アルゼンチン代表監督スカローニ、2022年カタールW杯まで契約延長

2019.07.31 06:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチンサッカー協会(AFA)は30日、同国代表を率いるリオネル・スカローニ監督(41)と2022年まで契約を延長したことを発表した。

ホルヘ・サンパオリ前監督の後任として暫定指揮官を務めたスカローニ監督は、2018年11月に正指揮官に就任。これまで15試合を率い9勝4敗2分けの戦績を残し、6月に行われたコパ・アメリカ2019でアルゼンチンは3位となっていた。

今回の契約延長により、カタール・ワールドカップまでスカローニ監督が指揮を執ることが決まった。

関連ニュース
thumb

ポーランド戦途中交代のディ・マリア、筋損傷は回避もオーストラリア戦出場に疑問符

ユベントスのアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアが太ももに違和感を覚えていたようだ。 ディ・マリアは11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループC最終節のポーランド代表戦に先発。後半14分に交代していたが、太ももを痛めていたようだ。 ただ、1日に行われた検査では筋肉に損傷は見られず大事には至っていない様子だとアルゼンチン『Tyc Sports』は報じている。 ポーランドを下して逆転での首位通過としたアルゼンチンは3日、ラウンド16でオーストラリア代表と対戦するが、ディ・マリアの出場は不確実だと同メディアは主張している。 今季、度重なる負傷に苦しめられているディ・マリアだが、大一番出場となるか。 2022.12.01 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

シュチェスニーがメッシと試合前にある“賭け”…「僕は100ユーロ払わなければならない」

ポーランド代表のGKヴォイチェフ・シュチェスニーが、アルゼンチン代表戦で相手のリオネル・メッシとある“賭け”をしていたことを明かした。イギリス『サン』が伝えている。 両代表は30日、カタール・ワールドカップのグループC最終節で決勝トーナメント進出をかけて激突。立ち上がりからメッシのシュートがシュチェスニーを強襲する白熱した展開が繰り広げられた中、前半40分手前にメッシがヘディングシュートを放った際にシュチェスニーのパンチングした手が顔面に当たっていたとしてアルゼンチンにPKが与えられた。 アルゼンチンにとっては先制の千載一遇のチャンスだったが、メッシが枠の右を狙ったシュートをシュチェスニーがファインセーブ。シュチェスニーはサウジアラビア戦から続けてPKストップという離れ技をやってのけた。 試合後のシュチェスニーによると、メッシとのある賭けとはPKについて。シュチェスニーはこの一戦でアルゼンチンにPKが与えられるか与えられないかで、後者に100ユーロ賭けていたそう。 「僕たちは試合前に話をして、僕は審判がPKを与えない方に100ユーロ賭けると言ったんだ。だからメッシに賭けで負けてしまったよ」 「ワールドカップでそれが許されているのかはわからない。それで出場停止になるかもしれないね(笑)。でも気にしてないよ!」 「別に本当に100ユーロ払うわけではないけど、彼は100ユーロなんて気にしないだろう。いっぱいもらってるんだから」 なお、試合は結局、後半に2点を決めたアルゼンチンが勝利。アルゼンチンは首位でグループ突破となったが、ポーランドも得失点差でメキシコを上回り、36年ぶりの決勝トーナメント進出となった。 2022.12.01 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「美しいお姫様」ビキニ姿投稿後に2連勝、アルゼンチンの"最もセクシーなファン"が「女神だ」と話題に「とても豊かな愛」

サポーターがチームの奮起を促したのかもしれない。 アルゼンチンの"最もセクシーなファン"と称されるシンガーのメリシア・アルティスタさんは、カタール・ワールドカップ(W杯)で母国を応援するため、現地へと赴いた。 初戦では丈を短くしたへそ出しのユニフォーム姿で会場を訪れていたメリシアさん。第2節の前にはホテルからアルゼンチンカラーのビキニ姿を投稿し、会場ではさらに裾の短くなったユニフォームにカベッサというスタイルで現地のスタッフとも記念撮影を行った。 第3節の前にはビーチでの水着姿を披露し、スタジアムへは自身のネームを入れたユニフォームとアルゼンチンカラーの花冠で登場した。 ファンからも「何という美しさ」、「ありがとうございます」、「あなたは美しい、女神です」、「あなたは愛、たくさんのキス、甘いもので私を焦がす」、「とても豊かな愛です」、「美しいお姫様」、「アルゼンチンの女神」などの賛辞が寄せられている。 アルビセレステは初戦こそサウジアラビア代表にまさかの逆転負けを喫したものの、続くメキシコ代表戦、ポーランド代表戦をいずれも2-0で勝利。決勝トーナメント進出を決めている。 イギリス『サン』はメリシアさんのホットな観戦姿をピックアップ。併せて過去の逸話も紹介している。 メリシアさんは応援するリバープレートが2017年のコパ・リベルタドーレス準々決勝第1戦、クラブ・ホルヘ・ウィルステルマン(ボリビア)に0-3で敗れた際、"粋な"ビデオを選手に贈ったとのこと。オンライン上ではファンに「チームが勝ったら、下着をフォロワーへオークションにかける」とまで述べたそうだ。 結果的に第2戦でリーベルは8-0の大勝を収めていた。 今回も作戦が功を奏したメリシアさん。ラウンド16のオーストラリア代表戦へ向けては、どのような"戦術"を見せてくれるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】初戦、へそ出しスタイルのユニフォーム姿で応戦するメリシアさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.instagram.com/reel/ClQXHyeOdrt/embed/captioned/?cr=1&amp;v=14" allowtransparency="true" allowfullscreen="true" frameborder="0" scrolling="no" class="instagram-embed"></iframe> <span class="paragraph-title">【動画】第2節前、アルゼンチンカラーのビキニ姿で勝利を願うメリシアさん</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div class="sc-6b514728-0 sc-7fb2b59e-0 hpUYyD hsdNtA"><div class="sc-7fb2b59e-1 fUMqNw"><iframe class="instagram-media instagram-media-rendered" id="instagram-embed-0" src="https://www.instagram.com/reel/ClZqZ7du2hU/embed/captioned/?cr=1&amp;v=14&amp;rd=https%3A%2F%2Fwww.rtl.de&amp;rp=%2Fcms%2Fivana-knoell-ex-miss-kroatien-schockt-katar-mit-sexy-outfits-5018263.html#%7B%22ci%22%3A0%2C%22os%22%3A1357.9000000059605%7D" allowtransparency="true" allowfullscreen="true" frameborder="0" height="1069" data-instgrm-payload-id="instagram-media-payload-0" scrolling="no" style="background: white; max-width: 658px; width: calc(100% - 2px); border-radius: 3px; border: 1px solid rgb(219, 219, 219); box-shadow: none; display: block; margin: 0px 0px 12px; min-width: 326px; padding: 0px;"></iframe></div></div> <span class="paragraph-title">【動画】第3節、ユニフォームに花冠の姿で会場に訪れたメリシアさん</span> <span data-other-div="movie3"></span> <iframe src="https://www.instagram.com/reel/Clmspj_SQgz/embed/captioned/?cr=1&amp;v=14" allowtransparency="true" allowfullscreen="true" frameborder="0" scrolling="no" class="instagram-embed"></iframe> 2022.12.01 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

決勝T進出のアルゼンチン、ポチェッティーノ氏はさらなる結果を期待「パフォーマンスは向上している」

トッテナムやパリ・サンジェルマン(PSG)で指揮を執ったマウリシオ・ポチェッティーノ氏が、母国のアルゼンチン代表に期待した。 11月20日から開幕したカタールW杯。優勝候補の一角として期待されていたアルゼンチンは、初戦でサウジアラビア代表に1-2で敗れるまさかのスタートを切ることに。それでも、続くメキシコ代表戦、ポーランド代表戦で連勝を収め、結果的にグループステージ首位で決勝トーナメント進出を決めた。 ポチェッティーノ氏はイギリス『スカイ・スポーツ』に出演した際、こうした母国チームの歩みを称賛。大会前の準備期間が短かったことに触れ、これからさらに改善してくはずだと述べた。 「チームのパフォーマンスは上がってきていると思う。アルゼンチンやドイツのようなビッグチームにとって、初戦の試合結果はタフなものになっただろう。それでも、パフォーマンスは向上している」 「今大会は選手たちが『戦う』試合は多く見られた一方で、素晴らしいクオリティを示せた試合はほんの少しだったと思う。それでも、これからもっと良くなっていくだろう。そして、アルゼンチンもそうであることに疑いはない」 「大会まで、準備期間は1週間しかなかったのだ。だからこそ、これから先の各チームはより良いパフォーマンスを見せてくれるはずだ」 また、ポチェッティーノ監督は今回が最後のW杯となる可能性もあるFWリオネル・メッシに言及。優勝ができなくてもすでに偉大な選手だと断言しつつ、同大会で栄冠を掴むことを願った。 「メッシが偉大な選手として扱われるために、W杯を制覇する必要はないと思っている。彼はすでに、バロンドールを7回受賞しているのだからね。もちろん、大きな議論はあるだろうが、私にとって彼はディエゴ・マラドーナと同じレベルにあるよ」 「当然、選手なら誰しもW杯での勝利を望むものだ。そしてメッシはこれまでフットボールに多くのものを与えてくれたのだから、それが実現することを願うよ。今、フットボールはメッシに報いる可能性があるんだ」 2022.12.01 18:11 Thu
twitterfacebook
thumb

「身をもって経験している」ラウンド16に進むメッシ、サウジ戦敗戦の経験を糧にオーストラリアを警戒「簡単なチームなどはない」

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが、ラウンド16進出についてコメントした。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループC最終節でアルゼンチンはポーランドと対戦した。 アルゼンチンは負ければ敗退の可能性もある状況。初戦でサウジアラビア代表に敗れたことが重くのしかかっていた。 ポーランドは引き分けでも突破が可能という状況だったが、試合は46分にアレクシス・マク・アリスターのゴールでアルゼンチンが先制。68分にはフリアン・アルバレスが追加点を奪い、0-2でアルゼンチンが勝利した。 試合後、メッシが『TyC Sports』のインタビューに応じ、自身のPK失敗でチームが団結したとコメントした。 「PKを失敗したことで、よりチームは強固になった。チームは僕たちが勝つと信じていたので、先制することだけだった。ゴールを決めたら、あとは自分たちの思い通りの試合展開になるはずだった」 また、若手2人が結果を残してチームを勝利に導いたことに言及。誰もが最善の準備をしているとした。 「僕たちは最初から言っていた。誰が出ていても、自分が何をしなければいけないのかを理解し、常に万全の準備をすると。それがこのグループの強さであり、団結力であり、自分の出番がくればそれに応えるということだ」 そのメッシは初戦のサウジアラビア戦で打ちのめされたものの、しっかりと自信を持つことが大事だとした。 「自信、そして僕たちの試合を再び信頼すること。最初の試合では苦戦してしまった。この調子で行けることを願うよ」 「僕たちが最初から言っていたことと同じだ。僕たちは敗戦からスタートし、悪いスタートを切ったことで誰もが落ち込んで、心配していた」 「でも、気楽に行こうとしたし、グループステージは続いていくといった。今日見せたようなプレーを、これからも見せていけると良いね」 無事にラウンド16に進んだアルゼンチン。次の相手はオーストラリア代表に決定した。 メッシは、勝てばオーストラリアになることが分かっていたとし、決して過小評価はしてはいけないと意気込みを語った。 「結果は分かっていたけど、それ以上に、いつも通り試合に向けて準備しなければいけなかった。とても厳しい状況になると思っている。また1歩前進できたね」 「誰でも勝てるということが明確になった。そして、僕たちは身をもって経験している」 「とても互角なW杯だ。簡単なチームなどはない。どんなに組織化されたチームでも、難しくなっている。結局、自分たち次第だと思ったよ」 2022.12.01 13:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly