仲川が1ゴール&OG誘発で横浜FM上位追走…磐田は今季初の連勝逃す《J1》

2019.10.05 16:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第28節のジュビロ磐田vs横浜F・マリノスが5日にヤマハスタジアムで行われ、2-0で横浜FMが勝利した。ここまで5勝6分け16敗で最下位に沈む磐田(勝ち点21)と、15勝4分け8敗で3位に位置する横浜FM(勝ち点49)が激突した。

前節の大分トリニータ戦を2-1で勝利し、フェルナンド・フベロ監督体制初勝利を飾ると共に、8試合ぶりの白星を飾った磐田。次節には16位・サガン鳥栖(勝ち点28)との残留争い直接対決も控えているだけに連勝で弾みをつけたいところ。そんな中、横浜FM戦に向けては前節から先発メンバーを2人変更。森谷と前節復帰も再び負傷離脱となった川又に代えて、今野と藤川を起用した。

一方、前節のベガルタ仙台戦を1-1のドローに終え、首位を含めた上位2チームとの差を縮めることができなかった横浜FM。優勝争いに生き残るためにも最下位相手にポイントロスは避けたい一戦だ。その試合に向けて、前節からメンバーを2人変更。高野と渡辺に代わり、出場停止明けのティーラトンと喜田が先発に名を連ねた。

残留と優勝、目標が違えどどちらも勝ち点3が欲しい一戦。試合は両者、立ち上がりから積極的に仕掛ける展開に。まずは磐田が3分にボックス手前から藤川が惜しいミドルシュートを放つと、対する横浜FMも直後に右サイドを抜け出した仲川のクロスをファーサイドでマテウスが合わせる。

立ち上がりを経過すると、磐田が横浜FMのパスワークに対応し、11分には右CKの流れからボックス左から藤川がシュート。さらに17分には、上原がボックス左外から直接ゴールを狙うなど、磐田が上位チームを脅かすが、どちらもGK朴にセーブされる。

攻めあぐねた時間帯が続いた横浜FMだったが、一瞬の隙から先制点を奪う。30分、敵陣中央やや右でパスを受けた松原がボックス右にスルーパスを供給。これに反応していた仲川が飛び出したGK八田を引きつけて中央にパスを送ると、阻止しようとした藤田に当たってボールはそのままゴールに吸い込まれた。

ゴールを匂わせながら、逆に先制点を許してしまった磐田。すぐさま攻勢を強めるも、ラストパス、フィニッシュの精度を欠き、あと一歩のところでチャンスを作れず。0-1のビハインドで試合を折り返した。

後半に入ると、磐田は相手の最終ラインの背後を狙い始めるが、GK朴の果敢な飛び出しなどに阻まれる。対して、追加点が欲しい横浜FMは56分、左サイドでボールを持ったマテウスが豪快に左足を振り抜くも、枠を捉えることができない。さらに65分には敵陣中央で喜田が勢いよく飛び出してインターセプトし、そのままボックス内に侵攻して右足シュート。これがゴール右隅を捉えるも、GK八田のファインセーブに防がれた。

その後も横浜FMに追加点のチャンス。78分、喜田の中盤からの絶妙なスルーパスにエリキが抜け出すと、ボックス右からグラウンダーのクロスを送る。ここに途中出場の遠藤が飛び込んだが、ゴールラインギリギリのところで八田の牙城を崩せず。するとゴール前に飛び込んだ遠藤が勢いあまって左ポストに左肩を直撃。このプレーで遠藤は負傷し、高野との交代を余儀なくされる。

思わぬアクシデントに見舞われた横浜FMだが、87分に待望の追加点。遠藤との交代で入った高野がボックス左手前からサイドチェンジ。これをボックス右で受けた仲川が細かなタッチから対峙した相手DFの意表を突くタイミングで右足を振り抜く。これにGK八田も反応が遅れ、ボールはゴール左隅に突き刺さった。

リードを2点に広げた横浜FMは最後まで磐田の反撃を許さず。2-0で勝利して上位陣を追走している。対する磐田は連勝とはならず。J2降格が刻々と近づいてきている。
コメント
関連ニュース
thumb

7億円赤字見込みの仙台、選手の不祥事により緊急募金の中断を発表

ベガルタ仙台は22日、9月26日にスタートした緊急募金を中断することを発表した。 仙台は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による措置で観客入場に制限があることなどから、今期の赤字が約7億円に上ることを発表。債務超過となることから、ファン・サポーターに向けてクラウドファウンディングや口座振込を通じて緊急募金を呼びかけていた。 しかし、20日にMF道渕諒平(26)の交際相手への暴行が週刊誌で報道。仙台は同日に契約解除を発表していたが、このような事態が起こっていたことを公表しておらず、多くの批判が寄せられていた。 仙台は今回の緊急募金中断について「この度の当クラブ選手の不祥事につきましては誠に申し訳なく、ご支援いただきました皆様に心からお詫びを申し上げます」とし、「今回の事態を真摯に受け止め深く反省の意をお示しいたしたく、9月26日よりスタートいたしましたクラブ緊急募金の募集を中断することといたしましたのでお知らせします」と今回の不祥事を受けて中断することを決めたと発表した。 なお、クラウドファウンディングは仙台が管理していないとし、「クラブ緊急募金プロジェクトページ(CAMPFIREサイト)は、当クラブでは運用を中止することができませんので、誤ってご支援いただくことがないようご注意ください。(一部のSNS等から当該ページに接続できることがあります)万が一、誤ってご支援いただいてもご返金できかねますのでご理解ください」と注意を呼びかけていた。 債務超過、選手の不祥事に加え、成績も低迷している仙台。様々な面での信頼回復の道は険しいものとなりそうだ。 2020.10.22 18:22 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表監督のアギーレ氏、新天地について語る「日本とアメリカでは私の名前が挙がっている」

かつて日本代表を指揮し、現在はフリーとなっているハビエル・アギーレ氏(61)が、新天地についてコメントした。『ESPN』が伝えた。 これまで、オサスナ、アトレティコ・マドリー、レアル・サラゴサ、エスパニョールなどスペインクラブで指揮を執った他、メキシコ代表や日本代表、エジプト代表など代表チームでも経験があるアギーレ監督。 2019-20シーズン途中にレガネスの監督に就任するも、チームを立て直しきれず。リーグ戦26戦7勝10分け9敗の成績で、チームはあと一歩のところで降格し、その責任をとって退任していた。 そのアギーレ監督には、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブや日本のクラブが招へいに興味を持っているとされる中、『ESPN』でその件について言及。アメリカと日本での指揮の可能性を語った。 「MLSに惹かれるか?そうだね。連絡は取った。アメリカには何人か知り合いがいて、可能性もあり、私の名前も挙がっていた。彼らは他の選択肢を選んだが、日本とアメリカでは私の名前がまだ挙がっている」 一方で、母国のメキシコに戻る気は無いと改めてコメント。若手指揮官に道を譲るべきだと見解を示した。 「私の決断は固い。今ではその資格があると思わない。マザトランの試合を観ていたが、22人の選手を誰も知らないし、リーグ戦を毎日フォローしているわけではないので、申し訳ないと思う」 「私よりも良い準備をしている若い監督に道を譲らなければいけないし、それも人生の一部だ。オファーもないし、10月や11月になれば、どこかのチームで調子が悪いという人は多くいるものだ」 2020.10.22 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

終始攻め続けた横浜FMが渡辺皓太弾で勝利、名古屋はシーズン初の連敗《J1》

21日、明治安田生命J1リーグ第33節の横浜・マリノスvs名古屋グランパスが日産スタジアムで行われ。2-1で横浜FMが勝利を収めた。 前節はアウェイでセレッソ大阪に4-1で大敗を喫した横浜FMは、スタメンを8名変更。GKの朴一圭が11試合ぶりに復帰。その他、小池龍太、渡辺皓太、和田拓也、天野純、水沼宏太、エジガル・ジュニオ、松田詠太郎を起用した。 対する名古屋は2名を変更。成瀬竣平、オ・ジェソクの両サイドバックに代えて、宮原和也、太田宏介を起用。直近3試合で2ゴールのマテウスは古巣対戦となった。 9分、小池のダイレクトパスを受けた天野がボックス内でシュートもGKランゲラックがセーブ。12分には渡辺がブレ球のミドルシュートを放つも、ランゲラックがなんとか防ぐ 攻勢を止めない横浜FMは21分、水沼がボックス内で水沼が拾うと、最後は天野が抜け出しシュート。しかし、枠を捉えられない。 防戦一方だった名古屋だが22分には、マテウスのドリブル突破からグラウンダーのクロス。これが伊藤に当たりディフレクトするとゴールへ。しかし、GK朴一圭がなんとか掻き出して失点を免れる。 攻め手を止めない横浜FMは33分には、渡辺のパスを受けた水沼がボックス内右で浮き球のパス。ボックス内でパスを受けた天野が右足でシュートも、枠を越えてしまう。それでも41分、ボックス手前でエジガル・ジュニオがフィードを受けると、落としを受けた天野からのパスを受けた松田がボックス左からグラウンダーのクロス。これを走り込んだエジガル・ジュニオが合わせて、横浜FMが先制する。 ホームの横浜FMがリードして迎えた後半、立ち上がりから横浜FMが攻勢をかけるがゴールを奪えず。すると名古屋は51分に前田と阿部を下げて、石田と山﨑を投入。横浜FMはエジガル・ジュニオに代えてオナイウ阿道を投入する。 選手交代でシステムを[4-4-2]に変更した名古屋だが、攻撃に活路を見出せない。山﨑のポストプレーでタメを作るものの、決定機を作れない。 なかなかシュートを打てない名古屋だったが、1つのチャンスを生かす。69分、左からのクロスをボックス中央で山﨑が胸トラップ。これを落とすと、待ち構えたマテウスがボックス内右から左足一閃。名古屋が同点に追いつく。 少ないチャンスを生かして同点に追いついた名古屋だったが、その後は攻め手が見つけれない。 横浜FMは天野を中心に名古屋ゴールに迫るが、こちらも決定的なシーンを作れず。攻めながらも決まらない嫌な流れとなる。 しかし、その横浜FMが80分にスコアを動かす。アーリークロスのルーズボールを前田がスプリントして奪うと、パスを受けた小池がカットインから丁寧なパス。これを走り込んだ渡辺がダイレクトでシュートを放つと、左隅に決まり横浜FMが勝ち越しに成功する。 その後は名古屋も攻め込む一方で、横浜FMも攻勢を止めず。そのまま試合は終了し、横浜FMが勝利。名古屋はシーズン初の連敗となった。 横浜F・マリノス 2-1 名古屋グランパス 【横浜FM】 エジガル・ジュニオ(前41) 渡辺皓太(後35) 【名古屋】 マテウス(後24) 2020.10.21 21:27 Wed
twitterfacebook
thumb

上田に9試合ぶりゴールが生まれた鹿島が敵地で3発快勝! 神戸は4戦未勝利に《J1》

21日、明治安田生命J1リーグ第33節のヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズがノエビアスタジアム神戸で行われ、3-1で鹿島が勝利した。 三浦淳寛新体制に代わって3連勝を収めていた神戸だが、ここ3試合は未勝利。4試合ぶりの勝利を目指して1-2で敗れた前節のサンフレッチェ広島戦からスタメを7選手変更のターンオーバー。“鹿島キラー“の藤本が今季2度目のスタメンとなる田中と2トップを形成した。 一方、鹿島は前節の北海道コンサドーレ戦に0-1で敗れて連勝が「2」でストップ。バウンスバックが求められる今節は、その一戦からスタメンを4名入れ替え、エースのエヴェラウドが外れた前線には19試合ぶりに上田が名を連ねた。 神戸のACL参戦により、前倒し開催となった一戦は鹿島が主導権を握る。11分にボックス中央手前からファン・アラーノがミドルシュートを放つもGK前川に弾かれる。これで得た左CKの流れからファン・アラーノがボックス左外からクロス。ニアサイドに走り込んだ犬飼がヘディングシュートを放ったが、左ポストに嫌われた。 決定機を逸した鹿島だったが、その直後の12分。敵陣左サイドの深い位置で三竿がボールを奪うとボックス中央へパスを送る。反転して前を向いた上田が対峙したDFのタイミングを外して右足を一閃。これが、ゴール右に決まり、鹿島が先制に成功した。 出鼻をくじかれた神戸は14分、ボックス左まで持ち運んだ古橋がGKとDFの間を通す絶妙なクロスを供給。ファーサイドに藤本が待ち構えていたものの、ギリギリのところで永戸にスライディングで処理されてしまう。 18分にはアンドレス・イニエスタのピンポイントパスから古橋がゴールに迫るなど、試合はオープンな展開に。そのなかで、神戸は39分に藤本からのパスを受けた田中がボックス中央手前からふわりとした浮き球パスを供給。ボックス左に走り込んだ安井がフリーでダイレクトシュートを放つも、GK沖の正面に飛ばしてしまう。 対して、40分に上田がGK前川との一対一の局面をゴールに結びつけられなかった鹿島だったが、43分に追加点。敵陣中央左サイドからボックス左まで持ち運んだファン・アラーノがグラウンダーのクロスを送る。ファーサイドに走り込んだ和泉がプッシュしてリードを広げた。 ハーフタイム明けに安井を下げてセルジ・サンペールを投入した神戸は、後半立ち上がりから前掛かりになる。攻めあぐねる時間が続いたが、左CKを獲得した61分、アンドレス・イニエスタがインスイングのクロス。ニアサイドの西がフリックすると、ゴール前の藤本が頭で押し込んで1点を返す。 70分を過ぎたあたりからホームチームに流れが傾きはじめたが、68分に上田を下げてエヴェラウドを投入した鹿島が78分に止めを刺す。犬飼から送られてきたボールをボックス右で収めたファン・アラーノが走り込んできた土居にパス。土居がゴール左へと流し込んで、鹿島が決定的な3点目を手にした。 その後、鹿島は古橋の快足を活かした神戸の猛攻に遭うものの、粘り強い対応で反撃を許さず。結局、試合巧者ぶりを披露した鹿島が3-1で逃げ切り、2試合ぶりの勝ち点3を手にした。一方、神戸は4試合未勝利で連敗と低空飛行が続いている。 ヴィッセル神戸 1-3 鹿島アントラーズ 【神戸】 藤本憲明(後16) 【鹿島】 上田綺世(前12) 和泉竜司(前43) 土居聖真(後33) 2020.10.21 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台が選手個人へのSNSでの誹謗中傷を糾弾「宮城県警察および顧問弁護士にも相談」

ベガルタ仙台が21日、選手個人のSNSにおける誹謗中傷について報告した。 クラブの発表によると、20日週刊誌で報じられたMF道渕諒平(26)の暴行容疑に関して、仙台の選手のSNS アカウントに、個人を誹謗中傷するコメントが投稿されたとのことだ。 仙台はこの件に関して「これらの投稿を見過ごすことはできません。社会通念に照らし合わせても決して弁解できるものではなく、許されるものではございません」とした。 また「宮城県警察および顧問弁護士にも相談している」とし、「改めて、当クラブは誹謗中傷、差別、偏見を含む言動を許容いたしません」とSNSでの誹謗中傷を非難した。 なお、今回の報道については、「ベガルタ仙台のファン、サポーターの皆様、株主、スポンサーの皆様、Jリーグや各クラブの関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。誹謗中傷、差別、偏見を持った発言、コメントは絶対にお止めください。何とぞよろしくお願い申し上げます」としている。 2020.10.21 18:28 Wed
twitterfacebook