コパ決勝退場時の振る舞いに…ジェズス、2カ月の代表戦出場停止と約318万円の罰金

2019.08.08 12:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
南米サッカー連盟(CONMEBOL)が、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスのコパ・アメリカ2019決勝での振る舞いに対する処分を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

コパ・アメリカ2019で4大会ぶり9度目の優勝を飾ったブラジル代表。だが、決勝のペルー代表戦では、1ゴール1アシストの活躍を見せていたジェズスが70分、競り合いの際に同選手のヒジが相手選手に入ってしまうと、2枚目のイエローカードが提示され、退場処分に。

その後、ジェズスは審判に猛抗議したが、覆らず。同選手は怒りを爆発させ、ピッチから去る際にはタッチライン際のボトルを蹴り、VARのモニターを殴りつけるなどの行為に出た。

これらの行為に対して、CONMEBOLはジェズスに2カ月間の代表戦出場停止と、3万ドルの罰金を命じた。現在、ブラジル代表は9月7日にコロンビア代表、同月11日にペルー代表との親善試合を予定しており、ジェズスはこの2試合に出場停止となる。

ちなみにペルー代表戦後、ジェズスは退場したことに対して、「謝罪したい。退場を回避することができたと思う。僕はまだたくさん成長しなくてはいけない」と反省していた。
コメント