何とかコパ生還のメッシ、“新たなの戦い”に気持ち新たに!2019.06.25 13:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがコパ・アメリカ2019の決勝トーナメント進出にコメントした。グループB初戦から1分け1敗と低調なスタートを切ったアルゼンチン。グループステージ敗退の危機的状況に陥ったなか、日本時間24日にグループ最終戦のカタール代表戦に臨むことになったが、2-0で今大会初勝利を掴み取り、逆転で2位通過を決めた。

直近の5大会で4度の準優勝に泣くアルゼンチンのキャプテンとして、今大会に並々ならぬ思いを抱くメッシ。スペイン『マルカ』によれば、カタール戦後、個人として代表での初タイトルがかかるノックアウトラウンドに向けて気を引き締めた。

「突破できて嬉しいよ」

「こうした試合に臨むのは、敗退の可能性があったわけだから難しい。勝利こそが何より大切だ」

「今後、もっと良くなる必要があることは確かだが、自信を手にするために勝利も大事だった」

「これ以上のミスは許されない。この先、新たなコパ・アメリカの戦いがスタートするのだから」

「ベネズエラはすごく明確な戦いを講じてくるチーム。彼らとの対戦に向け、僕らは立ち直らないとダメだ」

何とかベスト8に駒を進めたアルゼンチンの対戦相手は、グループB2位通過のベネズエラ代表。勝てば、ブラジル代表(グループA首位)vsパラグアイ代表(グループB3位)の勝者と顔を合わせる。
コメント
関連ニュース
thumb

アルゼンチンサッカー界のレジェンド、カルロス・ビラルド氏が危篤状態に…

アルゼンチンの伝説的な指揮官、カルロス・ビラルド氏(81)が危篤の状態に陥っているようだ。アルゼンチン『クラリン』など複数メディアが伝えている。 1986年のメキシコ・ワールドカップ(W杯)でアルゼンチン代表を優勝に導いたことで知られるビラルド氏は、以前に正常圧水頭症と診断され入院生活を送っていた。そして、ここ最近になって大きく体調を崩した同氏は今月に入って2度の脳外科手術を受けていたという。 さらに、18日に入って状態が悪化したビラルド氏は現在、「非常に困難(危篤)」状態に陥っているようだ。 現役時代に守備的MFとして母国のサン・ロレンソ、エストゥディアンテスで活躍したビラルド氏は、現役引退後の1971年に古巣エストゥディアンテスの指揮官に就任。国内外のクラブチーム、コロンビア代表指揮官を経て1983年にアルゼンチン代表の指揮官に就任すると、リアリスティックな超守備的な戦術とディエゴ・マラドーナという圧倒的な個の力を生かして1986年のメキシコW杯では同国に優勝をもたらした。 1990年のイタリアW杯ではチームを2大会連続で決勝進出に導くも西ドイツに敗れて大会連覇の偉業は達成できず。アルゼンチン代表の指揮官を退任後はセビージャ、ボカ・ジュニアーズなどを率いたが、2004年のエストゥディアンテス監督退任を機に監督業から距離を置くことになった。 その後はテクニカル・ディレクターとしてアルゼンチン代表をサポートする傍ら、母国のメディアを中心にご意見番としての活躍を続けていた。 2019.07.19 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン、コパ・アメリカで3位に導いたスカローニ監督と新規契約を準備か

アルゼンチンサッカー協会(AFA)が、リオネル・スカローニ監督(41)との契約延長に動いているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 伝えられるところによれば、スカローニ監督との契約はコパ・アメリカ2019までとなっていたが、その手腕を高く評価しているAFA首脳陣は、2022年カタール・ワールドカップ終了までの新たな契約を提示。同監督も今回の延長オファーを前向きに捉えている様子。 ホルヘ・サンパオリ前監督の後任として暫定指揮官を務めたスカローニ監督は、2018年11月に正指揮官に就任。これまで15試合を率い9勝4敗2分けと上々の戦績を残しており、6月に行われたコパ・アメリカ2019でもアルゼンチンを3位に導いた。 2019.07.13 02:40 Sat
twitterfacebook
thumb

D・アウベス、ブラジル有利発言のメッシに反論「彼は敬意を欠いている」

ブラジル代表の優勝で幕を閉じた今回のコパ・アメリカ。日本代表の参戦、ペルーの躍進など様々なトピックがあった2019年大会だったが、その中で現在まで尾を引いているのはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの発言だ。 グループステージから敗退の危機にあったアルゼンチンは何とか決勝トーナメントに出場しベネズエラを撃破。しかし、ベスト4でブラジルに敗れ、またも日の目を見ることは叶わなかった。 大会後、メッシは開催国のブラジルが有利な判定を受けていることを揶揄する発言をし、大会運営側のCONMEBOL(南米サッカー連盟)にまで飛び火するコメントを残した。これを問題視したCONMEBOLが同選手に最大2年間の代表戦出場停止処分を科すことも検討していることが報じられ、小さな火種が大火になりつつある状況だ。 ここで、キャプテンとしてセレソンを12年ぶりのコパ・アメリカ優勝に導いたDFダニエウ・アウベスがメッシに反論。かつての仲間に厳しい意見を投じた。イギリス『ミラー』が伝えている。 「彼とは友達だけど、必ずしも友達に同調するわけではない。熱くなり過ぎて出たコメントだろうけど、僕は否定し続けるよ」 「まず第一に、セレソンのようなチームに対するリスペクトが不足していると思う。第二に、夢を叶えるために多くのものを背負って戦うプロフェッショナルたちに失礼だと思う」 「言うべき時は本当のことを言う、僕はそんな友人でありたい。彼はあんなことを言うべきじゃなかったね」 2019.07.10 17:47 Wed
twitterfacebook
thumb

コパ・アメリカ2019大会ベストイレブンが発表! 優勝国ブラジルからは5名!

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は9日、コパ・アメリカ2019の大会ベストイレブンを発表した。 6月14日から7月7日まで開催されたコパ・アメリカは、決勝戦でペルー代表を3-1で下した開催国ブラジル代表の4大会ぶり9度目の優勝で幕を閉じた。 同大会のベストイレブンには、優勝国のブラジルからMVPに輝いたDFダニエウ・アウベスら5名が選出。準優勝のペルーからは、2名が選ばれている。 ◆大会ベストイレブン GK アリソン・ベッカー(ブラジル代表/リバプール) DF ダニエウ・アウベス(ブラジル代表/無所属) ホセ・ヒメネス(ウルグアイ代表/アトレティコ・マドリー) チアゴ・シウバ(ブラジル代表/パリ・サンジェルマン) ミゲル・トラウコ(ペルー代表/フラメンゴ) MF レアンドロ・パレデス(アルゼンチン代表/パリ・サンジェルマン) アルトゥール(ブラジル代表/バルセロナ) アルトゥーロ・ビダル(チリ代表/バルセロナ) FW ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表/レアル・マドリー) パオロ・ゲレーロ(ペルー代表/インテルナシオナウ) エヴェルトン(ブラジル代表/グレミオ) 2019.07.10 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アルトゥールがオタメンディにタックル…疑惑のシーンでVARがなかった理由は? 担当主審が説明

コパ・アメリカ2019準決勝のブラジル代表vsアルゼンチン代表のレフェリングについて同試合を担当した主審が説明している。スペイン『マルカ』がエクアドルのラジオ番組を引用して伝えている。 現地時間2日に行われたコパ・アメリカ準決勝のブラジルvsアルゼンチン。試合は2-0でブラジルが勝利したのだが、同試合では通常ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるリプレーが行われてもいい場面でプレーが流される場面が目立っていた。 同試合に関しては、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシも「今日は信じられないくらい明確な場面でVARを使わなかった」と不満を示していた。 その一つが84分のシーン。アルゼンチンが左CKを獲得し、クロスが上がると、ゴール前でDFニコラス・オタメンディが飛び込もうと試みる。すると、ブラジルのMFアルトゥールがボールと関係ないところでオタメンディに身体でタックル。オタメンディはアルトゥールの左腕が首元に入り、倒れて悶絶したが、ファウルはとられなかった。 この判定について同試合で主審を務めたロディ・ザンブラーノ氏が以下のように説明している。 「オタメンディからも申し出があったが、あれは(アルトゥールの)ヒジではない」 「VARがそのシーンを見て、50/50だと判断した。彼らは私にそれを確認しろとは言わなかった。明確なペナルティだと考えられなかったのだ」 2019.07.10 10:55 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース