ユナイテッドがマンジュキッチに続きセリエAからピョンテク補強か?

2019.10.13 21:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドが今冬の移籍市場でミランのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(24)の獲得に動く模様だ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。ユナイテッドは今夏、FWロメル・ルカクとFWアレクシス・サンチェスをインテルに放出。だが、その後釜の獲得に失敗したクラブはFWマーカス・ラッシュフォードやFWアントニー・マルシャル、FWメイソン・グリーンウッドら若きタレントに新たな得点源としての役割を期待しているが、ここまではケガの影響などもあって思うような成果を出せていない。

今冬のストライカー補強を明言しているそのユナイテッドに関しては、ユベントスに所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(33)の獲得に関して口頭合意に至ったとの報道が出ている。だが、同クラブはベテランストライカー以外にも更なる前線の補強に動いているようだ。

ここまではレッドブル・ザルツブルクに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(19)、リヨンに所属するフランス人FWムサ・デンベレ(23)らの名前が挙がっているが、その候補リストに新たに加わったのが、ミランのピョンテクだ。

ユナイテッドは来年1月に同選手の獲得に向け、3500万ポンド(約47億6000万円)前後のオファーを掲示する準備を進めている模様。その一方、ミラン側は最低でも4360万ポンド(約60億円)を要求する構えだという。

昨季、ジェノアとミランでリーグ戦22ゴールを奪う大爆発を見せたピョンテクだが、マルコ・ジャンパオロ前監督の最も得意とする[4-3-1-2]で求められる前線のタスクになかなか順応できず、プレシーズンから低調なパフォーマンスに終始。今シーズンここまでのセリエA7試合ではPKによる2つのゴールを奪ったのみとなっている。

ミランとしてはステファノ・ピオリ新体制でのピョンテクのパフォーマンスを考慮しつつ、状況次第で売りに出す可能性があるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ロイ・キーンが決定機逸のポグバに言及「決めないと」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏が、リバプール戦で決定機を外したフランス代表MFポール・ポグバに言及している。 ユナイテッドは17日にプレミアリーグ第19節でリバプールと対戦した。試合はリバプールが主導権を握る中、ユナイテッドは主にカウンターから攻撃の機会を窺っていた。 すると0-0で迎えた83分に、ボックス中央でDFアーロン・ワン=ビサカの横パスを受けたポグバに絶好のシュートチャンスが訪れる。ワンタッチで上手く懐に収め、渾身の右足シュートを放ったが、GKアリソン・ベッカーのファインセーブに阻まれゴールならず。この最後の決定機を生かせず、試合は0-0のまま終了した。 ロイ・キーン氏はこのシーンを振り返り、「ポグバは決めるべきだった」とイギリス『スカイ・スポーツ』でコメント。リバプールの現状から考えて勝つべき試合だったと振り返った。 「彼(ポグバ)のリアクションから分かるだろう。ファーストタッチはエレガントだったが、なんてこった…彼は決めるべきだった。GKを横切って、DFを確認しながら決められるはずだった」 「最初の素晴らしいタッチでゴールを決められるチャンスを得た。しかし、姿勢を正して自分を大きく見せたGKに止められてしまった。試合前に願っていたまたとないチャンスだったんだが」 「リバプールのプレーが悪いとは言わないが、彼らは輝きを失っている。ポグバほどのチャンスを外せば、その失望も大きい。あれは彼が主役になるための瞬間だった。あのチャンスは生かさなければならない。だが、私はユナイテッドをそこまで批判するつもりはない」 「時々心配になるが、この試合の4バックは素晴らしかった。(ルーク・)ショーは守備面でも攻撃面でもブリリアントだった。(マーカス・)ラッシュフォードは姿を見せず、(ブルーノ・)フェルナンデスもいつも通りのプレーではなかったが、それでも彼らには2つのビッグチャンスがあった」 2021.01.18 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

波紋を呼ぶポール・ティアニー主審のジャッジ…クラッテンバーグ氏は誤審だったと認めるも「批判はしない」

波紋を広げているポール・ティアニー主審のリバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのジャッジに関して、元世界的名レフェリーのマーク・クラッテンバーグ氏が言及している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 問題となっているのは、前半アディショナルタイムでの出来事。1分の追加タイムの中で、リバプールは味方のスルーパスに抜け出したFWサディオ・マネが最終ラインを突破。あとはGKとの一対一を制すのみという絶好の瞬間に、ポール・ティアニー主審は前半終了の笛を吹いた。 通常ならプレー続行のタイミングだった上に、そもそも規定の終了時間の5秒も前だったということもあり、リバプール陣営からは不満の声が噴出。主将を務めたジョーダン・ヘンダーソンはホイッスル直後に主審のもとへ詰め寄り、説明を求めた。また、試合後には「意味がわからない」と憤りを公にしている。 クラッテンバーグ氏は、ポール・ティアニー主審は試合を上手く捌いていたと全体的に称賛した一方で、問題のシーンは間違いだったと認めた。それでも批判はしないと、擁護の姿勢を示した。 「この試合がどのように審判されるかに注目が集まっていたが、ポール・ティアニーは最小限の騒ぎで試合をコントロールしてくれた」 「彼は賢明なレフェリーであり、今日もそれを示してくれたが、無観客だったことに救われた面もある。この試合はアンフィールドが満員になると全く違ったものになるからだ」 「ちょっとした論争があったのは、ハーフタイムに入ってからのことだった。1分間のアディショナルタイムが表示され、テレビの時計で55秒が経過した時に、ティアニーはピッチの中央で笛を吹いた」 「彼は、審判の標準であるように、プレーをニュートラルエリアで終えることを望んでいた。問題は、一瞬のうちにリバプールがボールを最前線に運び、サディオ・マネがゴールに向かおうとしていたことだ」 「技術的には、ティアニーは最低でも1分が経過するまで待つべきだった。ティアニーが助けられたのは、マネやユナイテッドDFビクトル・リンデロフが直ちにプレーを止めてくれたからだ。我々も次に何が起こっていたのかは分からない」 「しかし、この事件でティアニーを批判するつもりはない。彼は非常に良いゲームをしていた。我々審判団が真のインテンシティを持っていなかったのは残念なことだがね」 2021.01.18 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

「ゴールチャンスを奪われた」レッズ主将ヘンダーソンも不満を募らせたポール・ティアニー主審が非難の的に

17日に行われたプレミアリーグ第18節のリバプールvsマンチェスアー・ユナイテッドの大一番で笛を吹いたポール・ティアニー主審に非難が集中している。 ユナイテッドが首位、リバプールが暫定2位という状況で迎えることになった今回の一戦。3年4カ月ぶりに首位に立ち、アウェイ15戦無敗を継続するユナイテッドと、67試合無敗を誇るアンフィールドという要塞で迎え撃つリバプールという稀に見る好カードは、予想通りボールを保持するリバプールと、ロングカウンターで抵抗するユナイテッドという構図となる。 試合はどちらが先に1点を取るかという均衡した戦況に向かう中、問題のシーンは前半アディショナルタイムに訪れる。 前半に取られた追加タイムは1分。その中でリバプールはピッチ中央から前線を走るFWサディオ・マネにロングボールが入る。オフサイドもなく、このままGKと一対一の絶好のチャンスを迎えるかに思われたその瞬間に、ポール・ティアニー主審は前半終了の笛を吹いたのだ。 しかもタイミングは45分55秒と、規定の時間の5秒も前。普通に続けていればゴールもできたかもしれないシーンだっただけに、リバプール側の人間からすれば絶対に納得できないジャッジだ。 この試合でセンターバックとしてプレーした主将のジョーダン・ヘンダーソンもイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで不満を募らせていたことを認めている。 「想像通り、僕たちは不満たっぷりだよ。意味がわからない。本当にね」 「もし彼(主審)が笛を吹いていなければ、彼(マネ)はゴールできていたかもしれない。わからないけどね。ハーフタイムにはさすがにイライラしていたよ。だけどまだゴールを決める時間は残されていた。でもそのクオリティには少し至らなかったみたいだね」 イギリス『デイリー・メール』によると、SNSでは「本当に頭にきた」、「恥の極みだ」というポール・ティアニー主審に対する非難の声が多数挙がっているようだ。 絶好機を奪われたリバプールは、後半もユナイテッドの組織された守備を攻略できず、0-0のドロー決着。マンチェスター・シティとレスター・シティに抜かれ、暫定4位となっている。 2021.01.18 16:36 Mon
twitterfacebook
thumb

「本当に良くプレーしてくれた」ペップ、攻守両面で大活躍のストーンズを称賛

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、イングランド代表DFジョン・ストーンズを称賛している。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは17日にホームで行われたプレミアリーグ第19節でクリスタル・パレスと対戦。ストーンズの2ゴールや、MFイルカイ・ギュンドアン、FWラヒーム・スターリングにゴールが生まれて、4-0の快勝を収めた。 今季のプレミアリーグにおいて全チーム中初めて5連勝を達成したシティ。これで暫定2位に浮上し、20日予定されている延期分の第1節アストン・ビラ戦で勝利すれば単独首位に立てる位置にまで来た。 グアルディオラ監督は選手のパフォーマンスに満足感を示しながらも、例年以上に難しいシーズンになっていることを認めている。 「我々は上位に居座るために多くのクラブと同じように戦い、ここに留まるためにまだまだ試合をこなさなければならない」 「奇妙なシーズンだ。どのチームにもどんな相手でも倒すチャンスがあり、毎試合難しいものとなっている。今日は選手たちを祝福したい。良いパフォーマンスだった。勝って3ポイントを得ることができたからね」 また、グアルディオラ監督はこの試合で輝いたストーンズについて「最高に値する選手がいるとするならば、それはジョンだ」と絶賛。一貫性のないパフォーマンスで近年は批判の的にされていたイングランド代表DFを褒め称えた。 「彼は本当に素晴らしい人間で、彼の両親は誇りに思っているに違いない。彼は過去に問題を抱えていたんだ。監督は選手に自信を与えることはできない。ルベン(・ジアス)の隣で本当に良くプレーしてくれたよ」 「だが皆さん、我々がどのようにプレスをかけ、どれほどアグレッシブでどれほど強靭だったか見ただろう。それこそが重要なことなのだ。今日は良かったよ」 「最終ラインの選手はミスをしない。彼らはとても一貫しているね。昨シーズンは相手がとりわけ何かをしたわけでもないのに失点しまうことが何度もあった」 「今シーズンは大幅に改善された。失点することはほとんどなく、前線の選手のクオリティの高さが違いを生み出している」 「監督がサポートできることはたくさんあるが、できないことの1つは前線の選手に才能を与えることだ。人生を楽しくしてくれるような選手を指導できて、とても幸せだね」 「過去2シーズンはこういった試合に勝てず、苦労していた。今日はその理由がわかったよ。前線の選手のクオリティだ。これは特別なことだが、監督は何もできない」 2021.01.18 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スールシャール、首位堅持のドローも「正直、がっかりだと言わざるを得ない」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が悔しがった。 首位のユナイテッドはプレミアリーグ第19節で2位のリバプールとアウェイで対戦。リバプールとの首位攻防戦だったが、GKアリソンの牙城を打ち破れず、0-0のドローに終わった。 敵地で最低限の1ポイントを掴み取り、首位の座をキープしたユナイテッドだが、スールシャール監督の心情は3ポイント差のリバプールを叩けずの悔しさが上回っているようだ。 フランス代表MFポール・ポグバの右サイドハーフ起用などでリバプールに対抗したノルウェー人指揮官は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で満足いかずの様子を滲ませた。 「我々は十分なプレーができず、3ポイントに値しなかったよ。とりわけ、前半は自分たちの戦いができなかった。徐々に立ち直り、後半に勝機があると思って、2つの大きなチャンスを作ったのだがね」 「我々なら、もっと良いプレーができるはずだ。もっとボールを持って、より多くのことができる。今日は守備の回数が多く、ボールの主導権を許すことも多かった。改善の必要箇所がいくつかある」 67戦無敗を誇るリバプールのホーム戦だった点を鑑みると、勝ち点1という結果は決して悪くないようにも感じるが、スールシャール監督は落胆。次戦勝利の必要性を口にした。 「正直に言って、今はがっかりだと言わざるを得ない。彼らの負傷者を考えると、ここで結果を掴みたいと思うものだ。そうならなかったが、次戦を勝てば、今回の1ポイントは悪くないかもしれない」 2021.01.18 09:15 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly