルギー旅行の時のオシャレな写真の数々を投稿していた2人。幸野は「またいつかどこかで一緒にプレーできたら最高ですね」とも綴っており、海を渡った今も固い絆で結ばれているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】鈴木武蔵と幸野志有人、お洒落好きな2人のベルギーでの上級者コーデ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">出会って10年くらい経つけど、まさか10年後にベルギーで武蔵の家に泊まって一緒にスクーターのって遊んでるとは思わなかったし人生って面白い。<br>10年後はお互いどんな人間になってるか楽しみ。 <a href="https://t.co/PynpfUIsOd">pic.twitter.com/PynpfUIsOd</a></p>&mdash; 幸野 志有人 (@shootkohno) <a href="https://twitter.com/shootkohno/status/1473254169024811010?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.15 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

コルトレイク入りの渡辺剛が新天地デビュー! 2-2ドローの一戦に右SBでフル出場《ジュピラー・プロ・リーグ》

コルトレイク入りした日本代表DF渡辺剛が新天地デビューした。 ジュピラー・プロ・リーグ20試合を消化して8勝7分け5敗の8位につけるコルトレイク。14日の第22節で6位ヘントのホームに乗り込み、再開初戦を迎えた。 加入して間もない渡辺だが、右サイドバックで先発。本職のセンターバックではないポジションでのプレーとなり、28分にイエローカードも受けたが、フル出場した。 試合は8分にムバヨが独力でカウンターに持ち込み、コルトレイクが先制。だが、44分に許した左CKからセカンドボールを蹴り込まれ、ヘントに追いつかれてしまう。 52分にも渡辺が守る逆サイドからクロスを許して、スコアをひっくり返されたコルトレイクだが、90+1分に味方の縦パスでボックス中央に抜け出したムバヨがネットを揺らして、追いついた。 土壇場で追いついたコルトレイクは白星リスタートこそならなかったものの、敵地で勝ち点1を獲得。3連勝を逃したが、4戦負けなしとしている。 ヘント 2-2 コルトレイク 【ヘント】 モンテス(前44) ムボヨ(後7) 【コルトレイク】 ムバヨ(前8、後45+1) 2022.01.15 09:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly