湘南、鹿島に劇的勝利! 坂が後半ロスタイム決勝弾《J1》

2019.08.03 21:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第21節が3日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、湘南ベルマーレが鹿島アントラーズに3-2で勝利した。

2試合ぶりの勝利を目指す12位の湘南は、中13日で臨む今節に向け、前節から先発4名を変更。フレイレや武富が欠場となり、坂と野田を起用した。

中2日のハードスケジュール下にある3位の鹿島は、ここ7戦無敗。今節に向けては変更を1点にとどめ、町田の代わりにチョン・スンヒョンを起用した。

キックオフから良い入りを見せたのは、ホームの湘南。16分にボックス左でフリーの野田に好機が巡ってくるなど、優勝争いを演じる鹿島を相手にフレッシュさを生かして攻勢に出る。

動きが重い鹿島はバイタルエリアやや右寄りの位置でFKのチャンスを獲得した22分、古巣戦の永木が右足で直接。ボールがカーブしながらゴール右を突いたが、クロスバーに嫌われる。

優勢の湘南は35分、自陣低い位置で小池のバックパスを山崎はカットしてチャンス。敵陣右サイド深くから山崎がゴールを狙うが、GKクォン・スンテに阻まれ、先制機を生かせない。

その湘南は前半終了間際にバイタルエリア左の位置でFKのチャンスを獲得。松田が右足で直接狙ったが、ボールは左ポストを叩いてしまい、この好機もモノにできない。

ゴールレスで折り返した湘南が49分、均衡を破る。左サイドの杉岡がグラウンダーのクロスを中央に送ると、ファーサイドの山崎が滑り込みながらプッシュ。鹿島を相手に先制する。

湘南が引き続き攻勢のなか、52分に再び杉岡が起点に。ボックス左の杉岡が放ったシュートが相手にディフレクトすると、ファーサイドの野田が押し込み、一気に鹿島を突き放してみせる。

立て続けの失点で苦しい戦いを強いられた鹿島。だが、54分に山本と伊藤を同時投入した直後から反撃姿勢を強めていき、一変して湘南から攻撃のイニシアチブを握る展開となる。

その鹿島は敵陣左サイドでスローインの機会を得た64分、ボックス左の土居がつま先でファーサイドに浮き球パスを供給。前がかった相手GKを越したボールにセルジーニョが詰めて1点を返す。

息を吹き返したその鹿島は、続く73分に追いつく。ボックス右で切り返した白崎が松田のファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これを伊藤が冷静に決め、試合を降り出しに戻してみせる。

その語、最後の交代枠で上田を投入した鹿島だが、同じく3人目の交代カードでクリスランをピッチを送り出した湘南が最後の最後にドラマティックな展開を演出する。

後半アディショナル6分、78分からピッチに入った梅崎がラストプレーの左CKからクロスを送ると、ファーサイドの坂がヘディングシュート。湘南がこの劇的ゴールで鹿島を下している。

関連ニュース
thumb

G大阪が終始圧倒、パトリック2発など4ゴールで湘南を下しベスト8進出《天皇杯》

22日、天皇杯4回戦のガンバ大阪vs湘南ベルマーレが行われ、4-1でG大阪が勝利。準々決勝に駒を進めた。 4回戦の他のカードは8月18日に実施された中、1試合だけ日程が延期されて行われた試合。明治安田生命J1リーグでは残留を争う両チームの試合だったが、一方的な展開となった。 昨シーズンまでG大阪でアシスタントコーチを務めていた湘南の山口智監督は古巣との対戦だったが、立ち上がりから主導権を握ったのはG大阪。2分、右サイドからのクロスに対してパトリックがニアサイドで合わせ、G大阪が早々に先制する。 その後もペースを握るG大阪は、26分にPKを獲得。これをウェリントン・シウバが右隅に決め、追加点を奪う。 そのG大阪は36分に小野瀬康介が下がり、倉田秋が途中出場。すると42分、左サイドをパスで崩したG大阪は、その倉田がボックス内でパスを受け相手を交わしてシュート。前半でリードを3点に広げる。 この日は細かいパスがつながり、しっかりと湘南ゴールへと攻め立てるシーンが増えることに。すると56分には、湘南のGK富居大樹がビルドアップをしようとしてパスを出すと、ボックス内にいたパトリックがカット。そのままゴールを決め、4点差とする。 湘南は64分に柴田壮介が1点を返すも、試合を通してボール奪取と細かいパスワークを見せたG大阪が圧倒。4-1で勝利し、ベスト8に勝ち残った。 ガンバ大阪 4-1 湘南ベルマーレ 【G大阪】 パトリック(前2、後11) ウェリントン・シウバ(前26) 倉田秋(前42) 【湘南】 柴田壮介(後19) 2021.09.22 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

盟友対決は片野坂監督に軍配!小出のJ1初得点などで大分が山口新体制の湘南を下す【明治安田J1第28節】

11日、明治安田生命J1リーグ第28節の大分トリニータvs湘南ベルマーレが昭和電工ドーム大分で行なわれ、ホームの大分が2-0で湘南を下した。 最下位に沈みながらも片野坂路線を継続した大分に対し、15位湘南は浮嶋前監督から山口智新監督へバトンを託した。2001年にはガンバ大阪でともにプレーし、2007~09年には選手とコーチという間柄だった2人が、指揮官として初めて顔を合わせた。 ホームチームは前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを6人変更。9試合ぶりに小出、11試合ぶりに羽田が先発に名を連ねた。一方の湘南は、ウェリントンを3試合ぶりにスタートから起用し、タリクとの2トップを形成した。 山口監督は初陣で [3-5-2]を採用し、失われた湘南らしいアグレッシブさを存分に引き出す。前線からのプレスを軸に大分の自由を奪うと、15分にはタリクのクロスを茨田が落とし、ボックス内から山田がシュート。これはエンリケ・トレヴィザンにブロックされた。 勢いに乗る湘南は21分にFKのこぼれからボックス内で古林が狙うも、枠の上へ。さらには、古林のクロスからタリクが狙うが、ヘディングシュートはGK高木に阻まれる。 思うようにボールを握れない大分だったが、ワンチャンスを生かしてゲームを動かす。三竿がアーリークロスを入れると、ボックス内でクリアボールを拾った小出が左足を一閃。ボールは杉岡に当たってゴールに吸い込まれ、小出のJ1初ゴールで32分に大分が先制点を奪った。 前半の終了間際にはゴール正面25m付近でFKを得た湘南は、ウェリントンが直接狙うも大きく枠を外してしまう。両チームともにハーフタイムでの選手交代はなく、後半も攻勢に出るのは湘南。ただ、大分も守備陣が集中を切らずに対応を続けると、次第に流れは大分へと傾いていく。61分には古巣対戦となる下田の左CKから刀根が頭で合わせるが、シュートは枠の上へ外れた。 1点が欲しい湘南が山田から池田へのカードを切ると、両チームのベンチワークも慌ただしさを増す。古林、ウェリントンを下げて岡本、大橋を投入し、大分は殊勲の小出、小林成豪に代えて藤本、増山をピッチへと送り出した。どちらも運動量を落とすまいと、中盤でのせめぎあいが続いた。 残り10分を切った辺りからは湘南がセカンドボールを拾えるようになり、80分には茨田に代わって入ったウェリントン・ジュニオールが立て続けにミドルを狙うが精度は芳しくない。 すると、前半同様に耐え続けていた大分が少ないチャンスを生かしてリードを広げる。中盤で相手のパスを引っ掛けると、こぼれ球を伊佐が回収。湘南を裏返してハーフウェーライン付近からドリブルで持ち込むと、GK谷との一対一をきっちりと沈めた。 7分と示された長いアディショナルには湘南が猛攻を仕掛け、なりふり構わずボックス内へ。終了間際には空中戦の競り合いで杉岡と野嶽が頭部同士の接触。長く時計が止まり、野嶽は脳震盪による大事をとって町田と交代した。 さらにアディショナルタイムが加わり、トータル100分を超えたところでようやくタイムアップのホイッスル。大分が7試合ぶりに白星をつかみ、最下位を脱出した。 大分トリニータ 2-0 湘南ベルマーレ 【大分】 小出悠太(前32) 伊佐耕平(後41) 2021.09.11 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

残留争い中の湘南が電撃監督交代、浮嶋敏監督が退任し山口智コーチが後任に

湘南ベルマーレは1日、浮嶋敏監督(54)の退任を発表した。8月31日付で退任となる。 なお、後任はコーチを務めていた山口智氏(43)が就任する。 2011年にトップチームコーチとして湘南の招へいを受けた浮嶋監督は、昨年10月にパワーハラスメントが判明し辞任した曺貴裁前監督の後任として指揮官に就任した。 明治安田生命J1リーグを16位で終えた2019シーズンは、徳島ヴォルティスとのJ1参入プレーオフ決勝を1-1のドローで終え、土壇場でJ1残留。そんな中迎えた2020シーズンのJ1リーグは、6勝9分け19敗で最下位となっていた。 4チームが自動降格となる今シーズンもここまで27試合を戦い勝ち点26で15位。降格圏とは勝ち点差3と残留争いをしていた。 新任の山口監督は、現役時代はジェフユナイテッド千葉やガンバ大阪、京都サンガF.C.でプレー。引退後は、G大阪のコーチなどを務めていた。 浮嶋監督、山口新監督、そしてクラブとして今回の件についてコメントしている。 ◆浮嶋敏監督 「8月31日を以って、監督を退任することになりました。今シーズン、クラブの目標である勝ち点50を目指す中、勝ちきれない試合が続いたことは、すべて監督である私の責任であります」 「常にベストを尽くして共に戦ってくれた選手、日夜チームのために尽くしてくれたチームスタッフ、フロントスタッフ、アカデミースタッフ、そして、どんな時も熱く強く支えてくださったサポーター、スポンサーの皆様方、本当にありがとうございました」 「シーズンはまだ続きます。このクラブにふさわしいのはJ1の舞台です。そのためにチームは一丸となって残りの11試合を戦っていきます。皆様には、より一層の応援をいただきますよう、心よりお願い申し上げます」 ◆眞壁潔 代表取締役会長/水谷尚人 代表取締役社長 「いつも熱い温かいご支援、応援をいただき、ありがとうございます。この度、浮嶋敏氏が監督を退任することを発表いたします」 「浮嶋氏には、2019年秋の大変に厳しい状況の中、我々からの強い要請を受け入れてくれ、苦しみながらもJ1残留に導いてもらいました。そして、昨年から世界中でまん延しているコロナ禍での難しい環境下で、今日までチームを率いてもらいました。浮嶋氏のクラブ愛と指揮官としての日々に心から感謝をしています」 ◆山口智 新監督 「急なことではありますが、監督のオファーをいただき、いま自分にできることを考えた時にやるという決断に至りました」 「半年前に湘南に呼んでもらい、恩がありますし、今の選手・スタッフに対しても思い入れがある中でこの大役を引き受けることとなりました」 「チーム、クラブ全体が前向きにサッカーと向き合い、今以上に楽しめるようなチーム作りをしていきたいと思います」 「湘南というチームを今まで以上にカラーのある、魅力のあるチームにしていくことができるように、今いる選手・スタッフと共に前に進んでいきたいと思います」 ◆眞壁潔 代表取締役会長/水谷尚人 代表取締役社長 「この度、監督に山口智が就任することを発表いたします。4チームが降格する今シーズンも残り11試合となり、一試合一試合、厳しさが増すことが想定される中、ギリギリの戦いを乗り越えるために、変化が必要と捉え、クラブとして大きな覚悟をもって、山口智に監督を委ねる決断をしました」 「あらためて“One Bellmare”で、11試合に挑んでまいります。引き続きのご支援、応援をよろしくお願い申し上げます」 2021.09.01 12:39 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第27節:湘南vs浦和】残留のためか3位のためか…互いに欲しい勝ち点3

【明治安田生命J1リーグ第27節】 2021年8月29日(日) 19:00キックオフ 湘南ベルマーレ(15位/25pt) vs 浦和レッズ(7位/50pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆5発快勝の勢いを保てるか【湘南ベルマーレ】 泥沼の5連敗を抜け出した湘南は、前節はアウェイでのセレッソ大阪戦で5-1と快勝を収めた。 5ゴールを収めたことも数年ぶり。C大阪戦での勝利も1999年以来という異例の勝利だっただけに、チームとしては浮上のキッカケにしていきたいところだ。 結果としてレヴィー・クルピ監督に引導を渡した形となったが、チームは依然として残留争い真っ只中。この勢いで浦和も食ってしまいたいところだ。 その浦和戦は今年は3-2で勝利(後に浦和への懲罰で3-0勝利に変更)している相手。粘り強さを見せて勝ち切った相手であり、ここ数年の浦和戦は悪いイメージが全くない。 今の湘南の勢いがブラフなのかどうなのか。1つのキッカケを掴める大事な試合となりそうだ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:石原広教、大岩一貴、杉岡大暉 MF:古林将太、田中聡、高橋諒 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:大橋祐紀、タリク 監督:浮嶋敏 ◆3位争いで抜け出る4連勝へ【浦和レッズ】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、1-0で勝利した浦和。連敗の後の3連勝とチームに結果がついてきた。 2試合連続で1-0と、浦和らしからぬ戦い方tでの連勝さってい。しかし、3位を争う混沌とした戦いの中では、貴重な連勝となっていることは間違いない。 気になるのはケガ人が出ていること。前節の広島戦では今夏加入のMF江坂任が負傷交代。攻撃のけん引役が不在となる。またこれまでチームを牽引してきたMF小泉佳穂の状態も万全ではない。大きくメンバー構成が変わる可能性もある。 また、代表戦の影響で今節を終えてしばらく中断となる。連戦が続く中で、後ろは大きくメンバーを入れ替えていないが、今節は誰が出るのか。コンディション面の影響で湘南に走り負ける事があっては、4連勝は難しくなりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、アレクサンダー・ショルツ、槙野智章、宇賀神友弥 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:関根貴大、小泉佳穂、大久保智明 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.08.29 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢が湘南のルーキーMF平松昇を育成型期限付き移籍で獲得「金沢に新たなパワーを」

ツエーゲン金沢は26日、湘南ベルマーレのMF平松昇(22)が育成型期限付き移籍にて加入することを発表した。 期限付き移籍期間は、2021年8月26日から2022年1月31日までとなり、湘南との公式戦には出場できない。 静岡県出身の平松は、清水エスパルスのジュニアユース、ユースと昇格し、立正大学へと進学。今シーズンから湘南へ入団すると、明治安田生命J1リーグで3試合、リーグカップで3試合、天皇杯で1試合に出場していた。 平松は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「湘南ベルマーレから育成型期限付移籍で加入することになりました、平松昇です」 「アグレッシブに自分のプレーを出して、金沢に新たなパワーをもたらし、多くの勝利に貢献できるよう強い気持ちを持って戦っていきます。よろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「この度ツエーゲン金沢に育成型期限付移籍をすることになりました。今シーズンなかなか湘南の力になることができず悔しい気持ちはありますが、今回ひとつのチャンスだと思い決断しました。チャレンジ精神忘れず、成長した姿を見せることができるよう金沢で頑張ってきます」 2021.08.26 18:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly