【2022年カタールへ期待の選手㉜】同い年・久保建英とは異なる成長過程でトップレベルを目指す万能型アタッカー/西川潤(桐光学園高校/FW)

2019.10.31 13:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
若月大和(桐生第一高校)への2本のスーパーなスルーパスに始まり、VARで得たPKを蹴り込んだ自らのゴール。27日のU-17ワールドカップ(ブラジル)初戦・オランダ戦(リオブランコ)に挑んだ日本のエースFW西川潤(桐光学園高)は欧州王者粉砕の原動力として圧倒的な存在感を示した。

すでに今年5〜6月のU-20ワールドカップ(ポーランド)にも出場していて、今回は1カテゴリー下の世界舞台に参戦すべきかどうかという議論もあったが、「自分が絶対的エースとして日本を勝たせる」という強い覚悟で大会に赴いた。すでにセレッソ大阪でJリーグデビューも果たしている飛び級アタッカーは重責を背負ってピッチに立ったが、いきなり結果が出たことで、本人も森山佳郎監督もまずは安堵したことだろう。

欧州クラブからも熱視線を送られる17歳の逸材は小中学校時代を横浜F・マリノスのジュニア、ジュニアユースで過ごした。左足の卓越したテクニックに加え、類まれなゴールセンスを兼ね備え、最前線からサイド、トップ下まで幅広くこなす万能型FWで、クラブからはユース昇格を打診されていた。しかし、U-15日本代表で出会った森山監督のインパクトが大きく、自分に足りないものを求めて桐光学園行きを決意したという。

「15歳で初めて代表でゴリさん(森山監督)に会った時、今までに経験したことのない熱意を感じました。映像を見せながら『これはダメだ』と具体的に示す戦術指導も刺激的で、驚きの連続でした。『努力しないやつは絶対に生き残れない』『今、スーパーだったとしても、先々には関係ない』といった苦言も呈されて、自分にすごく響いた。マリノス時代は技術・戦術面を大きく伸ばしてもらいましたし、指導者の方々には感謝していますけど、泥臭さや守備意識といった部分がどこか足りないという引っかかりもあった。ゴリさんはそこに気づかせてくれたんです」と彼は言う。

同い年の久保建英(マジョルカ)や斉藤光毅(横浜FC)とは別の成長過程を選んだことはプラスに働いた。学校から自宅が近かったことで自主練に精を出し、自分の課題に取り組むことができた。周囲のレベルはJクラブより多少下がるかもしれないが、仲間とともに成長していくことの大切さも学び、リーダーシップも身に着けることができた。さまざまなJクラブに練習参加したり、今年頭にはレバークーゼンにも赴く機会を持てたし、年代別代表にもコンスタントに呼ばれ、国際経験も積み重ねることができた。今大会で2トップを組む若月もそうだが、高体連でタフさや泥臭さを身に着けた彼らが世界舞台でしっかりと活躍している。それは関係者にとっても大きな励みになるはずだ。

この大会で活躍すれば、海外からのオファーもより増えるだろう。すでに久保がマジョルカでプレーし、1つ年上の菅原由勢(AZ)や中村敬斗(トゥベンテ)もオランダで試合に出ているのを見れば、本人の中で多少の焦りが生まれてもおかしくない。しかしながら、西川はまず目先の環境で力をつけることを重要視している。

「なるべく早く海外へ行きたい気持ちはありますけど、まずはセレッソでレギュラーを取って試合に出ることが目先の目標です。僕が勝負したいのは最前線か右サイドのいずれかですね。理想像をあえて挙げるとしたら、リヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ)。個人で持ち込んで勝負ができて、タテにも行けてハードワークもできる選手なんで、すごく参考にしています。自分はフィジカル面含めてまだまだ足りない部分が多いので、何をすべきかしっかり考えながらやっていきます」

こういった地に足の着いた発言をするところは実に西川らしい。17歳とは思えない思慮深さは大きな武器だ。同い年の久保に対しても「建英はスペイン語が話せるから、普通の日本人が海外移籍するのとは違います」と別物と捉えている。他の人がやっていることを学ぶのも大切だが、自分には自分のやり方がある。そんな1本筋の通った部分が頼もしい。そういう強いメンタリティを持ち続けていれば、多少時間はかかっても久保や中村、菅原の領域にたどり着けるはず。むしろ彼らを追い越すことも十分可能だろう。

来年から本格的にプロ生活をスタートさせる選手ということで、2020年東京五輪、2022年カタール・ワールドカップという軌跡を描くのはやや難しそうだ。が、彼には2024年パリ五輪もあるし、その先のワールドカップもある。その舞台に立つためにも、まずは今、参戦中のU-17ワールドカップでアメリカ、セネガルに勝って1次リーグを勝ち上がり、次のステージに行くことが先決だ。

久保らが出場した2年前のインド大会はベスト16敗退を余儀なくされたが、今回はそれ以上のステージに勝ち上がりたいところ。西川の爆発なくして、理想的なシナリオが現実になることはあり得ない。若き万能型アタッカーの一挙手一投足、そしてこの先の成長過程を興味深く見守りたい。
【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
コメント