【2022年カタールへ期待の選手㉙】9月2戦フル出場で柴崎の相棒役に急浮上。持ち前の激しさとタフさで這い上がれ!/橋本拳人(FC東京/FW)

2019.09.14 15:36 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミャンマーの雨季特有のスコールが降りしきる10日夜の首都・ヤンゴンのトウゥンナ・スタジアム。前半16分に中島翔哉(ポルト)のテクニカルなループシュートが決まり、1点をリードした日本は勢いに乗って猛攻を仕掛けていた。

先制点から10分後。中盤で輝きを放っていた背番号13・橋本拳人(FC東京)が大迫勇也(ブレーメン)に鋭いタテパスを入れ、落としを受けた堂安律(PSV)が左足を一閃。GKが弾いた跳ね返りを浮き球でゴール前へ送り、南野拓実(ザルツブルク)が2点目を奪うことに成功する。後半の停滞感とミャンマーの猛攻を考えると、この追加点の意味は非常に大きかった。それを演出した橋本のひと蹴りはキラリと光った。

「前半は何度かペナルティエリア内にクサビを打ち込むことができて、そこからチャンスのシーンを作れたのはよかった。引いた相手でもしっかりああいうところを通せばチャンスになるので、そこは意識していました」と90分間フル稼働したダイナモは満足そうにコメントした。9月5日のパラグアイ戦(鹿島)に続いて2試合連続フル出場を果たし、攻守両面で貢献したことで、彼は柴崎岳の相棒役有力候補に急浮上したと言っていい。

小学生の頃からFC東京のアカデミーで育った生え抜きボランチは、高いポテンシャルを秘めながらもブレイクに至るまで長い時間がかかった。2012年のトップ昇格直後はJ1出場機会に恵まれず、プロ2年目途中の2013年5月に当時J2のロアッソ熊本へレンタルで赴いた。これが大きな転機となり、ようやくピッチに立つチャンスを得て、持ち味の守備力が一気に向上。攻守の切り替えにも磨きがかかった。

1年半の武者修行の成果が2015年のFC東京復帰後に色濃く出た。もともとのストロングポイントだったボール奪取力とフィジカル的な強さが前面に押し出されるようになったのだ。2016年に指揮を執った城福浩監督(現サンフレッチェ広島)からは「どこのポジションでも高いレベルでプレーできる選手」と高く評価され、同年からレギュラーに定着。その後の篠田善之監督(現清水エスパルス)、長谷川健太監督体制でも重要な役割を託されてきた。

とりわけ、偉大な先輩・石川直宏(現FC東京クラブコミュニケーター)の背番号18を担った昨季からの成長ぶりは凄まじく、攻守両面で圧倒的な存在感を発揮。長谷川監督が重視する守備面での貢献度の高さだけでなく、攻撃面でも迫力を出せるようになってきた。

森保一監督も異彩を放ち始めた彼を放っておかず、2019年3月のキリンチャレンジカップで負傷した守田英正(川崎フロンターレ)に代わって追加招集に踏み切り、ボリビア戦(神戸)でスタメンで初キャップを飾った。この時のパフォーマンスも安定していたが、6月のトリニダード・トバゴ(トヨタ)・エルサルバドル(宮城)2連戦と今回の9月シリーズで代表経験を積み重ねるにつれて、さらに自信をみなぎらせてプレーし始めたのだ。

目下、日本代表ボランチは2018年ロシア・ワールドカップで軸を担った柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)が絶対的地位を築いている。ロシアまでは前キャプテンの長谷部誠(フランクフルト)がいたため、若い世代のボランチの参入は困難だったが、森保ジャパン以降後は柴崎の相棒役探しが重要テーマと位置付けられている。

昨年9月のチーム発足時から今年1月のアジアカップ(UAE)までは、ロシア組の遠藤航(シュツットガルト)がファーストチョイスと見られてきた。が、アジアカップ準決勝・イラン戦(アルアイン)からケガを繰り返し、今夏にはベルギーからドイツに移籍したこともあって、コンディション面が不安視される状態が続いている。

一時的に評価が急上昇した守田も最近は好不調の波が大きく、アジアカップで急きょ抜擢された塩谷司(アル・アイン)も3月以降は招集見送りとなっている。若い世代の板倉滉(フローニンヘン)や中山雄太(ズウォレ)もまだ未知数な部分があるだけに、指揮官も誰を据えるか考えあぐねている様子。その間隙を縫って頭角を現し、2022年カタール・ワールドカップへの大きな一歩となるアジア予選初戦で先発した橋本は、まさに「期待の星」と言っていいだろう。

「(柴崎選手との関係は)前線にボールが入った時に、どっちかがセカンドボールを拾える位置に行こうというのは話してましたし、つねに前と後ろのバランスは取れていたと思います」と本人もプレッシャーのかかるミャンマー戦を経験したことで、代表で戦っていける自信を手にした様子だ。ただ、ミャンマー戦ではパス出しのところで何本かミスが目についた。ミドルシュートも積極果敢に狙いに行ったが、枠を捉えることはなかった。そこは1つの課題と言っていい。

「やはり引いてくる相手にはミドルシュートがチャンスになるし、ピッチもぬかるんでいたので、シュートを打てば何かが起きると思っていた。2回3回くらい打ちましたけど、あそこで決め切る力を今後はつけていきたいと思います」と橋本自身もさらなるレベルアップを誓っていた。

年代別国際大会出場歴がなく、Jリーグでプレーしている彼には国際舞台の場数が足りないのは事実。そこは遠藤航や板倉らに比べるとどうしても物足りなく映る。こうしたマイナス面を補うためにも、森保ジャパンでコンスタントに出番を勝ち取り、着実にキャリアを積み重ねていくしかない。26歳という年齢を考えても、彼は今を逃してはいけない。危機感を持って日々、パフォーマンスを向上させることに努めてほしいものだ。
【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
コメント