マインツ、U-21フランス代表FWマテタと2023年まで契約延長2019.06.15 00:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは14日、U-21フランス代表FWジャン=フィリップ・マテタ(21)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。シャトールーでプロデビューを飾った192cmの大型ストライカーであるマテタは、2017-18シーズンにリーグ・ドゥのル・アーブルで、リーグ戦35試合の出場で17ゴールをマーク。この活躍を受けてマインツに移籍し、今季はブンデスリーガで全34試合に出場して14ゴールを記録した。

昨年10月にU-21フランス代表に招集されたマテタに対し、マインツは移籍金を3500万ユーロ(約42億5000万円)から4000万ユーロ(約48億6000万円)に設定しているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

マインツ、モナコのU-21フランス代表DFガブリエルを獲得

マインツは13日、モナコのU-21フランス代表DFロナエル・ピエール・ガブリエル(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間で、移籍金は600万ユーロ(約7億3000万円)とのことだ。 サンテチェンヌでプロデビューを飾った右サイドバックのガブリエルは、昨年夏にモナコに移籍。しかし、モナコでは負傷の影響もあって出場機会に恵まれず、リーグ・アン4試合の出場に留まっていた。 アンダー世代ではU-18からフランス代表に選出され、U-21まで選出されてきた経歴を持っている。 マインツは今夏、ウェストハムのスイス代表MFエジミウソン・フェルナンデス(23)を獲得している。 2019.06.14 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マインツ、ウェストハムからスイス代表MFエジミウソン・フェルナンデスを完全移籍で獲得

マインツは3日、ウェストハムのスイス代表MFエジミウソン・フェルナンデス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 マインツへの移籍についてE・フェルナンデスは「マインツは若い選手の成長を促すクラブという印象がある。そのクラブでプレーできることを楽しみにしている」とコメントした。 セントラルMFのE・フェルナンデスは、2016年8月にシオンからウェストハムに移籍。今季はフィオレンティーナにレンタル移籍し、セリエAで29試合に出場して2ゴール2アシストを記録。準主力としてプレーしていた。 また、2016年11月にデビューしたスイス代表ではこれまで8試合に出場している。 2019.06.03 23:08 Mon
twitterfacebook
thumb

最終節で一発退場のバロテッリが4試合の出場停止処分に…

LFP懲戒委員会は29日、マルセイユに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリに4試合の出場停止処分を科したことを発表した。 バロテッリは、24日に行われたリーグアン最終節のモンペリエ戦に59分から出場。しかし、試合終盤の87分に相手DFコングレに足裏を見せた危険なレイトタックルを見舞い、一発レッドで退場処分を受けた。 通常の裁定ではバロテッリの出場停止は1試合となるが、悪質なファウルと判断したLFP懲戒委員会は、さらに追加で3試合の処分を科すことを決定した。この決定によりバロテッリは、来シーズンの開幕戦から4試合を欠場することが確定した。 2019.05.30 05:20 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、7戦未勝利で最終節バイエルン戦を前にCL圏外の6位に後退《ブンデスリーガ》

フランクフルトは12日、ブンデスリーガ第33節でマインツをホームに迎え、0-2で敗戦した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節レバークーゼンとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを1-6と惨敗した4位フランクフルト(勝ち点54)は、8位ホッフェンハイムまで3ポイント差に迫られた中、ヨーロッパリーグ準決勝ではチェルシーの前にPK戦の末、敗退となった。そのフランクフルトは敗れればCL圏外転落となる一戦に向けて、長谷部がダブルボランチの一角で先発となった。 チェルシー戦の疲労が色濃いフランクフルトは序盤、マインツのカウンターに苦しむ展開を強いられる中、18分に決定機。コスティッチがブロシンスキとの球際で競り勝ち、左サイドを突破。クロスを上げ、レビッチがボレーで合わせるも枠を捉えきれなかった。 チャンスを逸したフランクフルトは21分、カンディのミドルシュートでゴールに迫られた中、前半半ば以降も押し込む流れとするもシュートチャンスを生み出すには至らない。結局、低調に終わった前半はゴールレスで終了した。 そして迎えた後半開始8分、アバウトなロングボールをマテタに収められると、最後はウジャーにゴールを決められ、先制されてしまう。 さらに57分、スローインの流れからグバミンのクロスを受けたウジャーにゴールを決められ、リードを広げられてしまった。 2点を追う展開となったフランクフルトはアラーを投入。長谷部を3バックの中央に下げたが、チャンスを生み出せない状況が続いた。 84分にようやくデ・グズマンのミドルシュートでGKを強襲したものの、ゴールは奪えずに敗戦。リーグ戦7試合勝利から見放されたフランクフルトは、最終節のバイエルン戦を前にCL圏外の6位に後退。CL初出場が厳しい状況となった。 2019.05.13 03:01 Mon
twitterfacebook
thumb

マインツ、今季でアウグスブルクと契約満了のFWチ・ドンウォンを獲得…7月に加入

マインツは6日、アウグスブルクを韓国代表FWチ・ドンウォン(27)を獲得したことを発表した。なお、加入時期はアウグスブルクとの契約満了を迎える2019年7月1日以降となり、2022年6月30日までの3年契約となる。 チ・ドンウォンは、全南ドラゴンズやサンダーランド、アウグスブルク、ドルトムントなどでプレー。2015年1月にドルトムントからアウグスブルクへと復帰していた。アウグスブルクでは、復帰後は在籍3シーズンで公式戦95試合に出場し10ゴールを記録。しかし、今シーズンはここまで公式戦15試合の出場に留まっていた。 韓国代表としても、通算54試合に出場し11ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップに出場したものの、昨年のロシア・ワールドカップでは最終メンバーに入ることができなかった。 2019.05.07 01:45 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース