バイエルン、ツルヴェナ・ズヴェズダの粘りに苦戦も終わってみれば3ゴールの快勝スタート!《CL》

2019.09.19 06:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節、バイエルンvsツルヴェナ・ズヴェズダが18日に行われ、ホームのバイエルンが3-0で勝利した。

昨季、準優勝チームのトッテナムと、ブンデスリーガ7連覇のバイエルンの2強と、オリンピアコスとツルヴェナ・ズヴェズダの2弱という明確な構図となったグループB。

今グループ大本命のバイエルンはホームでの開幕戦でセルビア王者のツルヴェナ・ズヴェズダと対戦。1-1で引き分けたRBライプツィヒ戦からは先発3人を変更。ボアテング、ミュラー、ニャブリに代えてトリソ、ペリシッチ、コウチーニョを起用した。

立ち上がりからエンジン全開のホームチームは相手陣内でハーフコートゲームを展開していく。8分にペリシッチのシュートで相手GKを脅かすと、その後はレヴァンドフスキの確度の高いポストワークと、サイドでの数的優位を生かした攻めで幾度もフィニッシュのシーンに繋げていく。

立ち上がりの10分間を見れば、バイエルンの先制点はすぐに訪れるかに思われたが、デゲネクを中心とするツルヴェナ・ズヴェズダの最終ライン、守護神ボルジャンの好守に阻まれてなかなか決め切れない。逆に、15分には相手のロングカウンターからゴール前のパブコフにあわやという場面も作られる。

圧倒的に押し込みながらもゴールだけが遠いバイエルンだったが、30分過ぎにようやくゴールをこじ開ける。34分、左サイドのペリシッチがアーリー気味に入れた絶妙なクロスをファーに飛び込んだコマンがダイビングヘッドで流し込んだ。その後、40分にはコマンのクロスからコウチーニョに移籍後初ゴールのチャンスが訪れたが、ここは惜しくもオフサイドの判定となった。

結局、1点リードで試合を折り返したバイエルンは後半も立ち上がりから攻勢を仕掛ける。厚みのある仕掛けから53分にトリソ、57分にはレヴァンドフスキにボックス内で決定機もGKボルジャンのビッグセーブに阻まれる。

その後もペリシッチのシュートがクロスバーを叩くなど決定力不足に苦しむバイエルン。78分には相手の厚みのある攻撃からマリンに右ポストを掠める決定的なシュートを許し、思わず冷や汗をかいた。

しかし、その直後の80分にはショートカウンターからゴール前でこぼれ球に反応したレヴァンドフスキのゴールによってようやく追加点を奪取。さらに、試合終了間際の91分にはチアゴの意表を突いたクイックリスタートからストライカーの嗅覚を見せた途中出場のミュラーが3点目まで奪って見せた。

相手の粘り強い守備に思わぬ苦戦を強いられたバイエルンだったが、最終的には3-0と実力通りのスコアで破り、今季CL初戦を快勝で飾った。

関連ニュース
thumb

絶好調のバイエルン支えるキミッヒ、チームの姿勢に満足感 「ハングリーで向上心ある選手が揃っている」

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが数的不利の試合で勝利を収めたことを誇った。クラブ公式サイトが伝えている。 キミッヒは24日に行われたブンデスリーガ第6節のグロイター・フュルト戦で先発出場。公式戦7連勝中と波に乗るチームは10分にFWトーマス・ミュラーのゴールで先制すると、31分にはFWレロイ・サネの落としを受けたキミッヒがコントロールシュートを決め、リードを広げることに成功した。後半に入るとDFバンジャマン・パヴァールが一発退場となり数的不利となったが、チームは動揺することなく3-1で勝利を収めている。 フル出場を果たし、1ゴールを決める活躍を見せたキミッヒは試合後のインタビューで、公式戦8連勝を達成したチームの姿勢を称賛。多くのタイトルを獲得してきたチームであっても、ハングリー精神を持ち続けていると語った。 「輝かしいパフォーマンスではなかったと思うけど、僕たちは常にゲームをコントロールできていたね。1人少なくなった後でもそれは変わらず、あらゆることをコントロールできていた」 「ただ、ミスも少なくなく、特に前半の終盤はそれが目立ったと思う。その結果、グロイター・フュルトからのプレッシャーを招き続けてしまった。とはいえ、全体的に見れば、僕たちが勝利に値するよ」 「チームのキャラクターは最高さ。ハングリーで向上心のある選手が揃っているからね。すでに優勝候補と言われているが、僕たちはトロフィーを勝ち取りたい、試合に勝ちたいと思っている」 「現在、僕たちは良い順位にいる。ただ、これまでのところ、すべての試合で今日のレベルの確信を持って戦ってきたわけではないと思う」 2021.09.25 10:57 Sat
twitterfacebook
thumb

退場者出すも公式戦8連勝のバイエルン、ナーゲルスマン監督はチーム称賛 「万事順調だ」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは24日に行われたブンデスリーガ第6節でグロイター・フュルトと対戦した。公式戦7連勝中と絶好調のチームはこの日も前半にFWトーマス・ミュラーとMFヨシュア・キミッヒのゴールで2点を先取。後半開始早々にDFバンジャマン・パヴァールが一発退場となるアクシデントがあったにもかかわらず、オウンゴールでリードを広げると、終盤に1点を返されたものの、3-1で勝利した。 昇格組相手に盤石の強さを見せ、公式戦の連勝も「8」まで伸ばしたチームについて、試合後のインタビューに応じたナーゲルスマン監督も満足感を露わに。グロイター・フュルトの戦い方を称えつつ、勝利を収められたことを喜んでいる。 「最終的には昇格したばかりのチームに勝てたこと、そして10人でプレーすることになった試合で勝てたことが重要だ。我々のスタートはとても良かったと思う」 「我々がゴールを決めた後、グロイター・フュルトは我々に対する恐れを振り払い、とても良いプレーをしてきた。私は勝ち点3という結果に満足しているが、相手チームは我々に多くを要求してきたと思う」 「できることなら、クリーンシートを達成したかった。とはいえ、我々は終始リードをしていたのだ。だから、万事順調だよ」 2021.09.25 10:39 Sat
twitterfacebook
thumb

パヴァール退場も…10人バイエルンがフュルトに快勝で5連勝《ブンデスリーガ》

バイエルンは24日、ブンデスリーガ第6節でグロイター・フュルトとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 前節ボーフム戦を7-0と圧勝したバイエルンは、ニャブリとミュージアラがベンチスタート。[3-4-2-1]で臨み、レヴァンドフスキを最前線に2シャドーにミュラーとサネが入った。 1分け4敗スタートの最下位グロイター・フュルトに対し、立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは10分に先制する。アルフォンソ・デイビスが左サイドを持ち上がってクロス。ミュラーが左足ダイレクトで合わせた。 先制後、ミュラーやゴレツカがミドルシュートで追加点に迫ると、31分にリードを広げる。サネの落としをボックス手前中央のキミッヒがコントロールシュート。これが枠の右に決まった。 ハーフタイムにかけてもバイエルンが危なげなく時間を消化。40分には左CKからレヴァンドフスキのヒールシュートがバーに直撃。2-0で前半を終えた。 しかし迎えた後半開始3分、バイエルンに退場者。グリーンにディフェンスライン裏を取られたところをパヴァールがスライディングタックルで止めにかかるもファウルとなり、一発退場となった。 それでも68分、バイエルンに3点目。右サイドからのキミッヒのFKがグリースベックのオウンゴールを誘った。 終盤、イッテンに1点を返されたものの3-1で10人のバイエルンが快勝。5連勝としている。 2021.09.25 05:22 Sat
twitterfacebook
thumb

「若い!」34歳バイエルン指揮官の“スケボー姿”に反響「最もクールな監督だ」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督の若さ溢れる1枚の写真が反響を呼んでいる。 ナーゲルスマン督は当時28歳の2016年2月にブンデスリーガ史上最年少監督としてホッフェンハイム指揮官に就任すると、2016-17シーズンのリーグ戦で4位フィニッシュに先導。翌季も3位に導き、2019年夏からライプツィヒ監督の座に就いた。 ライプツィヒでの初年度はリーグ戦3位フィニッシュを果たして、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4入りを達成。昨季も一時期までリーグ戦で首位に立ってみせるなど、バイエルンを苦しめる存在として立ちはだかり、今季から絶対王者バイエルンを率いている。 現在34歳。選手としてプレーしていてもおかしくない年齢のナーゲルスマン監督だが、23日に自身のツイッターを更新。練習場をスケートボードに乗って颯爽と移動する自身の姿を投稿した。 細身の体でロングボードを乗りこなす様は大きな反響を呼び、ドイツ『スカイ・スポーツ』も「最もクールな監督」「熟練している」と伝えたほか、ファンからも「若い!」「かっこいい」「ファンキーだ」といったコメントが寄せられた。 ナーゲルスマン監督率いるバイエルンは18日に行われたブンデスリーガ第5節でボーフムに7-0と大勝し、ここまで4勝1分けでリーグ首位。24日に第6節でグロイター・フュルトとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】ナーゲルスマン監督のスケボー姿がかっこいい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/uAmj5iT5Wj">pic.twitter.com/uAmj5iT5Wj</a></p>&mdash; Julian Nagelsmann (@J__Nagelsmann) <a href="https://twitter.com/J__Nagelsmann/status/1441096952335065099?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェルナー、バイエルン前会長とアドバイザーに無理やり契約を結ばされていた?

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに関して、驚きの情報が舞い込んできた。ドイツ『Der Spiegel』が報じている。 2020年夏にライプツィヒからチェルシーに移籍したヴェルナー。だが、2018-19シーズンにバイエルンとの間で2020年夏の加入という内容にサインしていたようだ。情報では、ヴェルナーのアドバイザーを務めていたというカールハインツ・フェルスター氏が、当時の同クラブの会長であったウリ・ヘーネス氏と結託して交渉を進めていたという。 しかし、ヴェルナー本人にバイエルンへ移籍するつもりはなかった。それは、2020年のドイツ『キッカー』のインタビューで「いつか移籍について考えるのであれば、バイエルンへの移籍よりも海外を考えるよ」とコメントしたことからも明らかとなっている。 不本意ながら契約を完了させたというヴェルナーは、後々になって当時のバイエルン指揮官ニコ・コバチとスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチ氏が移籍に反対していたことを知り、フェルスター氏に契約解除を猛烈に迫ったそう。 そして、ヴェルナーは晴れてチェルシー行きを果たすこととなった。ところが現在、そのフェルスター氏と、同選手のチェルシー移籍を主導したムラト・ロクル氏が裁判で争っているようだ。 『Der Spiegel』によると、バイエルン移籍が破談となった後、フェルスター氏はリバプールと交渉していた模様。年俸1200万ユーロという好条件だったが、こちらも契約はまとまらず最終的にチェルシーへ。 フェルスター氏はこの時にロクル氏が違法な手段を取っていたとして、数百万ドル規模の裁判をおこしているという。 2021.09.24 20:59 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly