PSVの17歳逸材MF、オランダとモロッコの代表選択に揺れるも父の看病を優先

2019.09.23 18:32 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVに所属する逸材MFモハメド・イハッターレン(17)が父親の看病を優先するためオランダとモロッコの代表選択を延期する意向であることを明かした。オランダ『VTBL』が伝えている。

モロッコ人の両親の下、オランダのユトレヒトで生まれ育ったイハッターレンはPSVの下部組織に在籍。卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を持つ攻撃的なMFは10代前半からオランダ国内で新たな逸材として注目を集め、今年1月に行われたフローニンヘン戦では16歳でトップチームデビューを飾った。

今シーズンに入って主力の座を掴むと、ここまでの公式戦10試合で5ゴール5アシストの数字を記録。さらに、直近のヨーロッパリーグのスポルティング・リスボン戦、エールディビジでのアヤックス戦と2つのビッグマッチでも印象的な活躍を披露していた。
その超逸材に関してはU-15チームから生まれ育ったオランダの世代別代表でプレーを続けており、現在はU-19オランダ代表としてプレーをしている。だが、近年国際的に力を付けているモロッコが、モロッコ人両親を持つ同選手をフル代表で招集する意向をすでに表明しているという。

17歳にして生まれ故郷と自身のルーツのいずれかを選択する大きな決断を迫られているイハッターレンだが、アヤックス戦後に行われたインタビューで現時点で代表選択を行わない意向を表明。また、その理由が療養中の父親の看病であることを明かした。

「今、僕の父さんは病気の療養中なんだ。だから、父さんの病気が治るまで代表を選択する考えはないんだ」

「(代表でプレーしない場合)インターナショナルマッチウィークの期間に入れば、短い休暇を得ることができる。その期間に父さんと一緒に居たいんだ。それこそが今、僕にとって最も重要なことなんだ」

「僕にとって家族こそ最も重要なものなんだ。だから、父が療養中の間に代表を選択するつもりはないよ。僕はただ父さんと一緒に居たいんだ」

今回のレポートでは父親の具体的な病名や状態に関して明らかになっていないが、オランダとモロッコの両サッカー協会は17歳の切実な願いを受け入れ、まずは愛する家族との時間を優先する配慮をしてほしいところだ。同時に、イハッターレンの父親の一刻も早い快復を心から願いたい。

関連ニュース
thumb

オランダGKノペルト、メッシのPKを阻止できるか問われ「メッシだって…」

オランダ代表GKアンドリース・ノペルトが、対戦を控えるアルゼンチン代表の絶対的エース、リオネル・メッシに言及した。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループAを首位通過し、決勝トーナメント1回戦ではアメリカ代表を3-1で下したオランダ代表。9日に行われる準々決勝ではベスト4を懸け、アルゼンチン代表と対戦する。 そんな同代表において、注目度が上昇している選手の1人がここまで全4試合に出場する28歳のGKノペルト。大会までに国際Aマッチの出場経験がなかったにも関わらず、4試合で2失点と、安定したパフォーマンスが高く評価されている。 そのノペルトはアルゼンチン代表戦を控えるなか、今大会の目標を問われ「W杯制覇」と断言。また、同代表のメッシにPKを与えてしまった場合、そのキックを阻止する自信があるかと問われると大きな自信をのぞかせた。 「メッシだって失敗することはあるさ。僕もみんなと同じようにカタールでの彼を見てきた。彼も他の人間と同じく、足でボールを扱い、足でシュートを放つ。いたって普通のことさ。(対戦時に)ペナルティの機会はあるかもしれない」 メッシはグループステージ第2戦のポーランド代表戦でPKを相手GKに阻止されており、ノペルトはそれを引き合いにした格好に。オランダ代表とアルゼンチン代表の注目の一戦は9日28時00分(日本時間)から行われる。 2022.12.08 20:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクが次戦への意気込みを語る「あらゆることに対処する準備ができている」

オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、アルゼンチン代表戦に向けた公式会見に臨んだ。 オランダは3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で、グループBを2位で通過したアメリカ代表と対戦し3-1で勝利。準々決勝では、ラウンド16でオーストラリア代表を下したアルゼンチンと対戦する。 7日に公式会見に臨んだファン・ダイクは、強豪相手だが準備はできていると次戦への意気込みを語った。 「アルゼンチンは史上最高の選手を擁する強豪だが、我々はあらゆることに対処する準備ができている。我々はメッシと対戦するのではなく、チームと対戦する。もちろんメッシは、クリスティアーノ・ロナウドとともに過去15年間のサッカー界を代表する存在であり、その歴史に名を刻んでいる。僕たちは、メッシだけでなく他の選手に対しても、常に最大限の尊敬の念を抱いている。メッシと対戦できるのは光栄なことだ。だけど、オランダが対戦するのはメッシではなく、アルゼンチンであり、一人で勝てる試合はないのだ」 また、2014年ブラジルW杯でオランダが敗退した準決勝と同じ対戦カードになったことについて問われると、「僕にとっては過去の対戦成績は関係ありません。ただ、ワールドカップの準々決勝ということで特別な試合ですし、この舞台に立てること、準決勝に進出できる可能性があることを誇りに思っている。そして僕たちが常に抱いていた夢に近づくことができる。念願の優勝まではあと3試合だ」と語った。 2022.12.08 06:31 Thu
twitterfacebook
thumb

「このチームワークは強い」ファン・ハール監督もノリノリ! ベスト8進出のオランダが「めちゃ陽気」

準々決勝進出を決めたオランダ代表の雰囲気が良好だ。 グループAを首位で通過したオランダは3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で、グループB・2位通過のアメリカと対戦。 メンフィス・デパイ、デイリー・ブリントのゴールで前半に2点のリードを奪うと、後半には1点を返されながらもデンゼル・ダンフリースのボレーで突き放し、3-1で勝利を収めた。 ベスト8進出を決めたオランダは、試合後のホテルでも絶好調。ホテルスタッフから多大な祝福に対し、選手たちは陽気に応える。デパイやヴィルヒル・ファン・ダイクなどが自身のお面を受け取ってリズムをとるだけでなく、ルイス・ファン・ハール監督も満面の笑みだ。 閲覧者からも「めちゃ陽気やん」、「いい雰囲気だ」、「このチームワークは強い。ベルギーとは真逆」、「やっぱりオランダ好きだわ~」、「BGMが準優勝した南アフリカ大会テーマソングのシャキーラの Waka Waka」、「仮面欲しいw」などの声が寄せられている。 9日に行われる準々決勝ではアルゼンチン代表と相まみえるオランダ。悲願の初優勝へ向け、機運は高まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ファン・ハール監督もこのノリ!ベスト8進出を祝福され、陽気に応えるオランダ代表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">QUARTER-FINAL VIBES!<br><br>Wait for the coach! <a href="https://twitter.com/hashtag/NothingLikeOranje?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NothingLikeOranje</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> <a href="https://t.co/GY2vFLxLnU">pic.twitter.com/GY2vFLxLnU</a></p>&mdash; OnsOranje (@OnsOranje) <a href="https://twitter.com/OnsOranje/status/1599131205701496832?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.04 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯でブレイク中のガクポ、去就は「優勝したときに考える」

PSVのオランダ代表MFコーディ・ガクポ(23)が去就について語った。スペイン『スポルト』が伝えている。 3日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でアメリカ代表に勝利して、ベスト8進出を決めたオランダ。若手とベテランの融合したチームの中で今最も注目を集めているのが、23歳のガクポだ。 ガクポは、初戦のセネガル代表戦からエクアドル代表戦、カタール代表戦までグループAの全3試合で先制ゴールを挙げ、チームの決勝トーナメント進出に大きく貢献。アメリカ戦では得点こそなかったが評価は急上昇中で、来年1月にもビッグクラブへのステップアップを果たす可能性も考えられる。 しかし、アメリカ戦後にガクポは自身の去就について「他のことは考えていない。W杯のことだけを考えて、上手くプレーし続けること、チームを助けることが重要だ。優勝したら考えようかな」とコメント。W杯への集中を強調し、言及しなかった。 昨季は公式戦47試合に出場して21ゴール15アシストと母国オランダの地で大きなインパクトを残したことで、多くのビッグクラブからの関心を集めたガクポ。そのうえこの大舞台でますます人気を博すことになったが、大会後の動向に注目だ。 2022.12.04 16:41 Sun
twitterfacebook
thumb

「批判が追い風になった」1G2Aと大暴れのオランダ代表DFダンフリースが喜び語る「両WBがアシストし合うことなんてあった?」

インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリーズがアメリカ代表戦を振り返った。オランダ『デ・テレグラーフ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でアメリカと相まみえたオランダ。立ち上がりから両チームがチャンスを作る展開となった中で、10分に右サイドに抜け出したダンフリースの折り返しに、中央に走りこんだFWメンフィス・デバイが合わせて先制に成功する。 前半アディショナルタイムにも再びダンフリースのグラウンダーのクロスからDFデイリー・ブリントが追加点を記録すると、76分に1点を返されたが、81分にはダンフリースが左足のボレーシュートを叩き込んで再び2点差に。3-1のまま試合終了を迎え、ベスト8進出を決めた。 1ゴール2アシストと、全得点に絡んだダンフリース。逆サイドのウイングバックを務めるブリントとともにグループステージのパフォーマンスについて批判を受けていたと振り返りつつも、この一戦での活躍を喜んだ。 「この試合に向けて集中していた。チームの力になれたことをうれしく思うよ。もちろん、最近は批判を受けたこともあった。だけど、それは僕にとって追い風になったし、ウイングバックの相方であるブリントにとっても同じだと思う」 「ブリントとはともにポジティブな結果が出せた。今日はゲームプランがとてもうまくいったんだ。両ウイングバックが互いにアシストし合うなんて、今まであったかな?僕たちはとてもコンパクトに戦えていた。相手のセンターバックは、とても苦労していたように見えたよ」 また、次戦はアルゼンチン代表との準々決勝が控える中、「あと3試合、この大会で戦い続けたいと考えている。そうすれば、とても素敵な経験になると思うよ」ともコメント。さらなる飛躍に向けて意気込んだ。 2022.12.04 11:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly