横浜FCと大宮の上位対決は痛み分けのゴールレス! 快勝で6戦無敗の山形が2位浮上!《J2》

2019.09.15 21:35 Sun
明治安田生命J2リーグ第32節の2試合が15日に各地で行われた。

ニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜FC(勝ち点55/2位)vs大宮アルディージャ(勝ち点53/5位)は、0-0のドローに終わった。
現在、13試合負けなしとJ2で最も勢いに乗る横浜FCと、3戦未勝利と調子を落とす大宮による、自動昇格争いの直接対決。

立ち上がりはイバ、フアンマ・デルガドと前線のターゲットマンを起点に2列目の選手が積極的な仕掛けで相手ゴールに迫る場面を作り出す。しかし、時間の経過と共に中盤での潰し合い、自陣ボックス付近での両守備陣の集中した対応によって攻め切れない状況が続く。

上位対決らしい拮抗した状況が続く中、前半終盤にかけてはレアンドロ・ドミンゲスのゲームメークを軸に松尾と中山の売り出し中の若き両翼が大宮陣内の深い位置を取り始めるが、崩し切るまでには至らず。
ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりに酒井、フアンマと大宮が久しぶりに決定機を作り出すが、以降は再びホームの横浜FCに流れが傾いていく。66分には武田の左からのクロスをボックス中央のイバが見事なファーストタッチで収めて反転シュートを狙うが、ここはシュートを枠に飛ばせない。

こう着状態を脱したい両者は積極的に交代カードを切って勝ち点3を目指す。75分には中山の右クロスのこぼれ球に反応した途中出場の戸島に絶好機も、至近距離からのシュートは約3カ月ぶりの復帰となった大宮の守護神・笠原に好守で阻まれる。

試合終盤にかけてはターンオーバーの応酬の中で85分には大宮のロビン・シモヴィッチのボックス内でのシュート、92分にはレアンドロ・ドミンゲスの右からのクロスをゴール前フリーの戸島が頭で合わせる決定機を作り出すが、戸島のシュートはクロスバーに阻まれ、試合はこのまま0-0でタイムアップ。

白熱の上位対決は痛み分けのドローとなり、横浜FCが14戦無敗とした一方、大宮は4戦未勝利となった。

また、白波スタジアムで行われた鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点30/20位)vsモンテディオ山形(勝ち点54/4位)は、アウェイの山形が3-0で快勝した。

前節、首位の柏レイソルに14戦ぶりの土を付けた山形が、残留に向けて少しでも勝ち点を積み上げたい鹿児島のホームに乗り込んだ一戦。
試合は序盤に動く。開始11分、相手陣内中央での山岸のボール奪取から仕掛けたショートカウンターを最後は大槻が冷静に決めてアウェイの山形が先制に成功。さらに16分には右サイドの柳からのアーリークロスをゴール前に飛び込んだ大槻が再び決めた。

大槻の連続ゴールで2点のリードを手にしたアウェイチームは、26分にもカウンターから坂元が得意の左足のシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目とした。

後半はホームで意地を見せたい鹿児島が反撃を見せるが、山田のシュートがポストを叩くなど、最後まで山形の堅守をこじ開けられず。そして、前半のリードを守り切った山形が2連勝の6戦無敗で自動昇格圏内の2位に浮上した。

◆明治安田生命J2リーグ第32節

▽9/15(日)
横浜FC 0-0 大宮アルディージャ
鹿児島ユナイテッドFC 0-3 モンテディオ山形

▽9/14(土)
ヴァンフォーレ甲府 1-1 柏レイソル
ツエーゲン金沢 2-2 FC琉球
ジェフユナイテッド千葉 2-1 水戸ホーリーホック
アルビレックス新潟 1-1 東京ヴェルディ
京都サンガF.C. 2-0 FC町田ゼルビア
栃木SC 0-1 アビスパ福岡
ファジアーノ岡山 2-0 FC岐阜
レノファ山口FC 2-1 愛媛FC
徳島ヴォルティス 1-1 V・ファーレン長崎
関連ニュース

首位清水との上位対決を横浜FCが制す! 2位長崎はクラブ記録の14戦無敗、千葉は大量7得点勝利【明治安田J2第16節】

18日、明治安田J2リーグ第16節の7試合が各地で行われた。 7連勝中で首位をひた走る清水エスパルス(勝ち点37) は、2試合勝ちなしの4位横浜FC(勝ち点25)と上位対決。先手を取ったのは攻め立てるホームの横浜FC。左のショートコーナーから最後はガブリエウが頭で押し込んだ。 後半は選手を代えながらギアを上げた清水だったが、あと一歩ゴールを割ることができず。無失点で凌いだ横浜FCは後半アディショナルタイム、右からのクロスを最後は伊藤翔が押し込んで2-0に。横浜FCが3試合ぶりの白星を手にした一方、清水は9試合ぶりの敗戦となった。 いまだ1敗も3試合連続ドローと足踏みが続く2位V・ファーレン長崎(勝ち点30)は、18位鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点13)とのアウェイ戦。長崎は10分、右サイドのマルコス・ギリェルメがフリーでスルーパスを受けると、そのままボックス内に侵入して落ち着いてゴール左に決める。 1点リードで折り返したアウェイチームは58分に追加点。ボックス内で細かくパスを繋ぐと、最後は左ポケットのマテウス・ジェズスが左足ダイレクトで蹴り込む。終盤には松澤海斗のヘディング弾でダメ押しし、長崎が3-0で快勝。4試合ぶりの勝利を掴むと同時に、無敗記録をクラブ最多の「14」に伸ばした。 その他、7位のいわきFC(勝ち点23)は最下位ザスパ群馬(勝ち点6)相手に1-0で勝利。9位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点21)は勝ち点で並ぶ10位愛媛FCを大量7得点で下している。 ◆明治安田J2第16節 ▽5月18日(土) モンテディオ山形 0-2 ブラウブリッツ秋田 水戸ホーリーホック 1-1 大分トリニータ ザスパ群馬 0-1 いわきFC ジェフユナイテッド千葉 7-1 愛媛FC 横浜FC 2-0 清水エスパルス 徳島ヴォルティス 1-2 ロアッソ熊本 鹿児島ユナイテッドFC 0-3 V・ファーレン長崎 ▽5月19日(日) 《14:00》 ファジアーノ岡山 vs ヴァンフォーレ甲府 レノファ山口FC vs 藤枝MYFC 《17:00》 栃木SC vs ベガルタ仙台 2024.05.18 17:19 Sat

千葉が昨季関東大学2部得点王、産業能率大学MF猪狩祐真の来季加入内定を発表…今季は「37」で特別指定に

ジェフユナイテッド千葉は17日、産業能率大学のMF猪狩祐真(21)の来シーズン加入内定を発表した。なお、今シーズンは特別指定選手となり、背番号「37」を背負うこととなる。 猪狩は神奈川県出身で、川崎フロンターレの下部組織育ち、U-12、U-15と過ごすと、日大藤沢高校へと進学。現在は産業能率大学に在籍している。 2023年度は関東大学サッカーリーグ2部で20試合で14ゴールで2部の得点王に。7アシストも記録していた。 今シーズンは4試合を終えてまだ出場がない。 2024.05.17 18:25 Fri

水戸に専修大MF山本隼大が加入へ! 今季の特別指定選手にも承認、「クラブと共に成長します」

水戸ホーリーホックは17日、専修大学からMF山本隼大(21)の来季加入内定および、2024シーズンJFA・Jリーグ特別指定選手認定を発表した。 山本は愛知県生まれで、名古屋高校の出身。西村卓朗GMは「攻撃の対人能力に優れており、左サイドでも、右サイドでも、力強い突破ができる馬力があり、フィジカル能力も高く、ヘディングやコンタクトにも強い選手です。向上心も非常に強く、プロフェッショナルな意識も高い選手です」と紹介した。 15日付けで特別指定選手にも承認され、今季から背番号「39」をつけてプレーする山本は喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「2025年シーズンより水戸ホーリーホックに加入することになりました、専修大学の山本隼大です。自分を評価していただき、初めてオファーを出してくれたこと、水戸ホーリーホックのスタッフの方々の人柄やファン・サポーターの皆さんの勝利に対する熱い思いに惹かれて、このクラブでプレーすることを決断しました」 「この素晴らしいクラブで、自身のプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることをとても誇りに思います。また、これからクラブの一員としてプレーをできることにとてもワクワクしています! 自分の特徴である前への推進力やチャンスメイクで、一日でも早く水戸ホーリーホックの勝利に貢献出来るよう頑張ります」 「クラブに関わるすべての皆様のため、自分を支えてくれたすべての人たちのために、貪欲に闘います。クラブと共に成長します! 共にJ1に上がりましょう! 応援よろしくお願いいたします」 2024.05.17 12:20 Fri

仙台の守護神・林彰洋が自転車と接触事故…右折時に接触、相手は軽い打撲と診断

ベガルタ仙台は17日、GK林彰洋が交通事故を起こしたことを発表した。 事故が発生したのは16日(木)の8時30分ごろ。仙台市泉区で、林が運転する車両が丁字路を右折しようとした際、右側から来た自転車に接触したという。 事故発生後、速やかに警察、関係各所に連絡し、対応を行なっ他とのこと。また、自転車の運転手は病院で検査を受け、軽度の打撲と診断され、クラブは今後の経過確認など、引き続き誠心誠意、対応していくという。なお、林にケガはなかった。 クラブは林に対し、「厳重注意」を行なっているとのこと。また、今後の再発防止に向け、クラブ全体で安全運転の取り組みを徹底するという。 林は今シーズンの明治安田J2リーグで15試合に出場し、正守護神としてプレーしている。 2024.05.17 11:11 Fri

【Jリーグ出場停止情報】DOGSOで一発退場、今季2度目の退場となった京都DFアピアタウィア久に2試合出場停止&罰金20万円

Jリーグは16日、明治安田Jリーグの出場停止選手を発表した。 15日に明治安田生命J1リーグ第14節が開催され、新たに2名が出場停止となった。 先週発表されたFC東京のGK波多野豪は2試合目の出場停止に。また、湘南ベルマーレのFW福田翔生、京都サンガF.C.のDFアピアタウィア久が出場停止となる。 福田は15日の柏レイソル戦で後半開始から出場。すると89分、相手のパスをカットすると、ルーズボールを回収しに滑った所で熊澤和希が寄せに来ると、スパイクの裏がそのまま入ってしまい一発退場となった。 Jリーグは「相手競技者の右脛付近に対し、足裏で過剰な力でキッキングした行為は、「著しい反則行為」に該当する」と判断し1試合の出場停止となった。 またアピアタウィアは15日に行われた浦和戦に先発出場。3-0とリードを許していた中、アデショナルタイム5分に酒井宏樹のロングフィードに裏に出されたパスに対し、興梠慎三が反応。GKとの一対一の前にボールをキープに行くと、後ろから来たアピアタウィアが完全にぶつかって倒してしまい一発退場となった。 アピアタウィアのプレーには「ペナルティーエリア手前付近で、ドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当する」と判断。DOGSOにて一発退場となった。なお、アピアタウィアは第4節でもDOGSOで退場となっており、2度目の一発退場となっており2試合の出場停止と罰金20万円が課されることとなった。 【明治安田J1リーグ】 GK波多野豪(FC東京) 第15節 vs横浜F・マリノス(5/19) 今回の停止:2試合停止(2/2) FW福田翔生(湘南ベルマーレ) 第15節 vsアルビレックス新潟(5/19) 今回の停止:1試合停止 第16節 vs名古屋グランパス(5/26) 今回の停止:2試合停止(2/2) DFアピアタウィア久(京都サンガF.C.) 第15節 vsサンフレッチェ広島(5/19) 今回の停止:2試合停止(1/2) 第16節 vs名古屋グランパス(5/26) 今回の停止:2試合停止(2/2) 【明治安田J2リーグ】 FW佐藤大樹(ブラウブリッツ秋田) 第16節 vsモンテディオ山形(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF末吉塁(ファジアーノ岡山) 第16節 vsヴァンフォーレ甲府(5/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J3リーグ】 DF佐古真礼(いわてグルージャ盛岡) 第14節 vsY.S.C.C.横浜(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF西山拓実(SC相模原) 第14節 vsガイナーレ鳥取(5/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF舘野俊祐(FC大阪) 第14節 vsカターレ富山(5/18) 今回の停止:1試合停止 DF生駒稀生(奈良クラブ) 第14節 vsFC岐阜(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF弓場堅真(FC今治) 第14節 vs福島ユナイテッドFC(5/18) 今回の停止:1試合停止 【YBCルヴァンカップ】 DF濃野公人(鹿島アントラーズ) 3回戦vsFC町田ゼルビア(5/22) 今回の停止:1試合停止 FW野田隆之介(FC琉球) 3回戦vsセレッソ大阪(5/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span class="paragraph-title">【動画】3点ビハインドの後半AT…裏に抜けた興梠慎三を倒したアピアタウィア久がDOGSO退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IO5BHTx5kFI";var video_start = 504;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.16 18:50 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly