ファーディナンド、ユナイテッド新加入のワン=ビサカに心温まる助言

2019.06.30 14:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのクラブOBである元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、古巣への加入が決定したU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に自身の公式SNSで歓迎のメッセージを送った。ユナイテッドは29日、クリスタル・パレスからワン=ビサカ(21)を1年間の延長オプション付きの5年契約で獲得。右サイドバックを補強ポイントの1つに掲げてきたユナイテッドは、総額5000万ポンド(約68億5000万円)と伝えられる高額な移籍金を支払っており、同選手への期待は非常に高まっている。

そのワン=ビサカに対して、自身も当時の英国史上最高額の3000万ポンドでリーズ・ユナイテッドから赤い悪魔に加入した経験を持つファーディナンド氏が、歓迎のメッセージと共に今後に向けたアドバイスを行っている。

「マンチェスター・ユナイテッドにようこそ。今、このイングランド産のタレントにとって大変な仕事が始まる。ただ、それは歓迎すべきことなんだ。私もここに来たときはすべての分野で改善を目指し、偉大なクラブでの成功を目指していた」

「現時点で彼には現代的なサイドバックに求められるすべての要素を自然に兼ね備えている。スピード、ボールスキル、一対一の守備、タックルと、指導者的な視点から見ると、本当に素晴らしい素材だと思う」

「彼にとって今後の更なる成長のために必要なことは、重点的に改善していく分野を特定することだ。そして、そのためにはコーチたちの協力が必要となるはずだ」

「私はトレーニングを通じてそういった改善を常に行ってきた。カルロス・ケイロスやミューレンステインといった指導者たちがいつでも私の取り組むべき課題を指摘してくれていたんだ。しかし、最も重要なことは君がプレーヤーとして学び、改善したいと心から願うことだ」

「若く才能に溢れたイングランド産の野心を抱えたプレーヤーにとって、ユナイテッドは最高の場所だと思う。彼は自分の力でそのチャンスを獲得した。ワン=ビサカの新たな旅の成功を心から祈っているよ」

世界屈指の名門で新たなスタートを切るワン=ビサカにとって、偉大なるレジェンドからのこのアドバイスは今後のキャリアを形成していくうえでの金言となりそうだ。
関連ニュース
thumb

コロナ後遺症に苦しむD・ヘンダーソン、キャンプに合流できず

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンが新型コロナウイルスの後遺症に苦しんでいるようだ。 ユナイテッドは公式サイトにて「3週間前にコロナに感染したヘンダーソンは倦怠感が長らく抜けず、現在スコットランドで行われているトレーニングキャンプに合流できないことになった」と発表。 昨季、ユナイテッドの正GKの座を掴んだD・ヘンダーソンは股関節の負傷により先のユーロ2020を欠場。その負傷は完治したようだが、コロナの後遺症に苦しめられているようだ。 2021.08.03 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍噂のトリッピアー、去就はまだ具体化しそうになしか

アトレティコ・マドリーからの移籍が取り沙汰されるイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(30)だが、まだ待つ必要があるようだ。 2019年夏からアトレティコ・マドリーに加わり、昨季にラ・リーガ優勝を経験したトリッピアー。今夏、イングランド復帰の意向を抱いているとされ、移籍先として、マンチェスター・ユナイテッドの名が浮上している。 そんなユナイテッドは右サイドバックのレギュラーに君臨するイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの攻撃面に満足できず、競争相手や左サイドバックのオプションとしてトリッピアーを注視しているといわれる。 だが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユナイテッドはミランから復帰したポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(22)の将来を明確にする必要あり、トリッピアーの状況も静けさが漂っているという。 そのユナイテッドは公式戦33試合の出場で2得点3アシストを記録したダロトのキープを狙うミランに対して、レンタル料400万〜500万ユーロ(約5億2000万〜6億5000万円)に買取オプションを要求しているとみられる。 なお、保有権を持つアトレティコ・マドリーはトリッピアーの代役として囁かれるローマのイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(30)について、獲得を検討するどころか、選択肢にすらなっていない模様だ。 2021.08.02 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ルーク・ショーとまもなく新契約の交渉開始へ!

マンチェスター・ユナイテッドがイングランド代表DFルーク・ショー(26)との契約延長交渉を始めるようだ。 ユナイテッドで傑出したパフォーマンスを披露した昨季に続き、イングランド代表として参戦した準優勝のユーロ2020で初戦以外の5試合に先発して、1得点3アシストと活躍したショー。ユナイテッドはかねてからそうした好調ぶりに報いようと契約延長の動きが取り沙汰されてきた。 イギリス『デイリー・メール』によると、ユナイテッドは内容こそ触れられていないものの、オーレ・グンナー・スールシャール体制下でもはや不可欠な左サイドバックとまもなく新契約についての交渉に入る予定。ショーの現行契約は1年延長オプションを除くと、2023年までだ。 なお、ユーロ中に肋骨骨折のケガを負ったことが判明したショーだが、休暇を経て、フランス代表MFポール・ポグバやイングランド代表DFハリー・マグワイアとともに、今週にもチームのトレーニングに合流する見込みだという。 2021.08.01 15:35 Sun
twitterfacebook
thumb

サウール代理人がイングランドへ! 移籍先はユナイテッドorリバプール?

アトレティコ・マドリーからの移籍が囁かれるスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)の代理人が選手の将来を早々に決着させようと、イングランドに飛ぶようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 下部組織時代から過ごすアトレティコで公式戦300試合以上を誇るサウール。2017年7月に2026年までの9年という異例の超長期契約を結び、クラブに絶対なる忠誠を誓った中盤のプレーヤーだが、昨季に絶対的主力の地位が薄れ、今夏の退団が囁かれ始めている。 アトレティコにウディネーゼからアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルが加入したことで、クラブの売却候補に挙がるサウールを巡っては当初こそバルセロナ行きが取り沙汰されたが、次第に沈静化。それに反して、イングランド行きの可能性が熱を帯びる。 そうしたなか、サウールの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はアトレティコから他クラブとの移籍交渉の許可を経て、2日にもイングランド入りへ。移籍先として現時点でマンチェスター・ユナイテッドが有力だが、リバプールも熱望しているとみられる。 そんなバーネット代理人はプレミアリーグとラ・リーガが開幕する8月中旬までの決着を希望。当初こそ1億2500万ポンドの売り値を設定したアトレティコだが、現在の市場価値も考慮して、3500万〜4000万ポンド(約53億3000万〜61億円)程で移籍を認めるという。 2021.08.01 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォード、賛否の手術決断時期に「僕以上に自分の身体を知る者なんていない」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが自身のSNSを通じて、手術に対する賛否の声にメッセージを発信した。 新シーズンの開幕でもエースとしての活躍が期待されたラッシュフォードだが、昨季途中から左肩のケガに悩まされており、7月30日にオーレ・グンナー・スールシャール監督を含めたクラブとの協議の末、手術を受けることが決定した。 この手術により、新シーズンの開幕どころか、10月下旬まで離脱を強いられる見込み。ユーロ2020参戦で手術を先延ばしにした決断に厳しい声もあるユナイテッドの背番号「10」だが、そうした意見に反論しつつ、強くなっての復帰も誓った。 「11歳のとき、マンチェスター・ユナイテッドが僕や家族を本当に厳しい状況から救ってくれた。それ以来、いつも恩義を感じている」 「クラブが僕を必要とするとき、僕はそこにいる。幼い頃からいるクラブを助けられるなら、何だってやる。ときに自分の不利益になることもある」 「疲労骨折で試合から遠ざかったりもした。人生の一部ともいうべきチームメイトやスタッフと離れたときも、何かしらの一部であると感じたかった」 「自分が役割を果たせているという実感がほしかったんだ。昨季のために手術を先延ばしにしたのを利己的だ言う人もいるみたいだが、自分を優先してここまで来たわけじゃない」 「そして、23歳の僕が苦労して学んできたことでもある。できるだけ現役を続けるためにも、自分の身体に耳を傾ける必要がある」 「意見はそれぞれだが、自分以上に自分の身体を知る者なんていない。母国を代表してプレーする感情を言語化するのは難しいもの」 「選べるなら、あのような大きな大会に出るのを断る選手なんていないはずだ。幼い頃から夢見た瞬間でもあるのだからね」 「僕はフルシーズンを戦い、ケガとうまく付き合うことができている状態だったから、その後の数週間も大丈夫だと思った」 「ヨーロッパリーグ(EL)後は痛みと付き合いながら順調にトレーニングを重ねて、イングランド代表のキャンプでも良い練習ができてもいた」 「仮にユーロで大きな役割を果たせないのをわかっていたら、出場しただろうか? それは結果論でしかない」 「誰もがっかりさせたくないが、昨季終盤のパフォーマンスを振り返ると、そういうさせているという思いもあった」 「ピッチに入ったら、いつだって100%の力を出す思いだが、肉体面で100%の状態じゃなかったんだ」 「昨季は36ゴールに絡めたが、教訓を得るというのが何よりも大事。人間は生きていく過程で学ぶと言われるが、クラブや代表に対するコミットメントは疑いの余地がないものだ」 「辛い経験だが、肉体的にも精神的にも強くなって、戻ってくる。温かいメッセージをありがとう」 2021.08.01 12:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly